日帰り新潟遠征

今日は「カシオペアクルーズ」撮影で新潟県へ行ってきました。過去には群馬県側で撮影していますが、SL撮影のついでだったのと、今回は川端康成の「雪国」冒頭にある「国境の長いトンネルを出たら…」のイメージで撮りたかったので、新潟県側にしました。

朝4時起きで始発の新幹線に乗り、高崎と水上で乗り換えて土樽駅へ向かいました。

 


途中、新清水トンネル中にある土合駅ホームを撮影することができました。下りホームはトンネルの中にあるため、地上に出るには486段の階段を登らなくてはならず、10分ぐらいかかります。伊達に「日本一のモグラ駅」と呼ばれていない訳ではありません。

谷川岳に登るハイカー達が何人か降りて行きました。なお、上りホームは地上にあります。

 


※E129系普通列車1731M長岡行き/上越線土合~土樽間にて

土樽駅には8時45分到着、撮影地はすでに何人かの同業者がいました。皆、車で来たようです。土樽駅でも登山ハイカーが何人か降りて行きましたが、撮影で下車したのは自分1人でした。

撮影場所は関越道の高架橋の下なので、雨や雪に濡れずに撮影ができます。群馬・新潟県境の過疎地域で旅客流動も列車本数が少ないですが、水上駅を9時45分に発車する列車があるので、構図確認を兼ねて前哨戦として撮影しました。

 


※団臨「カシオペアクルーズ」/上越線土合~土樽間にて

10時50分近く、お目当ての「カシオペアクルーズ」がEF64のエスコートを受けて通過しました。

かつて寝台特急「鳥海」⇒「あけぼの」で1993年12月~2009年3月まで上越国境越えしていますが、「カシオペア」の列車重量が重いため、勾配対策として重連運転となっています。

直流機と交直流機の色違いではありますが、重連運転は迫力があります。

ほぼイメージどうりに撮ることができ、嬉しい気持ちになりました。

 


後続の電車で越後湯沢駅へ向かい、帰りの新幹線に乗るまでの間、昼食にしました。

友人に教えてもらったばくだんおにぎりで、注文を受けてから作るので、具材は昆布佃煮を選びました。

茶碗2杯分のご飯を使っているので、食いでがありお腹いっぱいになりました。それにしてもでかいですね。

「とき320号」に乗車し、東京に帰って来ると10月とは思えない残暑でした。

過去のカシオペアクルーズ

明日は「カシオペアクルーズ」による3泊4日の東日本一周ツアーがあり、新潟県側へ撮影に行きます。往路のメインイベントはなんといっても、上野⇒長岡間の電機重連運転でしょう!!

 


まずは2013年10月5日に撮影した時のもので、この時は前補機のEF64にもヘッドマークが付いていました。

 


続いては2016年6月4日のもので、EF64にはヘッドマークがありませんでした。

2枚とも、駅間は上越線上牧~水上間で、SL撮影のついででした。また、2016年の撮影時は鶯谷で撮影した後に新幹線で追いかけ撮影していました。

群馬県側なら列車本数も比較的多いですが、水上~越後中里間は1日6往復しかありません。あとは貨物列車ぐらいです。

今回、新潟県側で撮るのは、川端康成の小説「雪国」での「国境の長いトンネルを抜けたら…」のイメージで、新清水トンネル飛び出しを狙ってみたかったのです。

東京は晴れでも新潟は曇り一時雨の予報です。撮影者は?どんな写真が撮れるのでしょうか?

2年ぶりの青森

只今、2年ぶりの青森遠征です。夜行バスで朝、青森駅前に到着後は浅虫温泉へ向かい、「カシオペア紀行」を撮影しました。

 


※団臨「カシオペア紀行」/青い森鉄道西平内~浅虫温泉間にて

牽引機のEF81はひさし付きの133号機でした。つらら対策で、ひさしがあるのとないのとでは印象が変わりますね。

撮影後は青森へ戻りましたが、津軽線の列車が11時台までないので、朝食後は市営バスで油川へ向かいました。

 


西田沢保育園近くで、数年前には寝台特急「北斗星」と急行「はまなす」を撮影したことがあります。

北海道新幹線開業で特急が廃止されて静かなローカル線に戻った…と思いきゃ、貨物列車が主役になっています。ライフラインを担っていますし、貨物列車は重要であることは変わりません。

夏の雲、秋の雲、田んぼと、季節の変わり目を意識して撮影しました。

青森駅へ戻り、昼食後はバスで十和田湖温泉郷に向かいました。明後日9日まで滞在し、クワガタ採集します。

実りの秋の「カシオペア紀行」

先日のfacebook投稿でヒガハスにてもうお米が実っている写真が投稿されていたことから、今日は「カシオペア紀行」の撮影に行って来ました。

 


団臨「カシオペア紀行」/東北本線東大宮~蓮田間

湘南新宿ラインで蓮田駅へ向かう途中、車窓から見た感じでは田んぼの区画によってはまだ穂が青くて実っていないところがあり、実っている区画に撮影者が集まっていました。

しかし、雲が多い…来週は青森遠征ですし、2週間後には刈り取られているかも知れません。現地に着いたのは通過30分ぐらい前です。

場所を確保し、待つことにしました。依然、天気は不安定…ホワイトバランス等、曇りを前提として設定で臨むことにしました。

16時53分ごろに通過してきました。予想どおり曇ってしまいましたが、秋雨と収穫の時期が重なれば、ひとつの季節感として捉えておくことにしましょう。

首を垂れていることから、収穫の時期はもうすぐです。

カシオペア紀行

今日は蓮田へ「カシオペア紀行」の撮影に行ってきました。蓮田で撮影するのはすいぶん久しぶりな気がします。令和になってから初めてですが、平成で最後に撮影したのはいつだったでしょうか?

 


折角ですから梅雨が明けた真夏のイメージとして入道雲を期待したのですが、雲があまりない夏空となってしまいました。

田んぼの稲もかなり育っており、よく見ると穂ができつつあります。これが9月には黄金色の絨毯を敷いたようになるのです。今はまだ穂が青いですが、ほとんどの撮影者がカメラ目線を低くしているので、同じように狙ってみました。

通過したのは16時57分、一般列車だった頃より少し通過時間が遅くなったのでしょうか。

今の時期は日没が18時45分ごろで、まだ日中とあまり変わらない明るさです。デビューから20年が経過し、北海道新幹線開業で一般列車としては廃止されましたが、ツアー専用列車としてまだ走っていることは嬉しいものです。

オール2人個室なので、一般列車の時からシングルユースにとっては乗車には敷居が高い(1人利用でも2人分の特急・寝台料金が必要だった)のは変わらないですが、1日でも長く走ってくれることを願わずにいられません。

2か月ぶりの「カシオペア信州」

今日は「カシオペア信州」の運転日なので撮影に行きました。まずは前回と異なり、日暮里駅に行きましたが、常磐線ホームの上野寄り端はすでに先客が多く、撮影は失敗でした。

この後、京浜東北線で神田まで行き、中央線快速で日野へ先回りしました。

上野発車後、まずは常磐線を走行し、新松戸付近で連絡線を通って武蔵野線に入り、新小平から連絡線を介して国立付近で中央線に合流します。結構遠回りなので、こういった追いかけ撮影が可能なのです。

 


神田駅で発車案内が後続も快速で特快がないのでそのまま日野へ向かい、定刻より3分程度遅れて到着しました。

撮影地は前回より少なかったですが、それでも撮影者が多かったです。

今回は梅雨空で雨もぽつぽつ降っています…。前回より少し遅れて「カシオペア信州」が通過しました。牽引機は前回と同じ37号機で、EF64の0番台では唯一の稼働機です。

帰宅後に分かったのですが、篠ノ井線踏切事故のため、甲府で打ち切りになったそうです。

今回の日暮里駅撮影失敗で学びましたが、次回日暮里で撮影する場合は駅ホームではなく跨線橋から撮った方がいいとのことでした。

しばらく「カシオペア紀行」は青森行きが運転されるので、梅雨が明けたら日の長いうちに埼玉県で撮影する機会を作っておきましょう。

令和初の「カシオペアクルーズ」

今朝、「カシオペアクルーズ」撮影で赤羽駅に行きました。3泊4日の東日本一周ツアーを終えて帰ってくるので、機関車アップで撮りたいと思い、赤羽駅にしました。

赤羽駅に着いたのは8時35分ごろ、3・4番線ホームの大宮寄り先端は先客でいっぱいでした。駅の入場券は2時間の時間制限があるため、始発からといった極端に早くから場所取りする輩はいないだろう…と思っていたのが甘かったです。

 


※団臨「カシオペアクルーズ」/東北本線川口~赤羽間にて

構図確認を兼ねてE233系やE231系で練習を重ねながら本番に挑みました。

9時15分ごろ、SER塗装の95号機牽引の「カシオペアクルーズ」が通過しました。接近時の風圧か、結果を確認するとやや傾いてしまいました。

従って、掲載にあたり傾き修正・トリミングしました。機関車アップで撮れはしましたが、混雑を考えるともう赤羽駅では二度と撮りたくありません。駅間で撮影した方が性に合っている感じがします。

現在の「カシオペア紀行」は往路のみの設定が多く、上野行の設定は少ないです。次回、上野行の設定があった場合は日暮里やヒガハスを中心に選択肢に入れ、できるだけ駅間で撮ることにしようと心に決めました。

カシオペア紀行

今日は秋田からの「カシオペア紀行」が戻ってくるので、日暮里へ撮影に行きました。

天気予報ではすっきりしない天気ということで、日暮里にしたのですが、予報が外れて朝から五月晴れでした。あと1時間早起きしてヒガハスにすればよかったですね。。。

 


※E233系 快速「アクティー」熱海行

撮影地に着くと、数人ほどの鉄が待ち構えていました。ヒガハスだったら激パになっていたのかも知れません。

まずは快速「アクティー」で構図確認を兼ねて試し撮りしました。Sカーブで15両全部収まっています。これなら「カシオペア紀行」も余裕で収まる筈です。

 


※団臨「カシオペア紀行」

晴れたり曇ったりで変化が激しく、何度も空を見上げました。9時25分ごろには陰ってしまいましたが、直前に再び日が差しました。

後ろの数両が雲がかかったままになりましたが、ほぼ順光で撮影できました。一般列車だった時はこの場所では撮影しなかったのも、ダイヤが過密な都心部ゆえ、常磐線と被られないかの不安もあったからです。

今回は被られはしなかったですが、次回以降は天気状況に応じてもう少し撮影地を選定しないとだめですね。

EF510牽引のカシオペア

今日は令和初の花金となりました。先週3日は金曜日ですが、憲法記念日で祝日でした。そして先週は令和初の「カシオペア紀行」を撮影しました。

facebookによると、今日は「カシオペア紀行」が盛岡へ向けて走りました。来週は18日に秋田始発で青森を経由して上野へ向けて運転されるそうです。どこで撮影しますかな?

 


今日は日付ネタでfacebookにEF510関係の投稿が多かったです。便乗して在庫から選んだのがEF510牽引の「カシオペア」です。

2009年から2010年にかけ、JR東日本がJR貨物の協力を得て寝台特急牽引用に15両新造しました。北海道新幹線開業を数年後に控え、去就が気になるタイミングでの新造でしたが、JR貨物への売却も考慮していたそうです。

新幹線開業で「北斗星」「カシオペア」の両列車を廃止後、不要になったらどの機関車だったら引き取ってくれるのか?に対してJR貨物からの回答が「EF510」だったそうです。

15両という数は、安中貨物の委託もあったためで、2013年には委託解消でEH500に置き換えられて9両が売却、残った6両も2015年から翌年にかけて全て売却されました。

EF510牽引の「北斗星」「カシオペア」の写真は少ないですが、あの時撮っておいてよかったです。

来週の運転時はEF81が登坂しますが、虹釜、お召、星釜の3色あるので、どれが来るのでしょうか?撮影地の選定も考えておかなければなりませんね。ヒガハスは激パになりそうです。

信州カシオペア

今日は信州「カシオペア紀行」が運転されたので、令和初の撮り鉄活動として撮影に臨みました。

まずは鶯谷で撮影することにしました。上野駅発は16時18分だそうです。

 


※団臨「カシオペア紀行」/東北本線上野~鶯谷間

駅南口のすぐ目の前を通っている歩道橋から撮影しました。常磐線~武蔵野線~中央線を通るため、いつもとは走る線路が異なっています。

この後はすぐに京浜東北線に乗り、まずは神田駅へ向かいました。

神田駅で中央線快速に乗り換えました。後に後続の特快だと日野には17時20分とこのまま快速に乗っているよりは早く着くので、三鷹で乗り換えました。

 


※E353系特急「あずさ27号」/中央本線立川~日野間

日野駅に到着後、そのまま多摩川河川敷に向かいました。200人ぐらいの撮り鉄と近隣住民の見学者も加わって激パ状態でした。

日没間近で雲が多く露出が厳しい状態だったので、何本かの電車で試し撮りしました。夕焼けの赤味を損なわず、列車が黒く潰れない…露出を決めるのに試行錯誤しました。

 


※団臨「カシオペア紀行」/中央本線立川~日野間

18時を少し過ぎた頃にやっと「カシオペア」が来ました。追いかけ撮影に成功です。

常磐線~武蔵野線~中央線という大回りルートであることと、通勤電車の頻繁運転、首都圏の鉄道ネットワークならではの成せる業でした。

撮影後は撤収し、甲州街道駅からモノレールに乗って帰宅しました。