宇都宮線近郊電車

今日は花金、やっと週末です。明日はカシオペア運転日ですが、上野発時刻が15時20分~16時40分と不定のうえ、11月後半ですので日没後になる可能性があります。

先週撮った蓮田の場合、上野を発ってから35分後の通過ですので、仮に16時40分発になった場合は17時15分通過で完全に暗くなります。

 

近郊電車 近郊電車
東北本線は東京~盛岡間を結ぶ路線ですが、このうち東京~黒磯間は「宇都宮線」と呼ばれています。ただし、列車運転系統上の愛称なので正式路線名ではありません。他路線では埼京線や京浜東北線も列車運転系統上での愛称で、正式路線名ではないことも同様です。

「カシオペア」を待っている間、かなりの頻度で近郊電車が来ます。E231系またはE233系で、20年前までは115系や211系が走っていたので世代交代を感じさせています。

こんなに普通列車の頻度が多かったか?と思えば、それもその筈です。40年前の東北新幹線開業前は485系と583系特急、165系、455・457系急行も入り混じっており、バラエティーに富んでいました。東北新幹線が開業すると、並行する在来線の特急、急行が廃止、その空きに普通列車が増発されています。

新幹線開業後も残った寝台列車でさえ、利用減や車両老朽化、新幹線延伸によって順次廃止されて今に至っています。

バラエティーが少なくなったとはいえ、四季島が走ることもあり、貨物があるのも救いでしょう。「カシオペア紀行」はいつまで走れるかわからないし、そう長くはないでしょう。

新たな被写体も探さなければならないはもちろんですが、いつかは世代交代の時は来ます。ある意味、何気に撮ったE231系やE233系も貴重なカットになる日は来ますし、葬式鉄になりたくなければ日々の記録が大切だといえるでしょう。

反対側のE233系

今日は通常出社日でした。これから冬に向けて晴れる日が多くなるとのことです。まあ、11月になると一時的に冬型気圧配置が現れ、その際には関東をはじめ太平洋側は晴れますが。

 

E233系普通列車
先週の鉄道の日、蓮田へ行った際に上り線側には多くのファンが集まっていました。しかしながら、午前中に下り列車を狙うと前面にまず日が当たらない半逆光となります。

かといって午後は完全逆光です。10月以降の日が短くなる季節、薄明を利用してシルエット気味に撮るなら利用できます。

広角であえて引き気味に撮ってみました。全国的に晴れていてもこの日、関東だけ仲間外れでした。曇り空だと映えないですね。曇りだからこそ上り線側にも集まったのかもしれません。

 

カシオペア紀行
2020年10月31日に撮ったものです。11月初日時点での日没時間は16時45分です。通常の「カシオペア紀行」通過時刻は16時55分頃です。日没後10分経過しており、薄明がほんのり残っているかぎりぎりです。11月末から12月初旬ですと日没は16時28分ですので夜の帳が下りていることになります。

この日は上野発車時間が定まっていなかったので、結局は下り線側に移動して「カシオペア紀行」を待つことにしました。

2022年新潟遠征【1】

来週の秋田遠征まであと1週間となりました。残暑があまり長続きせず、記録的冷夏だった1993年に並ぶ冷夏となってしまうのでしょうか。30年に1度の異常気象だとすれば、もうそれだけの月日が経ったということでしょうか。

1カ月遅れましたが、新潟遠征の報告です。当初、7月20~22日の予定だったのが初日に宿泊予定のけんぽ保養センターのスタッフが新型コロナ感染したために休館、日程短縮となりました。

 

とき321号
東京駅12時40分発の「とき321号」で旅立ちました。昼食は途中の新宿駅構内の飲食店で済ませたので、食事時間確保のため、ゆとりを持って家を出ました。

 

とき321号 とき321号
約1時間20分で越後湯沢駅の到着しました。学校が夏休みに入ったのか、親子連れが多い気がします。しかし、コロナ前よりは少ないのは変わらないでしょう。

 

越後湯沢駅 越後湯沢駅
在来線へ乗り換えです。十日町へは北越急行ほくほく線で行くのが近いのですが、あいにくこの時間は直通がなく六日町乗り換えです。

2015年3月の北陸新幹線金沢延伸までは681・683系による特急「はくたか」が発着していましたが、今はそのような賑わいはありません。

 

湯浴み 湯浴み
待合室前で「湯浴み」を発見。女性像でホームにアートは珍しいです。

 

E129系普通
しばらくしてE129系の普通列車が到着しました。六日町まではこれに乗って移動します。

 

HK100形普通
約20分で六日町駅に到着しました。ほくほく線乗り換えです。大半の列車がJRに乗り入れて越後湯沢駅まで運転され、新幹線との接続もありますが、一部は六日町折り返しです。

ラッキーなことにゆめぞらに当たりました。しかしながら平日はトンネルに入った時のシアター上映がないです。

乗り換え時間が20分も空いているのでゆっくり撮影ができました。

つづく

中央線の列車・3

明日は通常の出社日です。会社での昼食となるなんちゃって駅弁が決まり、テレワーク終了後に食材を買ってきました。

 

E233系快速 E353系特急「かいじ43号」
日没時間まで残り20分余りとなり、露出も落ちたので再び調整して先行列車を試写しました。

E233系快速(左写真)とE353系特急「かいじ43号」(右写真)です。立川駅発車順では快速が先で、八王子までは過密ダイヤのため、特急も減速運転を強いられています。

快速、特別快速に豊田、八王子発着はあるものの、概ね1時間に1~2本で高尾発着が多いことには変わりません。立川で青梅線直通列車が青梅線へ行く分だけ減り、豊田⇒八王子⇒高尾と順次列車本数が減っていきます。そのため、特急の最高速度が八王子を境に都心寄りは95km/h、甲府方面は130km/hとなっています。

立川駅を出たばかりであまりスピードが出ておらず、先行列車に追いつかないための配慮でしょうか、比較的遅いシャッタースピードでもブラさずに撮れるのは皮肉なものです。

夕暮れにしてはやや明るすぎましたか、雰囲気重視のため、再度調整して「信州カシオペア」通過に備えました。

中央線の列車・3

今日もテレワークです。明日で4月も20日、2/3が過ぎることになります。もうすぐ春本番ですが、今週は雲の多い日が続く見込みです。

 

E231系回送
しばらくすると武蔵野線のE231系が通過してきました。「むさしの」号かと思ったのですが、誰も乗っていないので、八王子への送り込み回送でしょう。

武蔵野線用の電車は以前は豊田配置だったのですが、2004年から京葉車両センターに移管されています。したがって、武蔵野線用の電車が中央線を走行するのは大宮直通の「むさしの」号しか考えられません。

送り込み回送とはいえ、ちょっとしたレアものが撮れてラッキーでした。

しかし、時刻は17時半を過ぎており、露出が落ちてきていることは明らかでした。太陽のある方向を見ると、明らかに高度が低くなっています。

カシオペアが来るまでまだ時間がありますし、感度および露出を再度調整して待つことにしました。昔のフィルムカメラだったら現像が仕上がるまで結果確認できないですし、すぐに確認できるのもデジタルならではの強みです。

中央線の列車・1

今日は午前中、LUMBERJACKレンタルBOX虫メンテに行ってきました。菌糸詰めは早くてGW頃になりそうです。

 

E233系中央特快
昨日の信州カシオペア撮影では列車撮影の合間に様々な列車を撮影しました。前哨戦および露出確認もありますが。フィルム時代は残数を気にしなければなりませんでしたが、今はデジタル時代なのでカード容量の範囲内ならフィルムと比べ物にならないぐらい沢山撮影ができます。

まずはE233系の中央特快1593T高尾行きです。10両固定編成で、2023年度末のグリーン車連結後は12両固定編成となります。10両の平屋編成を撮れるのは長くてあと2年以内でしょうか。

 

E353系特急「あずさ41号」
続いてはE353系特急「あずさ41号」です。3月改正で12両編成で運転する列車が減り、9両編成が多くなりました。コロナ禍による需要減の影響でしょうか。多客時に増結する可能性はないのでしょうか。

この時はすでに17時30分近くを回っていました。段々露出が落ちてくるのは当然で、確認しながら待ちました。
 

左沢線キハ101

今日は34年前、国鉄が115年の歴史に幕を閉じた日でもあります。国鉄が国の公共企業体「日本国有鉄道」として発足したのは1949年ですから38年間続いたことになります。今のJRグループは政府出資の特殊会社なのです。

JRグループも私鉄に含まれてもおかしくはないのですが、歴史的経緯から私鉄にはJRグループは含まれないのが一般的です。

 


※キハ101形左沢線/奥羽本線山形駅にて

ホテルを9時15分ごろにチェックアウトし、山形駅へ向かいました。改札を通り、ホームに入ると、もう左沢線の列車は待機していました。これから左沢線に乗ります。左沢線に乗るのは2004年が初めてで、2005年、2012年に引き続き4回目です。

キハ101に乗るのもすっかり当たり前になりました。1993年12月に投入されてから20年近くになりますが、古さを感じさせていません。

左沢線専用なので、全検での回送以外、長距離を走ることはないからなのでしょう。このキハ101にはトイレがありません。山形から左沢まで概ね45分程度なので、JR側としてはトイレは不要と判断したのでしょう。ですから、乗る前にトイレは済ませておくことをおすすめします。

9時31分、定刻通りに山形駅を発車しました。

山形へ-2

今日は黄砂の影響で雲多目の天気でした。東京へ飛来するのは10年ぶりだそうです。お昼に桜の花の写真を撮ろうと思ったのですが、日中シンクロ撮影でもフラットな写真になりがちなので止めておきました。

 


※485系快速「あいづライナー6号」/磐越西線会津若松駅にて

約1時間10分で会津若松に到着しました。一旦改札を出て、券売機にて指定席券及びみどりの窓口で左沢までの乗車券を買いました

再び改札をくぐり、これから快速「あいづライナー6号」に乗って郡山へ、郡山からは新幹線で山形です。すでに快速「あいづライナー6号」は1番線で待機していました。

485系は元東武直通車で、トレインマーク部は埋められています。カラーリングも東武スペーシアにイメージを合わせたのでしょう。

 


※八重の桜/磐越西線会津若松駅にて

NHKで大河ドラマ「八重の桜」を放映しているので、番組宣伝を兼ねて側面にステッカーが貼り付けてありました。17時12分、定刻通りに会津若松駅を発車しました。

 


※E3系「つばさ147号」/山形新幹線山形駅にて

約1時間で郡山に到着、「つばさ147号」に乗り換えです。福島で「やまびこ147号」と分割した後は在来線に乗り入れ、19時55分に山形に到着しました。

E3系でもツリ目になっていない1000番台です。L51編成ですから、1999年の新庄延伸時に作られた編成と分かります。E3系でも1000番台は3編成しかないので少数派です。

ですが、塗装を除けば基本番台とほぼ同じ先頭形状なので、翌春に秋田用が引退した後は基本番台の面影を伝える数少ない車両となるでしょう。

改札を出た後はみどりの窓口で帰りの乗車券を買い、ホテルへ向かいました。

七夕の珍客

今日は週1の出社日でした。次回は24日、水曜日となります。

2013年6月の東北本線の記事を移し終えたので、7月の七夕SLすれ違いを移します。すれ違いを狙って撮るのは難しく、2015年に地上戦で撮れました。

 

2013年も7月7日の七夕にSL2往復運転・すれ違いがあり、久しぶりにD51を撮影できるので上越線へ撮影に行ってきました。

新幹線で上毛高原駅へ行き、バスに乗り換えて小松バス停で下車しました。上の方へ山道を歩くと上越線の踏切に出られました。すでに2,3人のファンが待ち構えていましたが、場所確保できました。

 


※485系「華」/上越線後閑~上牧間にて

しばらくして見慣れない電車が来たので撮影しました。485系のジョイフルトレイン「華」で、時刻表に運転時刻が載っていないことから、団体臨時列車のようです。

 


※115系普通列車/上越線後閑~上牧間にて

1時間後に115系普通列車が来ました。新潟地区ではE129系への置き換えが決まり、高崎支社の115系もいつかはJR型に置き換えられるかもしれないので、記録として撮影しました。

SL通過前に思わぬ“珍客”がきて、七夕のサプライズとなりました。

2日目の「SL仙台宮城DC号」

今日は昨日より気温が上昇して初夏並みの陽気となりました。しかしながら、今はまだ3月半ば。スギ花粉飛散はピーク最中です。

 


先日と同じ国府多賀城駅に到着、先行の普通列車2本で構図確認を兼ねて前哨戦としながらSLを待ちました。

 


※SL快速「SL仙台宮城DC号」/東北本線陸前山王~国府多賀城間にて

今度は300mm望遠にてアップで狙うことにしました。ところが、直前の電車で来て、前に出て後ろで撮っている人のことを考えずに撮ろうとした輩がいたことです。40分ぐらい前から構図を決め、待っていたのに、そのことを考えなかったことです。SL撮影時の場所取りは基本的に早いもの勝ちで、おかげで微妙に構図をずらさずをえませんでした。

 


※E721系+701系普通列車/東北本線鹿島台~松山町間にて

後続の電車で鹿島台へ行きました。30分ぐらいの余裕がありましたが、とても地上から撮れる場所はありません。そこで、道路橋から発車を撮影することにしました。

まずは先行の普通列車で構図確認を兼ねて撮影しました。

 


※SL快速「SL仙台宮城DC号」/東北本線鹿島台~松山町間にて

ここで15分程度停車するので、後続の電車に抜かれた後、15時26分、定刻通りに発車しました。

撮影終了後は後続の電車で小牛田へ向かいました。