減りゆく1000形

今日は会社貸与のノートPCでのテレワーク初日でした。「会社貸与」と表現したのは、会社の備品で従業員はそれを借りて仕事をしているのです。したがって、入れ替えまたは退職時には返却しなければなりません。

転職で前職の会社を退職した時、作業着や社員証等を返却したのも、会社貸与の備品だからです。

 


7日の出社時に乗車した通勤急行は1000形でした、車両番号からリニューアル時に6+4両の中間運転台を撤去して固定編成化したものと分かります。1000形の10両固定編成は新製時からのものが4本、中間運転台撤去改造したものが3本あります。

急行の分割併合がなくなり、中間に挟まった運転台はデッドスペースになり、無駄だとの判断でしょう。

6両編成は多摩線、江ノ島線内各駅停車、小田原線新松田~小田原間の区間列車で使い道がありますが、4両編成は箱根登山線内列車もしくは6両編成と連結するしか使い道がありません。

1000形の6両編成は数が少なく、4両編成が余剰になり気味です。当初、ワイドドア車を除いた160両をリニューアルする予定でしたが、5000形増備で方針が変わり、ワイドドア車以外も廃車が発生しています。

今後、リニューアル対象から外れた車両は廃車が進むとみられるので、どんな形でもいいから今のうちに撮った方が賢明でしょう。

現在、週1程度の出社なので、通勤時にコンデジを持ってがしばらく続きそうです。

先行の5000形快速急行

今日はPC設定を兼ねての出社日でした。肝心なところを忘れていたとはまだまだです。あらゆるトラブルも想定しなければなりませんでした。

 


通勤時の通勤急行は3000形でしたが、新百合ヶ丘で先行発車した快速急行が新5000形でした。快速急行は新百合ヶ丘~下北沢間で途中、登戸駅だけに停車します。

通勤急行は同区間で向ヶ丘遊園、成城学園前に停車します。停車駅が1つ多いだけで、速達性は快速急行と遜色ないことがわかります。

それもその筈、代々木上原駅で追いつくと思ってもいませんでした。登戸~代々木上原駅間が複々線でも代々木上原~新宿間は複線のままです。おまけに退避設備がないので、そのまま後追いで走ることになるのです。

複々線完成時、代々木上原~新宿間が複線のままなので増発はできないじゃないのか?という声も聞かれましたが、増発分のほとんどは千代田線直通に充てられています。とはいっても、代々木上原駅発の列車を小田急線へ始発駅を延長した格好です。

コロナ禍であまり自由に移動や撮り鉄ができない昨今、新5000形に出会える確率も低いので、駅間走行写真を撮れるのはまだ当分先でしょうか。

70000形特急「ホームウェイ81号」

明日は通常の出社日です。現状は週一、毎週木曜日が出社日となっていますが、今月はPCの入れ替え作業で増えています。

 


10日の退勤時は特急ロマンスカーに乗車しました。途中の新百合ヶ丘までですが。

テレワーク中心となってからは通勤時は小田急でも退勤時は京王になることもあります。出社日が少ない今は仮に定期乗車券にしても使用頻度が少ないために損するのは確実です。SuicaやPASMOといったICカードにチャージして使っているので、逆に柔軟に使えるようになったといっても過言はありません。

京王の場合は京王ライナーに乗ることはよくあっても、小田急の場合は特急ロマンスカーに乗ることはあまりありません。2016年までは多摩線直通のロマンスカーがあったのですが、時間が合わないのと、多摩線内の利用客が少なく廃止されました。

多摩線内の利用客が少なかったのは、新百合ヶ丘までは利用客が多くても大半が降りてしまったためです。そのため、多摩線直通のロマンスカーは16年間のうち数えるほどしか乗っていません。

多摩線直通のロマンスカーが廃止されて5年、ロマンスカーに乗ると新百合ヶ丘での乗り換えが発生するため、乗る機会があまりない一因です。

とはいえ、新百合ヶ丘に停車する数少ないロマンスカーなので、ゆっくり座って帰りた時に乗車機会はあるのでしょうか。

追撃!通勤準急

今日は10日ぶりのテレワークでした。明日もテレワークなので次回出社日は明後日になります。

 


昨日の出社時は東北沢~代々木上原間にて通勤準急を捉えることができました。

ただし、代々木上原駅で先行列車の発車待ちだったのか、駅間で一旦停止していました。

 


しばらくして通勤準急が動き出しました。わが通勤急行も先行列車の発車待ちで一旦停止していました。奥の方の白い車体…8000形と分かりました。小田急で残っている鋼製通勤車はもう8000形だけです。

複々線化したとはいえ、朝ラッシュピーク時は1時間に36本の列車が都心方へ走っています。複々線だと急行と各駅停車が別々の線路を走るため、駅間での一旦停止がなくなる…と思われがちですが、代々木上原~新宿間が複線のままなのと、千代田線が分かれるため、代々木上原駅付近では朝ラッシュ時にはこのような光景が繰り広げられています。

ただ、いつも代々木上原付近で通勤準急に追いつくとも限らないので、やはり運次第でしょう。

和泉多摩川駅停車中の新5000形

今日も出社日でした。新PCの最終動作確認を兼ねており、終日使用して動作に問題がないことを確認しました。明日と明後日はテレワークです。

 


今朝の通勤時は和泉多摩川駅で新5000形を捉え、撮影することができました。複々線区間では緩行線を並走している場合もありますが、こちらも動いている訳なので予測が難しいです。

緩行線は各駅停車の他、準急や通勤準急も走っていますが、通勤準急の場合は少し複雑で、成城学園前⇒経堂間で急行線を走っている以外は緩行線だそうです。準急の場合は狛江、祖師ヶ谷大蔵、千歳船橋駅にも停車する関係で、ホームが緩行線にしかないためです。

地下鉄直通の場合、トンネルが狭いため車両の前後に非常口の設置が法令で義務付けられており、新5000形は正面非貫通なので千代田線乗り入れはできません。

したがって、新5000形が緩行線を走るのは各駅停車のみとなります。新宿口の各駅停車は主に新宿~本厚木間なので、各駅停車か快速急行または急行のどれかに入るのか予測しづらいです。江ノ島線なら急行通過駅のホーム有効長が6両分しかないため、確実に快速急行または急行限定となります。

本厚木以西の場合は快速急行または急行が本厚木~新松田間で各駅に停車するのと、栢山~足柄間の駅ホーム有効長が6両分しかないため、運用がほぼ限定されます。

10両固定編成といっても運用範囲は結構広いので、駅間走行写真を撮る場合もその日の運次第になるでしょうね。

経堂駅停車中の新5000形

今日も出社日でした。来週は月・木曜日が出社日になります。

 


現在は週1出社するだけですが、出社時はコロナ前と変わらず小田急です。小田急利用なのは2018年の複々線完成で朝の通勤時間短縮によるものです。複々線化当時は多摩ニュータウンから新宿への通勤客の3~5%程度が京王から小田急へ移ると言われていました。もちろん、自分も移った1人です。

いつ新5000形に出会えるかわからないので、常にコンデジを携帯するようになりました。

10両固定編成だけなので、代々木八幡、参宮橋、南新宿駅のホーム延伸前だったら新宿口は急行または快速急行オンリーでした。2019年にこれら3駅のホーム延伸が完成し、その後にデビューしたのですから、新宿口の近郊各停運用に入ることもあり、なかなか出会えません。

今朝は経堂駅に停車しているところを捉えることができました。経堂駅は2面5線で上り線だけ通過線があります。5000形は千代田線乗り入れはもちろん、箱根登山線乗り入れはできません。経堂駅には平日朝ラッシュ時は各駅停車と通勤準急だけが停車するので、おのずと限られてきます。

駅間走行写真を撮りたいところですが、なかなかその機会には恵まれていません。コロナ禍で県境を跨ぐ移動が制限されている今、不自由なく移動できる日々が帰ってくることを願わずにいられません。

4000形快速急行

やっと花金です。昨日は退勤時も小田急でした。

 


帰りの多摩線直通快速急行は4000形でした。2007年に千代田線直通用としてデビューしました。

3000形が非貫通なのに対し、地下鉄直通のため車両の前後に非常口設置が義務付けられ、助士席側はプラグドアになっています。

10両編成16本が新造され、千代田線からJR常磐線に乗り入れて茨城県の取手まで足を延ばしています。

コロナ対策でテレワークが中心のため、なかなか新5000形に出会えず、乗れないですが、新5000形が増えると1000形が減少、ひいては8000形も減少していくことでしょう。

新4000形の登場で1000形が千代田線直通から撤退し、旧5000形を廃車にする流れでしたが、新車で直接老朽車両を置き換えず、中古車両の捻出で置き換えるやり方は旧国鉄⇒JRに似ている気がします。結果として旧5000形は2012年までに全廃しました。

小田急顔が消滅したことで一つの時代が終わったといっても過言はないでしょうね。

新5000形との離合

今日は週一の出社日でした。通勤はもちろん小田急です。…が、乗った通勤急行は3000形でした。3000形が300両を越える大所帯なのに対し、新5000形は10両編成5本しかないので少数派、出会える確率は低いです。

 


代々木八幡~参宮橋間にて新5000形とのすれ違いを撮ることができました。急行小田原行きです。

新5000形の投入が発表されたとき、8000形が代替廃車になると思われましたが、2019年6月の踏切事故被災車を含め、VVVF化されていない初期更新車が廃車されただけで少数にとどまりました。

逆に8000形より経年が新しい筈の1000形の廃車が進むとは想像しえたのでしょうか。ワイドドア車を除く160両がリニューアル対象になるどころか実際には半数程度にとどまり、未更新車が廃車される結果となりました。

古い車両をカネをかけてリニューアルするよりも新車に取り替えた方がトータルコスト面で安上がりという判断なのでしょう。

まだ駅間走行写真を撮れていない今はロマンスカーと違って運任せしかないでしょうね。

干支ステッカー付ロマンスカー

昨日(4月8日)の出社時記事にロマンスカーの話が出たので、2013年1月2日の記事をアメブロより移動します。

今から8年前ですが、小田急の公式HPにてVSEとMSEそれぞれ1編成に今年の干支ステッカーを貼って運行するという情報があり、新百合ヶ丘へ撮影に行きました。

行こうと思い立った時間と小田急時刻表によると、VSEは「はこね10号」「はこね14号」で箱根湯本から折り返して来ることがわかり、最悪2本狙うことを覚悟の上でした。

区間準急に乗り、百合ヶ丘で下車しました。撮影地へ向かって歩く途中でLSEが通過し、見る鉄に…_| ̄|o

撮影地に着き、三脚とカメラをセットして何本かの通勤電車を撮影しながらロマンスカーを待つことにしました。

最初のロマンスカーはVSEの「はこね10号」でした。

 


※50000形 特急「はこね10号」/小田原線新百合ヶ丘~百合ヶ丘間にて

しかし、運悪く干支ステッカー無の編成でした。これで1時間待ちが確定しました。VSEは2編成なので、確率にして1/2ですが、2編成が運用している時は1時間続行なので、それだけ待てば撮れます。

 


※60000形 特急「はこね12号」/小田原線新百合ヶ丘~百合ヶ丘間にて

VSEのおよそ30分後には60000形MSEの「はこね12号」です。ブルーリボン受賞のシール付ですが、干支のステッカーはありませんでした。MSEで干支のステッカーを貼っているのは、6両編成の方で、1/4の確率です。6両編成の方も振り返ってみたところ、干支のステッカーはありませんでした。

この「はこね12号」は新宿到着後、「あさぎり・えのしま11号」になって御殿場と江ノ島へ向かいます。

 


※50000形 特急「はこね14号」/小田原線新百合ヶ丘~百合ヶ丘間にて

10号から待つこと1時間、「はこね14号」が通過しました。やっと干支ステッカー付の編成にありつけました。しかし、もう正面には日が当たらなくなっています。

この後は撤収、帰宅しました。

通退勤時の新宿駅にて

今日は週1の出社日でした。会社にておかしくなっているPCの診断も実施しました。おかしくなると直すのが大変で、特に終業間際だと少し残業になることもあります。その場合、ほとんどが法内労働時間内(8時間以内)で収まっていますが。

通常、残業は上司の命令の下で行うのですが、突発的なトラブル対応は別といってもいいです。

 


※30000形特急「はこね3号」

週1の出社時、通勤はもちろん小田急利用です。転職当初から2018年3月までは京王で利用していましたが、小田急線の複々線化完成で切り替えました。小田急通勤の方が長くなるとは思ってもいませんでした。どっちみち、複々線ができたら小田急に切り替えるつもりでした。

通勤急行で新宿駅到着後、30000形EXEが停車していたので撮影しました。未更新のブロンズ色は貴重になってきているのです。EXEαへのリニューアルでシルバーに変わりつつあります。また、愛称表示器はαでは撤去されています。

 


19日、海老名駅付近にロマンスカーミュージアムがオープンするため、PRしていました。ただし、当面は新型コロナウイルス感染対策のため、事前予約制になるそうです。

 


退勤時には新5000形に遭遇しました。…が!藤沢行きです。唐木田行きだったら乗っていましたが、残念です。

まだ本数が少なく、置き換え対象と思われた8000形の廃車は少数で、未更新の1000形が廃車されています。乗車したのは新4000形ですが、千代田線直通運用もあるため、通勤時の遭遇確率はそう高くはありません。

新5000形の駅間走行写真を撮れるのはいつになるのでしょうか?これが増備されるとみ更新1000形の廃車が進むというジレンマがありますけどね…。