令和初の産卵セット

昨日(5月19日)には令和初の産卵セットをしました。令和初となったのは…オオクワガタです。

前日には産卵材等を買って準備しておきました。

 


前日の夕方には水を入れたバケツに材を投入し、加水しました。

 


翌朝にはバケツから取り出して半日ほど水切りし、夕方には鉈で樹皮を剥きました。剥いた樹皮は捨てずに取っておくことにしました。後で羽化新成虫や他種で転倒防止材代わりに利用できるからです。

 


ケースの底から1/3程度マットを詰め、材を入れて2/3程度埋めました。材産みでマットには産まないので、材を破砕しただけの未発酵マットで十分です。

 


餌ゼリーをセットして準備完了です。今年もプラケース中を使用しました。

 


いよいよ♀を投入です。餌台を取り除くと…いました!雌雄一緒にです。もう交尾済だろうと判断し、取り出しました。嗚呼、仲のいい?雌雄を引き裂くなんて残酷でしょう…(--;

 


産卵セットに♀を放しました。早くて7月初旬から中旬にはF2の幼虫がお見えしていることでしょうか。今季は幼虫が取れたら半分程度をマット飼育にするのもいいかもしれません。

菌床交換&人工蛹室

土曜日(11日)にLUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行って来ました。お店に着くと、階下の店舗でレンタルBOXの利用料金支払いおよびアイテムを購入しました。

 


買ったのは、1400㏄菌床ボトルです。先月菌床交換したばかりですが、800㏄では窮屈なぐらいに成長してしましました。これはまずい!と判断し、交換するために買いました。

 


幼虫を取り出し、体重測定しました。16gで前回交換時は12gだったのが1か月で4gも太りました。これにて♂確定しました。

 


体重測定後に糞と一緒に新しいボトルへ引っ越しました。まだ白いので成長の余地があり、72~73mmでの羽化に期待できそうです。

 


交換後の菌糸カスです。半分近く食べられていたので、賢明といえるでしょう。本当は3か月に1回なのですが…幼虫時の雌雄判別の精度を上げないとダメですね。そのためにはもっと精進しなければ…。

 


人工蛹室に移した蛹に小変化が出てきました。目の部分が黒く色づいており、少しずつ成虫の体ができあがりつつあります。蛹になったばかりの頃は体内が溶解しており、盛んに体の造り替えが行われているのです。

あと10日~2週間で羽化といったところでしょうか?

 


もう1つ買ったのは人工蛹室です。こちらはお持ち帰りしました。

瓶底に蛹室を作っているのがいるため、非常用に買いました。本当は前蛹の頃に移せればいいですけどね。結局は人間の判断がものをいいます。もう前蛹なのか、見極めが必要ですね。。。

夫婦仲の行方は…?

令和の仕事始めから早3日経ち、すっかり元のサイクルに戻りつつあります。10連休は本当に長いようであっという間でした。

週末には久しぶりに高尾とか江の島へ行ってみますか!?高尾は四季島、江ノ島はロマンスカー撮影となります。数年前は夏休み遠征以外は江ノ島も定番でした。江ノ島=海水浴ではなく、ロマンスカー撮影でしたけど。あ、元日の初日の出には行ってましたww

 


2日に令和初のペアリングとして同居させたオオクワガタペアの様子が気かがりで、餌台をどけてみました。

距離がちょっとありますね…1週間も同居していれば交尾してもおかしくはないのですが、朝と夕夜間の気温が低いのか、判断がつきにくいです。

もう1週間程度、同居期間を延長しますか。あまり長い期間同居すると、♀が♂を食べてしまう危険性もあります。リスクを承知のうえで、来週末まで延長して様子を見ることにします。

F2の幼虫を取って更に大型化、77mmオーバーでの羽化を狙いたいですし。今年も福島遠征で採集に行く予定なので、一部幼虫をマット飼育として2年1化にするのもありですね。2年1化でじっくり育てればもっと大型化できそうかな?試してみる価値はありそうです。

令和初の菌床交換

今日は午後、LUMBERJACKへ行ってきました。菌床が劣化しているものがあり、交換する必要が生じました。

まずは菌糸の表面が黄色く変色し、かなり劣化しているものを掘りました。

 


なんと!♂の蛹が出てきました。瓶底に作りかけたのが、上部寄りの場所に作った模様です。外側からは分かりませんでした。

るい血統では初めての♂蛹です。

 


階下の店舗で人工蛹室と菌床ボトルを買いました。

 


蛹を取り出し、人工蛹室に移しました。羽化予想サイズは60~65mmでしょうか?大顎の形は立派な大歯型で、中国武術の青龍刀に似ています。

 


2月に初齢で投入した幼虫がかなり成長しました。菌床は半分しか食べられていませんが、3か月経ったのと、体色が白いうちに交換した方がいいとの判断から取り出しました。3齢になった時、タイミングを誤ると大型化は望めません。

 


体重測定したら19gでした。これで♂確定です。2月に投入した時は2gだったので、3か月で9.5倍も増えたことになります。

体積比だと9.5×9.5×9.5で850倍以上も増えた計算になります。

体重測定後、新しい菌床ボトルへ投入しました。この幼虫にとっては今回が最後の菌床交換になりそうです。もう少し体重が伸びれば、72~73mmクラスでの羽化も夢じゃないでしょう。77mmオーバーは来年以降に採卵するF2以降に期待すればいいですし。

令和初のペアリング

今日は午後から天気が回復し、日中の気温が20度以上にまで上がりました。GW終盤は夏日になる日があるそうです。

明日は燃えるゴミ収集日なので令和初の餌ゼリー交換をしました。そろそろ活動時期に入りますし、ブリード準備もしなければなりません。

 


お昼ごろ、♀が白昼堂々と食事をしていました。しかも飼い主が見ている前ですよ…?夜行性で滅多に人前に姿を見せない癖に、飼い主の前で白昼堂々食事するとはどういうことでしょうか?この2代目“るい”は。

珍しいので撮影しておきました。

 


夕方、プラケース小にマットと餌台をセットし、ペアリングセットを作りました。令和初のペアリングです。

餌ゼリーはRTN製元気無双ゼリーでバナナ味とアップル味の2種がありますが、東北産とういことに拘ってアップル味にしました。根拠はないですが、東北地方ではリンゴがよく栽培されているからということで…。

セットができた後、雌雄を放しました。昨春に羽化して実に1年近くかかりました。羽化してすぐには交尾産卵ができないためです。

同居期間は長くても2週間ぐらいです。遅くても中旬頃には産卵セットができるでしょう。

F2からいよいよ、77mm超えへの挑戦が始まります。目指すは82mm!!

人工蛹室

いよいよ明日は平成最終日です。明日は雨の予報なので、午前中にLUMBERJACKへ行ってきました。

 


オオクワガタ幼虫の一部個体が蛹になっていました。これまで確認したのは♀で、♀の方が幼虫期間が短い傾向があるようです。

 


前蛹から蛹になろうとしている瞬間を見ることができました。おそらく♀でしょう。脱皮前は気門に沿って白いスジができていのが特徴です。

 


1頭、瓶底に蛹室を作っていたので、これはやばい!と思い、階下の店舗で急遽、人工蛹室を買いました。

マットを掘って蛹を取り出しました。小型の♂で、2年1化になったものでした。2年もかかって小型とは…!もっと栄養のある餌を与えればよかったですね。

 


蛹を移しましたが、しばらくは寝返り運動でぶれた写真になってしまいました。ですが、小歯型の大顎が一瞬ですが確認できました。羽化予想サイズは45mm前後でしょうか?

 


やっと落ち着いてくれました…。羽化予想日は5月20日前後になりそうです。2年かかってやっと蛹になったので、無事羽化してほしいです。

それにしても2年は長かった…(;・∀・)

 


老熟幼虫が蛹室を作っているのが確認できました。位置関係からほぼ理想的です。人工蛹室の必要はありませんね。

羽化予想サイズは65mm前後になりそうです。羽化は7月頃になりそうな公算が出てきました。しばらく様子を見守りましょう。

無事に羽化できますように!!(-人-)

ペアリング準備

今日は午前中、LUMBERJACKへ行ってきました。レンタルBOXの虫メンテ後、階下の店舗で買い物をしました。

 


買ってきたのはBE-KUWAとヒノキマットです。今回のBE-KUWAはスジクワガタ用にバクテリア材の作り方が載っており、見逃せないと思って買いました。昨夏に採集したスジクワガタもいますし、これでチャレンジしてみましょう。

 


夕方、仕切り付きケースにヒノキマットを薄く敷き詰めました。

 


餌台とゼリーをセットし、ペアを入れました。まだ仕切りは外しませんし、同居はしません。まだ気温の関係もあって平成のうちはペアリングはしません。令和になってからです。

令和最初の幼虫はこのペアから取れるF2が濃厚になりそうです。

 


続いてはコクワガタも準備しました。もう旧フィールドはもちろんのこと、新フィールドでも採集せず、東北遠征時での採集だけとなりました。

こちらは現地での野外採集、ブリード個体両方元気でした。ただし、クリアスライダーケースが不足していたため急遽買い足してから作業しました。

ブリードと現地採集個体の両方合わせて4ペア分は大変でした。ヒノキマットは10リットル分買ったのでまだかなりの量が余りました。今度はアカアシクワガタとスジクワガタ、ノコギリクワガタ分にも着手しますが、まだ半分以上は余ることでしょう。

平成最後の菌床交換

金曜日の体調不良から職場復帰、晴天下での週明けスタートになりました。出勤後、休んでいる間に停滞していた仕事を片付けました。6~7月の福島遠征では1、2日程度休暇を取得することが想定されるので、その対策も考えなくてはいけません。

特に仕事内容によっては自分以外、他にやれる人がいないとなおさらです。転職前は休暇前に調整だけでなく、代行して貰う際にやり方を教えていました。労基法改正で企業は労働者に年間5日以上有休を取得させることが義務化されたためです。違反時の罰則もあります。

 


土曜日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテでまずはオオクワガタ幼虫の菌床交換をしました。最後まで未交換で残った1頭です。

菌床を掘り、性別確認しました。結果は…腹の内側にスジがないことから♀と判定しました。

 


階下の店舗で800㏄ボトルを購入しました。

 


新しいボトルへ引っ越し…と思いきゃ、体重測定を忘れました。測ったら10gでした。♀ですから標準的なサイズでしょう。

今回が平成最後の菌床交換となりました。次回は…もう羽化してしまう可能性があります。令和最初はいつになるでしょうか…?

1年1化?2年1化?冬の間も温度管理された環境で過ごしてきたので、冬の寒さが感じ取れず、蛹化スイッチが入らない可能性も否定できません。菌床飼育で2年1化になることはありえるのでしょうか!?

どちらにしても羽化は令和になってからが確実です。平成⇒令和と2つの元号を跨ぐ貴重な個体群となるのは間違いなさそうです。

菌床交換~オオクワガタ~

今日は季節が逆戻り、真冬の寒さでの週明けスタートとなりました。朝通勤時、小田急線が保安装置故障で全線運転見合わせ、京王で振り替えるも混雑集中で会社には10分遅れました。

”なんちゃって駅弁”を会社に持って行ったら、同僚がおいしそうとかすごいと言ってくれました。滅多に弁当は作らないが、弁当作るなら駅弁がいいと心に決めていました。なぜなら理由は単純明白、駅弁が好きだからです。

 


一昨日の土曜日、LUMBERJACKへ行ってきました。その際にオオクワガタ幼虫の菌床交換をしました。

まず、最初に取り出した幼虫は体重が17gで♂確定しました。体色が白いのでまだまだ伸びそうです。72~73mmサイズでの羽化にも期待がもてそうです。

 


これまでの800㏄から1450㏄だるま瓶へ引っ越しました。次回は3か月後…て、その頃には羽化していそうな気がします。

 


2頭目は11gで♀確定しました。頭の大きさからしてほぼ間違いなさそうです。

 


こちらへ交換前と同じ800㏄瓶へ引っ越ししました。

 


3頭目、4頭目はそれぞれ12g、10gで♀確定しました。交換前と同じ800㏄瓶へ引っ越ししました。

 


5頭目は17gでこちらも♂確定です。体色は白いのでまだ伸びそうで、1頭目と同じく72~73mmサイズでの羽化に期待できそうです。

 


体重測定後、1450㏄だるま瓶へ引っ越ししました。

 


暴れで菌糸が切断された菌糸瓶があるため、捨てボトル作成のために階下の店舗でクヌギマットを買いました。体重測定したら8g、ダイエットしたようです…。しかもクリームっぽい色になっています。

 


すでに蛹室を作り、糞をほぼ出し切ったものが1頭いました。これはまずい…です。タイミングが悪かったといいますが、前蛹になったら人工蛹室へ移すしかありません。

 


もう1頭は12gをキープ、♀確定ですので800㏄へ移しました。

 


最後の1頭は11gで♀確定、体色が白いので800㏄菌糸瓶へ移しました。

 


交換した菌糸瓶は2♂4♀でした。♀の比率が多いですね…。やっぱり「虫の予感」!?昨夏に今のハーレム職場へ異動したのも、虫の知らせというか、予感があったからではないでしょうか?

捨てボトルへ移したのは2頭とも♀です。菌床を交換していないのはあと1頭ですが、雌雄確定してから800か1400ボトルを買う公算が大きいです。

 


2頭、蛹室を作り始めたのが確認されました。瓶底に作った方は瓶を逆さにしました。瓶底が露出していますし、寝返りがうてずに羽化不全になりやすいとの危機感からです。

よく考えると、るい血統の幼虫達が平成最後となります。今季も産卵できれば令和最初、”るい”から産まれた子供は平成最後と令和最初が混じることになるのでしょうか?

マット交換

今日も花冷えでした。facebookでは長野県北部でも雪が降っているとの報告がありました。雪の中を走るE353系を大糸線で撮ってみたいですが、早くても次の冬ですから12月以降でしょうか。

 


菌床交換が終わった後は捨てボトルのマットを交換しました。まさか老熟状態で冬を越すとは思わなかったです。しかし、黒斑が気になるところです。しばらくは見守るしかなさそうです。

 


体重測定したらそれぞれ20gと21gでした。最終体重は23gだったので、これから蛹になるために徐々に体重が減るということでしょうか。

 


ガラス瓶にマットを詰め、上部に1/3程度古マットを入れました。まさか菌床飼育⇒捨てボトルで2年1化になるとは…!!

2年1越型で大人になるまで3年といったところでしょう。その後、仮に成虫で7年間活動したとすれば、実に10年…!!

平均して3年でも卵からだと6年の計算となるでしょう。それだけ長生きな虫ですから、卵から成虫になり、天寿を全うするまで10年近くペットとして楽しめる可能性を秘めているのです。

いくらなんでも3年1化になるのは勘弁願いたいので、無事に羽化してくれるでしょうか?