ノコギリクワガタ越冬準備

今日はfacebookでの友達で元グラビアアイドルで現在は料理研究家の人によると、独身の日だそうです。多分、生涯独身の可能性は高いですが(笑)。

LINEで仲良くなると、携帯が使えなくなる要因による理由をつけて、怪しいサイトへ誘導する業者がはびこっている昨今ですから、ますます縁遠くなりそうです。会社の職場で女性30人弱に囲まれて仕事している方がまだいいです。一線は越えないですし。

facebookの友達には元グラビアアイドルだったり、漫画家や政治家(!)などもいますしね(;´▽`A“

 


昨日(11月10日)の越冬準備ではノコギリクワガタにも実施しています。ノコギリクワガタは野外活動したものは越冬できず、その年の晩秋までに死んでしまいます。

実は、地下で秋に新しい成虫が羽化し、そのまま蛹室内で越冬しているのです。成虫で1年以上は生きていることになります。初夏から夏にかけて野外で活動しているものは、すでに9~10か月近く生きていて、余命いくばくもないのです。

まずは飼育ケースの底から4割ぐらいマットを敷き詰めました。

 


水苔と新成虫を移し替えました。これでお分かりだと思いますが、今夏に羽化した新成虫なのです。1年近い寿命があります。

長い休眠期間は一見、無駄があるように見えますが、ライバルであるカブトムシと発生ピークをずらすのに役立っています。実際、カブトムシの発生ピークが7月下旬~8月上旬頃に対し、ノコギリクワガタは6月下旬から7月中旬、8月中旬以降となっています。

餌ゼリーは入れていませんが、ノコギリクワガタやミヤマクワガタの場合、休眠期間中は全く餌を食べません。羽化後2~3か月で後食を始めるオオクワガタ等とは違います。

こちらは発泡スチロールの箱で越冬となるでしょうね。

福島産コクワガタ越冬準備

餌交換と同時に福島産コクワガタの越冬準備をしました。

 


まずは6月に羽化した来季の種親です。♂が初めての50mmオーバー個体となる52.1mmと♀31.2mmのペアです。コクワガタは性成熟が早く、3か月程度で繁殖が可能になりますが、できればオオクワガタ同様にじっくりと熟成させてからにしたいので、来春から交尾産卵させることにしました。

成虫を移し替えると、すぐに潜っていきました。

 


ゼリーホルダーをどかして撮影した♂です。50mmオーバーのでかい図体して、あんな小さいところにまで隠れようとするとは…。

 


続いてWDペアもセットしました。こちらは野外採集個体なのでブリードに使用しましたし。♀からフェロモンが当然出ていますので、同一ケース内で越冬させるのが得策と判断しました。ただし、昨季採集ものなので、2シーズン産卵に使ったことになります。

来年で採集してから3年目に入りますし、3シーズン産卵できるのでしょうか?

 


こちらは今季採集もので、♂しか採集できなかったので、当面は独身ですね(;´▽`A“来シーズンにお嫁さんを探してあげないと…!

 


♂48.0mmと♀29.5mmのWF1ペアです。F2幼虫が取れているので、更なる大型成虫の羽化に期待できるでしょうか。

 


ゼリーホルダーを他のクワガタに転用するため、餌台とゼリーを変更しました。

 


福島産はこれで全て準備できました。WDが2♂1♀、WF1が2♂2♀の合計7頭です。これでコクワガタの越冬準備がまだなのは青森産だけです。産卵セットの割り出しはまだですし、生死も分かりません。ただ、♀1頭だけなのでコバエシャッタータイニーとなるのは濃厚でしょう。

ラベルも新しく作り直さないといけませんし、スジクワガタやアカアシクワガタがまだ残っています。

次期種親の冬支度

いよいよ社員旅行が来週に迫ってきました。転職前の会社にはなく、転職後では初めてとなります。2日目の14日は群馬へ行くので、えきねっとで新幹線のきっぷを予約しました。もちろん、狙いは「四季島」と貨物列車です。

 


昨日のWD個体に引き続き、ブリード個体も冬支度をしました。来季の種親となるので、仕切り付きケースにマットを4割近く敷き詰め、餌ゼリーと餌台をセットしました。

 


次に成虫を入れました。6月に羽化しましたが、まだ4か月半ぐらいしか経っていないので、成熟していません。オオクワガタの性成熟は6か月ぐらいかかりますが、成熟するのは12月…。もちろん寒くて活動できる筈はありません。

 


折角なので、美形認定された♂を撮影しました。体長65.5mmに対し、顎幅は4.0mmで、東北産の特徴が出ていて体型のバランスが取れています。

山梨産と似た体型で、ややスリムなのが福島産の特徴といったところでしょう。

再来年(2021年)、どのような美形個体が産まれるでしょうか。ケースへ屋外バルコニーに出す準備を終え、11月中は高蛋白ゼリーで栄養をつけてもらいましょう!!

立冬

今日は二十四節気の「立冬」です。暦の上では冬、これから来る冬に備えよという意味もあります。

月後半からクワガタを冬眠させるため、昨日の新潟産WD♂に引き続き、残りのWDオオクワガタも冬支度をしました。

 


まずは青森産WD♀からで、ケースにマットを半分近く入れ、餌台をセット、その後に越冬個体を入れました。

11月前半だと、まだ暖かい日もあるからで、餌ゼリーはそのままです。青森ではもうすぐ雪の便りが来るころでしょうか。来シーズンこそ、青森産オオクワガタを自力採集してみせます!!

 


セットが終わったら、蓋を締めました。コバエシャッターと違い、この蓋なら、春になって交換すた後の洗浄が楽なうえ、不織布フィルター交換の必要がありません。

 


続いて自己採集の福島産、送っていただいた新潟産の残りもケースを移しました。来週末までは室内飼育で、屋外バルコニーへ出すのは社員旅行から帰った後になるでしょうね。

越冬準備

いよいよ朝の最低気温が1桁となり、そろそろクワガタ達の冬眠準備を考えなければならない時期にきました。

コバエシャッターの場合、屋外に出すと不織布フィルターが汚れ、春になった時の交換が大変になります。数を扱うとなおさらです。

そこで、今年はコバエ侵入抑制用のプラケースを使用することにしました。

 


まずはケースに底から概ね4割程度マットを入れました。半分よりちょっと少ないかな?が丁度よさそうです。これは虫の活動による圧縮率の低下を見込んでのことです。

餌台と餌ゼリーもセットしました。11月のうちは日中に餌を食べることもありえるからです。それも屋外へ出すまででしょう。

 


入れたのは…新潟県産WDのオオクワガタ♂です。9月下旬頃に友人から採集個体を送って貰ったものです。

 


冬眠に入る前に撮影。霧吹きシャワーでさっぱりしたかな?ケースをバルコニーへ出すのは中旬頃からですが、冬眠に入ったら春までは会えませんね…。ケースを部屋の中に置いている間は高蛋白ゼリーで栄養をつけて貰いましょう!!

他の個体もトランクルームからケースを引き揚げ次第、準備することになります。

オオクワガタ菌床投入

今日で10月は終わり、明日から11月です。8月に令和初の種親として採集したカブトムシの♂が死亡しました。2012年採集の12月2日、2017年採集の11月27日に次ぐ歴代3位の長生き記録でした。遺骸は損傷がないので後日、標本にします。

20日の3種同時菌床投入のトリはオオクワガタです。

 


台風が過ぎた後の13日、F2幼虫を割り出したケースから更に見つかり、しばらくプリンカップで保管していた幼虫を菌床ボトルへ移しました。頭の大きさから♂でしょう。

 


WF1幼虫のうち、4頭が最後まで残り、菌糸ビンへ移しました。これでオオクワガタの幼虫は今季分20頭全てが菌床飼育となりました。今季分の幼虫飼育は福島産だけですが、来季からは新潟、青森産も加わります。

 


菌糸瓶へ引っ越し、しばらくして潜っていきました。写真の幼虫は♀でしょうか。

今季は採集したWD♀の産卵数が少なかったので、無事に越冬して来年はもう少し多く産卵して貰いたいですね。

アカアシクワガタ菌床投入

今日は昨日の冷たい雨から一転、秋晴れとなりました。しかし、週間予報を見る限りでは11月になってもまだ曇りや雨の日がいい気がします…。

 


20日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテでは、コクワガタの他にアカアシクワガタ、オオクワガタの幼虫を菌床投入しています。

コクワガタの幼虫を投入し終えた後はアカアシクワガタの幼虫を投入しました。昨シーズンに採集したもので、すでに親は死んでいましたが、4頭と少ない数ではありますが、取ることができました。

まだ初齢で雌雄判別ができないため、全て500㏄菌糸瓶に投入しました。次回交換時には雌雄判別がついていることでしょう。

過去には菌糸飼育で45mm程度の羽化実績があるので、♂と判別したものは800㏄へ移せば、50mmオーバーを狙えるでしょうか?ただし、コクワガタより要求積算温度が低いため、夏季は冷却する必要があるのはもちろんのこと、12月以降に一度持ち帰ってベランダで寒さ経験させる手もありそうです。

もうすぐ11月なので、3連休に今季採集ものも割り出してみますが、幼虫は取れるでしょうか?

コクワガタ幼虫菌床投入

今日は朝から冷たい雨が降りましたが、夕方の退勤時にはほぼやみました。東北本線が全線復旧したので、週末から「カシオペア紀行」は運行再開、四季島も通常ルートでの運行に戻ることでしょう。

11月中旬に会社の社員旅行があり、2日目の自由行動では群馬県へ「四季島」の撮影に行く予定です。

10日近く経ってしまいましたが、10月20日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテでコクワガタの幼虫を菌床投入しました。

 


プリンカップから取り出した幼虫です。すでに2齢にまで加齢していました。

 


菌糸瓶に幼虫を投入しました。今季、初めて50mmオーバーが羽化したので、大型成虫を得るのにコクワガタでも菌糸瓶が有効だと思い知らされました。

 


幼虫投入を終えた菌糸瓶です。♀または性別不明の初齢は500㏄(写真左)、♂は800㏄へ投入しました。まずは野外ギネス超え、そしてBE-KUWAギネスを超えて60mmを目指すなら、これぐらいはしないと難しいでしょう。

60mmオーバーのコクワガタ、未だ想像できないのですが、これだけ本気で飼育している人はいるでしょうか?

次回交換時にはどれくらい成長しているでしょうか?更に雌雄判別すれば、♂は800㏄へ移すことになりますから。

コカブト羽化したが…

晴天での週明け、やっと中央線特急の運転が再開し、通勤時の新宿駅では17日ぶりに電光表示板の案内で「かいじ」「あずさ」「富士回遊」等の愛称を見ることができました。

 


昨日(10月27日)のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテで久しぶりにコカブトのチェックをしました。

8月に割り出した唯一の幼虫はすでに羽化していましたが、残念ながら★になってしまいました。ちなみに♂でした。このことから、コカブトは成長スピードが早いことが伺えます。

 


産卵セットは…暴いてみたところ、幼虫も新成虫も0でした。もう時期柄、無理なので♀は越冬させて来春にまたチャレンジです。

コカブトって、冬眠できるの?といえば、成虫で越冬できるんです。これがカブトムシとの大きな違いです。したがって、コカブトは成虫の寿命が長いということになります。卵から羽化まで2~3か月と想定し、成虫の寿命は長くておよそ10か月でしょうか。

蝶ではヒオドシチョウやエルタテハ、キベリタテハ等が成虫の寿命が長いことで知られています。

現在、♀は持ち帰り、高蛋白ゼリーで体力をつけてもらっています。持ち帰った♀が来春、生きているうちに♂を採集できれば追い掛けできるのですが、なかなか見つからないのでそうはいかないでしょうね…。

ラベル作成

今日は午前中だけですが、久しぶりの秋晴れとなりました。台風の被害がないかの確認も兼ねてフィールド散策しました。

ラベルシールに切り替えのため、wordにてひな型を作りました。

 


ラベルの枠内に入れるため、表の行数とかがExcelより制限されるので、幼虫の飼育ラベルに関しては2枚使用することで解決を図りました。

来季は自己採集の福島だけでなく、新潟、青森産の3産地分ブリードになるため、ラベル管理の見直しが必要になりました。

もう一つは作成する際の迅速化、瓶交換時の貼り替えを考えると、ラベルシールが得策と考えました。

基本的にはExcelの様式を踏襲しつつも、Word様式に最適化しています。まずはオオクワガタ、コクワガタ、アカアシクワガタとし、順次他種にも広げていきます。

明日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテでチェックし、ノート記録してからの作成となるでしょう。