日没前後の変化

飛び石連休が明け、雲一つない好天に恵まれました。新しい領域にて試作第二号にチャレンジしましたが、うまくいかず失敗。また時を改めて再チャレンジです。「失敗は成功の元」といいますが、最初から上手く行くはずはありません。何度もチャレンジして上達するのです。

中学、高校で美術の成績はよかった(5段階評価で3or4)のですが、高校卒業から27年が経過していますので…。

 


「秋の日はつるべ落とし」の諺どおり、特に10月は1日あたり1.3分のペースで日没が早くなっていきます。東京で10月1日の時点で日没時間が17時25分だったのが11月1日には16時45分と40分早くなっています。

撮影地に着いた時点では日が傾きかけており、逆光状態でした。反対側だったら半逆行で側面の反射波撮れたかもしれません。

宇都宮線区間では、E231系とE233系の普通列車が主役で、ひっきりなしに来るので練習などには持ってこいです。

 


日没直前と直後です。日没が近づくと露出が落ちてきます。同時に露出を維持するにはISO感度を上げなくてはなりません。薄明の頃はまだほんのり明るさが残っていますが、そう長くはもちません。

日没から時間が経つと、空が群青色になってきているのが分かります。薄明時間がどれくらい持つのか?夕暮れの雰囲気を狙おうと思っても、運転日と天気などのタイミングもあって難しいのです。長野行きだったら、ここは通りませんし、武蔵野線や中央線しかないでしょう。

次回、同様の雰囲気で撮れるのは年が明けた1月下旬以降です。ただし、旅行商品での販売なので、いつ、どこへのツアーに組み込まれているのか、旅行会社のHPもチェックする必要がありそうです。

雨中の「SLぐんまみなかみ」

水上駅を降り、荷物を預けた後は撮影地に向かって歩きました。台風接近の影響で時折、雨も降りました。40分ぐらい歩いてやっと撮影地に到着、何人かの撮影者が待機していました。

場所を決め、カメラをセットしてSLを待ちました。すでに前哨戦となる普通列車とはニアミスでした。115系を置き換えた中古車とはいえ、国鉄時代末期…昭和も末期だった頃からJR化初期に作られたので30年以上は経過しています。

 


※SL快速「SLぐんまみなかみ」/上越線上牧~水上間にて

お昼近くになってSLが通過しました。この日の牽引機はC61でした。相変わらずの黒鉛もくもくです。

 


※211系普通列車高崎行き/上越線上牧~水上間にて

SLが走り去った後に…なんと!!211系普通列車が通過しました。3月改正で水上駅始発時刻が変わったので、あと一歩遅かったら被られるところでした。

被られる可能性はなくもないですが、特に11月の紅葉シーズンなど、別の場所での撮影も考えないといけませんね。

撮影後は駅に向かって歩きました。

上越国境越え

新潟遠征最終日は一旦、水上へ寄ってSL撮影が決まっていました。最終日は7時過ぎに起きて朝食後、9時30分ごろにチェックアウトしました。

水上までのきっぷとSL撮影後の帰りの新幹線のきっぷを買って、改札内に入りました。

水上まではもちろん普通列車です。越後中里から水上間は運転本数が少ないので、時刻表をよく調べる必要があります。乗った電車は通常、越後中里止まりですが、土曜・休日に限り、水上まで延長運転されていたので、ちょうどよい時間に乗れて助かりました。

 


さすが、スキーのメッカなのか、岩原スキー場前駅周辺はホテルが多いです。今年は記録的な暖冬に加え、コロナ禍で宿泊客が少なくて大変なのかも知れませんが。

この辺りの大カーブは有名撮影地になっているので、カシオペアクルーズがまた運転されたら訪れたいです。

 


越後中里駅は旧型客車が数両、休憩所として使われています。釜石線でSL復活の際、旧客の使用の可否をJRが調査したところ、2、3両程度だったという話を聞いています。仙人峠等の勾配区間を勘案して、JR北海道からキハ143系ディーゼルカーを購入し、動力付きの客車として使用することになったそうです。

越後中里駅からはローカル流動が少ない区間です。トンネル有り、ループ線有でしたが、木が生い茂っていてループ線であることは確認できませんでしたが。

上越国境を越えて10時32分、水上駅に到着しました。

ゆめぞら

今日は晴れ間が覗きましたが…テレワークで在宅勤務です。まあ、次の土曜日は「カシオペア信州」の撮影ですが、晴れの予報ですしね。

 


1本遅れて乗った電車は通常、六日町止まりで、湯沢へ戻るには乗り換えの必要がありました。しかし、この日は金曜日で、金・土・休日に限り越後湯沢へ延長運転しているので、そのまま直通で戻ることができました。

一般車両とゆめぞらの車体塗色の違いがわかりますね。JR線直通の臨時列車にも使われた他、一般車両と連結して運用されることもあるようです。

そのため、日曜上映の指定列車以外で出会えたらラッキーといえるでしょう。

淀へ戻り、しばしの休息後は夕方に駅で夕食、この日は夜に雨が降ったので宿周辺の外灯巡りさえもできなかったうえ、0時頃には就寝しました。

ゆめぞらシアター

今日は秋晴れが一時覗き、気温も上がりました。午前中はLUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行き、帰りに産卵材を買ってきました。

 


美佐島駅からの帰りに乗った電車はゆめぞらを連結していました。湯沢寄りが一般車両なので、後ろの方へ移動しました。

ほくほく線は全線の7割がトンネルなので、特急が廃止された現在、シアタートレインとしての誘客策ともなっています。トンネル内に入ると室内灯が消え、天井に映像が投影されます。

北越急行の公式HPによると、上映するトンネルは決まっているそうです。美佐島駅がある赤倉トンネルもその一つで、全長は10472m、10km以上に及びます。

赤倉トンネル内での上映時間は5分30秒です。途中の美佐島駅から乗ったので、映像を見られたのは3分強といったところでしょう。

列車は赤倉トンネルを抜け、まもなく魚沼丘陵駅に到着しました。「電車でGO!2」で運転した時もそうでしたが、赤倉トンネルを抜けて魚沼丘陵駅を通過する頃は特急「はくたか」が120km/h制限を受けるところでした。

続く。。。

直江津駅にて・2

今日は4日ぶりに日照があり、気温も4日ぶりに20度超えとなりました。午前中はLUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行ってきました。7月に採集した福島産ミヤマクワガタの♀が1頭死亡確認されました。

例年9~11月頃にかけてノコギリクワガタやミヤマクワガタを中心に寿命の短い虫が死んでいく時期でもあります。

 


自由通路から新潟方です。新潟方は信越本線として引き続きJR東日本の路線となっています。

車両基地もあり、構内は広いのですが…

 


西側は並行在来線として経営分離区間になっています。北陸新幹線の金沢延伸前は北陸本線、信越本線でした。

新潟県内に限れば、えちごトキめき鉄道になっています。昔日の賑わいはありません。

 


E129系の普通列車です。老朽化した115系電車を置き換えるために製造されました。

新潟地区の普通列車の主力となっており、運用範囲は広く、上越線の水上まで関東にも顔を出します。

しばらくしてほくほく線の普通列車が入選してきたので乗車し、十日町駅に向かいました。

超快速「スノーラビット」

今日はほぼ1日冷たい雨でした。明日は健康診断です。7月末に会社で集団検診の予定でしたが、新型コロナウイルス対策で前日にいきなり中止となりました。このため、出社予定がなくなり、7月は出社ゼロで終わったのです。もちろん、テレワークで仕事してましたよ。

 


新潟遠征2日目はほくほく線に乗ることにしました。前回乗ったのは2012年11月ですが、十日町⇒六日町間でまだ全線乗車はしていなかったことと、トンネルの中にホームがある美佐島駅も訪問してみたかったためです。

北陸新幹線開業で稼ぎ頭だった特急「はくたか」が廃止され、今はローカル線です。まずは直江津まで行くことにし、乗ったのは…・

超快速「スノーラビット」です。途中、十日町にしか停車しません。直江津まで1時間もかからないのです。

新幹線開業まで所有していた681系につけられていた車両愛称を受け継いでいるのです。その特急車両はというと、681・683系全てJR西日本に売却されました。今は金沢以西で大阪や名古屋方面の特急として塗装を変えて走っています。

9時56分、越後湯沢駅を発車しました。かつて「電車でGO!2」で上級路線の快速を運転したことがありますが、停車駅が多く、ミスした時のペナルティが重いので、クリアが難しかったのを覚えています。それでもクリアはしましたよ。ノーコンティニューで。特級路線の特急「はくたか」ももちろん、ノーコンティニュークリアはしました。

20年以上前、ゲーセンでプレイしたのが遠い昔のように思い出されます。

C61「SLぐんまみなかみ」

2泊3日の新潟遠征を終え、19時前に帰ってきました。新潟遠征の成果はコクワガタ1♂2♀、ノコギリクワガタ2♂、オオクワガタ1♀で、福島県に続いて新潟県にもオオクワガタ採集実績を残すことができました。6年ぶりのリベンジを果たしたことになります。

あとは、本命の…青森県産ですね!!南東北と北東北産の違いも見てみたいです。南東北産の代表を福島県産とするならば、北東北産の代表は青森県産といったところでしょうか。ただし、青森県産は採集が難しいです。

 


※SL快速「SLぐんまみなかみ」/上越線上牧~水上館にて

最終日はまっすぐ東京へ帰らず、一旦水上に寄ってSL撮影をしました。越後中里~水上間は列車本数が少ないですが、ちょうど9時台に土休日のみ延長運転があり、9時54分発の普通電車で越後湯沢を発ちました。

10時32分に到着、撮影に不要な荷物を預けてから撮影地へ向かいました。途中、雨に降られながらも40分で到着。

昼前に「SLぐんまみなかみ」が通過しました。

 


※211系普通738M高崎行/上越線水上~上牧間にて

SLが去った直後に211系の普通が通過しました。ダイヤが変わっており、被る危険性が高まっています。次回以降はこの撮影地を外すことも考えないといけませんね。

 


駅へ戻り、昼食後はSL広場で休憩中のSLを撮りました。本日の牽引機はC61でした。

 


SL広場ではいつの間にか、D51がきれいになっていました。昨秋の社員旅行で2日目に「四季島」を撮りに行った時は、色褪せていたような気がします。

 


※SL快速「SLぐんまみなかみ」/上越線水上駅にて

15時近くまで駅の待合室で休憩した後は三脚で確保した場所へ戻りました。カメラをセットしてスタンバイ。

15時20分、SLは水上駅を発車しました。撮影終了後は荷物を引き取り、バスで上毛高原駅に出てから新幹線で東京へ帰りました。

秘境駅・男鹿高原駅にて

福島遠征2日目は秘境駅の男鹿高原駅を訪問しました。テレビで紹介されており、電車は1~2時間に1本程度なので、訪問してみたかったです。

実際に訪問してみると、周辺には何にもなく、緊急用のヘリポートがあるのみです。人家もないようなところになんで駅を作ったんだろう?と首をかしげるぐらいです。1日の乗降人員は1人いるかいないかで、ものずきな鉄ぐらいでしょうね。

 


※500系特急「リバティ会津132号」/野岩鉄道会津鬼怒川線会津高原尾瀬口~男鹿高原駅にて

まずは「リバティ会津132号」を撮影しました。基本的に野岩鉄道線内はほとんどが各駅に停車しますが、夜の1本を除いて通過します。

明日の帰りに乗るのがこの「リバティ会津」です。

 


1時間以上後には6050系の普通列車です。2017年4月の500系「リバティ」デビュー前は快速または区間快速として浅草まで運転されていましたが、今は南栗橋以北での運用となっています。

車番から東武車で5桁ナンバーで下3桁が100番は野岩鉄道所有車、200番が会津鉄道所有者です。100番台と200番台は書類上は東武鉄道からの譲受扱いとなっています。

車体更新または新造から30年以上が経過していますが、代替車の話がいつ聞こえてもおかしくはありません。車体更新車は6000系としての新造から足回りは50年以上が経過しています。

撮れるうちに撮っておいて、のちに貴重なワンカットとなるのは間違いないでしょう。

12年ぶりの俯瞰ポイントにて

今日は関西で緊急事態宣言が解除されましたが、首都圏と北海道は継続となりました。来週28日に解除の可否を判断するそうです。最後に出勤したのが4月24日ですから、もう1か月近く会社に行っておらず、ずっとテレワークです。

今日から数日間は2013年5月18日の水上遠征です。この年のGW中には5月4日にも行ってましたが、新緑が芽吹いたばかりなので、2週間後にまた行ったことになります。

 


※115系普通列車731M/上越線上牧~水上間にて

 


※115系普通列車748M/上越線上牧~水上間にて

18日は「レトロみなかみ」撮影で上越線に行きました。GW連休中の4日はまだ新緑が開ききっていない状況でしたので、そろそろだろう…と思ったのです。

今回も「Maxとき・たにがわ311号」で上毛高原へ向かい、バスに乗り換え。諏訪神社前バス停で下車し、諏訪峡大橋を渡った後は俯瞰ポイントへ行くための山道を探しました。

前回俯瞰撮影したのは2001年5月4日で、もう12年になります。当時の記憶を頼りに山道を見つけ、10分程度登りました。

12年前に撮った時は山道から撮ったのですが、当時のポイントは木々が伸びてしまい撮れなくなってしましました。

山道の終点付近で開けた場所が残っており、先客が1人いましたが、場所確保できました。場所が狭く、少し危険なので最高で3人が限度でしょうか。

まずは115系普通列車で前哨戦として試し撮りをし、上りの高崎行き738Mを撮った後はレンズ交換してSLを待ちました。