C61「SLぐんまみなかみ」

2泊3日の新潟遠征を終え、19時前に帰ってきました。新潟遠征の成果はコクワガタ1♂2♀、ノコギリクワガタ2♂、オオクワガタ1♀で、福島県に続いて新潟県にもオオクワガタ採集実績を残すことができました。6年ぶりのリベンジを果たしたことになります。

あとは、本命の…青森県産ですね!!南東北と北東北産の違いも見てみたいです。南東北産の代表を福島県産とするならば、北東北産の代表は青森県産といったところでしょうか。ただし、青森県産は採集が難しいです。

 


※SL快速「SLぐんまみなかみ」/上越線上牧~水上館にて

最終日はまっすぐ東京へ帰らず、一旦水上に寄ってSL撮影をしました。越後中里~水上間は列車本数が少ないですが、ちょうど9時台に土休日のみ延長運転があり、9時54分発の普通電車で越後湯沢を発ちました。

10時32分に到着、撮影に不要な荷物を預けてから撮影地へ向かいました。途中、雨に降られながらも40分で到着。

昼前に「SLぐんまみなかみ」が通過しました。

 


※211系普通738M高崎行/上越線水上~上牧間にて

SLが去った直後に211系の普通が通過しました。ダイヤが変わっており、被る危険性が高まっています。次回以降はこの撮影地を外すことも考えないといけませんね。

 


駅へ戻り、昼食後はSL広場で休憩中のSLを撮りました。本日の牽引機はC61でした。

 


SL広場ではいつの間にか、D51がきれいになっていました。昨秋の社員旅行で2日目に「四季島」を撮りに行った時は、色褪せていたような気がします。

 


※SL快速「SLぐんまみなかみ」/上越線水上駅にて

15時近くまで駅の待合室で休憩した後は三脚で確保した場所へ戻りました。カメラをセットしてスタンバイ。

15時20分、SLは水上駅を発車しました。撮影終了後は荷物を引き取り、バスで上毛高原駅に出てから新幹線で東京へ帰りました。

秘境駅・男鹿高原駅にて

福島遠征2日目は秘境駅の男鹿高原駅を訪問しました。テレビで紹介されており、電車は1~2時間に1本程度なので、訪問してみたかったです。

実際に訪問してみると、周辺には何にもなく、緊急用のヘリポートがあるのみです。人家もないようなところになんで駅を作ったんだろう?と首をかしげるぐらいです。1日の乗降人員は1人いるかいないかで、ものずきな鉄ぐらいでしょうね。

 


※500系特急「リバティ会津132号」/野岩鉄道会津鬼怒川線会津高原尾瀬口~男鹿高原駅にて

まずは「リバティ会津132号」を撮影しました。基本的に野岩鉄道線内はほとんどが各駅に停車しますが、夜の1本を除いて通過します。

明日の帰りに乗るのがこの「リバティ会津」です。

 


1時間以上後には6050系の普通列車です。2017年4月の500系「リバティ」デビュー前は快速または区間快速として浅草まで運転されていましたが、今は南栗橋以北での運用となっています。

車番から東武車で5桁ナンバーで下3桁が100番は野岩鉄道所有車、200番が会津鉄道所有者です。100番台と200番台は書類上は東武鉄道からの譲受扱いとなっています。

車体更新または新造から30年以上が経過していますが、代替車の話がいつ聞こえてもおかしくはありません。車体更新車は6000系としての新造から足回りは50年以上が経過しています。

撮れるうちに撮っておいて、のちに貴重なワンカットとなるのは間違いないでしょう。

12年ぶりの俯瞰ポイントにて

今日は関西で緊急事態宣言が解除されましたが、首都圏と北海道は継続となりました。来週28日に解除の可否を判断するそうです。最後に出勤したのが4月24日ですから、もう1か月近く会社に行っておらず、ずっとテレワークです。

今日から数日間は2013年5月18日の水上遠征です。この年のGW中には5月4日にも行ってましたが、新緑が芽吹いたばかりなので、2週間後にまた行ったことになります。

 


※115系普通列車731M/上越線上牧~水上間にて

 


※115系普通列車748M/上越線上牧~水上間にて

18日は「レトロみなかみ」撮影で上越線に行きました。GW連休中の4日はまだ新緑が開ききっていない状況でしたので、そろそろだろう…と思ったのです。

今回も「Maxとき・たにがわ311号」で上毛高原へ向かい、バスに乗り換え。諏訪神社前バス停で下車し、諏訪峡大橋を渡った後は俯瞰ポイントへ行くための山道を探しました。

前回俯瞰撮影したのは2001年5月4日で、もう12年になります。当時の記憶を頼りに山道を見つけ、10分程度登りました。

12年前に撮った時は山道から撮ったのですが、当時のポイントは木々が伸びてしまい撮れなくなってしましました。

山道の終点付近で開けた場所が残っており、先客が1人いましたが、場所確保できました。場所が狭く、少し危険なので最高で3人が限度でしょうか。

まずは115系普通列車で前哨戦として試し撮りをし、上りの高崎行き738Mを撮った後はレンズ交換してSLを待ちました。

逆光の安中駅発車

今日は「母の日」なので、夕食にDASHカレーを作りました。このカレーを作るのは2度目で、大分慣れてきました。ただ1つ課題といえば、スープストックを作る際、沸騰後の蒸発分とアク取りによる減少分も頭に入れておくべきでした。

基本的にはいつもおふくろが作っているものを踏襲していますが、野菜の皮は剥いた後、すぐに捨てずに出汁取りに使いました。

レシピは日テレ内の「ザ!鉄腕!!DASH!!!」の公式サイトにありますので、ご参照ください。

 


※115系普通列車/信越本線安中駅にて

安中駅到着後、3月の時と同じ場所にて「SL碓氷」を待つことにしました。まずは先行の115系普通列車で前哨戦です。

ご覧のとおり、ど逆光です。。。3月の時はこの時間、太陽が低かったためか、同じ逆光でもメリハリがあったのですが。

 


※SL快速「SL碓氷」/信越本線安中駅にて

15時46分に到着、8分停車した後に発車です。同じ逆光でも、3月の時とはまるで光線状態が違いますねぇ…。やはり、冬の時が立体感があります。

撮影後は高崎駅から新幹線に乗り継いで帰京しました。

横川駅にて

今日もテレワークで在宅勤務でした。前職だったらテレワーク環境が整っていないため、月末までそのまま休業だったということになるでしょうね。

しかし、ディスプレイのトラブルは未だ原因が特定できていません。USBケーブルを差し込むと、外付けHDDに対する操作を要求されるため、デバイスを認識できていないのかも知れません。昔はPCがひとたびトラブると、復旧まで3日かかったことがありました。

 


※快速「DLレトロ碓氷」/信越本線横川駅にて

後続の電車で横川駅に着いたのがお昼近い時間でした。本来ならすぐにでも昼食にしたいところですが、一度改札を出ると、再入場するには入場券が必要なので、撮影してから出ることにしました。

まずはDL側からです。いつ、211系が転入してくるかわからないので、今のうちに115系電車との並びを撮りました。

 


※SL快速「SLレトロ碓氷」/信越本線横川駅にて

反対側にも回ってSL側も撮りました。ヘッドマークのデザインは先月と変わっていません。逆光のうえ、SLが黒いので露出補正には苦労し、なんとか意地で撮影しました。

撮影終了後は改札を出て昼食タイムにしました。

新緑と妙義山バックの「DLレトロ碓氷」

GW明けと同時に国による緊急事態宣言の延長初日を迎えました。今日は出勤者が連休前よりも多かったようですが、テレワークで在宅勤務でした。しかし、朝からトラブルに見舞われ、午前中はトラブルシューティングしながらとなりました。

しかしながら、原因は特定できないものがあり、引き続き解決策を模索するしかありません。

2013年GW初日は横川へ行って来ました。来年のGW明けで旧ブログを廃止すると、HTML化する前に消えてしまうことが想定されるので、再掲という形での報告となります。

 


※快速「DLレトロ碓氷」/信越本線松井田~西松井田間にて

GW初日は信越本線へ「DL/SLレトロ碓氷」の撮影に行ってきました。D51が全検のため、6月まではC61だけで日程をこなしていますが、D51のボイラを使用していてパワーはあるのに、2軸従台車による軽軸重(D51は14.63t、C57は13.96t、C61は13.7t)が災いして急勾配を上れないため、横川行きはDLが牽引します。

高崎線で高崎まで行き、信越線に乗り換えて1駅手前の西松井田で下車しました。

新緑が美しい季節なので、松井田方へ戻って鉄橋を渡るところに狙いをつけました。丁度、妙義山も見えます。

カメラをセットしてスタンバイ。予想通過時刻は10時35分ごろと読んでいましたが、なかなか来ません。まだか、まだか…!と気をもみつつ、やっと通過してきました。客車編成が6両なので、全編成は入りませんでした。

 


※快速「DLレトロ碓氷」/信越本線松井田~西松井田間にて

カメラを右に振って撮影したところ、全編成が入りました。スピードが遅かったのも幸いでした。

撮影後は後続の電車に乗って横川駅へ向かいました。

115系普通列車

今日もテレワーク勤務で、累計4日目です。寒気の影響で大気の状態が不安定で夕方には雷雨にもなりました。

明日は祝日でお休みですが、家で仕事をしていると曜日感覚が分からなくなってきています。

 


※115系普通列車731M/上越線後閑~上牧間にて

上毛高原駅から後閑駅方向へ歩いて25分程度で撮影地に着きました。新緑はまだ出始めたばかりの状態で、桜は木によっては散ったか、まだ咲いている状況でした。個体差がある様です。

築堤の下に八重桜が咲いているので、木々を配置して構図作成しました。

前哨戦として先行の115系普通列車を撮影しました。4両編成なので無理なく入りましたが、次に来る本命の「SLレトロみなかみ」は機関車と客車で7両になります。

C61はD51やC57とほぼ同サイズの大型機関車のため、客車1両分とほぼ同等の長さになります。
改めて撮影結果を確認すると、SL列車の編成全体が収まりきれるか?疑問に思えたので、ズームを少し後退してSLを待つことにしました。

雨中の「SL湯けむりDC号」

今日は会社にてテレワークの準備としてリモートPC設定をしました。インターネット経由で会社のPCと接続するものです。

ま、遠隔操作ですね。誰も触っていないのにひとりでにマウスポインタ―が動いたり、ウィンドウが開くのは透明人間が動かしているみたいで不気味ですが。早ければ来週前半からテレワークで自宅勤務で、昨日よりは出勤者が減っていました。

 


※SL快速「SL湯けむりDC号」/陸羽東線中山平温泉~鳴子温泉間

翌日は雨模様となりました。上り列車のダイヤに注目してみると、鳴子温泉駅で1時間以上停車するため、列車利用組でも追い抜いてもう1回撮影が可能なことが分かります。

ところが、宿泊地の中山平温泉から新庄方面は7時台の後、10時台まで列車がありません。

列車の発車時刻が宿の朝食開始時間と重なるため、レンタサイクルで堺田へ行ければ何とかなると思いましたが、冬季休業期間中で再開は20日頃なので利用できないことが判明しました。

そこで苦肉の策として、下り込みで煙が撮れないことを承知の上で、鉄橋を横がちに撮ることにしました。残雪も多く取り込めますし。
10時過ぎ、「SL湯けむりDC号」が絶気運転で軽やかに18.2‰勾配を下っていきました。

 


※キハ110系ローカル/陸羽東線中山平温泉~鳴子温泉間

鳴子温泉でSLとキハ110ローカルが交換するので、しばらく待つことにしました。

SL運転に伴う時刻変更で、10時17分ごろにキハ110のローカルが来ました。橋梁のガータースパンが短いのか、概ね25m前後しか画面に入りません。杉の木で隠せただけマシといえるでしょう。

撮影後は撤収し、宿に預けておいた荷物を引き取り、後続の列車で小牛田方面へ向かいました。

中山平温泉にて

会社ではテレワークの準備が進み、出勤者が日に日に少なくなってきています。新型コロナウイルス感染対策の一環ですが、来年に延期となったオリンピックの混雑対策にもなるでしょう。実際、上司に通勤時の混雑度はどれくらい?と聞かれた時は「60%ぐらい」と答えました。

座席の埋まり具合やつり革につかまっている人の数からですが、「座席が全部埋まっていれば30%、つり革全部で70%なので、座席もつり革も全部埋まっていれば100%」と教えたら目安があるんですね!と驚かれました。

赤倉温泉駅前の駅前食堂で昼食後、13時43分(所定は13時37分で、SL運転のために時刻変更)の列車で今夜の宿泊地となる中山平温泉へ向かいました。

下車して踏切を渡ると、駅から徒歩3分で宿に到着です。駅のすぐそばですが、線路を挟んでいるため、踏切を渡る必要があります。いくら本数が少ないからといって、線路横断はご法度ですから!

 


※キハ110ローカル/陸羽東線鳴子温泉~中山平温泉間にて

宿にチェックイン後、15時前には外に出て、小牛田方2つ目の踏切でキハ110ローカルを撮影しました。

 


※C58 356/中山平温泉駅前

駅前にはC58 356号機が保存されていますが、状態はかなり悪いです。2008年以降、ほぼ毎年来ていますが、来るたびに日に日に朽ちていくのが分かります。

ヘッドライトは変な方向に曲がっていますが、冬の間に積もった雪の重みでしょう。

手入れもされず、廃車後40年以上も放置当然でしたから、解体撤去してほしいところですが、自治体の財政状況から難しいでしょう。

撮影後は宿に戻りました。

新札幌にて・4

昨夜までの雨とうってかわって晴れて気温も上がりました。アメブロ廃止作業にて、ようやく2014年分の写真が準備できました。しかし、これですぐに記事を移せる訳ではありません。

著作権表記の消去作業があり、この後にアップロードし、記事をインポートして移す作業に入れるのです。着手は早くて週末で、GWごろまでには2014年分を終えられるでしょう。

 


※733系普通列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて733系の普通列車が通過したので撮影しました。札沼線の電化で投入された新型通勤電車ですが、外観上は731系とほとんどそっくりです。側面がビートレスで平滑になっているので、見分けるのは容易です。

ただし、アルミ車体の735系とはほとんど見分けがつかず、車両番号や編成番号で見分けるしかありません。

 


※DF200貨物列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

11時近く、2本目のDF200貨物列車が通過しました。この日撮影したDF200貨物列車は2本ともほとんどコンテナ満載でした。

 


※寝台特急「北斗星」/千歳線上野幌~新札幌間にて

トリは寝台特急「北斗星」です。昨年3月に撮影した時はヘッドマークが極端に傾いていましたが、今回はちゃんと?水平に取り付けられていました。

撮影後は撤収し、快速「エアポート111号」で札幌へ戻りました。