2日目夜の成果

今日は午前中、LUMBERJACKへレンタルBOX虫メンテに行ってきました。その後も色々やることが多くて忙しい1日でした。

アメブロの更新終了日が3日後に迫ってきているので、30日までは福祉遠征の報告です。

 

22時頃には雨が降り出してきました。緑色に光った採集地がより一層、夜の寂しさを増してくれています。

 


雨が降り出しても、灯火トラップには蛾が飛来してきます。友人から借りた300Wのライトも相まって、飛来数は多いです。

厚い鱗粉で覆われているためか、雨に濡れることなく飛んでいけるのでしょう。蝶や蛾の鱗粉は水をはじく役目があり、蛾の方が厚い傾向にあるようです。ただし、オオスカシバの様に鱗粉がない種類もいます。

 


採集終了時間が迫ってきたので、22時50分ごろに消灯、片付けをしました。すでに持ち帰る分は選別しています。

この日はミヤマクワガタ14♂10♀、ノコギリクワガタ1♂2♀、アカアシクワガタ1♂2♀、カブトムシ1♀が飛来しましたが、オオクワガタは来ませんでした。

4年連続で福島産オオクワガタ採集はなりませんでした。持ち帰りはミヤマクワガタ2♂2♀、ノコギリクワガタ1♂2♀、アカアシクワガタ1♂2♀で、残りはリリースしました。

友人の方も採集成果を見せて貰いましたが、リリース分だけでもミヤマクワガタが圧倒的に多いです。その反面、ノコギリクワガタが少ないことがうかがえます。ただし、青森遠征時のように地域によっては共存していることもあるそうです。

山梨の有名ペンションでは、高地側からミヤマクワガタ、低地側からノコギリクワガタがが飛来していることから、立地的に境界線となっているだけです。

機材を車に積み終え、リリースした後に宿へ戻りました。この日は日付が変わった0時30分ごろに就寝しました。

灯火トラップへの来客・2

本日、ヤフオクに今季ラストとなるオオクワガタの成虫ペアを出品しました。今後は幼虫が取れすぎた場合の里子も視野に入れていますが、数に限りがあるため、新しいことへのチャレンジも考えています。

 


続いてはノコギリクワガタのペアです!!これにてノコギリクワガタが1♂2♀揃いました。ミヤマクワガタ天国の中では貴重なので、お持ち帰り確定です。

 


またもやミヤマクワガタの♂です。圧倒的に多いですね…。どおりでノコギリクワガタが少ない筈です。

 


アカアシクワガタの♀です。写真撮影後、ルアーケースへ入れました。お持ち帰り確定です。

 


来るのはミヤマクワガタばかりです。オオクワガタが高値の花だった子供時代、憧れのクワガタでしたが、これほどまでに多く来るとは思ってもいませんでした。さすが、友人所有の300Wライトおそるべしです!!

 


近くの木にはオオミズアオが止まっていました。

 


またまたミヤマクワガタの♂です。ここまでくると、またか…というレベルです。ミヤマクワガタを初めて採集したのが2006年7月の群馬県武尊山合宿で、灯火巡りでしたが、採集数は少なかったです。

それから10数年後、灯火トラップ採集でこれだけ多くのミヤマクワガタに巡り合えるのは想像しえたのでしょうか!?

オオクワガタ飛来!しかし…

今週はSW連休があったため、実働日は3日しかなく、あっという間の感じでした。2週間前は新潟遠征で木・金曜日に休暇を取得していましたけどね(^^;ゞ

 


時間とともに飛来してくる虫はピークになりつつありますが、来るのは相変わらず蛾が多いです。蝶と違って体毛や鱗粉が厚いので、低温でも活動できるからなのでしょうか。

実際、キリガ類は冬でも飛んでいますが、日没後1時間ぐらいだそうです。

 


しばらくして友人が呼んでいたので、何事かと思ったら…

オオクワガタの♀が来ているではありませんか!?友人が写真を撮った後に続いて撮影しました。

今回は友人のライトトラップに来たので、撮影だけです。もちろん、成果は友人のものです。

まだ時間はあります…!最後まで望みを捨てずに、自分の灯火トラップで待つことにしました。

灯火トラップへの来客・1

台風12号は海側へ逸れたため、関東への影響は限定的でした。テレワークで通勤の必要はなかったのですが、10月以降も出社理由がない限りは基本テレワークとなることが確定的となりました。今はまだワクチンも有効な治療薬がないためで、ワクチンができて予防接種するまででしょうか。

 


カブトムシの♀の後に飛来したのは、オオミズアオです。大型でいつ見ても美しい蛾です。

 


続いてやって来たのは…ノコギリクワガタの♀です!!福島遠征では2017年以来、3年ぶりです。ミヤマクワガタが多いところではノコギリクワガタは少ないということでしょうか。

 


…また、オオミズアオです!!飛来するのは蛾が圧倒的に多い気がします。

 


飛来するなり、ひっくり返ってじたばたしているので、起こしたら…ミヤマクワガタの♀でした(^^;

 


2頭目のノコギリクワガタ♀です!!

 


クワガタは圧倒的にミヤマクワガタが多いです。集計のため、拾ってはルアーケースへ入れました。

その間にも虫は飛来してきます。集計する暇がないくらいです…。

飛来開始

今週もあと1日、シルバーウィーク4連休は目前です。4連休後半は天気が回復するとのことですが、今年の夜間樹液採集シーズンはそろそろ終わりが近づいてきました。

シーズン終了日の判定は10月なので、もうしばらく先になりそうです。コロナ禍でシーズン開始が遅れたりと、異常なシーズンだったイメージはぬぐえません。

 


完全に日が落ち、暗くなると虫の飛来が始まりました。まずはミヤマクワガタの♀です。

 


続いてはアカアシクワガタの♀です。

 


またミヤマクワガタの♀飛来です。さすがに借りた300Wは強力です。ワット数が大きいほど、効果が大きいということなのでしょう。

 


20時近くになると…珍客が来ました。カブトムシの♀です。

地元では当たり前のように採集できますが、標高の関係で、カブトムシは少ないようです。結構たくさん産むので、地元採集分以外は要らないのですが、後で元の山に返すことを前提として、記録のためにキープしました。

つづく。。。

2日目の灯火トラップ

今日はテレワーク業務終了後、やることが多くて大変でした。コオロギを含めた一部の虫の餌交換もしましたが、カブトムシは残り寿命を勘案して、ゼリーからバナナに変更しました。

福島遠征の報告再開ですが、まだ夜間採集シーズンは終わっていないので、毎日というわけにはいかないことをご了承ください。

 


19時頃に点灯!ワット数が大きいだけに明るいです。友人のは850W、自分のは405Wです。届け出時、ワット数に手違いがあったらしく、自分の方から50Wを友人の方に回すことでワット数を合わせました。届け出たワット数は900Wと410Wになっていたそうです。

現在、今峰製の55Wを所有しているだけなので、まだワット数が十分とは言えませんが、来シーズンまでにもう1灯買ってレンタルしなくなるでしょうか?

55Wを2つで110Wになるので、50W2台レンタルより若干ワット数が増える筈です。そうなれば、青森遠征時でもオオクワガタ採集の可能性が高まってくるでしょう。

夜の帳が下りたばかりなので、虫はまだあまり来ていません。

2日目の灯火採集

明日と明後日は休暇を取得し、新潟遠征です。友人の地元であり、オオクワガタ多産地です。そして今シーズンのしめくくりと同時に6年前の合宿のリベンジとなりえるでしょうか?

 


しばらくして友人が迎えに来てくれ、宿へ戻りました。風呂、夕食後は採集です。2日目の採集場所は、昨年と同じで、桃子の採集地でもあります。友人と隣区画ですが、今年は配置が逆です。

今度は余った300Wライトを貸してくれ、合計で405Wになりました。レンタルが50W、自前が55W、借り物の300Wを合わせた値になります。

 


採集地の山々です。実はキャンプ場の駐車場で、管理小屋もあります。…が、管理小屋も人がいる気配がありません。冬は深い雪に閉じ込められるうえ、営業できる期間が限られるのでしょう。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で営業はできなくなっているのでしょうか。

日没時間が近づき、だんだんと暗くなっていきます。曇っているから余計薄暗いですが。

1日目ライトトラップ

新潟遠征まで残り1週間となりました。テレ朝で「警視庁・捜査一課長」の最終回が放映され、クルーズ船が昨秋の社員旅行初夜に乗ったものと同じで、コースも同一でした。

 


5分ほどで到着、早速準備しました。今年はレンタルと合わせて155Wですので、3台の配置は写真のようになっています。

 


日没と同時に点灯開始!…が、なかなかクワガタが来ません。スノーシェッドも時々確認してミヤマクワガタの♀を回収しました。

 


来るのは蛾が大半で、甲虫類はコガネムシなど、小虫ばかりです。

 


やっとミヤマクワガタの♀が来ました。未舗装なので草ぼうぼうで探すのに一苦労です。

 


スノーシェッドも時々確認しましたが、蛾が少し来ただけです。

 


採集時間も後半になると、やっとミヤマクワガタの大型♂が来ました。この日一番の大物で、これほど苦戦するとは思わなかったです。

隣の区画での採集者がライトを1台、自分と同じ方向に向けていたので、横取りされたような格好になったのかも知れません。宿で隣の区画と被る方向にライトを向けてはいけないと言われた筈じゃなかったかな…?だとしたら、ちょっと残念です。

23時過ぎ、別の場所で採集した友人が車で迎えに来て撤収、宿に戻りました。

福島産ノコギリクワガタ

福島から返送のライト一式が届いたので、午後のLUMBERJACKレンタルBOX虫メンテに行く途中でトランクルームへ収納しました。

同時にミヤマクワガタを2♂4♀持って行きました。梅雨明けが遅れ、暑くなる前に持って行った方がいいとの判断からです。産卵セットは8月後半以降になる見通しです。

 


福島遠征ではノコギリクワガタが1♂2♀採集できました。これまではたまに飛来しても♂だけだったので、♀の飛来は初めてです。

ミヤマクワガタが圧倒的に多い環境下でノコギリクワガタは劣勢とならざるをえないのでしょう。ノコギリクワガタの少なさがそれを証明しているのです。

しかし、青森遠征時はノコギリクワガタ6:ミヤマクワガタ4ぐらいの割合でやや優勢ですが、共存しています。

ノコギリクワガタとミヤマクワガタは幼虫時代の利用部位が同じなので、競合関係にあるといえるでしょう。ミヤマクワガタが暑さに弱い体質なので、熱帯夜の多い低地では暑さに比較的強いノコギリクワガタが優勢で、ミヤマクワガタは山地や寒冷地で棲み分けているのかもしれません。

今回採集した♂は58.2mmで大顎の湾曲がかなり強くなっています。

 


♀は26.9mmと32.0mmの2頭が採集できました。福島県産のブリードは今回が初めてとなります。ただし、土産み種は少し涼しくなってから産む傾向が強いので、8月後半以降となります。

青森の場合は標高400m程度、今回の福島は標高800m程度なので、一概に比較はできません。温暖化でノコギリクワガタやコクワガタの高山進出により、ニッチェ争いでそれまでの高山種を駆逐しているのも事実です。

昨年とほぼ同じ場所で1♂が採れただけで、まだ2シーズンしか記録がないので、回数を重ねるしかないでしょう。回数の積み重ねで環境の変化もわかりますし、少なくとも5年、10年のスパンも必要になってきます。

同じ場所でも地道な観察そして回数の積み重ねが後々に重要となっていくのは変わりません。

遠征中の珍客・カブトムシ

今日も雨で涼しい1日でした。31日は健康診断のため、出社が確実となりました。すでに会社は緊急事態宣言解除のち都道府県を跨いだ移動自粛解除後、出社が基本となりましたが、自分は未だテレワーク基本です。

通勤がなくなり、それまでの通勤時間が空いた分、調子が狂い気味です。今のところは8月末までですが、9月以降はまだわかりません。ワクチンも治療薬もまだないためです。

 


福島遠征でのライトトラップ採集時、珍客も飛んできました。

カブトムシの♀です!!

東北地方のしかも標高800Mの山奥でです!!一般にカブトムシは平地性であまり高い山にはいないのですが、飛んできたのは事実です。

大食いのため、大量の樹液が必要で、標高の高い山にはクヌギが自生しておらず、樹液はミズナラに頼らざるを得ません。また、今回採集地は冬に雪が多量に降り積もる豪雪地帯です。冬が長いゆえにカブトムシの生息環境としてはあまりよくなく、数は少ないのでしょう。

珍客ではありますが、近所のフィールドでいつでも採集できるのと、産卵数も多いため、灯火採集終了後は持ち帰らずにリリースしました。