懐かしの寝台特急「富士」

今日は急な出社要請により出社しました。…が!出社時に利用している小田急線が代々木上原駅での信号機故障で運転見合わせとなり、急遽京王線で振替ましたが、10分ぐらい遅れて会社に到着しました。

 


※寝台特急「富士」/東海道本線三島~函南間にて・2003年3月9日

今日の様に雨上がりの翌日は富士山がすっきり見えました。前日の雨が空気中の塵を洗い流すためです。撮影当日は2日前に雨が降っていましたが、翌日の東京での最高気温が15.1度と高かったので翌日にしていました。

寝台特急「富士」と富士山の組み合わせは撮影したかった一コマで、山型ヘッドマークと富士山の組み合わせは絵になっていました。

ブルートレインブームだった40年以上前は東京~西鹿児島(現・鹿児島中央)間を日豊本線経由で24時間以上かけて走破した日本最長距離列車のイメージがありました。走行距離はなんと1595.9km!丸1日以上かかったのですから、東京~西鹿児島間でブルートレインを利用する人は鹿児島本線経由の寝台特急「はやぶさ」がほとんどでした。

撮影当時は1997年11月に東京~大分間に短縮、食堂車も廃止されたので往年の輝きは失われてしまいました。牽引機のEF66が威風堂々としているのがせめてもの慰めでした。

晩年は「はやぶさ」と併結運転、2009年3月に廃止されたので、今となっては貴重なワンカットです。

早朝の寝台特急「あけぼの」

今日はクリスマスです。欧米諸国等では今日から来年の1月1日まで1週間程度のクリスマス休暇になっている国が多いそうです。仕事始めは1月2日からで、日本とは正反対です。日本は年末から年始にかけて1週間程度休み、仕事始めは1月4日か5日です。

会社は29日が仕事納めで30日から1月4日まで、来年の仕事始めは1月5日からで、今のところ変わりありません。政府が新型コロナウイルス感染対策で1月11日まで延長要請しても、多くの企業がすぐに対応できる筈はありません。「今のところは…」と表現したのはそのためです。

 


※寝台特急「あけぼの」/羽越本線羽後亀田~岩城みなと間にて

最終日の朝は5時前に起きて秋田駅から始発電車に乗って岩城みなとへ向かいました。

6時05分到着、対して寝台特急「あけぼの」通過は6時20分ごろです。時間的にぎりぎりです。撮影地の跨線橋には数分程度で着きました。

ゆっくり構図を考える暇などありません。2月中旬にここで特急「いなほ」を撮影しているので、一発でレンズ及び構図を決めました。

8月中旬なので太陽は夏至の頃より低くなっています。夏至頃でしたら、もう少し太陽が高く日が当たっている範囲は広かったかも知れません。

6時20分頃、寝台特急「あけぼの」が通過してきました。羽越本線で日本海バックに「あけぼの」を撮りたいのは長年の悲願で、現在の羽越本線経由に経路変更してから16年後、ようやく悲願が叶いました。

撮影後は後続の電車で秋田へ戻り、朝シャワーを浴びてから朝食にしました。

羽越本線にて

今日はクリスマス・イブです。2010年まではクリスマス前後に新潟で過ごすのが通例になっていましたが…。

今は磐越西線SLクリスマストレインの運転が12月初旬になってしまい、降雪前なのでホワイト・クリスマスを楽しむ機会がなくなりました。雪の中を走るSLだけでなく、ホワイトクリスマスも楽しみでしたから。

磐越西線沿線の雪はかなり意地悪で、降る時は降りすぎてしばしば倒木障害を起こすことも多いです。

 


※583系甲子園応援列車/羽越本線岩城みなと~羽後亀田間にて

定刻より15分程度遅れて発車しました。30分程度で羽後亀田に到着しました。ここから30分程度歩いて羽越本線とのオーバークロスに到着しました。

ここで「いなほ」を待ちます。日本海が見える方とは反対側で待ったのですが、予想より遅れていたらしく、5号を撮り損ねました。もう折り返しの10号しかチャンスはなく、待っている間に583系の甲子園応援列車が来てびっくり!!

サプライズな気分になりました。そういえば、甲子園で高校野球選手権をやっていますね。

 


※485系特急「いなほ10号」/羽越本線岩城みなと~羽後亀田間にて

17時過ぎ、秋田からの折り返しの「いなほ10号」が通過しました。リニューアル車でしたが、いよいよ9月28日からE653系への置き換えが始まるので、贅沢は言ってられません。

撮影後は羽後亀田駅から電車に乗って秋田へ向かい、予約したホテルにチェックインしました。

大釈迦峠にて

今年の仕事納めまでちょうど3週間になりました。仕事納めは29日で、30日から来年1月4日まで6日間の休みに入ります。

 


※キハ40系快速「深浦」/奥羽本線鶴ヶ坂~大釈迦間にて

最終日は平日でしたが、有給を取っていました。早朝撮影を終え、ホテルに戻った後は朝食です。

7時45分ごろにチェックアウトし、同56分発の普通列車で鶴ヶ坂に向かいました。8時13分に到着、撮影地へ向かって歩きました。
約15分で到着、まずは青森方へカメラを向けるべく三脚をセットしました。

9時を少し過ぎたころ、五能線からの快速「深浦」が通過しました。後追いでしたが、たらこ色だったのがラッキーでした。

 


※EF510貨物列車/奥羽本線鶴ヶ坂~大釈迦間にて

数分後、EF510牽引の貨物列車が通過しました。ナンバーを確認したところ、基本番台でした。安中貨物及び常磐線貨物の委託解消により、JR東日本から500番台が9両譲渡されましたが、まだ改造中なのかもしれません。

 


※701系普通列車/奥羽本線大釈迦~鶴ヶ坂間にて

寝台特急「あけぼの」を撮るため、今度は秋田方へカメラを向けるべく移動しました。新たに三脚をセットし直して「あけぼの」を待ちます。

前哨戦として、701系普通列車を撮影しました。

 


※寝台特急「あけぼの」/奥羽本線大釈迦~鶴ヶ坂間にて

9時40分ごろ、寝台特急「あけぼの」が来ました。牽引機は双頭連結器装備の139号機でした。

ミッションを全て終了し、新幹線で東京へ帰るために徒歩で鶴ヶ坂駅へ移動しました。

早朝の津軽線

週明けは晴れて日中の最高気温が15度超えの暖かい1日でした。この暖かさは明日も続きます。

 

翌朝3時頃に起きて、タクシーで撮影地へ向かいました。「油川駅まで」と告げた時、運転手さんが格好をみただけで撮影と分かったらしく、そのまま撮影地まで送ってくれました。もしかして「西田沢保育園でしょ?」と聞いたら、当たりました。

撮影地を知っている運転手さんに当たったのはラッキーでした。しかし、空一面を雲が覆っています…。西田沢保育園前に着き、運賃を払って下車しました。

寝台特急「北斗星」の通過は4時30分ごろです。昨年はファンが多く反対側へ行けずにケツ撃ちしかできませんでしたが、今回は撮影者はほとんどいません。

どうにかして場所を見つけ、「北斗星」を待ちました。

 


※寝台特急「北斗星」/津軽線油川~津軽宮田間にて

4時30分ごろ、ED79に牽かれて寝台特急「北斗星」が通過しました。晴れていれば、朝日が当たったことでしょう。露出も苦しかったですし。夏は霧が発生しやすい様なので、5~6月ごろに狙った方がよさそうです。

 


※EH500貨物列車/津軽線津軽宮田~油川間にて

急行「はまなす」を撮影するため、今度は反対側へ回りました。保育園の裏手から撮影です。

まずはEH500の貨物列車です。北海道新幹線が開通すると、青函トンネルを含む共用区間は新幹線に合わせて架線電圧が20000Vから25000Vに昇圧されるため、現在のEH500やED79は津軽海峡線から撤退してしまいます。

複電圧対応のEH800に置き換えられるので、記録として撮影しました。

 


※急行「はまなす」/津軽線津軽宮田~油川間にて

5時30分ごろ、急行「はまなす」が来ました。JRで唯一の定期急行となった現在、いつまで見られるかわからないので、撮影したかったのです。

撮影終了後は列車で青森駅に戻りました。

夕暮れの「カシオペア紀行」

明日から11月、日没時間が早くなっているので、埼玉県の蓮田へ「カシオペア」の撮影に行ってきました。今日の時点で日没時間は16:47です。これが1か月後には16:28と20分近く早くなっています。

ここで1つ、大事なのは日没時刻が一番早いのは冬至(2020年は12月21日)ではなく、11月末日から12月上旬なのです。実際、冬至前後の日没時刻は16:32です。

 


※団臨「カシオペア紀行」/東北本線東大宮~蓮田間にて

15時25分ごろ、電車で蓮田駅に着き、撮影地に着くと何人かの撮影者がいました。残照を撮るか?夕焼けバックとするか?

通過が日没直後になるため、後者を取りました。先行の電車で何度か試し撮りをし、露出を決めましたが…!16時40分ごろには日が落ちました。遠くに山々があるため、実際には5分程度早く没することになります。

日没直後の薄明でまだ明るさが残っていますが、逆光側であることは変わりません。どんどん露出が落ちていくため、最終的にはISO800まで上げました。電気的に感度を上げられるのもデジカメの強みです。フィルム時代だったらこうはいきません。

撮影結果は…シルエットになりましたが、夕闇迫る中を走る写真として、雰囲気重視になったので、よしとしましょう。

facebookの知り合いが駅近くにお店を出店しているのですが、残念ながら寄る時間がありませんでした。撮影終了後は上野東京ラインと埼京線を赤羽で乗り継いで帰宅しました。

今秋2度目のカシオペア信州

今日は「カシオペア信州」の運転日なので、日暮里で撮影しました。他に撮影地がないか、まずは鶯谷から日暮里へ戻る形でロケハンするため、少し早目に家を出ました。結局はよい場所が見つからず、前回と同じ歩道橋でした。

 


15時45分頃、尾久から推進回送されてきました。11月近くになると、15時台には影が落ちています。夏の時より太陽の位置が低くなっているのです。

 


16時22分ごろ、EF64牽引の「カシオペア信州」がやってきました。今回は早目に行ったので、前回とは東北線寄りのポジョンを確保できたのが功をなしました。今回は37号機で一般型です。…もとい、一般型では唯一の稼働機です。

15時10分ごろ、撮影地に着いた時は撮影者は少なかったのですが、時間とともに増えてきました。明朝の長野県では篠ノ井線沿線を中心に撮影者が殺到していることでしょう。

来週も晴れの予報なので、埼玉県の蓮田で撮影予定です。「秋の日はつるべ落とし」で日没直後となるため、どんな絵が撮れるのでしょうか。

9か月ぶりの信州カシオペア

今日は1月24日以来の信州カシオペアが運転されるとのことなので、日暮里へ撮影に行ってきました。

撮影地となる陸橋はすでに撮影者でいっぱいでした。場所確保し、持参した脚立で高さを稼いで策をクリア、手持ち撮影としました(三脚は持参していない)。

 


15時47分ごろに尾久から推進回送されてきました。中央線を経由するので、機関車は必然的にEF64となりますが、今日は何号機が牽引するか?と注目していました。同時に茶色塗装の1052号機であることも判明しました。

以前は1001号機が茶色塗装でしたが2017年、30年ぶりに青色塗装へ戻り、代わって1052号機が茶色塗装になりました。

 


16時22分、上野から「カシオペア信州」が来ました。同時に反対側からE231系の常磐線快速が来たので、被られてしまいました。しかし、脚立で柵をクリアするために高さを稼いだことが功をなしたので、なんとか撮影できた感じです。

この後は一旦秋葉原へ寄ってから帰宅しました。

次回は17日に青森、24日に再び長野です。「秋の日はつるべ落とし」で日が短くなっているので、どんな絵が撮れるのでしょうか?ヒガハスでは時期柄、刈り入れはもう終わっていますので、

新札幌にて・4

昨夜までの雨とうってかわって晴れて気温も上がりました。アメブロ廃止作業にて、ようやく2014年分の写真が準備できました。しかし、これですぐに記事を移せる訳ではありません。

著作権表記の消去作業があり、この後にアップロードし、記事をインポートして移す作業に入れるのです。着手は早くて週末で、GWごろまでには2014年分を終えられるでしょう。

 


※733系普通列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて733系の普通列車が通過したので撮影しました。札沼線の電化で投入された新型通勤電車ですが、外観上は731系とほとんどそっくりです。側面がビートレスで平滑になっているので、見分けるのは容易です。

ただし、アルミ車体の735系とはほとんど見分けがつかず、車両番号や編成番号で見分けるしかありません。

 


※DF200貨物列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

11時近く、2本目のDF200貨物列車が通過しました。この日撮影したDF200貨物列車は2本ともほとんどコンテナ満載でした。

 


※寝台特急「北斗星」/千歳線上野幌~新札幌間にて

トリは寝台特急「北斗星」です。昨年3月に撮影した時はヘッドマークが極端に傾いていましたが、今回はちゃんと?水平に取り付けられていました。

撮影後は撤収し、快速「エアポート111号」で札幌へ戻りました。

新札幌にて・2

週明けはすっきりしない天気でした。タレントの志村けんさんが新型コロナウイルスにより亡くなられました。小学生の頃は「8時だヨ!全員集合」でよく笑わせてくれました。近年はバカ殿様やだいじょうぶだぁでよく見ていましたが、もうお笑いコントを見ることはできません。

最期は日本中のファンに新型コロナウイルスの恐ろしさを身をもって教えてくれました。これにてザ・ドリフターズのメンバーは3人に減少しましたが、最後の1人が死去することによる自然消滅という形を取るため、解散宣言は今も出されていません。この場を借りてご冥福をお祈りします。

 


※寝台特急「トワイライトエクスプレス」(団臨)/千歳線上野幌~新札幌間にて

2本目の寝台列車は大阪からの寝台特急「トワイライトエクスプレス」です。ヘッドマークがないぞ!?と思ったのですが、団体臨時列車だった模様です。時刻表で調べたら、この日は運転日ではなかったのですが、時に団体臨時列車として走ることがあるそうです。計画する前にきちんと運転日を調べておくべきでした。

ですが、ヘッドマークがない寝台特急は、国鉄時代の一時期、東京口のブルトレを除いて全国的にヘッドマークが廃止された時代を思い起こさせてくれます。

 


※785系L特急「すずらん1号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて撮影したのは室蘭からの785系「すずらん1号」です。1990年に製造されてから20年以上が経過し、2015年度の北海道新幹線開通で函館地区から789系が転入してくると置き換えられるのは必至ですから、今のうちに撮影しました。

 


※731系普通列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

すでに札幌圏での通勤列車の主力となった731系です。デビュー同時は北海道初のデッキ無・オールロングシート車で賛否両論を呼びましたが、現在では定着しています。寒さ対策として、乗降扉付近にエアカーテンが設置されているのも、酷寒地ならではの寒さ対策でしょう。

すでにこの時点で10時近くを回っていました。