アカアシクワガタ割出

明日から3連休です。22日は「カシオペア紀行」撮影、23日はインセクトフェアーを予定していますが、3日間全て生憎の天気です。

 


今夜はアカアシクワガタの割り出しを行いました。産卵セットから数か月経過し、すっかり忘れていました。昨年採集した♀親は全て死亡しています。

まずは産卵木を取り出し、分解しましたが1本目は不発でした。

 


2本目はあまり齧った痕がないように見えたので、ダメ元で分解しました。そしたら…幼虫が出てきてくれました!!(≧▽≦)

 


結果は4頭の幼虫を取り出すことに成功しました。オオクワガタ、コクワガタと同じ内容でセットしましたが、豪雪地帯なので産卵材は湿度高めでないとダメなかもしれません。

オオクワガタやコクワガタより湿度高めということでしょうか?

今季羽化したものは全て♀なので、来年に♂を採集しないとペアリングは不可能です。今季も採集しているので、こちらの方にも産卵をきたいするしかないですね。

アカアシクワガタ産卵セット

今日は福島で採集したアカアシクワガタの産卵セットをしました。7月の福島遠征で採集した1♂2♀のうち、1♀が死亡し、皮肉にも1♂1♀のペアが残る格好となりました。

 


産卵木を丸1日加水し、水切りなしでセットしました。余分な水分はマットが吸収してくれること、コクワガタより高湿度な状態を好むと考えてセットしました。

仮に現地で倒木に産卵した場合、冬は雪で埋もれることがあります。採集地は豪雪地帯なので、長い間雪に埋もれ、高湿度な状態になる筈です。

産卵木は餌台を置きやすいように斜めにセットしました。

 


餌台と餌ゼリーをセットしました。これならマットが汚れる心配も減ります。

 


産卵セットに♀を入れました。WDなので採集した時点でほとんどが交尾済ですが、採集時期を勘案し…

 


♂を同居させて追い掛けすることで様子をみることにしました。ヒメオオクワガタ同様に秋遅くまで活動するので、まだ産卵する可能性は残っています。

同居期間は1週間程度とし、♂隔離は秋分ごろになりそうです。今シーズンはどれくらい産卵してくれるでしょうか。

福島産コクワ割出

青森で採集したコクワガタを産卵セットするため、ケースを空ける必要が生じ、割り出しを行いました。まだ9月前半なのでぎりぎり大丈夫ですが、後半以降は厳しくなります。

 


まずは産卵セットから産卵木を取り出しました。いくらなんでもこれは放置しすぎですね…。

 


産卵木を割ったら、幼虫が出てきました。まずは一安心といったところでしょう。それにしても産卵木が細すぎたかな…?

 


結果は3頭でした。すでにLUMBERJACKへ持って行ったものを含めるとトータルで11頭取れたことになります。

累代はF2で♀29.5mm、♂47.9mmからの採卵です。今回採卵したF2だと人工餌に慣れてき始めているので、50mmオーバー羽化は期待できるでしょうか?

小麦粉添加マットで♂は最大48.0mmが羽化できたので、期待できるかも知れませんね。最終目標はBE-KUWAギネス超え、そして60mmオーバーの羽化ですから!!

全クワガタ整理完了

今日は夕方、大気の状態が不安定となり、雷雨に見舞われました。

夕食後、若菜台へ行って餌ゼリーや材等を買ってきました。

 


会社帰り、トランクルームへ寄ってコバエシャッタータイニーを取ってきたので、青森遠征で採集したクワガタを全て整理しました。

コクワガタの♀は体長を測ったら27.8mmでした。採集した時は大きく見えたのですが、目の錯覚なんでしょうか。産卵セットは3連休に実施します。月後半から涼しくなるそうなので。

コクワガタは東北遠征時、オオクワガタが来るかどうか鍵を握っている重要な虫ですから、これは大切にブリードしないとですね。

青森産でも50mmオーバーを作るのは不可能ではない筈です。

青森産ノコギリクワガタ整理

青森遠征明け後の出勤日でした。同僚の話によると、昨日は台風の影響で午後から通常業務再開となり、昼過ぎの出勤だったそうです。

青森遠征で採集したノコギリクワガタを整理しました。

 


採集した♀の数から4ペア組める筈で、プラケースミニに♂と♀のペアを入れました。しばらくはペアリングで様子を見ます。

 


1頭だけ何か違います…。胸に光沢があり、目の横の突起も違います。別の♀と見比べて明らかに違う!!と確信しました。

なんと!!コクワガタの♀でした。まさか混じっていたとは!!コクワガタが来たということはオオクワガタが来てもおかしくはなかったです。しかし、別の灯火に来ていて車に轢かれてしまっていたのです。

こんなに大きかったか?と目を疑いました。北へ行くほど大きくなるのでしょうか!?

コクワガタは東北産しか採らなくなったので、今季2度目の採集となりました。これで福島産に引き続き青森産も採集したことになります。

 


これでノコギリクワガタは5♂3♀になりました。青森遠征の成果はノコギリクワガタ5♂3♀、ミヤマクワガタ1♀、スジクワガタ1♀、コクワガタ1♀となりました。

ペアを組めたのは3組、♂2頭が余ります。残り寿命が短いことを勘案して余生を送って貰いましょう。小型♂については別ケースを用意する予定です。

来シーズンこそは…!青森産オオクワガタを採集する!!と目標もできました。長年の悲願ですし。

ノコギリクワガタ産卵セット

今日は誕生日でした。気づけばアラフィフ突入、四捨五入して50です(^^;

いよいよ明日の夜から青森遠征です。夜行バスで発ち、翌朝の青森でカシオペア撮影してから十和田湖です。あ、EH800牽引の貨物も撮りますよ。

 


今季2つ目のノコギリクワガタ産卵セットをしました。まずは前夜から丸1日加水しました。

 


会社から帰った後、樹皮を半分剥いて産卵材をセットしました。水切りはしていないのは、土産みなのでマットが余分な水分を吸収してくれると読んだからです。

 


マットで材の頭が出るくらいまで埋めました。剥かなかった樹皮が転倒防止材を兼ねて一石二鳥です。

マットはカブトムシの幼虫の糞を乾燥させたのちに破砕し、木の粉も少し混ぜたものを使用しました。高価なマットを買わなくてもいいのでコスト削減になります。

 


餌ゼリーをセット後に♀を放しました。今季の♀はブリードもので、野外採集した♂と一定期間同居させたので交尾済の筈です。

もう9月ですし、少し涼しくなっているので土産み種には丁度いいでしょう。無事に産卵してくれるでしょうか。

発送準備

ヤフオクに出品した福島産オオクワガタのペアが落札されたので、発送準備をしました。

落札されたのは♂65.7mm×♀43.8mmのペアです。即決価格で落札されました。即決価格を高目にしたのはWF1が貴重なことには変わりませんが、福島県まで遠征して♀親を採集したので、その苦労に安値をつけられたくなかったからです。

 


発送準備として655㏄プリンカップに、お弁当としてゼリーも入れました。WF1は幼虫が菌糸等の人工餌に慣れてないためか、羽化したサイズは♂で60mm台がほとんどでした。

 


保冷を兼ねて発泡スチロールの箱にしました。まだ残暑厳しい季節であることと、暑さに弱いことを勘案しています。

緩衝材として丸めた新聞紙で隙間を埋めました。これで準備完了ではありません。保冷剤を入れて準備完了ですが、明朝に同封していよいよ発送です。

行先は高知県です。新しい飼い主の下で子孫を残していってくださいね。…とはいっても交尾産卵できるのは来春からですが。

令和初カブトムシ産卵へ…

昨日セットしたカブトムシ産卵セットでケースサイズが小さいことが判明し、急遽トランクルームへ取りに行く羽目となってしまいました。

マットが不足するため、買い足しましたが、ミスで余計な出費となりました…。

 


昨日のセットで使用したマットは全て底マットにし、堅詰めしました。ケース底から半分くらいまでの深さとなりました。もちろん、サイズ変更による不足は想定済です。

 


急遽買ったマットです。三晃商会製の「はじめてのかぶくわマット」です。土に近いレベルまで発酵しているので、ノコギリクワガタやヒラタクワガタにも使えそうです。

 


全て袋から出し、柔らかめに詰めてから足場木と餌台、ゼリーをセットしました。足場木は100円ショップのダイソーで買いました。

 


♀をセット内に放しました。2週間近く♂と同居していたので、交尾済の筈です。後から交尾した♂の遺伝子が有効になるそうですが、これって昆虫界での略奪愛??

♀はすぐに潜っていきました。時期的にもそろそろ卵を産みたかったのでしょう。産まれてくる幼虫は令和産まれとなります。

うまく産卵してくれれば、10月には令和産まれの幼虫と初対面になるでしょうね。

令和初のカブトムシ産卵準備

今日は久しぶりに夏空が戻ってきましたが、秋の気配が感じられるようになってきたので、夏の終わりは近づきつつあります。

 


朝のうちに前年の幼虫に使用したマットをふるいがけし、天日干ししておきました。夕方には産卵セットの準備としてまずはケース底にリサイクルマットを堅詰めしました。

 


リサイクルマットだけでは不足するので、フォーテック社製の「カブト1番」を買っておきました。

 


リサイクルマットの上に柔らかく詰め、足場木をセットしました。あとは餌ゼリー…と言いたいところですが、直接土の上に置けば汚れてしまいます。

餌台がないので、明日に♀を放すこととなります。土産み種は少し涼しくなった頃に産ませるのがいいだろう…との判断ですが。

明日はLUMBAERJACKのレンタルBOX虫メンテなので、そこに置いてある65g餌台を持ち帰ればよいだけです。ヤヌスゾウカブト産卵の際に使っていましたからね。

コカブト幼虫

今日から仕事でしたが、朝の通勤時は混雑率がいつもより低く、出勤すると1/3近くが休んでいました。

 


昨日(8月14日)は玄倉川水難事故からちょうど20年でした。熱帯低気圧による大雨でキャンプしていたグループ18人が流され、うち13人が死亡した事故です。テレビのニュースでリアルタイムで人が流された瞬間が映っており、世間に衝撃を与えました。

再三の退避勧告無視および被害者側の無謀な野営が原因で、完全に自己責任です。子供も含まれ、6人中4人が死亡したのです。最大の犠牲者は子供たちといって過言はないでしょう。

イメージ写真ですが、川の中州は大雨時に水没してしまいます。事故当時、中州でキャンプしており、大雨で水没する危険がありながら退避勧告を無視して野営を続けたのです。

映像が残っていることから、今でも語り継がれており、自然を侮っていはいけないという教訓を残したといってもいいでしょうね。

 


12日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテで、コカブトの産卵セットを割り出しました。…が!!結果は幼虫1頭だけです。他の幼虫は食べられた可能性も否定できません。

見た目はカブトムシの幼虫とあまり変わらないですね。

幼虫を別容器へ移し、再度セットしました。もう8月中旬なので、再度産卵はしてくれるのでしょうか。虎の子の幼虫ですし、幼虫を育てながら♀親が再度産卵してくれるのを祈るしかありません。