次期種親の冬支度

いよいよ社員旅行が来週に迫ってきました。転職前の会社にはなく、転職後では初めてとなります。2日目の14日は群馬へ行くので、えきねっとで新幹線のきっぷを予約しました。もちろん、狙いは「四季島」と貨物列車です。

 


昨日のWD個体に引き続き、ブリード個体も冬支度をしました。来季の種親となるので、仕切り付きケースにマットを4割近く敷き詰め、餌ゼリーと餌台をセットしました。

 


次に成虫を入れました。6月に羽化しましたが、まだ4か月半ぐらいしか経っていないので、成熟していません。オオクワガタの性成熟は6か月ぐらいかかりますが、成熟するのは12月…。もちろん寒くて活動できる筈はありません。

 


折角なので、美形認定された♂を撮影しました。体長65.5mmに対し、顎幅は4.0mmで、東北産の特徴が出ていて体型のバランスが取れています。

山梨産と似た体型で、ややスリムなのが福島産の特徴といったところでしょう。

再来年(2021年)、どのような美形個体が産まれるでしょうか。ケースへ屋外バルコニーに出す準備を終え、11月中は高蛋白ゼリーで栄養をつけてもらいましょう!!

立冬

今日は二十四節気の「立冬」です。暦の上では冬、これから来る冬に備えよという意味もあります。

月後半からクワガタを冬眠させるため、昨日の新潟産WD♂に引き続き、残りのWDオオクワガタも冬支度をしました。

 


まずは青森産WD♀からで、ケースにマットを半分近く入れ、餌台をセット、その後に越冬個体を入れました。

11月前半だと、まだ暖かい日もあるからで、餌ゼリーはそのままです。青森ではもうすぐ雪の便りが来るころでしょうか。来シーズンこそ、青森産オオクワガタを自力採集してみせます!!

 


セットが終わったら、蓋を締めました。コバエシャッターと違い、この蓋なら、春になって交換すた後の洗浄が楽なうえ、不織布フィルター交換の必要がありません。

 


続いて自己採集の福島産、送っていただいた新潟産の残りもケースを移しました。来週末までは室内飼育で、屋外バルコニーへ出すのは社員旅行から帰った後になるでしょうね。

越冬準備

いよいよ朝の最低気温が1桁となり、そろそろクワガタ達の冬眠準備を考えなければならない時期にきました。

コバエシャッターの場合、屋外に出すと不織布フィルターが汚れ、春になった時の交換が大変になります。数を扱うとなおさらです。

そこで、今年はコバエ侵入抑制用のプラケースを使用することにしました。

 


まずはケースに底から概ね4割程度マットを入れました。半分よりちょっと少ないかな?が丁度よさそうです。これは虫の活動による圧縮率の低下を見込んでのことです。

餌台と餌ゼリーもセットしました。11月のうちは日中に餌を食べることもありえるからです。それも屋外へ出すまででしょう。

 


入れたのは…新潟県産WDのオオクワガタ♂です。9月下旬頃に友人から採集個体を送って貰ったものです。

 


冬眠に入る前に撮影。霧吹きシャワーでさっぱりしたかな?ケースをバルコニーへ出すのは中旬頃からですが、冬眠に入ったら春までは会えませんね…。ケースを部屋の中に置いている間は高蛋白ゼリーで栄養をつけて貰いましょう!!

他の個体もトランクルームからケースを引き揚げ次第、準備することになります。

オオクワガタ菌床投入

今日で10月は終わり、明日から11月です。8月に令和初の種親として採集したカブトムシの♂が死亡しました。2012年採集の12月2日、2017年採集の11月27日に次ぐ歴代3位の長生き記録でした。遺骸は損傷がないので後日、標本にします。

20日の3種同時菌床投入のトリはオオクワガタです。

 


台風が過ぎた後の13日、F2幼虫を割り出したケースから更に見つかり、しばらくプリンカップで保管していた幼虫を菌床ボトルへ移しました。頭の大きさから♂でしょう。

 


WF1幼虫のうち、4頭が最後まで残り、菌糸ビンへ移しました。これでオオクワガタの幼虫は今季分20頭全てが菌床飼育となりました。今季分の幼虫飼育は福島産だけですが、来季からは新潟、青森産も加わります。

 


菌糸瓶へ引っ越し、しばらくして潜っていきました。写真の幼虫は♀でしょうか。

今季は採集したWD♀の産卵数が少なかったので、無事に越冬して来年はもう少し多く産卵して貰いたいですね。

WD産卵セット割出

台風接近で夜遅くから雨が降ってきました。連休初日は荒れた天気になりそうです。

 


台風接近する前に福島遠征で採集した♀の産卵セットを割り出しました。♀親はすでに休養セットに移っています。

割出前の産卵木ですが、あまり産卵痕がないのが気になりますね…。

 


産卵木を崩していくと…・食痕が見えましたが、少ないうえになかなか幼虫が見えません。芯の近くまで潜った様で、やっと1頭見つけました。

 


3齢初期まで成長した模様で、こうなると♂だった場合、菌糸に入れても大型化は難しいでしょう。どうも♀のようですが…。

 


更に産卵木を崩していくと、2頭目も見つけました。

 


結果として、4頭にとどまりました。もう1本の産卵材にはいなかったので、先行して9月にマットから見つかったのを含めると、WF1幼虫は8頭でした。

マットの方も探してみる必要があるかもしれません。明日は終日雨の様ですが、まだ残っているでしょうか?

オオクワガタは通常、マットに産まない筈で、産卵木からこぼれた幼虫がマットにいたのかも知れません。越冬させて来シーズンは霊資材を与えて再挑戦してみるしかなさそうです。

今季採卵したものはF2を含めると合計18頭になったので、まずまずでしょう。友人から譲って貰った新潟県産WDもいるので、来シーズンはとんでもないことになっていそうかも知れません。結果次第では里子に出すことになりそうです。

オオクワガタ幼虫第二陣菌床投入

今日はすっきりしない週明けでした。夕方の退勤時、小田急線の快速急行で自宅最寄駅に着くと、雨が降ってきました。

 


昨日のLUMBERJACK虫メンテでは、オオクワガタの幼虫を菌床投入しました。9月21日に続き、第二陣となります。まずは8月3日割り出しのF2幼虫からです。まだ小さいので、菌床を食って大きくなって貰いましょう!!

 


続いては今季採集のWD♀から採卵したWF1幼虫です。このうち2頭は頭が大きいので、♂と判別できました。

 


F2幼虫が1頭、WF1幼虫が3頭です。本当は5本作ったのですが、WF1幼虫が1頭死亡し、死体すら消えていたので、余った1本はコクワガタ♂幼虫に転用しました。こちらも頭が大きく卵巣マークがなかったので、50mmオーバーは期待できそうです。

 


気温も下がり、11月には越冬させないといけないので、♀親を持ち帰りました。桃子にとっては2か月半ぶりの帰宅です。福島で採集された後は東京に連れてこられ、更に直後の週末には避暑に行ってましたからね(;´▽`A“

高蛋白ゼリーで冬眠に備えて栄養をつけて貰います。冬眠は11月中旬からでしょうか。

発送準備

ヤフオクにて出品していたオオクワガタのペアが落札されたので、会社帰りにクーラーボックスと保冷剤を買ってきました。

落札されたのは福島産WF1で、♂61.8mm×♀42.0mmのペアです。もちらん、自己採集個体からのブリードものです。

 


まずはマットと水苔、お弁当の餌ゼリーを入れ、発送個体を入れて蓋をしました。

 


クーラーボックスに入れ、隙間は緩衝材として丸めた新聞紙を詰めました。

行先は山口県です。10月になっても真夏日が続いているので、暑さ対策として保冷剤も買っています。保冷材は明朝、持って行く直前に入れることになっています。

在庫も減らせ、コスト回収等で儲けられるので一石二鳥です。幼虫飼育は楽しいですが、羽化したら飼育しきれないのは目に見えていますからね。

旅立ちは明朝です。新しい飼い主の下で子孫を残してくれることでしょう。達者で暮らせよ~(≧ω≦)/~~~

来季の種親候補

餌交換と同時に羽化新成虫のオオクワガタ飼育ケースのマットを交換しました。ゼリーと排泄物で大分汚れたためです。

今季羽化の新成虫は今日時点で4ペア残っており、このうち1ペアは来季の種親候補として残す必要があります。

 


来季の種親候補はデジケースHR-2に仕切り付きで入れました。仕切りを入れたのは、羽化後6か月未満だと、♀の背中からフェロモンが出ないので、美女?♀でも♂に攻撃される可能性があるためです。

 


ヤフオクで売る個体はこれまでどおり、クリアスライダーで管理です。旅立つ日まではしばらくの辛抱となるでしょう。

 


種親候補となる65.5mmの♂をコルクベースに止まらせて撮影しました。これぞ!とかっこいいと思わせる角度を見つけて撮影するのは意外と難しいです。

顎幅も測ってみたら一番太いところでも4.0mmでした。やはり東北産は体型だけでなく顎幅も細くなる傾向があります。北上する程、顕著になってきますので、同じ大きさでも青森産だったらもう少し細くなった可能性があります。

ディンプルがなく、ここまで綺麗な個体が羽化するとは思っても居なかったです。手元に残したくなる程、ほれぼれしますね。

東北産は北上するほど、体型も顎幅も西日本産に比べるとスリムで細くなり、大顎が直線的になりますが、これを逆手にとって東北産ならではのかっこよさを追求したいと考えています。

まだ羽化していない個体もいるので、こちらも気かがりですが、もうすぐ迎えるオフシーズン中に余剰個体の整理をしておきたいものです。

青森県産オオクワガタ♀

3連休明けは残暑でしたが、午後は大気の状態が不安定でにわか雨が降りました。ただし、オフィス内で仕事中だったので、午後の何時頃に降ったかは分かりませんでした。

 


昨日のインセクトフェアーで買った青森産オオクワガタ♀をコルクベースに乗せて撮影しました。イベントから帰った後に撮影はしているのですが、誤ってデータを消してしまったようです。

前胸の左側に小さな凹み?がありますが、飼育個体によく見られるディンプルではなく、活動中にできた傷の様です。しかし、致命的なものではなく、採集されるまでに自然界での野外活動でできたものなら、これはワイルド個体の証でしょう。

ワイルド個体は生命力が強い反面、残り寿命が短いです。いつ羽化したか分からないのですから、当然でしょう。

採集データから遠征時に拠点としている宿からは近そう(とはいっても徒歩20分前後と見ていますが)で、来季以降の遠征で自力採集に近づくための重要な手かがりともいえそうです。

本当は青森県産オオクワガタは自分で採集してから飼育すべきだと考えていますが、今回は情報料の名目としました。採集ラベルのデータから今後の攻略に役立てるためです。

青森県まで北上すると、夏でも夜は涼しい日が多く、採集に適した日は限られています。東北地方での本当の夏は北海道より短いとされているので、これが青森での採集を難しくしている一因ではないかと考えています。

しかし…、決してあきらめません!青森県産オオクワガタを自力採集するまでは…!!

貴重な個体を提供してくださった出品者にはこの場を借りてお礼を申し上げます。

発送準備

ヤフオクに出品した福島産オオクワガタのペアが落札されたので、発送準備をしました。

落札されたのは♂65.7mm×♀43.8mmのペアです。即決価格で落札されました。即決価格を高目にしたのはWF1が貴重なことには変わりませんが、福島県まで遠征して♀親を採集したので、その苦労に安値をつけられたくなかったからです。

 


発送準備として655㏄プリンカップに、お弁当としてゼリーも入れました。WF1は幼虫が菌糸等の人工餌に慣れてないためか、羽化したサイズは♂で60mm台がほとんどでした。

 


保冷を兼ねて発泡スチロールの箱にしました。まだ残暑厳しい季節であることと、暑さに弱いことを勘案しています。

緩衝材として丸めた新聞紙で隙間を埋めました。これで準備完了ではありません。保冷剤を入れて準備完了ですが、明朝に同封していよいよ発送です。

行先は高知県です。新しい飼い主の下で子孫を残していってくださいね。…とはいっても交尾産卵できるのは来春からですが。