休日朝の京王ライナー

今日は春一番が吹き、加えて花粉飛散量が非常に多い日でした。

今朝は2月22日のダイヤ改正で新設された朝の新宿行き「京王ライナー」を撮影しに行きました。昨年デビューした「京王ライナー」は夕夜間の下り列車だけでしたが、1年後となる今回は初めて朝の新宿行が新設されました。

ただし、平日の場合は朝ラッシュピーク時に有料列車が入れる余地はありませんので、早朝かラッシュピークが終わった後になっています。

 


※5000系「京王ライナー34号」/京王電鉄相模原線若葉台~稲城間

チャリで撮影地となる陸橋に着くと、陸橋自体は通行可でしたが、かつて畑だったところが区画整理事業のために立入禁止となってしまいました。

できれば富士山と梅を両方入れられるポイントへ行きたかったのですが…。富士山は霞んでいますし、時間もあまりないので梅を優先しました。

京王ライナーの走行写真は今回が初めてのカットとなりましたが、かつて6000系が健在だった時、地下鉄乗り入れ10両編成の前パン狙いで下り中心だったので、上り列車はあまり撮影していませんでした。

明日10日は臨時のライナーが高尾山口へ走ります。光線の関係で多摩川河川敷に限られますが、どのような絵柄が撮れるでしょうか?

京王ライナー迎光

遅くなりましたが、元日は江ノ島へ行く前に聖蹟桜ヶ丘駅に立ち寄っています。午前2時30分ごろに家を出て自転車で向かっていました(当然ですがバスは大晦日でも終夜運行していないため)。

 


駅には3時前に着いたので入場券を買って駅構内に入っても若干時間の余裕がありました。ていうか、昨年3月に通勤が小田急に変わってからは京王はあまり乗っていません…。

3時05分、お目当ての列車が進入してきました。かなりのハイビームです。

 


京王ライナー迎光です。昨年まで特急だったのを有料座席指定に“格上げ”しました。通常の京王ライナーの場合、府中まで全席指定で、以西は座席指定券が不要ですが、まさか全区間で座席指定料金取るのか…?と思っていました。

駅での案内は座席指定券なしで乗車できるとのことでしたので、新宿から府中まで座席指定券が必要なのは通常の京王ライナーと変わりませんでした。

一部のファンが乗車したのでチラッと覗いたところ空席がありました。府中で大國魂神社へ初詣に行く人たちが降車したのではないかと推測しています。

この後はしばらく急行等を撮影した後、江の島へ行くために再び自転車で行った道を戻りました。

深夜の聖蹟桜ヶ丘駅にて

元日の聖蹟桜ヶ丘駅では臨時の京王ライナー「迎光」の他、一般列車も少し撮影しました。

 


※9000系急行・高尾山口行

上りホームから9000系の急行・高尾山口行を撮影してみました。ホーム端がカーブしているうえ、夜明け前なので見事にブレました…。これでは臨時ライナーを上りホームで撮るのは得策ではない…と判断して反対側のホームに回りました。

 


※7000系各停・高尾山口行

下りホームから撮影した7000系各停です。急行と各停の交互運行になっているようです。

 


※7000系急行・高尾山口行

7000系急行です。前期車で、5000系(2代目)とほぼ同数が廃車になっています。初期製造車は経年が35年なので、リニューアルされているとはいえ、代替車両が登場すればいつ廃車が進んでもおかしくはありません。

通勤が小田急に変わったのですから、代替車両が登場して廃車が進む前に撮っておいた方が賢明でしょう。いつになるかはわかりませんが…。