府中市民 桜まつり

今日は午後、LUMBERJACKへ行ってきました。いつも自転車を1時間30分ぐらい漕ぐのですが、そのほぼ中間地点が府中駅付近です。

 


今年も桜通り・府中公園通りで市民桜まつりが開催されました。昨年同時期は3月中旬頃に咲いたため、葉桜となってしまいましたが、今年は見事に花のトンネルを作ってくれました。

この期間中は車両通行止め、歩行者天国となります。先日までの寒波の影響か、花もちしてくれたので、平成最後の桜まつりは花のトンネルで締めくくることができたのではないでしょうか。

来年の同時期は令和最初の桜まつりとなるんんですよね。。。

新宿西口広場

今日は午前中、新宿へ行ってきました。ただ、アメブロからワードプレスブログへ過去記事を記事を移す作業をしていたので、一段落してからとなりました。

まずは紀伊國屋書店に行き、ブックカバーを買ってから西口広場へ行きました。

 


西口広場にはイベント会場があります。京王線新宿駅改札に近い位置にあるため、昨年3月の複々線化で小田急に通勤経路を変更してからはあまり見なくなりました。

会場はいくつかのゾーンに分かれ、上野アメ横二木の菓子が出店しているブースに向かいました。

 


買ったのは「桜乃菓さくら餅」です。税抜き500円でした。菓子折り3つのセットになっており、1箱に10個のさくら餅が入っています。

職場での人数と数がほぼぴったりだったので、昨日(3月30日)に昼休み、そばを食べに来た際に差し入れに買ったのです。

月末月初は残業になるために喜ばれました。同僚と上司が自分以外全員女性ということもありますが、そういった環境下で仕事していると、女性に対して目が肥えてきているのかも知れません。

夏の東北遠征時はそれ相応の数が入っているものを選ばないとダメですね。

出店期間は4月4日までだそうです。

満開の桜

今日も好天に恵まれ、ランチタイムは15度超えでコート要らずの暖かさとなりました。東京都心では桜が満開になったとの発表がありました。

 


まずは朝通勤時に撮影しました。会社近くの公園で、小学校があり校庭として兼用しています。授業時間中は公園に立ち入ることができませんが、今は学校が春休みなので公園は当然ながら終日開放されています。

 


お昼休み、昼食を終えて会社に戻る途中で撮影しました。

 


空を見上げて撮影しました。樹高が高く、樹齢は40~50年ぐらいでしょうか?ソメイヨシノの寿命は60年ぐらいとされているようです。

 


すぐには会社に戻らず、新宿御苑入口のすぐそばにある桜を撮影しました。この桜は「高遠小彼岸桜」です。2週間前にはすでに花が咲き始めていました。2週間経った今はもう満開になりました。

 


説明の看板です(^^;

撮影を終えて会社に戻ったのは12時40分ぐらいでした。都心部はもう満開、郊外ではまだ3~5分咲きなので、気温の差もあるでしょうね。都市部は郊外に比べると平均気温が高いようですし。

今年は数年ぶりに幻の桜ことホシザクラを見に行きますか!?

東長寺のシダレザクラ

穏やかな天気での週明けスタート、会社近くの桜も花が5分咲きになってきました。週末にかけて都心部では見ごろになりそうです。

 


昼休みは松屋へ行って来ました。昼食後、すぐ近くのお寺にあるシダレザクラを撮影しました。

お寺は東長寺で、四谷警察署の仮庁舎と道路を挟んだ向かいにあります。お寺の敷地外にぽつんと1本生えているシダレザクラ、見ていて気になるので、写真を撮らない訳にはいきません。むしろ写欲をそそられます。

転職前は会社周辺が丘陵地だったので、ソメイヨシノ以外にヤマザクラ、シダレザクラ、ヒカンザクラ、八重桜といろんな種類を楽しめたものです。

今は都心部なので種類は少ないですが、新宿御苑内に入らなくても、よく探せばソメイヨシノ以外の桜があるものです。

今年は久しぶりに新宿御苑で桜を撮影しますか!?

都心部の梅

今日は昨日と違って寒の戻りで気温が10度以上も下がり、北日本では雪が降ったりもしました。

アメブロからワードプレスブログへ記事の移動作業もしたので夕方まで引きこもり状態でした(^^; スギ花粉がまだ多いうちにヒノキ花粉も始まっていますから、症状はしばらく続きそうです。

 


すでに10日前の話ですが、会社近くの公園で梅の花が満開だったので、通勤途上で撮影しました。ただ、都心部という立地条件から、日が当たるのは朝のうちだそうです。

右写真は高層マンションをバックにぼかしてみました。あくまでも花は主役、バックの高層マンションをぼかすことで都心部ということをアピールしてみました。

ただ、桜の木が大木なのに対し、この梅の木は小ぶりなので目立たず、19日の送別会でチームリーダーも気づかなかったようです。

もう花は散ってしまいましたが、今度は桜の花が咲き始めました。梅と違い、桜の花の期間は短いので、写真を撮るなら時間との勝負になりそうです。

歓迎会

今日は会社の職場の歓迎会でした。現在の職場は自分以外全員女性のハーレム職場です。

実際に参加したのは半数程度で、女性13人、男性1人でした(^^;

会場となったお店はたまに昼食に行くことがあり、都心部という立地上、居酒屋でありながらランチタイムを設けて周辺の会社で働く人のために昼の一定時間にランチも提供しています。

 


まずはうずら卵です。

 


続いて鶏のつくねです。サラダも出ましたが、写真は撮れませんでした。

 


メインの博多水炊きです。鶏肉、ひき肉、しいたけ、水菜、ねぎ、キャベツです。通常の鍋物は白菜が入っていますが、キャベツが代わりに入っているのがミソです。

 


手羽先です。まっすぐに伸ばされているのは初めて見ました。

 


鶏の唐揚げです。ランチタイムでも提供されていますが、少し違うようです。

 


〆は雑炊です。

ほとんど女子会状態で話題についていけるのかと思いましたが、質問もあったのでなんとかついていくことはできました。

会社にいる時とは違う一面も見られました。

12月は他部門と合同で忘年会がありますが、どのような一面が見られるでしょうか?

イベント会場のオオクワガタ

今日は会社帰りにちょっと変わったケーキを買ってみました。「駅前食堂シリーズ」で本物と見分けがつかないぐらいよくできていましたよ。ちょっと見ただけでは騙されるでしょうね(^ω^;

 


去る10月19~21日は稲城市民祭があり、21日の昼前に会場へ寄ってみました。

カブトムシ・クワガタムシののぼりがあり、くじびきで虫が当たるのもありました。

 


1等の景品がオオクワガタで、会場の人に許可を得て撮影させてもらいました。

よく見ると大顎の根元が太いので西日本タイプでしょう。西日本産は西へ行くほど、体型が太くなる傾向があり、大顎の根元にも現れてきます。逆に東日本産は北へ行くほど、体型がスマートに、大顎の根元は細くなります。

自分のは福島で自己採集したものとその子供がいますので、くじ引きはしなかったですが。ショップでよく売られているのは能勢ブランドが多いようです。

オオクワガタが養殖技術の確率で安価になった昨今、地域ブランド化も進んでいます。自分の気に入ったタイプを買うのもよし、生息地まで採集にいくのもよし、愛好家には人それぞれのスタイルがあるといっても過言はないでしょう。

本審査結果通知

雲が主役の週明けスタートで、退勤時には雨も降ってきました。

会社から帰ったら国際文化カレッジから第22回総合写真展の本審査結果通知が届きました。

 

 

今年の受賞名は…

優秀賞

でした!!

2012年以来6年ぶりの受賞です。2001年の総合写真展デビュー時も優秀賞でした。

その後の受賞歴はプロフにあります。

12月5日から11日まで上野にある東京都美術館で開催され、全国各地から集められた数千点の写真が展示されます。

今年は「カシオペア」です。2014年3月に北海道で撮影したDD51重連牽引のだと思いますが。

 

寝台特急「カシオペア」
思えば「カシオペア」は「北斗星」より編成重量が重いのに、重連で牽引するDD51はどこまでタフなのか…と思えましたね。札幌近郊での過密ダイヤ対応で重連牽引は加速力アップが目的だったそうです。

「カシオペア」は北海道新幹線開業で廃止になりましたが、“一般列車”として廃止扱いになっただけで、今は旅行ツアー列車として走っていることを付け加えておきます。

サンケイビル

facebookでの公約どおり、今季の夜間樹液採集シーズン終了の宣言について判断します。

10月1日をもって、今季の夜間樹液採集シーズンを終了しました。終了日を10月1日にしたのは、翌日および7日の観察ではスズメバチのみでコクワガタさえいなかったことと、週末から気温が下がるためです。

日中観察はしばらく続けますが、これも10月末で終了とし、同時に現テーマも終わり、来シーズンから新フィールドを加えた新テーマに移行します。

 


駅の改札を出て地下通路を歩き、地上に出るとお目当てのビルに到着しました。

そう、サンケイビルです。このビルに来るのは1年ぶりです。都心部のビル街では低層階が飲食店を中心とした店舗、中~高層階がオフィススペースになっていることが多いです。飲食店があるのは、オフィス街で働く人たちのためにあるといって過言はないでしょう。

イベント会場は3・4階のサンケイビル会館です。エスカレータで3階に上がり、入場料金を払って「第75回インセクトフェア」会場内に入りました。

今回のお目当てはオカクワとドルクスハンターです。オカクワブースではドラゴン先生に会うこともでき、著書を買ってサインして貰いました。

さすがプロの漫画家、似顔まで描いていただき、恐縮でした。

ドルクスハンターのブースでは生体もわずかながら販売していました。オオクワガタの採集個体もですが、すでに福島で自己採集した(「るい」と名前までつけた)個体がいるために買わなかったですが、貴重な岩手県産なのでラベルでの地名で採集地を絞り込むことも出来ました。また、自分は自己採集できるものはショップ等で買わないことにしていますので(オオクワガタは昨年に福島で初自己採集して以来、ショップ等で買っていない)。

代わりに標本を買いましたが、明日報告します。

彼らとのお話で貴重な情報を戴くこともできました。虫屋同士の情報交換の場にもなっているのです。

他にむし社等色んなブースを見て回りました。中には雌雄モザイク標本もあり、ミヤマクワガタが12万円、ノコギリクワガタが10万円、オオクワガタが8万円で、貴重な標本は大小関係なく値段が高いです。雌雄モザイクは染色体の異常が原因だそうで、その確率は10万分の1だそうです。

15時30分過ぎに会場を出て、再び駅へ戻りました。なお、会場内は撮影禁止なので、写真はありませんのでご了承を。

つづく。。。

資料用の写真撮影

今日は昼前から天気が回復し、晴れてきました。LUMBERJACKのレンタルBOX虫メンテは午後に行って来ました。ヒメオオクワガタの割り出し結果は…後日報告です。

 


午前中、天気が回復したのを見計らって、イベント資料用の写真を撮ってきました。撮影したのはコナラの木で、葉と樹皮の両方が分かる写真が欲しかったのです。

 


早速、資料の原稿に貼り付けました。これでクヌギ、コナラ、ヤナギの3つが揃いました。ただし、地元での採集を前提としているため、西日本や東北・北海道地方には当てはまりませんが。

あとはオオクワガタの写真ですね。幸い、福島産の羽化新成虫で1ペア揃っているので、新しい写真が撮れそうです。