ノコギリ・ミヤマ割出

今日はレンタルBOXの掃除と年末挨拶のため、午後にLUMBERJACKへ行って来ました。

 


まずは階下の店舗で菌糸ブロックを買い、瓶詰めしました。年明けに新たなオオクワガタ幼虫の菌糸ビン交換を行います。

 


続いては福島県産ミヤマクワガタの産卵セットをしました。産卵木から木屑が出ているので、幼虫がいそうです。

 


産卵木を崩したら幼虫が2頭見つかりました。孵化後に潜り込んだ模様です。

 


更に1頭見つけました。

 


割出結果は3頭でした。♀親が死んでから放置しすぎたようです。10月のうちに撮り出せれば、もう少し結果は違ったでしょうね。

まだ小さいので、寒さ経験させればエゾ型になる可能性があるので、持ち帰ることにしました。型は小さいうちに決まってしまうようです。

 


続いては青森県産ノコギリクワガタの割り出しです。産卵木は跡形もなくなっていました。

ケースをひっくり返すと幼虫が出てくるわ出てくるわ…でプリンカップへの移し替えが大変でした。

そのうちマットが足りなくなり、階下の店舗でクヌギマットを買い、混ぜて入れ直しました。

 


結果、22頭の幼虫が取れました。飼育しきれないので、半分ぐらいは委託販売に出すことになりそうです。年明け以降に一旦持ち帰って寒さ経験させて幼虫期間を2年1化に引っぱりますか1?

いくら何でも3年1化は長すぎましたね…。2年1化に引っぱっても栄養のある餌を与えられたかで変わるでしょうね。それでも70mmオーバー羽化は難しいので、まずは65mmオーバー羽化と段階的に目指すのが無難でしょう。

ミヤマクワガタ幼虫引っ越し

今夜はアメーバに障害が発生し、アメブロやGF(仮)などにもアクセスできない状況となっています。無料ブログサービスにはこのような障害によるリスクがつきまとっていると言って過言はないでしょう。

昨日(12月15日)でYahooがブログサービスを終了したように、サービス提供者(以下、事業者)に委ねている訳ですから、WordPressで作るのもリスク分散の一環といっていいでしょう。2017年以前の記事をまだ移行してはいませんが。

 


昨日、LUMBERJACKから福島産ミヤマクワガタ幼虫を持ち帰りました。屋外バルコニーへ出して越冬させるためです。

フジコンの通販にて、ポリボトルを発注し、マットを詰めました。

 


マットを詰めた後、幼虫を移しました。昨年末に割り出し、2度目の冬を迎えています。2年1化になったので、羽化は来年になるでしょう。稀に3年1化になることがありますが。

ろくにマット交換をしなかったので、ほとんど土になっています。

 


2年1化になったのは全部で6頭、♂に偏っています。♀が1年1化、♂が2年1化になることで近親交配を避ける合理的な手段ということでしょう。ただし、その分だけ♀の卵からの寿命は1年短くなるということです。

ラベルを作成し、貼り付けましたが、まだカバーフィルムを貼っていないので屋外バルコニーへは出せません。

来春まで屋外バルコニーへ出して寒さ経験させることで、季節の変化を感じ取らせ、蛹化を促進させようという目論みですが、上手くいくでしょうか。あ、春になったら暑くなる前にレンタルBOXへ持っていかないとですね。

青森産ミヤマクワガタ産卵セット

連休最終日も外出尽くしの1日でした。餌交換を兼ねた虫整理に着手できたのは日没後でした…。

 


餌交換が全て終わった後、青森遠征で採集したミヤマクワガタの産卵セットに着手しました。まずは底マットを堅く敷き詰め、産卵木をセットしました。

 


産卵木は全てマットに埋めました。

 


転倒防止材として樹皮を敷き詰め、餌ゼリーをセットしてから♀を放しました。

 


青森遠征で採集した♀です。もう9月なので、ほぼ確実に交尾済の筈です。しばらく日中の蒸し暑さは残りますが、夜は涼しくなっています。現地では日中の気温が30度でも、夜の気温が25度以下になるのがほとんどなので、特に冷却の必要はないでしょう。

高蛋白ゼリーで延命しても、いつまで生きられるでしょうか?

ミヤマクワガタ幼虫追加投入

今日は午前中、LUMBERJACKへ行ってきました。雨なので電車利用です。9時頃に家を出て店舗に着いたのが10時15分。

自転車とあまり変わらない所要時間でした。

 


店舗に着くと、菌糸は相変わらず欠品状態でした。先週、マットを入れたタッパーは持参したのに幼虫を忘れてしまったので、今回は幼虫を忘れずに持ってきました。早速、幼虫を古マットとともに投入しました。

 


頭の大きい幼虫がいます。♂でしょうか?1200㏄タッパーに入れました。

 


これでミヤマクワガタの幼虫は全てタッパーに投入しました。しかし、まだ小さいので全員2年1化になるのは確実でしょう。

本格的に春を迎えたら幼虫たちの餌交換が本格化します。菌糸の欠品状態はいつ解消されるのでしょうか?

ミヤマ幼虫新規投入

今日は午後、LUMBERJACKへ行ってきました。新宿へ用事もあるため、いつもの自転車ではなく電車利用でした。京王→西武→JR→小田急と複雑な経路になりました。

 


マット入りのタッパーを持参し、さあ幼虫を投入…しようと、痛恨のミスを犯してしまいました。準備しておいた筈の幼虫を家に忘れてしまいました。そのため、先週の残りの1頭だけとなりました。

頭が大きく♂だと思っていたのですが、卵巣マークらしきものが見えたので♀と断定し、800㏄のタッパーに入れました。3齢初期でしょう。

これから太る時期でもあります。2年1化になりそうなので、少なくともあと1年半は幼虫のままが濃厚でしょうね。

ミヤマ幼虫餌交換

今日は季節外れの暖かさで、同時に花粉も増え始めました。今季初の花粉症の症状が出てきたので、明日からマスクしての出社、外出となりそうです。

 


日曜日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテ時、ミヤマクワガタ幼虫の餌交換をしました。

幼虫は6頭、マットを詰めたタッパーを持参しました。

幼虫はまだほとんどが2齢初期であまり大きくなっていません。寒さに強いからといっても冬場は成長が鈍いです。

 


1頭、頭でっかちなので♂と確信しました。…が!!持参したタッパーは全て800㏄です。1200㏄を持参していなかったので、こちらは来週に持ち越しです。

5頭終わったので、残りも持参し、夏を越してもらうことにしましょう。

ミヤマクワガタ割出・第1弾

朝通勤時、京王が人身事故でダイヤ乱れ及び運転見合わせにより、振替客で小田急が混雑、10分程度の遅れが出ました。特に成城学園前駅手前では電車が詰まっていました。それでも会社には始業5分前に到着しました。

 


3連休中日の23日、初日に引き続きレンタルBOXの年末大掃除兼整理をしました。ミヤマクワガタの産卵セット4つのうち1つは幼虫が地表に出ていたので、割り出すことにしました。

 

 
まずは地表に出ていた幼虫を回収し、ケースをひっくり返しました。

産卵材の中から幼虫が出てきており、材はかなりぼろぼろになっていました。

結果として7頭の幼虫を回収しました。まだあと3つあるので、残りはどれくらい幼虫がいるでしょうか?猛暑の影響で産卵セットが遅かったので、少ないかもしれませんが、セットの数で勝負しかありません。

幼虫の大きさから2年1化は確実でしょうね。

ミヤマ幼虫引っ越し

雲の多い週明けとなりました。しかも江ノ島線内の人身事故で通勤時の小田急線が遅れました。通勤急行が新百合ヶ丘駅で抑止を食らい、快速急行に乗り換えせざるをえませんでした。

会社には始業ぎりぎりに到着、上司に連絡するか微妙でしたね。京王の時だったらゆとりはなかったですが。京王で振替できなくもないのですが、朝は新宿まで急行でも50分かかります。

 


ガラス瓶をオオクワガタへ回すため、ミヤマクワガタ幼虫を餌交換と同時に別容器へ引っ越しです。

掘り出したら、マットはほとんど土化してします。やはり2年1化になってしまいました…羽化は来年です。

 


タッパーに新しい餌を詰め、一部の古いマットと一緒に幼虫を移しました。

今年は寒くなるのが遅いみたいです。そろそろ寒さ経験させないと、幼虫期間が3年に伸びることがあるだけでなく、里型で羽化しそうですね。

箱根産ミヤマクワガタ羽化

今日は雲優勢で雨も時折降ったりでの週明けスタートとなりました。

金曜日(11/2)に放送された「爆報THEフライデー」では、10年前に不慮の事故で重度障碍者になった伝説のロックスターOの物語もありました。彼は今、12歳年下の奥さんがいますが、障碍者になってから結婚したとのこと。同じ障碍者として、支えてくれる人がいるのは喜ばしいことではないでしょうか。

しかし、自分の場合はかつての元相手が浮気を告白してからもう10年にもなります。元相手は自分が障碍者だと知ると、支えよりも食いものにする方を選んだのです。本当は本命は別にいたと考えせざるをえません。10年経った今でもトラウマと裏切りに対する憎しみは消えません。

それゆえ、リアルでの知り合いからの紹介があっても、警戒するのもそのトラウマからでしょうね…。

今は女性ばかり30人弱のハーレム職場で働いていますが、先週末に同僚が1人退職し、しかも自分の所属しているチームメンバーが減ったので、戦力としての期待もかかるようになりました(^_^;A

現職場では唯一の男性ですし、女性30人弱に囲まれている今が幸せなうちかも知れませんね。

 

LUMBERJACKのレンタルBOX虫メンテで菌糸を瓶に詰めている最中、誤ってうっかり破損してしまいました。そこで代替のガラス瓶を捻出するため、箱根産ミヤマクワガタの羽化新成虫を別容器へ移すことにしました。

 


取り出したミヤマクワガタの♂です。体は土まみれになっています。

 


霧吹きで泥を落としてあげました。きれいさっぱりになりましたね。

大きさは概ね40mm台前半といったところでしょう。耳状突起の発達が悪く、あまりミヤマクワガタらしくないですが。1年1化で羽化すると小型個体になるみたいですね。

他は2年1化になったので、持ち帰って寒さ経験させないと、羽化する♂は里型になってしまうのは目に見えています。エゾ型を作るには終齢幼虫期に16度以下の低温を経験させる必要があるようです。

実際、北海道産のエゾ型を関東で飼育したら里型で羽化したという報告もあります。親より暖かい環境で飼育すると里型、寒い環境で飼育するとエゾ型になるということでしょうか。

2年1化になったものは来年羽化しても、交尾産卵は再来年(2020年)になるので、まだ先は長いですね…。稀に3年1化(=3年1越で大人になるまで4年)になることがあるので注意が必要です。

箱根産ミヤマ羽化

今日で10月は終わり、明日から11月です。ハロウィン当日のため、渋谷では厳戒態勢がしかれ、交通整理もありました。

実のところ、渋谷にはいい思い出がありません。むしろ、自分には新宿の方がまだいいです。通勤で毎日通っているのはもちろんですが、公私いずれも乗り換えの要衡でもあるからです。

 


LUMBERJACKでの作業時、ガラス瓶をオオクワガタへ転用するため、ミヤマクワガタ幼虫の餌交換と同時にボトルへ交換しました。

そのうち1頭は成虫が出てきました。仰向けになっていますが、間違いなく羽化新成虫です。

40mm台の小型個体でしょう。無事に羽化してよかったです。ちなみにこのミヤマクワガタは古くからの採集仲間からいただいた箱根産で、昨夏に産卵させて幼虫を育てました。

幼虫時代の死亡率が高く、残っているのは半数以下です。生き残った多くは2年1化となっている模様ですが、まだ全頭確認できていません。週末のメンテ時に残りの確認となるでしょう。