新札幌にて・4

昨夜までの雨とうってかわって晴れて気温も上がりました。アメブロ廃止作業にて、ようやく2014年分の写真が準備できました。しかし、これですぐに記事を移せる訳ではありません。

著作権表記の消去作業があり、この後にアップロードし、記事をインポートして移す作業に入れるのです。着手は早くて週末で、GWごろまでには2014年分を終えられるでしょう。

 


※733系普通列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて733系の普通列車が通過したので撮影しました。札沼線の電化で投入された新型通勤電車ですが、外観上は731系とほとんどそっくりです。側面がビートレスで平滑になっているので、見分けるのは容易です。

ただし、アルミ車体の735系とはほとんど見分けがつかず、車両番号や編成番号で見分けるしかありません。

 


※DF200貨物列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

11時近く、2本目のDF200貨物列車が通過しました。この日撮影したDF200貨物列車は2本ともほとんどコンテナ満載でした。

 


※寝台特急「北斗星」/千歳線上野幌~新札幌間にて

トリは寝台特急「北斗星」です。昨年3月に撮影した時はヘッドマークが極端に傾いていましたが、今回はちゃんと?水平に取り付けられていました。

撮影後は撤収し、快速「エアポート111号」で札幌へ戻りました。

新札幌にて・2

週明けはすっきりしない天気でした。タレントの志村けんさんが新型コロナウイルスにより亡くなられました。小学生の頃は「8時だヨ!全員集合」でよく笑わせてくれました。近年はバカ殿様やだいじょうぶだぁでよく見ていましたが、もうお笑いコントを見ることはできません。

最期は日本中のファンに新型コロナウイルスの恐ろしさを身をもって教えてくれました。これにてザ・ドリフターズのメンバーは3人に減少しましたが、最後の1人が死去することによる自然消滅という形を取るため、解散宣言は今も出されていません。この場を借りてご冥福をお祈りします。

 


※寝台特急「トワイライトエクスプレス」(団臨)/千歳線上野幌~新札幌間にて

2本目の寝台列車は大阪からの寝台特急「トワイライトエクスプレス」です。ヘッドマークがないぞ!?と思ったのですが、団体臨時列車だった模様です。時刻表で調べたら、この日は運転日ではなかったのですが、時に団体臨時列車として走ることがあるそうです。計画する前にきちんと運転日を調べておくべきでした。

ですが、ヘッドマークがない寝台特急は、国鉄時代の一時期、東京口のブルトレを除いて全国的にヘッドマークが廃止された時代を思い起こさせてくれます。

 


※785系L特急「すずらん1号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて撮影したのは室蘭からの785系「すずらん1号」です。1990年に製造されてから20年以上が経過し、2015年度の北海道新幹線開通で函館地区から789系が転入してくると置き換えられるのは必至ですから、今のうちに撮影しました。

 


※731系普通列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

すでに札幌圏での通勤列車の主力となった731系です。デビュー同時は北海道初のデッキ無・オールロングシート車で賛否両論を呼びましたが、現在では定着しています。寒さ対策として、乗降扉付近にエアカーテンが設置されているのも、酷寒地ならではの寒さ対策でしょう。

すでにこの時点で10時近くを回っていました。

新札幌にて・1

今日は寒の戻りで雪が降りました。3月下旬以降で東京の積雪は1988年以来32年ぶりです。桜の花と雪の組み合わせは滅多に見られません。

翌朝7時過ぎに起き、朝食後は8時過ぎにチェックアウトしました。8時40分発の快速「エアポート84号」に乗り、新札幌へ向かいました。10分足らずで到着、あとは上野幌方へ撮影地に向けて歩きました。

札幌都市圏の副都心として発展著しい新札幌駅周辺ですが、上野幌方へ20分歩いただけでまだ自然が残っているところへ出られるのです。さすが、北海道はでっかいどう…とまではいきませんがw

 


※721系快速「エアポート85号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

すでに先客がいましたが、それでも撮影場所は余裕を持って決めることができました。まずは721系の快速「エアポート85号」です。

 


※寝台特急「カシオペア」/千歳線上野幌~新札幌間にて

次のターゲットは寝台特急「カシオペア」です。ところが通過予定時刻になってもきません。数分遅れて遠くにやっとDD51のヘッドライトが見えてきましたが…

反対側から731系の普通列車がきました。このままでは被られてしまう…!と危惧しましたが、辛うじて撮影できました。

ダイヤ過密区間では、被られてしまう危険が常につきまとうものですね。

 


※キハ261系特急「スーパーとかち2号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

次は帯広からの「スーパーとかち2号」です。石勝線の特急では、この列車が一番最初に札幌へ到着します。

 


※キハ183系特急「北斗8号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

反対側からはキハ183系の特急「北斗8号」が加速していき、排気ガスを残して走り去っていきました。

キハ183系の特急「北斗」は4往復しかないうえ、5号の到着は12時59分なので、2泊にしない限り撮影は不可ですね。。。

撮影のトリとなる「北斗星」までまだ1時間以上もあるので、この後も同じような写真を量産することになるのでありました。

2013年冬の北海道遠征【7】夜間撮影

週明けは寒の戻りでのスタートとなりました。昨日のコクワガタに続き他のドルクス族クワガタを起こすのは週末からになりそうですが、昨秋に友人から送って貰ったオオクワガタのP.Nも考えなくてはいけません。

ちょうどGF(仮)にて、聖櫻学園通信Vol.42で新しいガールが4名発表されたこともあり、彼女達の名前を付けるのもありかもしれません。

覚えている限りでは2016年春の真白透子以来、4年ぶりで主人公のもう1人の幼馴染ではないかと囁かれています。新しい女の子が登場するのは嬉しいですけどね。

しかし、現在は名前とキャラ概要が発表されただけで、性格などは明らかになっていません。現時点では30mm前後の♀には低身長ガールの名前でいく方向です。

 


※キハ40回送(左)/函館本線札幌~苗穂間にて

21時半近くになると、急行「はまなす」の夜間撮影にチャレンジすべく、苗穂に行きました。苗穂駅から札幌方へ歩いた踏切で、急行「はまなす」を待ちました。
まずはキハ40の回送で前哨戦です。札沼線または函館本線(山線)等で運用されて、ねぐらの苗穂へ帰る途中でしょう。

 


※789系L特急「スーパーカムイ45号」/函館本線札幌~苗穂間にて

続いては789系「スーパーカムイ45号」です。ところが、AFが不意に作動しない様にセットしたつもりですが。。。急行「はまなす」が通過してさあ、来たぞ!とシャッターを押した途端にAFが作動してしまい、見る鉄になってしまいました。

後に確認したら、きちんと設定されなかったのが原因でした。ホテルに戻った後は、シャワーを浴びて寝床につきました。

新旧踊り子

3連休中日は藤沢へ新旧「踊り子」を撮りに行きました。14日のダイヤ改正でE261系「サフィール踊り子」デビューと同時にE257系の「踊り子」転用が始まりました。来春までに残る185系を置き換えるので、新旧両方が見られるのは1年間の期間限定です。

 


※E233系普通1860E籠原行き/東海道本線藤沢~大船間にて

まずはE233系の普通列車で試し撮りです。LEDが切れてしまいましたが、列車番号と時刻表を照合した結果、上野東京ライン直通と分かりました。

 


※185系特急「踊り子2号」/東海道本線藤沢~大船間にて

暫くして185系「踊り子」が来ました。土休日運転の予定臨時列車で7両編成です。今改正で200番台による7両編成の定期運用はなくなりましたが、臨時列車ではまだ残っています。

修善寺発は日曜日運転なので、これを連結した12両編成を狙うなら日曜日に撮るしかありません。7両だとちょっともの足りなく感じます…

 


※E257系特急「踊り子4号」/東海道本線藤沢~大船間にて

11時50分ごろ、E257系「踊り子」が通過しました。一方で反対側から普通列車も近づきつつあり、被られないかヒヤヒヤものでした。

中央線特急の中古をリニューアルしたので、「あずさ」「かいじ」に使われていた頃とは塗色が変わっています。

また、貫通先頭車には付属編成の2500番台との連結に備えて幌が装着されています。ただし、2500番台はまだ登場しておらず、修善寺発着列車に着いてはまだ不透明な部分があります。

今回がE257系「踊り子」のファーストカットとなりましたが、リニューアル工事を受けたことで今後20年程度は安泰といえるでしょう。

20年後、老朽化して置き換えが決まった場合、その頃には自分は60代、新たな車両が製造されるのか注目することになるでしょう。

強風の3連休初日

3連休初日はE257系の臨時「あずさ」が運転されるので、日野の多摩川河川敷へ行ってきました。

1時間近くかかって撮影地に到着し、特急「あずさ87号」の通過予想時刻には余裕がありましたが…

 


※E257系回送/中央本線立川~日野間にて

なぜか所定より数分早く通過してきました。しかも誰も乗っていない…これは回送だと確信しました。コロナ騒ぎによる運休情報はなかった筈でしたが…?調べてみると、強風の影響で高尾~小淵沢間で運転見合わせがあったそうです。

1年ぶりに武田菱塗装のE257系を見られましたが、次回運転日は5月2~4日です。

 


E233系の快速はほぼ通常どおりでした。一部が大月まで行きますが、大半は高尾発着なのでたいした影響はなかったのでしょうか。

 


※E353系特急「かいじ15号」/中央本線立川~日野間にて

定刻より50分以上遅れて「かいじ15号」が来ました。運転再開したものの、最大83分の遅れがでていました。

E257系幕張車の「富士回遊91号」は運休になったようなので、この後は撮影を切り上げて帰宅しました。

2013年北海道・東北避花粉編【7】1時間遅れの「トワイライトエクスプレス」

明日は燃えるゴミ収集日なので、今夜のうちに越冬個体の餌交換をしておきました。冬眠中は基本的に餌は食べないので、保湿用に入れています。暖かい日に食べることもありますが、いつになるか分からないので2~3週間に一度交換としています。次回交換は啓蟄(2020年は3月5日)、春分になったら起こす予定です。

 


※キハ283系特急「スーパーおおぞら2号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

釧路からの一番列車となる特急「スーパーおおぞら2号」が通過しました。白石駅等でのポイント除雪が終わったのか、抑止はなく雪煙が撮れました。

2011年の石勝線トンネル火災以来、一部列車が多客時を除いてグリーン車無のモノクラス編成になっていますが、雪煙で編成後部が隠れるため、短編成でも迫力あるカットになるものですね。

 


※721系快速「エアポート」/千歳線上野幌~新札幌間にて

3本目の快速「エアポート」です。この日は789系の快速「エアポート」を1本も見ませんでした。ダイヤ乱れのため、間引きされているのは旭川、小樽方面のようで、札幌折り返しとすることによってダイヤ回復を図っていたのでしょう。

 


※寝台特急「トワイライトエクスプレス」/千歳線上野幌~新札幌間にて

11時を回ったころ、やっと大阪からの寝台特急「トワイライトエクスプレス」が来ました。駅では1時間10分程度遅れていると告知されていたので、何時ころに来るかの予想はできました。

この後、寝台特急「北斗星」を待ったのですが、20分過ぎても来なかったのと、帰りの列車時刻が迫ってきたので、撮影を断念して新札幌駅に戻りました。
ところが、駅に戻るとダイヤ乱れのため、いつ列車が来るかわからない状況だったので、地下鉄経由で札幌へ戻りました。

2013年北海道・東北避花粉編【6】ダイヤ乱れの最中で…

アメブロ廃止作業の一環で、2015年7~9月分の写真準備が終わりました。あとは著作権表記の消去です。表記の消去が終わり次第、サーバーへアップロードします。すでにアメブロの記事は1,300件程度に減少、段々寂しくなってきていることが実感できます。

 


※733系普通列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

快速「エアポート」に続いて733系の普通列車が来ました。外観上は731系、735系とよく似ているので、編成番号に注意しないと見分けにくいです。

幸い、731系は赤帯があり、側面はビートプレス加工されているので見分けがつきますが、735系との見分けは側面の帯の有無および編成番号しかありません。735系はA番、733系はB番が使われています。

 


※721系快速「エアポート」/千歳線上野幌~新札幌間にて

2本目の快速「エアポート」です。暴風雪によるダイヤ乱れで間引きとなっているため、この日撮影できた快速「エアポート」は全て721系でした。

 


※DF200貨物列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

2本目のDF200貨物列車です。歩くようなスピードで来て、手前で停車してしまいました。白石駅等でポイント除雪のために抑止を食らった列車があり、列車間隔が詰まったために一旦停車となり、しばらくして動き出しました。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗1号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

函館からの「スーパー北斗1号」です。先頭は試作車でした。この列車も一旦停車した後、しばらくして動き出しました。

つづく。。。

2013年北海道・東北避花粉編【5】暴風雪の新札幌にて

新天皇誕生日を含む3連休が明け、通勤で利用している小田急線が人身事故でダイヤ乱れのため、旧経路だった京王での振替で出勤しました。30年かかった小田急線の複々線化が完成する前は京王で通勤していましたが、新宿へ近づくとすし詰め状態でした。おまけに新宿まで急行でも50分かかりましたが、遅れは日常茶飯事でした。

ところが…!小田急線複々線化の影響が出ており、以前ほどの混雑ではなくなりました。これは小田急へ移った定期客がいるのです。移った分、混雑率が下がっても朝は遅いのは変わりませんが。

 


※寝台特急「カシオペア」/千歳線上野幌~新札幌間にて

翌朝5時に起きて、早朝到着の急行「はまなす」を撮るべく、苗穂駅近くに行きました。雪は降っていますが、6時近くになると夜が明け、明るくなりました。しかし、通過予定時間になっても来ません…。40分近く待っても来なかったので撮影を諦めて撤収し、ホテルに戻りました。

朝食後は8時15分頃にチェックアウトし、快速「エアポート」に乗って新札幌へ向かいました。しかし、暴風雪でダイヤが乱れており、9時近くにやっと着きました。

下車後、20分歩いて撮影地に到着。三脚とカメラをセットして待ちました。定刻より10分程度遅れて寝台特急「カシオペア」が雪煙を巻き上げて通過しました。

後に、社内報の表紙写真に採用されるとは思ってもいなかったことでしょう。

 


※DF200牽引高速貨物/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて、DF200牽引の高速貨物が通過しました。こちらもパウダースノーを巻き上げていきました。

 


※721系快速「エアポート」/千歳線上野幌~新札幌間にて

暴風雪でダイヤが乱れており、一部の快速「エアポート」が間引き運転されています。よって、「エアポート○○号」の号数を省略させていただきます。

貨物の次に快速「エアポート」が通過しました。この暴風雪で飛行機は欠航になってしまいましたが、それでも地元客中心に利用客が多かったではないでしょうか?

この後も、暴風雪の中を1時間以上待って色々な列車を撮影しました。

2013年北海道・東北避花粉編【3】上野幌にて

今日は令和初の天皇誕生日で、天皇陛下は60歳になられました。新型コロナウイルス感染対策の観点から、一般参賀は中止になりました。
平成の時も即位後初の天皇誕生日一般参賀は昭和天皇の服喪中のため、中止になっています。

 


※721系普通列車/千歳線上野幌~西の里(信)間

ホテルにチェックインした後、16時25分ごろには上野幌に行きました。「お立ち台通信No.8」でのガイドを頼りに行きましたが、初めてのうえ、雪が積もっているので、なかなか目星がつきにくかったです。

まずは721系普通列車で流し撮りにチャレンジしましたが、失敗しました。

ここじゃなかったかな?と迷っているうちにキハ183系の特急「北斗11号」を逃してしまいました。

 


※寝台特急「北斗星」/千歳線上野幌~西の里(信)間

寝台特急「北斗星」まで数分しかなく、築堤を撮れるポイントを探し当てて待ちました。

17時29分ごろ、寝台特急「北斗星」が通過しました。シャッタースピードが遅かったので、少し被写体ぶれしましたが、目立っていないのでよしとしましょう。

撮影後は電車で札幌へ戻りました。