灯火トラップへの来客・2

本日、ヤフオクに今季ラストとなるオオクワガタの成虫ペアを出品しました。今後は幼虫が取れすぎた場合の里子も視野に入れていますが、数に限りがあるため、新しいことへのチャレンジも考えています。

 


続いてはノコギリクワガタのペアです!!これにてノコギリクワガタが1♂2♀揃いました。ミヤマクワガタ天国の中では貴重なので、お持ち帰り確定です。

 


またもやミヤマクワガタの♂です。圧倒的に多いですね…。どおりでノコギリクワガタが少ない筈です。

 


アカアシクワガタの♀です。写真撮影後、ルアーケースへ入れました。お持ち帰り確定です。

 


来るのはミヤマクワガタばかりです。オオクワガタが高値の花だった子供時代、憧れのクワガタでしたが、これほどまでに多く来るとは思ってもいませんでした。さすが、友人所有の300Wライトおそるべしです!!

 


近くの木にはオオミズアオが止まっていました。

 


またまたミヤマクワガタの♂です。ここまでくると、またか…というレベルです。ミヤマクワガタを初めて採集したのが2006年7月の群馬県武尊山合宿で、灯火巡りでしたが、採集数は少なかったです。

それから10数年後、灯火トラップ採集でこれだけ多くのミヤマクワガタに巡り合えるのは想像しえたのでしょうか!?

灯火トラップへの来客・1

台風12号は海側へ逸れたため、関東への影響は限定的でした。テレワークで通勤の必要はなかったのですが、10月以降も出社理由がない限りは基本テレワークとなることが確定的となりました。今はまだワクチンも有効な治療薬がないためで、ワクチンができて予防接種するまででしょうか。

 


カブトムシの♀の後に飛来したのは、オオミズアオです。大型でいつ見ても美しい蛾です。

 


続いてやって来たのは…ノコギリクワガタの♀です!!福島遠征では2017年以来、3年ぶりです。ミヤマクワガタが多いところではノコギリクワガタは少ないということでしょうか。

 


…また、オオミズアオです!!飛来するのは蛾が圧倒的に多い気がします。

 


飛来するなり、ひっくり返ってじたばたしているので、起こしたら…ミヤマクワガタの♀でした(^^;

 


2頭目のノコギリクワガタ♀です!!

 


クワガタは圧倒的にミヤマクワガタが多いです。集計のため、拾ってはルアーケースへ入れました。

その間にも虫は飛来してきます。集計する暇がないくらいです…。

飛来開始

今週もあと1日、シルバーウィーク4連休は目前です。4連休後半は天気が回復するとのことですが、今年の夜間樹液採集シーズンはそろそろ終わりが近づいてきました。

シーズン終了日の判定は10月なので、もうしばらく先になりそうです。コロナ禍でシーズン開始が遅れたりと、異常なシーズンだったイメージはぬぐえません。

 


完全に日が落ち、暗くなると虫の飛来が始まりました。まずはミヤマクワガタの♀です。

 


続いてはアカアシクワガタの♀です。

 


またミヤマクワガタの♀飛来です。さすがに借りた300Wは強力です。ワット数が大きいほど、効果が大きいということなのでしょう。

 


20時近くになると…珍客が来ました。カブトムシの♀です。

地元では当たり前のように採集できますが、標高の関係で、カブトムシは少ないようです。結構たくさん産むので、地元採集分以外は要らないのですが、後で元の山に返すことを前提として、記録のためにキープしました。

つづく。。。

1日目ライトトラップ

新潟遠征まで残り1週間となりました。テレ朝で「警視庁・捜査一課長」の最終回が放映され、クルーズ船が昨秋の社員旅行初夜に乗ったものと同じで、コースも同一でした。

 


5分ほどで到着、早速準備しました。今年はレンタルと合わせて155Wですので、3台の配置は写真のようになっています。

 


日没と同時に点灯開始!…が、なかなかクワガタが来ません。スノーシェッドも時々確認してミヤマクワガタの♀を回収しました。

 


来るのは蛾が大半で、甲虫類はコガネムシなど、小虫ばかりです。

 


やっとミヤマクワガタの♀が来ました。未舗装なので草ぼうぼうで探すのに一苦労です。

 


スノーシェッドも時々確認しましたが、蛾が少し来ただけです。

 


採集時間も後半になると、やっとミヤマクワガタの大型♂が来ました。この日一番の大物で、これほど苦戦するとは思わなかったです。

隣の区画での採集者がライトを1台、自分と同じ方向に向けていたので、横取りされたような格好になったのかも知れません。宿で隣の区画と被る方向にライトを向けてはいけないと言われた筈じゃなかったかな…?だとしたら、ちょっと残念です。

23時過ぎ、別の場所で採集した友人が車で迎えに来て撤収、宿に戻りました。

ミヤマクワガタ産卵セット

迷走していた新潟遠征が9月10~12日に決定しました。例年なら1か月以上前から調整しますが、今年はコロナ禍で状況を見極めなければならず、決めるのが遅くなりました。

今日も午後、炎天下の中をLUMBERJACKへレンタルBOX虫メンテに行ってきました。

 


到着後、ミヤマクワガタの産卵セットを開始。まずは産卵木2本のセットを作りました。ケース底に数cm程度堅詰めし、産卵材をセットしました。

 


マットで材をほぼ全て埋めて…

 


転倒防止に樹皮を敷き、餌ゼリーをセットして♀を放しました。これで1つ目のセットが完成しました。

 


続いて2つ目のセットです。昨日買っておいた材が思ったより太かったです。マットで全て埋めることはできず、頭が出るぐらいまででした。餌ゼリーをセットし…、

 


♀を放しました。材の頭が転倒防止材も兼ねているなら、これはこれでよかったかも知れません。

 


3つ目のセットです。もちろん、材は全て埋まらず、頭が出る程度でした。餌ゼリーをセットし…、

 


♀を放しました。これで今年の福島遠征で採集したミヤマクワガタは全て産卵セットを組み終えました。

時期的にも寿命が尽きかけています。高蛋白ゼリーで何とか延命はできていますが、あと2週間ぐらい早めにセットした方がよかったかも知れません。

成虫が全て死ぬのは9月末以降なので、余命いくばくもない状況下で産卵してくれるでしょうか。

ミヤマクワガタ産卵セット・1

明日は雨模様の天気になるため、今日のうちにLUMBERJACKへレンタルBOX虫メンテに行ってきました。

 


前日の夕方までにカブトムシの幼虫の糞を天日干しで乾燥させ、クヌギマットを混ぜて破砕しました。テレワークが終わった直後に着手したものの、全部破砕し終えるまで1時間近くかかりました。同時に材の加水仕込みもしておきました。

 


1階の店舗でケースを買い、2階に上がりました。まずはケース底から5cm程度型詰めしました。

 


材は樹皮を剥いてセットしました。中サイズなので3本入れればよいと判断しました。

 


産卵材を全て埋めました。…が!!万が一マットの不足に備えてマットも買ったのですが、カブト幼虫の糞破砕マットで足りました。10L袋で買ったんじゃ、帰りは自転車の前かごが重くて大変でした。

 


転倒防止材として樹皮を敷き、餌ゼリーをセットして♀を放しました。今回のセットに放したのは7月13日採集ものです。連れて帰ってから♂と同居させていませんでしたが、一応大丈夫でしょう。野外採集ものなら無理に雌雄同居させなくてもいいかもしれません。

8月も下旬となり、残り寿命はいくばくもなくなっている筈です。高蛋白ゼリーを与え、セットぎりぎりまで単独飼育としたので、なんとか延命できています。涼しくなるまで延命させることも産卵成功のカギではないでしょうか。

7月12日採集ものがまだ3頭いるので、来週以降にセットします。

ミヤマクワガタ避暑

夏休み後半4連休初日は朝から猛暑でした。日中は体温並みです。。。

 


8日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテでは、ミヤマクワガタを避暑させました。梅雨明けの遅れで1♂1♀が自宅に残りましたが、酷暑の予報が出ると、これでは通気をよくしてもミヤマクワガタには耐えられないと判断しました。

そこで、これまで♂が入っていた縦型水槽には代わりにノコギリクワガタを入れることにし、ミヤマクワガタを持参しました。

コバエシャッターミニへ餌台・ゼリー・止まり木を入れました。もちろん、単独飼育です。

これにて福島遠征で採集したミヤマクワガタは3♂5♀全て避暑したことになります。

貴重な蝦夷型ですし、寿命を全うした後は標本にして残したいものです。

福島遠征でのミヤマクワガタ

今日7月16日は21年前の1999年、寝台特急「カシオペア」がデビューしました。北海道新幹線開業で定期運行を終え、今は団体ツアー専用列車になっていますが、今年はコロナ禍の影響で、1月下旬の信州以来、稼働していません。ツアー旅行が中止になったためです。

 


先日の福島遠征で最も多く飛来したのはミヤマクワガタで、2晩でのトータルは13♂14♀でした。

乱獲しすぎると来年の楽しみがなくなるだけでなく、自然を守るため、3♂5♀だけ持ち帰って残りはリリースしました。

持ち帰り分を選別する際、特に2日目は12♂10♀だったので、雌雄2対ずつ、♂は蝦夷型と山型を1頭ずつ選びました。

蝦夷型は第一内歯がほとんどなく、北海道に多いといわれています。採集したのは福島県でも標高800mで、冬は雪が多量に降り積もることから、冷涼な環境であることがうかがえます。

 


次いで、山型です。初日の夜に採集した唯一の♂も山型です。基本型ともいわれ第一内歯がやや発達していますが、大あごを閉じると先端がくっつくことから判別しました。

今回採集した中に里型がいなかったですが、温暖化の影響で近年は北海道でも増えていることから、ノコギリクワガタの高山進出ならびに里型が増えてくるのでしょうか。

温暖化でノコギリクワガタが高山進出してくると、ニッチェ争いで立場が逆転するのか、あるいは共存するのか?

青森遠征時ではノコギリクワガタが立場的にやや優勢でしたが、両種が共存している感じでした。今はまだノコギリクワガタが少なくても、回を重ねていくと、ちょっとした資料ができるだけでなく、答えも出てくるでしょう。

ミヤマクワガタ幼虫

今日も気温が上がらず、肌寒い1日でした。もちろん、テレワークで在宅勤務です。

 


日曜日のLUMBERJACK虫メンテでは、ミヤマクワガタ幼虫の餌交換も同時に実施していました。夏対策として、暑くなる前に幼虫を持って行きました。ノコギリクワガタやコクワガタと違って暑さに弱いためです。

階下の店舗でレンタルBOXの利用料金支払いと同時にマットを買い、混ぜました。自宅にいるノコギリ幼虫分も作るためで、朽ち木片を混ぜれば顎をしっかり使って食べることで、より自然に近い形を楽しめるのでは…?と安直な考えですが。

 


ミックスマットを空きボトルへ堅詰めしました。

 


投入したのは青森産で、割出後に朽ち木片でしのぎましたが、そろそろなくなってきました。3頭とも生存を確認し、朽ち木片や糞も一緒に幼虫を入れました。

大きさからして2年1化は間違いないでしょう。

 


続いて家から持参した福島産です。6頭から4頭に減少しましたが、無事に冬を越せてよかったです。さすがはミヤマクワガタ、寒さには強いです。

一旦幼虫を取り出し、新しい餌を詰めて引っ越しました。2年1化となり、今年には羽化してもおかしくはありません。3年1化となるのか、神のみぞ知るところでしょう。もし、3年1化となれば、休眠期間を入れて大人になるまで4年(!)ということになるので。

青森産ミヤマクワガタ幼虫引っ越し

GWならぬステイホーム週間は今日で終わり、明日から仕事です。…とはいっても、テレワークで在宅勤務ですが。最終日は天気がよくなく、夜には雷雨に見舞われました。

いよいよ、アメブロの方の廃止日まであと1年となりました。来年の今頃はアメブロを本当に辞めることになります。

一昨日(5月4日)のマット交換では青森産ミヤマクワガタ幼虫の引っ越しもしました。

 


引っ越し前は200㏄プリンカップに木屑とマットを詰めて屋外バルコニーにて越冬させました。3頭しか幼虫が取れなかったので、♂が混じっているかどうかはわかりませんが、初齢のうちから寒さに晒しておいたので、まだ小さいのは当然ですが。

エゾ型を作るには、終齢幼虫時だけでなく、初齢のうちから16度以下の低温が必要で、その際には2年1化になることも覚悟しなくてはなりません。

 


ボトルが足りないので、800㏄のタッパーウェアーへマットを詰めて幼虫を引っ越しました。

まだ全員初齢ですので、2年1化になるのは確実です。

初齢のうちから寒さに晒したことで、答えは吉と出るのでしょうか。夏対策のため、10日にLUMBERJACKへ持って行きます。

3か月に1度の頻度で考えると、次回は8月になりますので、無事に夏を越せるのでしょうか