福島産コクワガタ越冬準備

餌交換と同時に福島産コクワガタの越冬準備をしました。

 


まずは6月に羽化した来季の種親です。♂が初めての50mmオーバー個体となる52.1mmと♀31.2mmのペアです。コクワガタは性成熟が早く、3か月程度で繁殖が可能になりますが、できればオオクワガタ同様にじっくりと熟成させてからにしたいので、来春から交尾産卵させることにしました。

成虫を移し替えると、すぐに潜っていきました。

 


ゼリーホルダーをどかして撮影した♂です。50mmオーバーのでかい図体して、あんな小さいところにまで隠れようとするとは…。

 


続いてWDペアもセットしました。こちらは野外採集個体なのでブリードに使用しましたし。♀からフェロモンが当然出ていますので、同一ケース内で越冬させるのが得策と判断しました。ただし、昨季採集ものなので、2シーズン産卵に使ったことになります。

来年で採集してから3年目に入りますし、3シーズン産卵できるのでしょうか?

 


こちらは今季採集もので、♂しか採集できなかったので、当面は独身ですね(;´▽`A“来シーズンにお嫁さんを探してあげないと…!

 


♂48.0mmと♀29.5mmのWF1ペアです。F2幼虫が取れているので、更なる大型成虫の羽化に期待できるでしょうか。

 


ゼリーホルダーを他のクワガタに転用するため、餌台とゼリーを変更しました。

 


福島産はこれで全て準備できました。WDが2♂1♀、WF1が2♂2♀の合計7頭です。これでコクワガタの越冬準備がまだなのは青森産だけです。産卵セットの割り出しはまだですし、生死も分かりません。ただ、♀1頭だけなのでコバエシャッタータイニーとなるのは濃厚でしょう。

ラベルも新しく作り直さないといけませんし、スジクワガタやアカアシクワガタがまだ残っています。

コクワガタ幼虫菌床投入

今日は朝から冷たい雨が降りましたが、夕方の退勤時にはほぼやみました。東北本線が全線復旧したので、週末から「カシオペア紀行」は運行再開、四季島も通常ルートでの運行に戻ることでしょう。

11月中旬に会社の社員旅行があり、2日目の自由行動では群馬県へ「四季島」の撮影に行く予定です。

10日近く経ってしまいましたが、10月20日のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテでコクワガタの幼虫を菌床投入しました。

 


プリンカップから取り出した幼虫です。すでに2齢にまで加齢していました。

 


菌糸瓶に幼虫を投入しました。今季、初めて50mmオーバーが羽化したので、大型成虫を得るのにコクワガタでも菌糸瓶が有効だと思い知らされました。

 


幼虫投入を終えた菌糸瓶です。♀または性別不明の初齢は500㏄(写真左)、♂は800㏄へ投入しました。まずは野外ギネス超え、そしてBE-KUWAギネスを超えて60mmを目指すなら、これぐらいはしないと難しいでしょう。

60mmオーバーのコクワガタ、未だ想像できないのですが、これだけ本気で飼育している人はいるでしょうか?

次回交換時にはどれくらい成長しているでしょうか?更に雌雄判別すれば、♂は800㏄へ移すことになりますから。

福島産コクワ割出

青森で採集したコクワガタを産卵セットするため、ケースを空ける必要が生じ、割り出しを行いました。まだ9月前半なのでぎりぎり大丈夫ですが、後半以降は厳しくなります。

 


まずは産卵セットから産卵木を取り出しました。いくらなんでもこれは放置しすぎですね…。

 


産卵木を割ったら、幼虫が出てきました。まずは一安心といったところでしょう。それにしても産卵木が細すぎたかな…?

 


結果は3頭でした。すでにLUMBERJACKへ持って行ったものを含めるとトータルで11頭取れたことになります。

累代はF2で♀29.5mm、♂47.9mmからの採卵です。今回採卵したF2だと人工餌に慣れてき始めているので、50mmオーバー羽化は期待できるでしょうか?

小麦粉添加マットで♂は最大48.0mmが羽化できたので、期待できるかも知れませんね。最終目標はBE-KUWAギネス超え、そして60mmオーバーの羽化ですから!!

全クワガタ整理完了

今日は夕方、大気の状態が不安定となり、雷雨に見舞われました。

夕食後、若菜台へ行って餌ゼリーや材等を買ってきました。

 


会社帰り、トランクルームへ寄ってコバエシャッタータイニーを取ってきたので、青森遠征で採集したクワガタを全て整理しました。

コクワガタの♀は体長を測ったら27.8mmでした。採集した時は大きく見えたのですが、目の錯覚なんでしょうか。産卵セットは3連休に実施します。月後半から涼しくなるそうなので。

コクワガタは東北遠征時、オオクワガタが来るかどうか鍵を握っている重要な虫ですから、これは大切にブリードしないとですね。

青森産でも50mmオーバーを作るのは不可能ではない筈です。

青森産ノコギリクワガタ整理

青森遠征明け後の出勤日でした。同僚の話によると、昨日は台風の影響で午後から通常業務再開となり、昼過ぎの出勤だったそうです。

青森遠征で採集したノコギリクワガタを整理しました。

 


採集した♀の数から4ペア組める筈で、プラケースミニに♂と♀のペアを入れました。しばらくはペアリングで様子を見ます。

 


1頭だけ何か違います…。胸に光沢があり、目の横の突起も違います。別の♀と見比べて明らかに違う!!と確信しました。

なんと!!コクワガタの♀でした。まさか混じっていたとは!!コクワガタが来たということはオオクワガタが来てもおかしくはなかったです。しかし、別の灯火に来ていて車に轢かれてしまっていたのです。

こんなに大きかったか?と目を疑いました。北へ行くほど大きくなるのでしょうか!?

コクワガタは東北産しか採らなくなったので、今季2度目の採集となりました。これで福島産に引き続き青森産も採集したことになります。

 


これでノコギリクワガタは5♂3♀になりました。青森遠征の成果はノコギリクワガタ5♂3♀、ミヤマクワガタ1♀、スジクワガタ1♀、コクワガタ1♀となりました。

ペアを組めたのは3組、♂2頭が余ります。残り寿命が短いことを勘案して余生を送って貰いましょう。小型♂については別ケースを用意する予定です。

来シーズンこそは…!青森産オオクワガタを採集する!!と目標もできました。長年の悲願ですし。

コクワガタ割出第一陣

台風6号は熱帯低気圧に変わりましたが、時折雨も降り、風も強くて蒸し暑い1日でした。隅田川花火大会は予定通り開催したのに対し、立川の昭和記念公園花火大会は順延となりました。

 


福島産コクワガタの割り出しをしました。♀取り出してから相当の日数が経過しており、幼虫もある程度成長しているだろうとの目論みです。産卵木からは幼虫が出した木屑があふれていました。

 


産卵木を割っていくと、小さな幼虫が出てきました。孵化してからの日数が浅いようです。

 


産卵木からは12頭の幼虫が出てきました。産卵木を破砕してマットを作り、カップに詰めましたが、足りません。そこでアイストレーに一時保管しました。

 


マットにも幼虫の坑道が見えたので、夕方にマットをぶちまけて調べました。案の定、マットにも10頭いましたが、アイストレーがいっぱいになったので、4頭は大きいものを優先してカップへ移しました。

今回割り出したのはWF1の♂48.0mmと♀31.2mmの組み合わせから採卵したF2です。マット+小麦粉で♂48.0mmまで羽化させられたので、F2で50mmオーバーに期待がかかっています。800㏄の菌糸で52.1mm♂を羽化させられたので、マット+小麦粉で同様に800㏄なら50mmオーバーはいける感じです。

まずは野外ギネス超えですね!!

コクワガタ新成虫ペア

今日は午前中、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行ってきました。

 


福島産コクワガタで最後の1頭はまだ確認をしておらず、菌床を掘ったら…♀が出てきました。7頭中1頭は死亡したので、4♂2♀が羽化したことになります。

 


52.1mm♂は持ち帰っているので、このうち1♂2♀を持ち帰りました。

その後、保水用に水苔を買っておきました。

 


仕切り付きケースにマット、水苔、転倒防止用の樹皮を敷き詰めました。

 


そしてペア予定の雌雄をケース内に放しました。幼虫時代に蓄えた脂肪分が残っているため、少なくとも1か月は餌を食べません。

それまでは乾燥に気をつけるだけです。水苔の保水力が高いからといって、長期間霧吹きしないと、やがては乾燥してしまいます。

今回は♂52.1mmと♀31.4mm、♂49.5mmと♀30.0mmの組み合わせとしました。成熟は早いですが、念のためブリードは来春以降にします。

昨年羽化した♂45.0mm×♀29.5mmのペア共に、♂49.5mm×♀30.0mmペアが今季の福島遠征時の帰郷対象になりそうです。

来春の種親は♂52.1mm×♀31.4mmペアを使うので、60mmオーバーを本格的に目指すならまずは野外ギネス(54.4mm)超え、そしてBE-KUWAギネス(58.1mm)超えと段階的に踏んでいくのが正当でしょうね。

初の50mmオーバーコクワガタ羽化

今日は午前中、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行って来ました。

 


800㏄菌糸瓶の底でコクワガタの♂が先週羽化し、体が固まってきた頃合いを見計らって掘り出しました。

 


結構大きいサイズで、立派です!!お店に備え付けのノギスで測ったら50mmは超えていました。測定時も暴れていたのでなかなか正確に測れず、51.7mmが暫定サイズでした。

 


とりあえずはコバエシャッタータイニーに入れ、持ち帰ることとしました。

 


帰宅後、コルクベースに止まらせて撮影しました。大分落ち着いたので、あらためて測定したら52.1mmでした。

初めての50mmオーバーです。さすがに迫力が違いますね。BE-KUWAギネスでは58.5mmですので、次なる目標は60mmオーバーです。

相方候補の♀は先に羽化している筈ですが、まずは来週以降に確認の上で選定ですね。コクワガタの成熟は1か月と早いですが、念のために来春まで熟成期間をおくことにしましょうか。

コクワガタ産卵セット

週明けは雲の多いスタートとなりました。入梅が近いのに、雨が全然降らず、発生の遅れが懸念されます。実際、新フィールドでもまだあまり虫を見ていません。

 


前夜から水を入れたバケツで材を加水し、朝出勤前に摂り出して陰干ししました。

 


プラケースミニに材を斜めにセットし、半分ほどマットで埋めました。餌ゼリーをセットして完成です。斜めにしたのは餌台とゼリーのセットしやすさを考慮しました。

この大きさなら真夏で♀が食べきるまで1週間程度もちます。基本的なセットスタイルはオオクワガタを踏襲しています。

 


セットに♀を放しました。♂と同居してほぼ2週間経っているので、交尾済と判断しました。邪魔な♂がいないので、しつこく交尾を迫られることもありませんし、産卵に専念できることでしょう。

すでにコクワガタは東北地方産だけの飼育となりましたが、産卵セットに♀単独飼育はこれまで考えたこともなかったです。

オオクワガタを呼んでくれた功労者である以上、その恩に報いるためにも、大切に飼育するべきだと気づかされたのです。

 


最初に投入したのは野外採集品です。昨夏に採集したもので、越冬しました。あと1シーズンは産卵できそうなので、追いがけで♂と同居させました。

昨季はセットが遅かったので7頭しか幼虫が取れませんでしたが、今季はどれくらい産んでくれるでしょうか。

3セット中、1セットが野外採集個体、残りの2セットはブリード個体です。仮に産卵すれば幼虫はWF1とF2とになります。F2で50mmオーバーは狙えるでしょうか?

令和初のコクワガタペアリング

先週のオオクワガタに続いて、今日はコクワガタのペアリングセットをしました。もちろん、令和初です。

 


まずはプラケースミニサイズにマットと餌台、餌ゼリーをセットしました。

 


昨夏の福島遠征で採集したWDペアを入れました。野外採集時に♀は交尾済ですが、越冬後はもう一度交尾させた方が良い結果が得られる模様です。

 


続いてはブリード個体です。昨夏に羽化後は同居させていませんので、当然ながら未交尾です。こちらは仕切り付きケースでペアリングすることにしました。

 


昨シーズン羽化で最大個体の48mm♂です。次世代で50mmオーバーを目指すため、♀も最大個体の31.2mmを同居させることにしました。

 


もう片方の区画には♂47.9mmと♀29.5mmを同居させました。残るは♂45.0mmと♀29.4mmのペアですが、こちらはブリードには使用せず、福島遠征時に帰郷させます。

WDとブリード個体で3ペアをブリードに使用することになりましたが、幼虫の取れた数次第ではヤフオクに出すことになるでしょう。

次世代で目指すはビークワギネス超え…いや、60mm超えです!!