オオクワガタ冬眠明け

3月最終日もすっきりしない天気でした。明日からは新年度、多くの企業でも年度変わりで組織変更や人事異動も行われます。

例年だと概ね4月6日頃から多くの学校で新学期が始まりますが、新型コロナウイルスの感染拡大で再開の見直しの可能性があるので、どうなるのでしょうか。

 


昨日(3月30日)の餌交換でオオクワガタを1ペア、冬眠から起こしました。雌雄とも、無事に冬を越せてよかったです。特に♂は多くのペアをヤフオクに出したため、福島産では唯一です。

野外採集したものを除けば、♀が大量に余っていますが、そんなに多くの♀と交尾させられません。♂が力尽きて死んでしまうので、そうなったら本末転倒です。オオクワガタは数年生きるので、一夫一妻で十分です

会社で女性ばかりの職場で働いていて言えることじゃないですけどね(^^ゞ

 


新しい飼育ケースへ移しました。冬眠時よりマットを半分以下に減らし、ゼリーと転倒防止材を入れました。

仕切りを入れているのは、越冬明けですぐに同居させると、♀は蛋白源として♂を食べてしまうことがあるためです。オオクワガタの♀は意外と怖い一面を持っているのですよ・・・(xox;

この2頭のペットネームは考案中ですが、♂は「あいづ」、♀は2代目「るい」を候補としています。「あいづ」って、安直すぎないですかね…。元々、親の採集地が福島県奥会津ですし。

昔は上野~会津若松間を特急「あいづ」が走っていましたしね。

今は高蛋白ゼリーで栄養をつけて体力回復に努め、交尾産卵はGW頃からになりそうです。

越冬明け・2

今日は昨日より雲の多い天気でした。気温は高めですが、週末は土曜日が暖かい雨、日曜日は雪になる見込みです。

昨日(3月26日)の餌交換ではコクワガタとスジクワガタを起こしました。

 


まずは青森産コクワガタです。昨年9月の青森遠征時に採集したものです。採集時、コクワガタの飛来に気づけば、周辺の捜索でオオクワガタを見つけられた可能性があります。東北遠征時、コクワガタが来るかどうかでオオクワガタが来るかカギを握っているともいえるでしょう。

 


続いてスジクワガタです。地元で採集したもので、ペアを一緒にコバエシャッタータイニーへ入れました。

ご覧のとおりコクワガタより小さいので、タイニーへペアで入れても余裕で収まります。産卵は難しいので、成功率を上げるならまずはペアリングした方がいいとの判断です。

自分ちの近くにスジクワガタが多くいるだけでも驚きモノですね(;^_^A

 


こちらは青森産のスジクワガタです。青森遠征時に何度か採集していますが、毎回採集できている訳ではありません。かといって、狙ったからといっても採れるわけではないので、意外と難しいです。自分ちの近くは多産地といえるレベルでしょう。

これから4月に向け、気温が上がっていくので、餌交換時に順次起こすといった形となります。あと1か月半で訪れる樹液採集シーズン、今季はどんな虫相を見せてくれるのでしょうか。

アカアシクワガタ取り出し

今日3月25日は多くの小中高校で修了式です。春休みを経て、卒業生以外の在校生は新学期より新たな学年へ進級します。しかし、今年は新型コロナの影響で休校になったりして、例年と違う模様になっています。

春休みは概ね2週間程度ですから、5週間ぐらいに伸びているところもあるといえそうです。26年前の今日は訓練校修了式で、事実上最後の春休みは3月26~31日の6日間と1週間に満たなかったです。

 


3連休最終日はLUMBERJACKへ行き、レンタルBOX虫メンテにてアカアシクワガタの羽化新成虫を取り出しました。

まずは♂からで、菌床を蛹室まで掘りました。

 


取り出した♂です。ノギスで測定したら41.5mmでした。500㏄の菌糸瓶でまずまずの成果です。500㏄の菌糸瓶で45mmぐらいまでの羽化実績がありますが、コクワガタと違って要求積算温度が低いので、低温経験させてゆっくり育てないと大型化は難しそうです。

 


続いて♀を取り出しました。概ね27.5mmぐらいです。

 


コバエシャッタータイニーへ入れ、階下の店舗で買った樹皮を入れました。まだ羽化したばかりで幼虫の時に溜め込んだ養分(脂肪)が残っているので、餌ゼリーは入れていません。水分を切らさないように注意するだけです。

餌を食べ始めるのは早くてGW前になりそうです。1♂1♀のペアが揃いましたが、♀がまだ1頭羽化していないので、余ったのはヤフオクに出す、採集地に戻す、夏に♂を採集するのいずれかになりそうです。

蛹化開始

朝から上司の依頼で力仕事があり、久しぶりに汗かきました。転職前はしょっちゅうでしたし、福島県で真冬のSL撮影後、重装備で5kmも猛吹雪の中(!)を歩いたのですから、体力が違うと驚かれました。現在は女性30人弱に男性1人ですから、男手がいると違うのでしょうか。

一眼レフで写真を撮り始めてもう25年です。元相手は写真歴の中に黒歴史を作ってしまいましたからね…。近年は撮り鉄の機会が少なく、あと数年で50代になることを考えると体力の衰えは隠せませんね。

 


15日にLUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行った時、すでに♀1頭が蛹になっていました。♀は成長が早く、1年1化が大半です。♂に比べると要求積算温度が低いということでしょう。

 


蛹室を作り始めた幼虫も見受けられました。F2もしくは昨夏採集の“桃子”血統でしょう。今季も概ねGW前に♀から先に羽化しそうです。

これは冬の間もレンタルBOXで過ごしたためでしょう。♂の場合は寒さ経験させないとセミ化する可能性があり、実際3年1化になった個体も居ます。

蛹室を作り始めたものは♀の様なので、雌雄判別した時に間違ってなければいいのですが。

♀でも卵巣マークが見にくいことがあり、頭の大きさや腹の内側で判別するしかないので、まだまだですね(^^ゞ

越冬明け

ようやく2015年分の記事を全てアメブロから移し終えました。週明けからは2014年分に着手します。

3連休最終日は気温が20度超えで南風も強かったです。しかし、連休明けから数日間は気温が10度近く下がり、寒の戻りです。

来週後半から気温が再び上がるので、そろそろ冬眠から起こすタイミングを見極めていましたが、まずは福島産コクワガタを起こしました。起こすといっても、人の様に叩き起こすわけではありません。

 


マットを掘り出すと…いました!!無事に冬を越せてよかったです。そう、この♂は昨年6月に羽化した唯一の50mmオーバーです。

♂を別ケースへ移した後、続いて♀も起こしました。♀も無事に冬を越せてよかったです。♂52.1mm、♀31.4mmのペアで、次世代でさらなる大型化を目指します。

ケースは越冬時よりマットを減らしました。冬の間は寒くなりすぎない様、マットを厚めに敷いていたので、これから暖かくなる季節を迎え、減らしました。冬から春になって気温が上がると同時に布団を減らすのと同じです。

保湿と転倒防止を兼ねて水苔を敷き、樹皮やゼリーをセットしました。

まだ冬眠明けで体内の栄養を使い果たしている筈なので、しばらくは高蛋白ゼリーで体力回復してから早くてGWにはペアリングとなりそうです。

オオクワガタやアカアシクワガタ、スジクワガタ等も来週にかけて起こすことになります。

アカアシクワガタ羽化

今日は午後、LUMBERJACKへ行って来ました。帰り際、店員から委託販売に出したノコギリクワガタ幼虫が売れたので、銀行口座を教えてほしいとのことで。教えました。

4月10日に委託料と消費税分を差し引いた額が振り込まれるとのことです。消費税はお店側が納入してくれます。消費税に限らず、たばこ税や酒税、ガソリン税といった間接税は事業者が納入します。

 


レンタルBOXの虫メンテでアカアシクワガタの♂が新たに羽化していることが判明しました。蛹室を作った時の木屑がガラス面に多く付着しているので見にくいです。まだ赤味が残っているので、取り出しは来週以降になりそうです。

大きさは…少なく見積もって35mm前後でしょう。要求積算温度が低いため、一旦持ち帰って屋外バルコニーへ出すといった寒さ経験をさせなかったため、早期羽化してしまいました。本気で50mm…いや、BE-KUWAギネスを目指すなら低温下で育てるしかなさそうです。

 


♀は先週早々に羽化し、体は黒化しました。これなら取り出しても大丈夫そうですが、♂を来週以降に取り出す予定なので、そのままにしました。

 


残り1頭は蛹のままです。♀と判明したので、昨年採卵した幼虫は1♂2♀の陣容となりました。近親交配を避けるには違う血を入れればいいのですが、異血統のブリード個体を持ち合せていないので、夏に採集に行くしかありません。

かつて2004~2016年までヒラタクワガタを10年以上にわたって血を絶やすことなくブリードを続けられたのは、常に野生の血を入れ続けたからなのです。ヒラタクワガタでの経験をオオクワガタをはじめ他種にも活かすことがこれからの課題です。

アカアシクワガタ菌床交換、しかし…

今日は日中暖気が入り、汗ばむぐらいの陽気でした。会社でも汗かきましたし。

 


11日のLUMBERJACKレンタルBOXではアカアシクワガタの菌床交換もコクワガタと並行して実施しました。

幼虫を取り出し、新しい菌糸瓶へ引っ越しました。

 


体重測定を忘れていたので、急遽測定し結果は3gでした。この後は元の菌糸瓶へ戻しました。

 


4頭中2頭は前蛹または蛹化していました。早いですね…

 


残り1頭の幼虫は蛹室を作っているようでしたので、交換せずにそのままにしました。

要求積算温度が低いためか、20℃恒温下では菌糸瓶に投入してわずか3か月で蛹になってしまうことがあるのかのしれません。

産卵したら早目に割り出し、幼虫が小さいうちに菌糸瓶へ投入し、冬の寒さも経験させないと、大型化は難しいようです。

春になって産卵させる際は注意するしかなさそうです。10年以上前は45mmぐらいでの羽化実績がありましたけどね…。

コクワガタ菌床交換

今日は飛び石連休の祝日で休みでした。今年から2月に祝日がもう1日あります。平成の時は12月23日が天皇誕生日でしたが、即位した年は昭和天皇の喪中のため一般参賀がなかったそうです。令和最初の天皇誕生日は日曜日なので、翌24日が振替休日で3連休になります。

 


午後にLUMBERJACKへ行き、レンタルBOX中の幼虫の菌床交換をしました。まずはコクワガタです。菌床が劣化しており、掘り出すと…

いました!!大きく育っています。菌床投入から3か月余りで終齢に育っていました。

 


体重測定したら3gだったのと頭の大きさから♀と判断して500㏄瓶へ引っ越ししました。

 


1頭引っ越しが終わる度に続いて掘り出しました。

 


体重測定したら4g、卵巣マークがないことと頭の大きさから♂と判別して800㏄へ移しました。

 


ひとまず4頭分新しい菌糸瓶へ引っ越ししました。1♂3♀と判定しましたが…。

 


アカアシクワガタの分も終えた後、コクワガタにまだ1頭未交換がいるため、急遽掘り出しました。

体重測定は…3gでした。卵巣マークが見えないので♂っぽいですが、500㏄瓶を使いきったので、800㏄へ引っ越ししました。

♂なら50mmオーバー羽化を期待したいですが、♀だったら35mmオーバーは期待できるでしょうか?しかし♀だったら800㏄は過剰な気がします…。

レンタルBOX内で冬でも暖かい環境下なので、4~5月には羽化している公算が大きいです。今回の交換が吉と出るのでしょうか?

譲渡準備

明日は建国記念の日で祝日なので、今日は飛び石連休の谷間です。今年は天皇誕生日が23日に移動したので、令和では2月に祝日が2日あることになります。

 


数日前から話を進めてきましたが、オオクワガタの里子が決まりました。来週16日に譲渡となりますので、ケース等の準備をしました。

譲渡が決まったのは福島産Wf1の♂60.0mmと♀38.5mmのペアです。一昨年(2018年)に羽化し、昨年に一度ブリードに使用しました。あと1シーズンはまだ産卵できる(羽化後3年以上経過した♀は産卵が厳しくなる)筈です。

今季の種親は決まっていることと、新潟や青森産のブリードが始まることを考えれば、成虫の在庫は必要最小限にまで減らしたいです。

もちろん、遠征でWDは採集しますし、美形個体も作りたいです。少なくともブリード用の成虫は産地ごとにブリード個体は最低1~2ペア、WDは不確定ですが、1♀ぐらいは採集できれば上等です。なぜなら、野外採集した♀はほとんどが交尾済なので、無理に♂と同居させる必要はなく、♀だけ入れても産卵してくれます。

まだ♀が7頭残るので、こちらはヤフオクに出してしまいましょうか。

菌糸詰め

今日は午前中、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行って来ました、今年は外国産…熱帯産のクワガタを飼育していないので、餌ゼリーは交換することがないのですが、昨秋の菌床投入から3か月経過しているため、交換時期にきています。

 


到着後、階下の店舗で菌糸ブロックを買いました。

 


菌糸ブロックを崩し、800㏄2本と500㏄4本に詰めました。オオクワガタの分は終わっているので、今回はコクワガタの分です。

50mmオーバー個体を羽化させたいのはもちろんのこと、60mmオーバー羽化という目標があります。そのためにはまずは野外ギネス超え、次はBE-KUWAギネス超えと段階的に踏んでいかなければなりません。

菌糸再生まで1週間ぐらいかかるので、来週には菌床交換です。