起こす

今日は春分の日で祝日、会社は当然休みです。南からの強風で日中の気温が20度を超えて暖房いらずの暖かさとなりました。週末は寒の戻りで気温が急降下しますが、来週からは再び上がるそうです。

例年、学校が春休みに入る頃は気温が20度近くまで上がることもざらですし、まずはオオクワガタとコクワガタから起こしました。起こすといっても、相手はクワガタなので人を起こすのとは違います。

 


まずは採集個体からです。ゼリー周辺には綿毛みたいなカビが生えています。冬眠中のるいちゃんは!?

 


マットを掘ったらちゃんと生きていました。無事に冬を越せてよかったですね。明けましておめでとうございます!!

 


マットを全交換、もちろんゼリーも交換しました。今後はGWまで栄養をつけて貰います。

 


続いてWF1のペアです。♀(右写真)は無事に冬を越したことを確認しました。

 


続いて♂も生存を確認、マットを減らした後、水苔を敷き詰めました。羽化後、9~10か月経っているので交尾産卵は可能ですが、越冬明けなので栄養をつけるのが先です。GWまでは個別飼育です。

 


続いてコクワガタです。マットが蓋ぎりぎりにまで上がっており、圧縮率が下がったのでマットを減らしました。

 


昨季羽化最大の48mmも無事に冬を越しました。これを種親に幼虫を取り、BE-KUWAギネスに近づけるようにするつもりです。60mmオーバー羽化はなるでしょうか!?

 


飼育ケースです。マットが半分近くにまで減っています。冬の間は寒くなりすぎない様に厚く入れていました。人が寒くなると布団を増やすのと同じです。

あとは自然に任せます。ただし、餌ゼリーの交換頻度はまだ少なく、1週間~10日に1度ぐらいでしょう。他のクワガタも4月までに順次起こしていきます。

菌糸詰め

今日は午前中、LUMBERJACKへ行って来ました。お店には10時10分頃に到着しました。

 


長いこと欠品中だった菌糸ブロックが入荷したので、速攻で購入しました。

 


まずは空き瓶の内側をアルコールで消毒し、ある程度揮発するまでの間、ブロックを崩したり、レンタルBOX中の成虫の餌ゼリーを交換しました。

余分なアルコールを拭き取ってから崩した菌糸ブロックを瓶に詰めました。今回はコクワガタへの仕様を前提としているため、800㏄4本と500㏄3本に詰めました。

菌糸再生まで1週間程度かかるので、すぐに幼虫は入れません。来週の菌床交換が楽しみです。

50mmオーバーが期待できる幼虫、どれくらい太っているのでしょうか?10g超えていれば50mmオーバーは行けそうな気もします。

菌糸瓶交換

昨日(3月9日)の午後、LUMBERJACKへ行ってきました。…が、菌糸は相変わらずの欠品状態です。一度欠品状態になると、2か月近く入ってこないこともあります。

 


昨年11~12月に投入したもので菌糸交換ができなかったものは容赦なく劣化が進んできています。

 


さしあたり取り出し、体重測定しました。6g、卵巣マークが見えたことから♀確定です。

 


本来なら♀は800㏄に投入する筈ですが…菌糸がブロックもボトルも欠品状態のうえ、詰めたのは1500㏄しかありません。仕方なく投入しました。

 


続いては成長が遅れているものです。♂のようですが…まだあまり大きくなっていません。

 


体重測定したらまだ2gでした。こちらも1500㏄に投入し、しばらくして幼虫は潜っていきました。

温度管理されている環境での菌糸で4か月近くたってもあまり成長していないのも珍しいですね。♂は要求積算温度が高いからなのでしょうか?

次回交換は6月と仮定して、羽化は晩夏から秋になる可能性もありそうです。

啓蟄~コクワガタ~

啓蟄(3月6日)を過ぎましたが、ゼリー交換時にオオクワガタ以外は生死を確認していなかったので、まずはコクワガタを確認しました。

 


今日のところは野外採集ものから確認しました。どちらも元気でした。越冬中は乾燥が大敵で、適度な水分があったのも一因でしょう。ただし水分量が多すぎると凍りつくリスクがあります。

自然環境下での越冬失敗は凍結による凍死です。できれば最低2~5度が保たれる環境であればほぼ100%冬を乗り切れます。

採集したのが冬は雪が多量に積もる東北地方の山奥で、故郷に比べて温暖だったから寒さに強く、冬を乗り切れたといっても過言はありません。

 


現在は仕切り付きのケースで個別飼育としています。マットはまだ減らしません。

起こすのは春分ごろなので、その時にマットを減らします。

昨夏は酷暑の影響で産卵セットが遅れましたが、今年も産卵してくれるでしょうか?

啓蟄~オオクワガタ~

今日は二十四節気の「啓蟄」です。「冬ごもりの虫が這い出る」という意味ですが、実際に出てくるのは九州地方以南で、ここ関東はまだまだ寒いです。とはいえ、今年は暖冬ですが。

いつ起きるかわからないので、餌ゼリーを交換しました。保湿用に入れたとはいえ、さすがにカビてしまいました…。

 


まずは昨春に羽化したWF1ペアからです。成熟まで最低6か月はかかるので、羽化した当年は交尾産卵はできません。すでに羽化から9~10か月経っているので、今春から交尾産卵ができます。

 


ゼリーを交換後、元のケースに戻しました。起こすにはまだ早かったようです。

 


続いて採集個体の“るい”ちゃんです。こちらも元気でした…が!!よく見るとダニが付いています。野外採集個体ですし、このダニは「クワガタナカセ」という種類で、クワガタの口に付いた餌の食べかすを食べてくれるので、無害です。

とりあえず軽く流水で洗いましたが、暖かくなったらヒノキマットを買って駆除&予防しておきましょう。

 


ゼリー交換後に戻しました。人間の年齢だったらまだアラサー、今年も頑張って産んでくれるといいですけど…。♂も採集できればいいのですが、滅多に飛んでこないので採集は難しいです。飛びそうな時期を狙えば可能性がありそうですが…。

他のクワガタはまだ確認していないので、でき次第、報告します。

マット発注

今日は雨での週明けスタートとなりました。

明日は晴れますが、向こう1週間は平年より気温が高い傾向があり、もうすぐ啓蟄を迎えるのでそろそろ冬眠中の虫を起こすタイミングを見極めなくてはなりません。

オオクワガタの幼虫でマット飼育ものが2年1化になっており、そろそろ交換どきが近づいてきています。

楽天市場にてマットを発注しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ガス抜き済み】High effect新・完熟発酵マット★5リットル袋入り
価格:1280円(税込、送料別) (2019/3/5時点)

楽天で購入

 

 

現在、このマットで育てているのは2017年に採集した♀から採卵した5頭です。2年1化になり、冬の間はベランダに出して寒さ経験をさせたので、蛹化スイッチが入る筈です。

サイズは?交換時に体重測定しないとなんとも言えないですが、71mmぐらいは行ってくれるでしょうか?72~73mmで羽化してくれれば上等ですけどね。

ミヤマクワガタ幼虫追加投入

今日は午前中、LUMBERJACKへ行ってきました。雨なので電車利用です。9時頃に家を出て店舗に着いたのが10時15分。

自転車とあまり変わらない所要時間でした。

 


店舗に着くと、菌糸は相変わらず欠品状態でした。先週、マットを入れたタッパーは持参したのに幼虫を忘れてしまったので、今回は幼虫を忘れずに持ってきました。早速、幼虫を古マットとともに投入しました。

 


頭の大きい幼虫がいます。♂でしょうか?1200㏄タッパーに入れました。

 


これでミヤマクワガタの幼虫は全てタッパーに投入しました。しかし、まだ小さいので全員2年1化になるのは確実でしょう。

本格的に春を迎えたら幼虫たちの餌交換が本格化します。菌糸の欠品状態はいつ解消されるのでしょうか?

ミヤマ幼虫新規投入

今日は午後、LUMBERJACKへ行ってきました。新宿へ用事もあるため、いつもの自転車ではなく電車利用でした。京王→西武→JR→小田急と複雑な経路になりました。

 


マット入りのタッパーを持参し、さあ幼虫を投入…しようと、痛恨のミスを犯してしまいました。準備しておいた筈の幼虫を家に忘れてしまいました。そのため、先週の残りの1頭だけとなりました。

頭が大きく♂だと思っていたのですが、卵巣マークらしきものが見えたので♀と断定し、800㏄のタッパーに入れました。3齢初期でしょう。

これから太る時期でもあります。2年1化になりそうなので、少なくともあと1年半は幼虫のままが濃厚でしょうね。

ミヤマ幼虫餌交換

今日は季節外れの暖かさで、同時に花粉も増え始めました。今季初の花粉症の症状が出てきたので、明日からマスクしての出社、外出となりそうです。

 


日曜日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテ時、ミヤマクワガタ幼虫の餌交換をしました。

幼虫は6頭、マットを詰めたタッパーを持参しました。

幼虫はまだほとんどが2齢初期であまり大きくなっていません。寒さに強いからといっても冬場は成長が鈍いです。

 


1頭、頭でっかちなので♂と確信しました。…が!!持参したタッパーは全て800㏄です。1200㏄を持参していなかったので、こちらは来週に持ち越しです。

5頭終わったので、残りも持参し、夏を越してもらうことにしましょう。

菌糸がない!!

今日は午前中、曇りがちでしたが昼前に回復したので、梅の花を撮ることができました。まだ開花率が低いので、HPには2月中はオオイヌノフグリを使用しますか!?

夕方、スマホにこんなメールが届きました。スクショにチャレンジ、初成功しました。

 


差出人の名前がありません。恋人同士ならなくてもわかりますが、生憎自分にはそんな特定の人はいません。

業者の可能性もありますし、しばらく様子を見ることにしました。わざと名前を名乗らせる手もありますが、業者かどうかは見抜くのは難しいでしょう。なぜなら何回かやり取りしない限り、見破るのは困難になりつつあります。それだけ巧妙化しているのです。「騙されたふり作戦」で見破るしかありません。写真を添付してきた場合、AV女優等、やたら容姿端麗であれば、業者の可能性ありと見た方がいいでしょう。

 


午後はLUMBERJACKに行って来ました。福島産WF1コクワガタ幼虫で1頭やたらに大きく育っており、♂と確信しました。このサイズなら50mmオーバー羽化は脈ありそうです。

菌糸はまだ半分も食われていないように見えます。外側は食わず、中だけ食っていることもありえます。

 


卵巣マークが見えたので、こちらは♀確定です。羽化予想サイズは30mmオーバーいけそうです。昨シーズン羽化ものは♂48.0mm、♀32.4mmが最大サイズでした。

今度は♀35mmまで行けそうかな…?と期待しています。

 


福島産WF1コクワガタは全7頭中1頭は800㏄に引っ越したので、残り6頭は500㏄瓶のままです。投入から3か月経ちますが、ピンチが訪れています。

そのピンチとは…

菌糸がない!!

です。

現在使っているのはショップオリジナル菌糸です。ブロックと800㏄ボトルが欠品中です。現在あるのは1400㏄ボトルですが、コクワガタには過剰です。BE-KUWAギネス(58.8mm)超え、60mmオーバーを目指すなら話は別ですが。

とりあえずは3月まで様子を見て決めることにしましょう。