冬眠はいつから・・・?

今日は朝から天気がよくなく、夜には雨が降りました。今日は「カシオペア紀行」が久しぶりに運転されましたが、昨日は伊勢原の方へ行けばよかったです。9月の青森遠征時もそうでしたが、運転日…すなわちツアーの出発日が1日ずれることもあるので要注意です。

 


11月になったので、オオクワガタをはじめドルクス族の冬眠準備をしなければなりません。

日中は20度近くまで上がっても、夜は10度台前半と寒暖の差が大きくなっています。

例年は11月中旬ごろとしていますが、なにを基準にしているのでしょうか?部屋の中で暖房が始まるのも一つですが、最低気温を判断基準にしています。

「最低気温が1桁かつ、1週間以上継続」を判断基準にしています。飼育中のクワガタでオオクワガタ、コクワガタ、スジクワガタ、アカアシクワガタは成虫で越冬し、複数年生きますので、冬眠セットを作ってから屋外(バルコニー)に出しています。

ノコギリクワガタやミヤマクワガタは活動したその年のうちに死んでしまうので、最後まで室温飼育にしています。

ただし、羽化新成虫は翌年の春まで休眠していますので、温度変化の少ないところで休眠させています。

今年はどのように組むか、次の週末に公開します、もちろん、一つのケースに成虫1頭ですよ。

やはり人間の判断がものをいいますからね。餌ゼリーの減り具合も判断材料としていますので。

活動準備

今日は日中20度近くまで上がりました。春分を過ぎたので、気温が10度台後半まで上がる日が多くなりました。

 

 
冬眠中のクワガタもそろそろ目覚め始める時期です。野外ではまだもう少し先でしょうか、飼育下では人間が餌を与えないと、冬眠明け後に餓死ということもありえます。

まずは羽化後休眠中のノコギリクワガタを起こしました。後食開始ののタイミングが分からないので、ゼリーを入れておきました。

交尾・産卵は早くても5月下旬になるでしょう。雌雄共、赤っぽいので産まれてくる子供にも体色が遺伝するでしょうか?

ミヤマ幼虫餌交換

今日は午後、LUMBERJACKへ行って来ました。途中、若葉台のペットフォレストに立ち寄ってマットを買いました。

 

 
マット交換したのは、箱根産ミヤマクワガタの幼虫です。

割出時のマットがほとんど糞だらけになっていました。空ボトルにマットを詰め、糞と一緒に幼虫を移しました。

幼虫の大きさからして、2年1化になりそうです。すなわち、卵から成虫になるまで2年かかるということです。

ただ、夏の暑さに弱いため、ノコギリクワガタよりは飼育が難しいですが、無事羽化までもっていきたいところです。

来年羽化しても、活動は再来年(2020年)になります。来年で平成が終わり、再来年には東京オリンピックです。何頭かがオリンピックを迎えるでしょうか?

菌糸ビン交換

今日は午後、LUMBERJACKへ行ってきました。

昨年10月に幼虫を投入した菌糸が劣化したため、新しい菌糸ビンを作りました。簡単に言えば、空きビンにほぐした菌糸ブロックを詰めました。新しい菌糸ビンを買うよりも安上がりです。

 

 
菌糸を掘り、幼虫を取りだしました。取り出す過程で幼虫を1頭潰してしまいました…・°・(ノД`)・°・

移した幼虫は4頭、作っていた菌糸ビンは4本なので数が合ったのは皮肉です。

古い菌床は捨てずに袋に入れて保管することにしました。春分以降、カブトムシの幼虫の餌にするためです。あと1か月は保管し、春分前後に持ち帰ります。

来週以降、新しい菌糸ビン作りもいよいよ本格化することでしょう。

菌糸詰め

今日は日中暖かったので、午後にLUMBERJACKへ行って来ました。

 


階下の店舗にて菌糸ブロックを買いました。月夜野きのこ園の「Element」です。きのこを栽培・生産しているメーカーなので、お得意の分野ですね。

 

 
菌糸ブロックを崩し、瓶に詰めました。ガラス瓶にしたのは夏場の温度上昇を抑えるためです。ポリ容器だと熱がこもりやすく、クーラー等で冷やす必要があります。ガラスだと放熱効果があるので、夏場に温度管理ができない場合はこちらがおすすめです。

菌糸再生期間は1週間程度です。昨年10月に同じ銘柄で詰めた菌糸が劣化しているので、来週あたりには交換です。どれくらい成長しているのでしょうか?内部しか食べていないようで、生死はわかりませんが。

オオクワガタ幼虫マット交換

今日は午後、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行って来ました。

 

 
途中、宅配センターへ行き、引き取りました。発注したのは「完熟発酵マットHigh effect」です。

 

 
お店に着き、交換のため幼虫を掘り出すと…

まだあまり大きくなっていませんでした。菌糸と違ってマットは成長が遅いです。

しかも5頭中4頭が♀でした。。。

レンタルBOX内は冬、常時20度前後に保たれているので、春になったらどれくらい成長しているでしょうか?

箱根産ミヤマ割り出し

今日は午後、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行って来ました。

 

 
8月に採集仲間からいただいた箱根産ミヤマクワガタの産卵セットを割り出しました。

かなりの数の幼虫がいました。プリンカップには初齢中心に移しました。

 


一部の幼虫は加齢していたので、階下の店舗でマットを買い、ボトルへ詰めました。

トータルで21頭です。福島産が10頭いるので、育てきれません。オオクワガタもいますし。半分ぐらいはヤフオクに出すことになるでしょうか。