灯火トラップ採集準備

もうすぐ梅雨明け…と矢先に週末に台風が接近しつつあります。実際、明日の立川花火大会は中止となりました。

長期予報によると、9月初旬まで残暑が続きそうなので、青森へ2年ぶりの遠征に行こうか…と考え中です。しかし、ライトは手放したので新たなライト入手も考えなければいけません。

青森が本命のオオクワガタ採集地なんですよね。。。福島や新潟より採集は難しいですが。仮に新しいライトを入手しても、職場で休暇前の調整や引継ぎもあります。9月なら、♂が棲み家を変えるために飛ぶことがあり、採集が期待できるかも知れません。本当は♀だけ採れても嬉しいですけどね。特に若い♀が(←オイ!人間の♀は!?)…グフフフ…。

 


この日は友人と採集エリアが隣同士です。それぞれライトを向けえる方向は90度異なっています。

天気予報ではゴールデンタイム予想気温が16度です。この低温で来るのか?データをとるために温度計も持参しました。

19時前ですが、曇っていてもまだ明るいです。セット時、気温はまだ19度ありました…が!!二兎没とともに気温が急に下がることになります。

令和元年

新天皇陛下の即位により、令和時代が幕明けしました。30年前の前回は昭和天皇の崩御によるもので、喪服姿での即位儀式でしたが、今回は天皇の生前退位によるもので、晴れやかなムードでの即位儀式でした。

平成の天皇・皇后陛下は上皇・上皇后となられました。上皇は光格天皇以来202年ぶりで、二重権威回避の観点から、天皇誕生日は2月23日に移動しても「上皇誕生日」は祝日とはなりません。

昭和⇒平成⇒令和と3つの時代を跨ぎました。

令和時代の抱負として、オオクワガタの採集はもちろん変わりませんが、毎年最低1頭は採集できることと、♂の採集、そして本命の青森産採集等、クリアすべき課題は多いといえましょう。

そして旧フィールドでのスジクワガタの26年ぶり再発見も課題です。幹線道路沿いの里山に生息が確認されたのですから、宅地造成で分断されていても、残った雑木林がある程度以上の規模であれば可能性があるからです。

新時代の幕開けと同時に新シーズンも始まります。ただし、実際の夜間採集が始まるのはもう少し後になります。

令和もよろしくお願いします。

平成最終日

いよいよ、今日をもって平成が終わろうとしています。現天皇陛下の退位によるもので、明日からは皇太子殿下に皇位継承され、新天皇陛下に即位されます。現在の天皇陛下は「上皇陛下」となられます。

上皇とは、譲位した天皇に対する尊号で、「太上天皇」の略称でした。光格天皇以来202年ぶりとなる今回は「上皇」が正式名称になります。現在の皇室典範では退位に関する規定がなく終身在位となっているため、明治以来では初めての退位です。

今回の退位は特例法の制定により実現したもので、今上天皇一代限りの時限法です。よって、皇室典範を改正するか、新たに特例法を制定しない限りは次代には適用されません。

平成の30年間を振り返ると、インターネットの普及による情報化社会など、色々なことがありました。社会人生活がスタートしたのも初期のころで、もう25年にもなります。

職業安定所の紹介で就職した会社で、35年前の1984年に現天皇陛下が皇太子時代にご訪問されたことがありました。しかし、就職してから20年以上経った頃、経営状況から将来に不安を覚え、転職を決意し、現在のIT会社に入社しました。
平成最後の晩夏になって女性だけの職場に唯一の男性社員として異動するとは思ってもいなかったことでしょう。

新幹線の延伸等によって夜行列車が次々と廃止され、一部の豪華列車はクルーズトレインへと進化していった時代でもあります。

写真を始めたのも平成初期で、そのおかげで色んな夜行列車をカメラに収め、いまでは貴重なひとコマとなりました。

そして高校時代、ある部活との出会いで、昆虫採集に対する考えも変わり、高校卒業後10年間のブランク期間を経てカブトムシやクワガタ中心に採集や観察、飼育をする様になり、継続しているだけでなく、平成末期になって長年の悲願だったオオクワガタを天然採集することができました。

ですが、学びの地だった高校周辺は入学当初は自然がおおかったものの、東部で区画整理事業が進んでいるのは残念なことです。このままではフィールドが狭まる懸念もあり、スジクワガタ発見を契機に新フィールドを加えて拡大しました。

令和時代のスタートと共に新フィールドでの活動も本格的に始まります。

昭和、平成、そして令和と3つの元号を跨ぎます。

明日から始まる「令和」、どんな時代になるのでしょうか?

新時代へ…

今日は11時30分に政府から新元号が発表されました。

新元号は…

令和

です。

現天皇陛下が退位し、皇太子さまが新天皇に即位される5月1日から「令和元年」がスタートします。

令和の「和」は昭和にも使われており、昭和生まれとしては親しみが持てます。

考えれば、昭和⇒平成⇒令和と3つの時代を生きることになります。

今から93年前の1926年12月25日、大正天皇が崩御し、新元号へ改元する際、現在の毎日新聞社が「光文」と誤報したことがあったそうです(実際は「昭和」に改元)。

昭和から平成に改元した頃はまだ中学生でした。平成時代30年間で中学⇒高校⇒訓練校を経て就職、そして20数年後には転職を経験しました。そして平成最後の晩夏に人事異動で女性だけの職場に異動するとは思ってもいなかったことでしょう。

スジクワガタを家の近所で見つけたのも平成最後の晩夏、現ベースフィールド周辺の区画整理事業が進んできていることも相まって、新フィールドを加えることになりました。
平成時代の終わりとともに15年間の採集活動に区切りをつけることになったのも、何かの因果かもしれません。

新テーマは新時代のスタートとともに始まります。令和時代のスタートとともに。

1か月後に迎える改元後の新時代、どんな時代になるのでしょうか。

 

雨の連休明け

GWが明け、午後からは雨が降り出しました。気温も下がり、肌寒くなったので、今季のオオクワガタ産卵セットはもう少しおあずけです。

 


メールチェックしたら未明に見知らぬメールが来ました。受信時間は4時前です。まだ寝ている時間ですよ…?

ラインIDが記載されていたので、LINEアプリで検索かけてみたら…!!

以前に誘導しようとした業者でした。誘導しようとしたのは間違いなく、覚えています。携帯が使えなくなる理由をつけて誘導する手口です。

誘導先がブログでも騙されてはいけません。閲覧に読者登録が必要で、悪質出会い系サイトに登録させられてしまいます。ブログは偽物なので気をつけましょう。

年々、業者の手口が巧妙化していますので…。

産卵の前兆??

今日でGW連休が終わりました。GW最終日は午後、LUMBERJACKへ行き、レンタルBOX虫メンテをしてきました。

 

ヒメオオクワガタは新たに材の齧り痕が拡大しました。木屑が増えていることから、齧ったのは間違いないです。産卵のためにトンネルを掘り、埋め戻しているとしたら…産卵している可能性は高いです。

しかし、ヒメオオクワガタの産卵は超難しく、初心者にはお勧めできません。

湿度が高く、堅めの材でないと産まないのです。生息地が標高1000M以上の高地で、冬は雪が多量に降り積もることもあります。凍結防止のため、幼虫は芯近くまで潜り込むことから、堅めの材を好むと考えられます。

しかし、堅めの材でも種類によって好みがうるさいらしく、現地でブナ材を拾ってくる人もいます。それでもうまくいかないことも多いので、ショップで売っている材で産卵できるものはないか?と攻略しようとする人も結構多く、自分もその一人です。

堅すぎてもダメ、柔らかいとダメ、これははっきりいって難しいので、経験を積むしかありません。

割りたい気持ちを抑え、あと1~2か月の辛抱です。もし産卵していれば、幼虫が出てくる筈ですからね。

青森産オオクワガタ

いよいよ今日で平成はあと1年となりました。来年の今日は天皇陛下が退位し、翌日から新天皇が即位します。

退位後、現天皇陛下は「上皇陛下」になります。「上皇」は光格天皇が1817年に退位して以来、202年ぶりです。

 

 
昨日、LUMBERJACKから菌糸ボトルごと持ち帰った青森産オオクワガタの羽化新成虫を取り出し、コバエシャッタータイニーへ移しました。

菌糸ボトルごと持ち帰ったのは、菌糸カスをカブトムシの幼虫の餌にするためです。体長を測定したら44.4mm、ぞろ目です(^O^)

 


青森産オオクワガタペアを久しぶりに同居させました。3年目ですし、久しぶりに交尾させないと産卵数が望めないと考えました。

羽化してからそろそろ3年になりますし、そろそろ産卵は厳しくなりそうです。しかし、子供たちが羽化してきているので、引き継いでくれることでしょう。

オオクワガタ幼虫マット交換

今日は午後、LUMBERJACKのレンタルBOX虫メンテに行って来ました。

 

 
まずは営業所で荷物を引き取りました。イークワの新・発酵マット「High effect」です。

 


5頭中2頭は蛹化または蛹室を作っていたので、交換対象は3頭としました。

まず、1頭は確実に♀だったので、800㏄瓶のままとしました。

 

 
続いて取り出し、体重測定したら15gでした。卵巣マークがないことから♂でしょう。

70mmオーバーを目指すには体重が20g超えていれば確実です。まだ体色が白いことから、伸びるでしょうか。

 


2♂1♀となりました。晩夏までに羽化しても、交尾産卵は来春になります。最低でも6か月以上の熟成期間が必要になります。

古マットは捨てず、持ち帰ってカブトムシの幼虫の餌とします。

最終的に羽化サイズはどれくらいになるでしょうか。今シーズンは材飼育も試してみるとしますか。羽化まで2年かかるので、東京オリンピックの年になりそうですね。

続々羽化オオクワガタ

今日は曇天で肌寒い週明けでした。昨日まで初夏並みの暑さだったのが10度以上も急降下しましたから。

LUMBERJACKのレンタルBOXにて一部のオオクワガタが羽化しました。

 

 
最初に取り出したのは素早く動いてなかなか写真を撮らせてくれません。コバエシャッタータイニーサイズに入れました。

 

 
もう1頭はおとなしく撮らせてくれました。今回、取り出したのは2頭とも福島産です。そう、昨夏の遠征時に人生初の天然採集した個体の子供なのです!!

菌糸カスは容器ごと持ち帰り、カブトムシの幼虫の餌にしました。その様子は明日報告します。

今日はタイタニックの日

今日は熊本地震が発生してから2年になります。「警視庁・捜査一課長」の第1話2時間拡大SP放映中で、途中から報道特別番組に差し替えられました。

また、1912年の今日はタイタニック号が氷山と衝突し沈没した日でもあります。

史上最悪の海難事故といわれ、乗客・乗員2224人のうち、1500人以上が犠牲となりました。タイタニック号と衝突した氷山は海上に30Mほど浮かんでいましたが、浮かんでいるのは1/7程度なので、全体は210M以上という計算になります。

15年以上前、映画「タイタニック」が放映された時は衝撃を受けたものです。沈没から106年経っており、生存者は全て故人となりましたが、史上最悪の海難事故を後世に語り継ぎ、忘れてはなりません。

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう