日光鶏めし

夏休みは明日1日を残すのみとなりました。改修中のHPはようやく2017・2018年分の採集・観察日記分ができました。ここまで作るの大変でした…。とはいえ、今シーズンはあと1か月半ありますが。

 


昨年採集し、1か月前に死亡したオオクワガタ♀に戒名を付けました。戒名は「みのり」で、1997~2002年まで長野・高田~新潟間を走っていた特急列車の名前にも使われていましたが、長年の思いが実ったことから命名しました。長年の思いとは、「オオクワガタを自分の手で天然採集したい!」であり、それが昨年の福島遠征で悲願達成したからです。採集当時は飼い虫(?)にペットネームを付ける発想はなく、生前は無名だったので…。

今後、オオクワガタに限らず、飼い虫(?)へのペットネーム命名はドルクス族限定で付ける方針としますが、ノコギリクワガタやミヤマクワガタ、カブトムシといった短命種には命名しません。なぜなら採集したその年に死んでしまうからです。短命種だと名前を付けてすぐ死んだら悲しいやん…(つД`)ノ

 


昼食は売店で買った「日光鶏めし」です。値段は830円です。

 

 
ご飯の上は鶏そぼろと錦糸卵、栃木名物の干瓢・山くらげのたまり漬もあります。

調整元は江戸時代創業で160年近い歴史があり、おすすめの一品です。撮影後はおいしくいただきました。

 


14時過ぎ、北千住駅に到着しました。会津高原尾瀬口駅から3時間近い長旅でした。

この後は千代田線に乗り換え、小田急線直通で帰ってきました。

これにて福島遠征の報告は完結しました。最後までお付き合いありがとうございました。

併結

今日は日中、晴れて暑くなりましたが15時近くに雷雨となりました。大宮のトミックスワールドへ行き、修理品を引き取りに行きました。メーカー側の瑕疵だったので修理費用は0円でした。

「瑕疵担保責任」による無償修理ですね。しかし、この難概念は改正民法では「契約不適合責任」に変わり、売り主の責任はますます重くなるそうです。

 


指定された座席にはすでに人が座っていました。下今市~会津田島間は特急券なしで乗車できますが、座席指定席券を持っている人が来たら譲らなければなりません。指定席券を見せ、座席を譲って貰いました。

下今市まで各駅に停車し、東武日光からの「リバティけごん」到着を待ちます。その間に売店で昼食用の弁当を買いました。

 

 

東武日光からの「リバティけごん」が到着しました。ゆっくりと近づき、直前で一旦停止。

 

 

そして連結!前照灯が消灯され、外扉が開いて幌が連結されます。

 


車内に戻ると、係員が渡り板のセットをしていました。

12時35分、下今市駅を定刻通りに発車しました。ここから特急列車らしい走りっぷりを発揮します。

福島遠征報告はあと1回で完結します。どうぞ、最後までお付き合いよろしくお願いします。

鬼怒川温泉駅にて

今夜も週末の台風によるイベント中止で配布できなかったカブトムシを採集地へ戻しました。戻したのは5♂1♀で、これにて全て戻したことになります。家に残ったカブトムシは今季のブリードに使う1ペアのみです。

 

 
新宿から2時間で鬼怒川温泉駅に到着しました。到着後、一旦隣の鬼怒川公園駅へ回送されます。

 

 
後続の特急「リバティ会津117号」までまだ時間があるので、駅の外に出ました。駅舎は昨年の「SL大樹」運転開始に備えて改装されていました。

時間が近づいたので駅に戻り、野岩鉄道連絡のきっぷを買い、ホームに戻りました。

ようやく確定

今日は雨も降り、気温は30度を下回りました。しかし、3連休は猛暑で5年ぶりに40度のところも出てきそうです。

 


昼休み、スマホにてメール確認したら、ロッジから16日はいっぱいになったと連絡がありました。17日に予約し、ようやく確定しました。有休は当初17日のみの予定でしたが、18日も追加申請する羽目になりました。

前夜の予約時はまだ空きがあったのに、一夜で全部埋まるとは…!!昨年までは考えられなかったことです。

今年は平日でも枠が埋まっている日が多く、天気予報に翻弄されるといったダブルパンチで難しかったです。

あとは東武線直通特急のチケットだけです。今年も新宿から鬼怒川温泉まで「スペーシアきぬがわ」、「リバティ会津」に乗り継いでいきます。帰りは昨年同様、「リバティ会津」でそのまま北千住までです。

福島県はまさにクワガタ王国ですね♪

転車台

今日から8月です。今年も青森遠征の時期がやってきました。青森遠征の目標は…

オオクワガタ採集です!!

2011年から毎年行っていながら、まだ採集できていません。今年になって福島で天然採集できましたが、まだ青森では採集できていません。福島に比べたら、青森でオオクワガタを採集するのは難しいのです。

なぜ、青森にしたのか…?最初に遠征採集に行った当時はまだブルートレインの「あけぼの」「日本海」がまだ走っていて、これらの撮影も同時にできたからなのです。

 


新宿から2時間ほどで鬼怒川温泉に到着しました。JR直通のきっぷはここまでなので、一旦改札を出る必要があります。

駅前には8月10日から運転開始する「SL大樹」の準備として、転車台が設けられていました。何人かの人が見学し、写真に収めていました。

駅前の広場で転車台を間近で見るのは初めてです。しかも駅の真ん前ですよ…?水上駅の場合は駅から徒歩5分ほどのところでしたが。

この先、会津方面の電車に乗るため、ゆっくりはできません。野岩鉄道へのきっぷを買い、ホームに入りました。

特急「きぬ122号」

今日、関東甲信越地方に梅雨明け宣言が出されました。平年より7日遅いです。梅雨が長引いた割には雨量は少なかったです。

 


※100系特急「きぬ122号」/東武鉄道鬼怒川線鬼怒川温泉駅にて

車内清掃を終え、乗車できる様になります。特急「きぬ122号」となり、浅草へ向けて旅立ちます。

 


側面には東武鉄道と台湾鐡路の友好協定記念ステッカーが貼ってありました。

 


荷棚の番号が東武線内専用車であることの証です。東武100系は9本ありますが、このうち3本だけがJR乗り入れ仕様車になっています。つまり、全編成がJRに乗り入れられる訳ではありません。

JR乗り入れ車なら、JRの座席番号附番ルールに従って11A、11B、11C、11Dとなります。

12時15分、特急「きぬ122号」は浅草へ向けて発車しました。浅草までは2時間の旅ですが、地下鉄千代田線に乗り換えて小田急線直通で帰るため、北千住までの乗車です。

特急の旅は快適で、14時05分、北千住に到着しました。千代田線~小田急線直通急行に乗り換えて帰宅しました。

1泊2日の福島遠征は終了し、アカアシ2♀とミヤマ1♂1♀をお土産に持ち帰りました。

鬼怒川温泉駅にて

会津高原尾瀬口駅から約45分で鬼怒川温泉駅に到着しました。ここからは特急に乗り換えです。

 


鬼怒川温泉駅です。ほぼ1日ぶりに戻ってきたことになります(^^;

JR乗り入れを含めた特急の大半が折り返す等、運用の主要駅でもあります。ただし、一部の特急は一駅先の鬼怒川公園まで乗り入れています。

 


※100系特急「きぬ109号」/東武鉄道鬼怒川線鬼怒川温泉駅にて

昼食を買ってホームに戻ると、浅草からの特急「きぬ109号」が到着していました。車内を清掃してから122号となって浅草へ折り返します。

 


有人改札前には鉄道むすめ・鬼怒川みやびのパネルがありました。彼女は東武特急の車掌という設定だそうです。たとえJR直通特急に乗務していたとしても、栗橋までの東武線内だけで、新宿や池袋には来ないのが残念ですがww

池袋には同じ会社の東上線も乗り入れてますけどね。

ICカード北限の駅・新藤原

今日も気温は30度に届かず、夕方の退勤時は涼しい雨が降ったりもしました。

 


新藤原駅は東武鉄道と野岩鉄道の接続駅であると同時に、PASMO北端の駅となっています。この先、野岩鉄道ではPASMO・Suicaが使えないため、そのような案内がされています。

 

新藤原駅
特急ホームは一応ありますが、朝の上り2本だけで、特急のほとんどは鬼怒川公園または鬼怒川温泉駅で折り返します。

来春、新型500系による3社直通の特急がデビューすると、様変わりするのでしょうか。

鬼怒川温泉駅

明日はイベントがあるので、子どもたちにプレゼントするカブトムシの準備をしました。今年はカブトムシの羽化数が少なく、一部は青森産で補充しました。産地ラベルをつけて混同しない様にもしました。

 


下今市から鬼怒川線に入ると、単線で急カーブや急勾配が多くなり、特急もスピードが落ちます。

途中の大桑駅では運転停車して、対向からの浅草行き特急「きぬ122号」と交換しました。

 


新宿から2時間余り、12時38分に鬼怒川温泉駅に到着しました。ここから野岩鉄道直通列車に乗り換えです。30分以上の時間が空いているのと、新宿からの特急券&乗車券はここまでなので、下車します。

下車して昼食時間も取ろうという目論みです(^^;;

 

鬼怒川温泉駅
昼食後は駅舎を撮ったあと、野岩鉄道へのきっぷを買い、ホームへ入りました。翌日帰りの特急券は昼食前に購入しました。

4人用コンパートメント

今日はなかなかPCが立ちあがらず、動作も遅いので老朽化によるトラブルは深刻なものとなってきました。メモリを増設しても、CPUの処理能力が遅いので意味がありません。

一体、いつになったら新しいPCは届くのでしょうか?ストレスも限界に近づきつつあります。

 


東武スペーシアには浅草・新宿方の先頭車が4人用個室になっています。JRではグリーン個室扱いとなっており、4人でのグループ旅行にはいいかもしれません。

しかし、この日の利用はゼロでした。JR線内でのグリーン料金を4人分払わないといけない割高感があるからなのでしょうか。

東武鉄道での利用状況は…? 翌日の帰りが東武線内特急でしたが、見ていなかったので…(^^ゞ