2度目の小田急新5000形

今日の午後、会社からPCディスプレイを自宅へ発送依頼しました。いよいよ明日からテレワーク開始です。初めてなので明日と明後日は家でテレワーク、金曜日には出勤です。

 


今朝の通勤時、新5000形に遭遇し、乗車しました。新5000形の乗車は4月9日以来です。まだ10両編成1本しかないので、遭遇率は低く、乗車・撮影は困難です。

この新5000形と代替で8000形に廃車が発生したとの情報がありました。廃車第一号は昨年6月に本厚木~愛甲石田間で踏切事故に被災した編成で、修理もされずに休車状態で相模大野に留置されていたそうです。

事故のダメージは相当なものでしたし、製造後30年以上経過していて老朽化も進んでいました。

前面非貫通ですが、3000形と違って拡幅車体で車内は広く、前面1枚窓なので開放感もあります。横長のLEDライトも初めてでしょう。

今はコロナ禍の影響で駅間で走行写真を撮れる状況ではないですし、遭遇率も低いです。増備されたら遭遇率は上がるでしょうが、その代替で廃車が出る車両もあります。

コロナ禍が収束するまで通勤時を利用するしかないですし、廃車候補を先に撮っておくのが賢明でしょうね。

小田急新5000形初乗車

首相による緊急事態宣言が発令してから2日目、会社近くの商店街では一部店舗が休業になっただけで、ランチタイム時の賑やかさはあまり変わっていません。周辺企業でテレワーク導入により減ってはいますが、たいして目立っていない感じです。

テレワークは今回のコロナウイルス感染対策の様に、PCB対策(事業継続)としても有効です。IT会社に勤めてはいても、部署によってはテレワーク化が難しいので、結局は出勤せざるをえません。できる対策は時差通勤ぐらいです。

 


今朝の通勤時は新5000形に乗ることができました。2007年の新4000形以来、12年ぶりの新形式通勤車で、「より広く、より快適に」をキーワードにした拡幅車体が特徴です。

2001年の3000形(2代)ですそ絞りをやめて直線的な車体になっていたので、拡幅車体の採用は18年ぶりになります。2007年の4000形(2代)では千代田線直通のため、地下鉄の狭いトンネルに対応するためですが。

拡幅車体ですから、車内はもちろん広くなっています。先頭部は流線型でスピード感を醸し出していますが、前面非常扉がないので、千代田線直通には対応しておらず、地上線専用となります。

3月26日から営業運転を開始しましたが、3月21・22日に試乗会が開かれる筈でした。新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいましたが、1編成しかないので試乗会は狙って走行写真を撮れるチャンスでした。

2020年度の事業計画では10両編成6本が増備されるので、撮影・乗車のチャンスは増えるでしょう。その代わり、8000形またはリニューアル対象から外れた1000形ワイドドア車に廃車が出そうなのは確実です。

8000形は初期車で製造から38年が経過し、最終製造車でも33年になります。昨年6月の本厚木~愛甲石田間で発生した踏切事故被災車が8000形で、今回の5000形デビューで廃車が確定といわれています。事故のダメージはもちろんですが、製造後30年以上経過して老朽化が進んでいるため、修理されずに休車となっているそうです。修理して運用復帰させるよりも新車を投入した方がトータルコスト的には安上がりとの判断でしょう。

今はまだ遭遇確率が低いとはいえ、8000形を撮影できるうちに撮っておく時期にきているでしょう。通勤時に乗車。撮影できても、5000形が増備されて廃車が進めば、遭遇確率が減るのは目に見えていますので。

ハッピーニューイヤー号

3が日が明け、冬休みは明日1日を残すだけとなりました。

 

大晦日から元日にかけて運転される臨時ロマンスカー「ハッピーニューイヤー」、江ノ島へ初日の出を見に行くために利用したのは11号で、新百合ヶ丘駅発は5時20分、片瀬江ノ島駅到着は6時14分でした。

新宿駅発は5時丁度で、全区間乗車した場合は1時間14分の旅となります。通常の特急「えのしま」ですと概ね1時間ぐらい、快速急行でも1時間7分ぐらいですから、特急といってもそれほど速くないのです。

今年もVSE、MSEに干支ステッカーを貼り付けていました。MSEがデビューしたのは2008年の春で、もう干支が一回りしています。月日が流れるのは早いものです。

 


新百合ヶ丘駅で帰りのロマンスカーから多摩線に乗り換えた時、線内各停が8000形でした。今春から2代目5000形がデビューし、代替で8000形に廃車が発生する話があるそうです。

2002年から2012年までに機器更新工事を実施したとはいえ、初期製造から40年近く経過しています。1982年のデビュー時はブラックフェイスで珍しかったのを覚えています。

真っ先に廃車されそうなのはVVVF化されていない編成だそうで、車齢的には廃車候補といっても過言はないでしょう。

見られるうちに写真を撮っておけば、貴重なひとコマになるのは間違いありません。ただし、通勤でいつも利用しているからといっても、駅間で撮影できるのは休日ぐらいですからね…f(^-^;

ロマンスカーGSE初乗車

今日は仕事納めで、明日から来年1月5日まで9連休です。

納会や年末挨拶で少し遅くなることを考慮し、会社帰りは途中の新百合ヶ丘まで特急ロマンスカーにしました。

小田急線沿線で朝、急行等で新宿到着後、すぐに職場へは向かわずに特急券券売機等で帰りのロマンスカー特急券を買う人も多いです。定期券と特急券で乗車できるためです。

朝、通勤急行で新宿到着後に特急券を買っておきました。

 


乗車したのは新宿18時15分発の特急「ホームウェイ3号」、車種は70000形GSEです。GSE乗車は初めてです。

 


乗車したのは後展望席です。かつてロマンスカーといえば展望席が売りでしたが、今では50000形VSEと70000形GSEの4編成しかありません。最多勢力の30000形EXEと地下鉄および御殿場線乗り入れの60000形MSEは分割運用もあるため、展望席はありません。

 


飲料自動販売機です。かつては「走る喫茶室」と言われていましたが、GSEではワゴン車による車内販売に変わり、代替として飲料自動販売機が設置されています。

JRでは新幹線、特急列車とも飲料自動販売機が無くなりつつありますが、あるだけでも安心感がありますね。

 


一般席ですが、中間車両(左写真)と先頭車両(右写真)では天井構造が異なります。中間車では荷棚がありますが、先頭車にはないのです。代わりに荷物置き場がありますが、大きな荷物を持っている場合は要注意です。

新宿を発車したら次の停車駅は新百合ヶ丘、わずか27分のショートトリップは終了、多摩線に乗り換えて帰宅しました。

いつもは快速急行が多いですが、特急料金は会社から支給される定期代には含まれないので、自腹となります。新幹線定期と違って確証が持てる訳がないので、会社からは有料列車に乗りたければ、定期代とは別に自費で料金払って乗ってくれということでしょうね。

2020年ニューイヤー号

朝通勤時、新百合ヶ丘駅で列車を止める合図があり、新宿駅には35分以上遅れて到着、出勤も当然ながら20分以上遅れていました。

最寄り駅での乗車時点では遅延情報がなかったうえ、8時過ぎに出たうえですでに乗車していたため、京王への振替は不可能でした。昨年3月まで京王で通勤し、今は小田急に経路変更したのは、複々線完成による通勤時間の短縮からです。

しかし、ダイヤ乱れでの旧経路への振替は年に1、2度しかありません。もちろん、上司には連絡しました。

会社帰り、1月1日に運転される「ニューイヤー号」の特急券を購入しました。まだ空席があり、買うことができました。

 


※写真は再掲です

2020年も江の島へ初日の出を見に行きます。帰りは急行を利用できなくもないのですが、イベント終了後によく見られるのと同様、帰り道はどうしても集中し混雑するため、確実に着席できて快適なロマンスカーを利用した方が得策です。江の島へ初日の出を見に行き始めて20年以上変わっていません。NSE、LSE、HiSE、RSEが引退し、現在運用されているロマンスカーはEXE、VSE、MSE、GSEになりました。

特急券に印字された車種から2020年もMSEです。

 


※写真は再掲です

今年は亥年なので「亥」の文字での干支ステッカーが貼られていました。来年は子年なので、「子」の文字による干支ステッカーが貼られるということでしょうか。干支ステッカーが貼られたロマンスカーの走行写真を撮るとなると、期間限定になりそうです。

その場合は小田急の公式HPをチェックすることになります。

ブルーリボン賞ロマンスカーGSE

年の瀬が近づき、いよいよ来週末は忘年会ですが、今年も2連チャンです…。

 


11月30日、新宿での所用を終え、小田急線の快速急行で帰宅する際、新宿駅でロマンスカーGSEに遭遇しました。

いつものGSEと違う…ブルーリボン賞受賞のステッカーが貼られていました。2019年度のブルーリボン賞を受賞したのはこのロマンスカーGSEで、歴代の小田急ロマンスカーは30000形EXEを除いて全車種受賞したことになります。

GSEは2本あるので、仮に駅間で走行写真を撮るとしたら運次第になるでしょうね。

通勤で小田急を利用している割には気が付かなかったので、もう少し注意しとけよって感じです。

ラッピング8000形

師走最初の週明けは雨でのスタートで通勤時およびランチタイム時は一時強く降りました。相鉄・JR直通運転記念弁当は今日が最終日だったのですが、ランチタイム時に新宿駅へ買いに行ったら完売していました…。

 


一昨日の土曜日(11月30日)、新宿へ用事があり、急行を待っていたら対向にラッピング8000形が来ました。

江ノ島線開業90周年トレインで、ラッピングは海の生物などのシールを貼っただけでした。これは数年前のF-trainでのトラウマがあるからなのでしょう。初代F-trainでは東京都条例に抵触する恐れがあるとして、短期間で終わりました。

これまで通勤時に何回か目撃しましたが、運行期間が昨日(12月1日)までだったので、終了間際になって撮ることができました。

来春から5000形(2代目)が営業運転を開始すると、8000形に廃車が発生することが想定されます。どの編成から置き換えが始まるか分かりませんが、よい記録となりました。

鶴川でのGSE

12日、藤沢へ「踊り子」の撮影に行く前、鶴川でロマンスカーの撮影をしました。しかし、鶴川での撮影は3年ぶりで、アウトカーブのどのあたりで撮影していたか、忘れる始末でした。

 


※70000形特急「はこね2号」/小田急電鉄小田原線玉川学園前~鶴川間にて

最新ロマンスカー・GSEの走行写真は撮れましたが、なんか構図に違和感があるような…?

VSEによる「はこね4号」も撮れましたが、尻切れになったので、消してしまいました。ここでは最大8両までで、GSEやVSEだったら全編成が収まる筈です。記憶はあまりあてにならないものですね…。

何度か撮影して思い出すしかないでしょうけど(´・ω・`)

年度内には新型通勤車の2代目5000形導入も発表されました。そうなると唯一の鋼製通勤車となった8000形に初めて廃車が発生しそうです。1000形のうちワイドドア車はリニューアル対象外とされているので、5000形投入で運用に余裕ができる3000形6両編成で置き換えも考えられます。

4000形を千代田線直通運用に投入し、捻出された1000形を地上用に転用して初代5000形を廃車にしたように、中古車両で老朽車両を置き換える流れが出てきそうです。

週末はまず、土曜日(18日)が晴れそうなので、また撮影に赴いて早急に思い出すことにしましょうか。

2色のロマンスカー

今日は向ヶ丘遊園へ久しぶりにロマンスカーの撮影に行ってきました。…が、すでに先客が2名いました。

向ヶ丘遊園駅は千代田線直通列車の折り返しも多く、小田原方には上下線の間に折り返し線があるので被りのリスクが高いです。

 


※70000形特急「はこね2号」/小田急電鉄小田原線生田~向ヶ丘遊園間

苦肉の策として縦位置で切り抜けることにしました。まずは70000形GSEです。

 


※50000形特急「はこね4号」/小田急電鉄小田原線生田~向ヶ丘遊園間

通勤電車を何本か撮影し、もう1本の本命は50000形VSEです。小田急ロマンスカーのフラッグシップとして華々しく登場して来年で15年になります。新宿駅ホームドアの関係でよくない噂が流れ始めてきているようですが、短命で終わってほしくないものです。

ですが、小田急は社内ルールとして15年経過したら車体修理等の大規模改修をすることになっています。

LSEが引退し、唯一20m車ではないのは確かです。新宿駅では今のところ、通勤電車が発着するホームのみにホームドアが設置されていますが、特急ホームにも設置されないとも限りません。

撮れるうちに撮っておいた方が賢明でしょう。いずれ日を改めて鶴川でリベンジします。

代々木八幡駅

昨日の退勤時、facebookの鉄道模型関係グループにて、秋葉原にある某模型店が破産したというニュースに驚きました。東京商工リサーチはネットニュースも発信しているので、最初に投稿した人はこのネットニュースで知ったという訳です。

破産したのはF&MOKEIという会社で、F-MODELSという店舗を運営しています。最近は赤字続きで資金繰りが苦しくなり、仕入れ先からの仕入れもままならなくなったそうです。

巷では店長兼社長が無愛想で接客対応がよくなかったという噂があったそうです。店長の接客態度が即、店舗のイメージにつながる訳で、自業自得ともいいますが、事業を早くに拡大しすぎてビルフロアの家賃等の経費が重荷になったと言われています。ましてや秋葉原は激戦地区ですので、生き残りが難しいということでしょうか。

 


今朝の通勤時は代々木八幡駅の旧ホーム撮影に成功しました。3月16日のダイヤ改正から新ホームの使用を開始し、旧ホームは使用を停止しました。

新宿口の各駅停車10両化の一環ですが、ホームが急カーブ上にあるのでそのままでは延伸が難しく、上下線の間に新ホームを建設した格好でしょうか。

ダイヤ改正前日の3月15日で役割を終えた旧ホームは撤去工事が進んでいました。すでに蛍光灯は取り払われ、屋根板の一部も撤去されていました。今後、撤去工事が進むと次第に旧ホームは消えていくことでしょう。

昭和から平成末期にかけて使われ、令和時代が始まる前に消えようとしています。また一つ、昭和の薫りが消えていくのは寂しい感じがします。そんな自分も昭和⇒平成⇒令和と3つの元号を跨ぐんですが。