「Maxとき・たにがわ311号」

3連休初日は地元のグリーンボランティア活動に参加しました。緊急事態宣言が再発令されているため、山始め終了後は解散となりました。次回は早くて2月13日になるそうです。

2013年前半の記事移動は「SLスノーパーク」です。現在は2018年以降、12月も含めて上越線での冬季運行がなくなってしまいました。

 


※E4系「Maxとき・たにがわ311号」/東北新幹線東京駅にて

2013年初の上越線SL運転として、19・20日にC61牽引で「SLスノーパーク」が運転されました。2005年12月25日以来、雪の上越線を走るSLが見られるとのことで、撮影に行きました。

今回もいつもどおり「Maxとき・たにがわ311号」に乗車しました。スキーシーズンなので、「たにがわ」がガーラ湯沢行きとなり、越後湯沢で編成切り落としではなく分割となります。

乗車したのは「たにがわ」の方で、指定席は6号車のフラット席です。

2012年9月末に東北新幹線大宮以北から撤退し、上越新幹線に集結したE4系ですが、3月改正で200系が全廃した後は、淘汰の対象となります。Maxは2016年度(※注;2013年当時)を目途に全廃されることが決まっているため、長くてもあと3年ですが、あと何回乗れるでしょうか?

E5系+E6系カップリング

今年の勤務日は明日を残すだけとなりました。明日の仕事納めは出社です。

2月、飛び石連休の谷間に休暇を取得し、静岡県へ「踊り子」撮影に行く方向が決まりました。E257系置き換え前に富士山バックに撮りたいのはもちろんですが、最近問題になっている列車の窓から手や物を出しての撮影妨害に遭わないことを祈るだけです。

列車の窓から顔や手を出せば、接触事故の危険がありますし、本人に何の得があるのか理解できません。万が一、電柱等や複線区間での対向列車と接触したら、誰がどう責任を取るのでしょうか。非常識な鉄オタが増えているのは残念なことです。

 


※E5系+E6系「はやぶさ・スーパーこまち12号」/東北新幹線東京駅にて

盛岡で「はやぶさ12号」と連結し、東北新幹線を最高時速300km/hで南下しました。在来線区間では最高時速は130km/hどまりですが、東北新幹線区間はフル規格新幹線ですから、高速走行が可能なのです。

秋田から3時間58分かかって東京に到着しました。4時間を切ったことになります。来春からの最高時速320km/h運転で、更に10分程度短縮される見込みなので、速達タイプでなくても、東京~秋田間の所要時間が4時間を切るのは間違いないでしょう。

E5系とE6系の連結部は家族連れが多く集まって記念撮影をしていたので、1カットしか撮れませんでした。お盆休みも後半で、Uターンラッシュが始まっているので致し方ないことです。

撮影後は通勤電車に乗り継ぎ、帰宅しました。

結局、オオクワガタは採集できませんでしたが、青森に2泊、秋田に1泊のスケジュールだったので、昨年(※2012年)までより充実した遠征となりました。

これにて2013年8月の東北遠征報告は完結と同時にアメブロより移転完了しました。

30・31日は毎年恒例の備忘録で、2013年前半期の遠征記移転は1月5日から再開します。

E6系初乗車

今日は午前中、LUMBERJACKへ行き、レンタルBOXの虫メンテをしました。オオクワガタとノコギリクワガタ幼虫中心でしたが、その報告は後日とします。

 


※E6系「スーパーこまち12号」/秋田新幹線秋田駅にて

秋田へ戻った後は喫茶店で遅い昼食にし、ロッカーから荷物を取り出した後はみどりの窓口で東京までの乗車券を買い、新幹線ホームへ入りました。

13時55分ごろ、E6系「スーパーこまち12号」が入線しました。これに乗って東京へ帰ります。

秋田発車時点では、E5系と連結しない17号車が先頭になります。大曲で方向転換するためです。

 


※グリーン車

指定席はグリーン車です。E5系「はやぶさ」の時もそうですが、E6系初乗車もグリーン車となりました。

座席は本革らしく、黒で高級感があります。肘掛が薄く感じられたのは、在来線サイズで車体幅が狭く、通路スペース確保のためでしょうか。

通路のカーペットは黒に近いグレーで、黒の座席シートと一体感を出すことにより、高級感を醸し出しています。

 


※シンボルマーク

E6系のシンボルマークです。秋田地方出身とされる小野小町をイメージしたシルエットで、320km/hの風をウェーブで表しています。まるで風にたなびく女性の髪をイメージしているようです。

 


※E6系「スーパーこまち12号」/秋田新幹線秋田駅にて

グリーン車となる11号車です。こちら側がE5系と連結しますが、秋田発車時点では最後尾です。

発車時間が迫ってきたので、車内に戻りました。14時10分、定刻どおりに秋田駅を発車しました。

秋田へ…

今日は平成の天皇誕生日でした。昨春の皇位継承で31年ぶりに平日に戻って2回目はテレワークでした。明日は週一の出社日です。

 


※E5系「やまびこ56号」/東北新幹線盛岡駅にて

八戸、二戸、いわて沼宮内の各駅に停車して50分で盛岡に到着しました。「こまち73号」に乗り換えて秋田へ向かいます。

12番線にE5系「やまびこ」が停車していたので撮影しました。盛岡駅新幹線ホームは11・14番線が外側線、12・13番線が内側線になっており、このうち内側線は盛岡発着列車が使用しています。

30分ぐらいの間があるため、コンコース階に下りてコンビニ「NEWDAYS」で昼食を買いました。

隣のホームへ移り、「こまち73号」に乗りました。定刻より少し遅れて「はやて73号」と分割して盛岡駅を発車しました。

在来線に下り、秋田へ。途中、田沢湖線で徐行運転があり、秋田には定刻より25分程度遅れて到着しました。

 


※E6系「スーパーこまち12号」/秋田新幹線秋田駅にて

隣にはE6系「スーパーこまち12号」が停車していたので撮影しました。駅で停車中のE6系を撮影したのは初めてです。

 


※E6系「スーパーこまち12号」/秋田新幹線秋田駅にて

側面の表示機です。LEDなのでシャッタースピードを遅くしないと止まってくれず、撮影に苦労しました。

英語と日本語が交互に表示されているので、撮影のタイミングも難しいです。

「スーパーこまち」の愛称は2014年春までの期間限定なので、撮影しました。秋田新幹線が全てE3系からE6系に置き換えられ、愛称は「こまち」に戻されるそうです。

1996年、北上線に颯爽とデビューした特急「秋田リレー」が1年間限定だったのと同じように、貴重な一コマとなっていくことでしょう。

この後は、改札を出て自動券売機で羽越線に乗るための切符を買いました。

七戸十和田駅にて

例年ですと今日が冬至ですが、今年はうるう年なので昨日でした。1992年から2027年までは西暦を4で割り切れる年、つまりうるう年が12月21日冬至となります。ただし、2025年は不確定だそうです。

ヤフオクで目をつけておいた商品を落札しましたが、開始当初より3倍近く値段が高くなるとは思わなかったです。競合者つまりライバルは1人でしたが、相手側も動向を監視していたということでしょう。

 


※七戸十和田駅

約1時間でバスは七戸十和田駅に着きました。起点から終点までバス乗客は自分1人のみでした…。

バスを降りた後、新幹線まで時間があったので駅舎を撮影しました。“八甲田を望む大地の息吹と歴史を感じさせる駅”としてデザインされたそうです。

駅に入ると、秋田までの乗車券と特急券を購入しました。えきねっとで指定席を予約しましたが、直前まで買っていなかったのは、大雨で田沢湖線が不通になった影響で、いつ復旧するかは分からなかったからです。

きっぷを購入後はホームに入りました。

 


※七戸十和田駅ホーム階

通過線を持たない2面2線の相対式ホームです。新幹線が高速で通過するため、乗客の安全を考えて可動式安全柵が設けられています。

また、雪対策としてホーム全体が屋根ですっぽり覆われています。一ノ関以北の駅は全て全覆上屋になっているのです。

10時45分、「はやて30号」が入線してきました。盛岡まで50分足らずの旅路です。

「はやて31号」

明日は週1の出社日です。今日から2013年8月11~14日の東北遠征の報告ですので、もうしばらくお付き合いください。

 

お盆休み前半の11~14日は東北遠征でした。月齢が後半に悪くなるため、前半の11~13日は青森でクワガタ採集、13~14日は秋田にて羽越本線撮影というハードスケジュールでした。

 


※グリーン車

>遠征初日、まずは東北新幹線「はやて31号」で旅発ちました。下車駅は七戸十和田駅です。

普通車の混雑及びデッキの立席客を懸案し、今回はグリーン車にしました。

E5系でグリーン車に乗るのは今回で2回目です。とはいうのも、2011年6月に初めてE5系「はやぶさ」に乗った時、グリーン車だったからです。

それ以後、先月まではE5系乗車時はグランクラス利用ばかりでしたから。

さすがは新幹線といいますが、グリーン車のシートは幅が広く、どっしりした感じです。隣席との肘掛も太くなっています。

 


※「はやて・こまち31号」分割/東北新幹線盛岡駅にて

上野、大宮、仙台に停車し、盛岡に到着しました。ここで「はやて」と「こまち」を分割しますが、9日に東北北部を襲った豪雨の影響で田沢湖線が不通となったため、「こまち」編成は盛岡どまりとなり、切り離された後は5km先の盛岡新幹線車両センターへ回送されて行きました。

 


※牛たん弁当

分割作業を撮り終えた後は車内に戻り、遅い昼食にしました。車内販売で買っておいた仙台駅の牛たん弁当です。

少し遅れて盛岡駅を発車した後はいわて沼宮内、二戸、八戸の各駅に停車して14時15分に七戸十和田駅に到着しました。

SL C61誕生記念号

12月も1/3を過ぎました。前半はまだ暖かい日もあり、土日は日中の最高気温が15度まで上がりますが、週明けから本格的に寒くなりそうです。

2013年7月の青森遠征後、1か月後にはまた東北遠征となりますが、その間の8月4日には上越線へSL撮影に行ってきました。

 


※E4系「Maxとき・たにがわ311号」

C61 20は、1949年8月8日に三菱重工業で改造落成し、今年で64年(※注;2013年当時。2020年現在は改造落成後71年)になります。

夏場の「SLみなかみ」←(「SL奥利根号」「EL&SL奥利根号」)は何度か撮影しましたが、C61+12系の組み合わせで夏場はまだ撮影したことがありませんでした(ただし、旧客との組み合わせは夏場でも撮影経験はあり)。

折角の機会ですので、撮影に行くことにしました。7月28日に新しいズームレンズを買ったので、初陣となりました。今回もいつもどおり、東京駅8時52分発の「Maxとき・たにがわ311号」で出発しました。

 


※Maxフラット席

指定席は今回もフラット席で、Maxに乗る時の定席となった感があります。しかし、E4系Maxは2016年度(※注;2011年報道当時)までに全廃される予定なので、いつまで乗車できるのでしょうか?

定刻どおり、8時52分に東京駅を発車しました。

 


※SL快速「SL C61誕生記念号」/上越線上牧~水上間にて

上毛高原駅に到着後、バスに乗り換えて高日向バス停で降りました。ここから歩いて10分程度で撮影地に着きました。この場所で撮影するのは、2011年7月以来です。

三脚とカメラをセットしてスタンバイしました。天気予報では晴れると言ってたのですが、この時は曇っていました。

やがてSLが来る時間になると天気が回復し、晴れ間が差してきました。

お昼を少し過ぎたころ、C61牽引の「SL C61誕生記念号」が通過しました。今回は黒煙もくもくです。撮影後は歩いて水上駅へ向かいました。

盛岡駅にて

今日は週1の出社日でした。来週は職場の大掃除があるので、16日が出社日とやや変則的になっています。日が決まっており、役割も分担されているためです。

 


※E5系「はやて32号」/東北新幹線盛岡駅にて

1時間足らずで盛岡駅に到着しました。秋田からの「こまち32号」と連結するため、6分間停車します。ホームに降りてみると、すでに連結器カバーは開かれていました。

 


※連結作業/東北新幹線盛岡駅にて

秋田からの「こまち32号」がゆっくりと14番線に入線してきました。一旦停止のち、ゆっくりと近づいて手前で再び一旦停止。そして連結しました。

E5系とE3系の連結が見られるのはあと半年あまりとなりました。来春までに秋田新幹線用のE3系はE6系に置き換えられるからです。

連結後は再び客室内に戻りました。盛岡駅を発車後、東北新幹線を最高時速275km/hで南下していきました。

 


※E5系+E3系「はやて・こまち32号」/東北新幹線東京駅

仙台、大宮、上野に停車して15時08分、東京に到着しました。3泊4日の青森遠征は終了し、1か月後には夏休み恒例行事として再び遠征することになります。

はやて32号

今日は日中、あまり日差しのない1日でした。明日は週1の出社日です。

 


※新青森駅

新青森駅に到着後、帰りの新幹線まで1時間以上空いたので、駅の外に出て写真を撮ったりしました。現在は東北新幹線の終点(※2013年当時)ですが、数年後には北海道新幹線の始発駅となるので、JR北海道の表記も設置されるのでしょうか。

 


※E5系「はやて32号」/東北新幹線新青森駅にて

時間が来たので、ホームに上がりました。定期での新青森発着列車はE5系に統一されたので、もう「はやぶさ」か「はやて」かはわからないですね…。2014年春に「こまち」が全てE6系に統一されると、「はやて」の名称は廃止されるのか流動的なところもありますので…。

 


※グランクラス

指定席はグランクラスです。2012年1月に初めて乗って以来、すっかり虜になってしまったといっても過言はないでしょう。

11時42分、定刻通りに新青森駅を発車しました。

tanigawa hanare

今日はAmazonから2点、通販が届いたのですが、うち1点は色合いとかがちょっと違っていたことが判明し、返品が決まりました。明日の昼休憩時に最寄りのヤマト運輸営業所へ持って行きます。

外国ではAmazonで返品された品物のほとんどが廃棄処分され、問題になっているそうです。日本のはわかりませんが。Amazonギフトでの返金を選択したので、入金されたら買い直すことが可能です。モニタ環境によって色あいが変わることもあるので難しいです。

 


25分ほどで上毛高原駅に到着しました。駅舎内に入ると…見慣れないものが目に入ってきました。

谷川岳の自然を再現した休憩所「tanigawa hanare」で、2017年7月にオープンしました。まるで谷川岳の中にいるような気分です。

 


そろそろ、帰りの新幹線の時刻が迫ってきています。ホームに上がり、列車到着を待ちました。

やがてE4系Max「たにがわ420号」が到着しました。昨秋の台風による千曲川堤防決壊で水没し、E7系・W7系が大量廃車となり、上越分に新造中のE7系を北陸に回した結果、E4系が延命される結果となりました。いつまで乗れるのでしょうか。

17時28分、東京駅に到着、この後は中央線と小田急線を乗り継いで帰宅しました。

これにて新潟遠征の報告は完結です。最後までお付き合いありがとうございました。