成田エクスプレスの運行状況

今日は週1の出社日でした。職場が新宿にあるので、通勤時は小田急利用です。転職当初は新宿まで京王で通勤していましたが、2018年春に小田急線の複々線完成後は通勤時間短縮のために変わりました。

小田急線から丸の内線への乗り換えは地上から地下へ下りるだけの動線で済むようになりました。

 


その途中で、JRの電光掲示板を無理のない高さで撮影できる場所があるのです。なにしろ、コロナ前はJRだけでも1日160万人の乗降を誇った新宿駅です。

左写真が朝通勤時、右写真が夕方の退勤時です。よ~く見ると…、

朝は成田エクスプレスの表示が消えています。

成田エクスプレスは成田空港へのアクセス特急です。大宮・池袋・新宿または大船・横浜から成田空港までを結ぶ特急で、主に海外旅行客または海外出張者中心に利用されていました。

ところがコロナ禍の影響で海外旅行または海外出張が激減し、日中は運休になりました。ただし、朝通勤時の成田空港始発と夕夜間の成田空港行きは運転されています。

列車の性格上、東京駅を出ると基本的に空港第2ビル駅まではノンストップですが、通勤時間帯に限り、千葉、四街道、佐倉、成田に停車します。通勤客の利用が見込める時間帯に限って運転されているのが実情で、半ば通勤特急化しています。それ以外の時間帯は東京または品川、錦糸町駅等から横須賀・総武線快速を使ってくれということでしょうか。日中の空港アクセスは実質、快速列車だけになっています。

コロナが収束し、通常運行に戻る日は来るのでしょうか。

元祖栃木牛めし弁当

今日は午前中、グリーンボランティア活動がありました。カシナガによるナラ枯れ被害の調査中心で、数本はすでに枯れていました。カシナガ被害で枯れた木は葉が赤茶色に変色したままいつまでも落ちないそうです。

 


昼食用に買った弁当は「元祖栃木牛めし弁当」です。日光高原牛上質のモモ肉と適度に脂身を加えた肉を使用した弁当で、蒲鉾やパプリカ、ニンジン、しし唐、筍、温泉玉子、日光のたまり漬け等が添えられています。値段は1,000円です。

もちろん、お弁当にはお茶!ジュースは邪道!との考えで、お茶も一緒に買いました。東武鉄道の特急列車車内には飲料の自販機があるのですが、後に車内販売終了と同時に撤去されるとほ思ってもいなかったことでしょう。

「リバティ会津」は浅草から会津田島まで走行距離190km、所要時間3時間半の長距離路線(東武鉄道では最長距離)なのですが、車内販売はありません。乗る前に弁当とか飲み物は買っておいてくれということでしょう。新幹線を使わずに私鉄を含む在来線で東京から福島県まで行こうとなると長丁場の部類に入るので。

 


会津高原尾瀬口駅から3時間以上かかって14時過ぎ、北千住駅に到着しました。

千代田線乗り換えのため下車、この後は小田急線直通で帰ってきました。

今年の福島遠征はオオクワガタが採集できなかったですが、友人から新潟県産のものを戴いたのが救いでした、その後のまん延防止等重点措置から緊急事態宣言への移行、延長で県境を跨いだ移動制限がかかるとは思ってもいなかったことでしょう。

これにて2021年福島遠征の報告は完結です。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

明日からは日常ネタになります。

併結作業

今日はテレワークでした。6日以来、2週間ぶりに夜間観察に行きましたが、虫があまりいませんでした。それどころかカブトムシが少ないまま発生ピークを終えているため、スズメバチが煩くなるのが早くなってしまいました。

 


下今市駅に到着、東武日光からの特急「リバティけごん128号」と連結するため、10分程度停車します。まずは売店で昼食用に駅弁を買ってから車内に置いてから再びホームに降りました。

しばらくして特急「リバティけごん128号」が到着、5mほど手前で一旦停車しました。駅員の手信号に従い、ゆっくりと進入してきました。

 


再び一旦停車した後にゆっくり進み、連結しました。できるだけ衝撃を抑えるための繊細な運転テクが求められています。

 


連結終了後、ライトが消灯しました。外扉が開き、幌ユニットが飛び出してきました。…が、幌まで自動で連結される訳ではありません。ここからは人力で連結しなければなりません。

 


車内に戻ると係員が通路のセットをしている最中でした。

東武日光からの特急「リバティけごん128号」と連結し、6両編成となりました。多層建て列車は本線の線路要領を確保しながら異なる行き先の列車を複数連結し、支線区への直通運転および輸送力の適正化が同時にできるため、メリットが多いですが、分割併合の作業時間が必要なため、その分スピードダウンとなり、ダイヤ乱れ時の整理が大変、誤乗防止策が必要等のデメリットがあります。

かつては小田急で急行列車の2方向運転で相模大野駅で頻繁に分割併合していたのは有名な話ですが、現在はロマンスカー以外、全廃されました。他の会社でも優良列車以外で激減しているのが現状です。

話が逸れましたが、定刻通りに発車し、特急列車の本領を発揮した走りっぷりで日光線を南下していきました。

特急「リバティ会津128号」

今日は週一の出社日でした。来週は通常通りの週一出社となります。

 


レンタル品の清掃・返却、自前ライトの発送手続きを済ませ、宿泊料金の精算をしました。

9時過ぎにはチェックアウトし、友人とは現地解散、バスで会津高原尾瀬口駅に向かいました。

1時間程度で到着、土産屋で蕎麦やラーメン等を買ってから駅に入りました。この後は東武線直通特急に乗るだけです。

さっきまで晴れていたかと思えば、大気が不安定なので特急が来る頃には曇ってしまいました。対向列車がないので、停車時間は僅かです。

ホーム進入を望遠で撮った後はすぐに荷物をまとめて持ち、乗車位置へ急ぎました。

ドアが開くとすぐに乗り込み、指定された座席に座りました。10時58分、定刻通りに発車しました。北千住まで3時間の旅です。

野岩鉄道内では男鹿高原駅以外の各駅に停車、下今市まではほぼ各駅停車です。とはいえ、野岩鉄道線内の最高時速は80km/h程度ですが、山間部をトンネルで貫くように直線的に建設されているため、なかなかの走りっぷりです。

特急「リバティ会津117号」

今日で東京オリンピックが閉幕しました。次は2024年のパリオリンピックです。ですが、まだオリンピックは終わっていません。…そう、24日からパラリンピックがあります。

コロナ対策で多くの競技が無観客となりましたが、自転車競技ロードレースを生で見られただけでもよしとしますか。

 


バスまで時間があるので思案した結果、駅近くの築堤で特急「リバティ会津117号」を撮ることにしました。バスダイヤの関係で昨年の様に男鹿高原駅での撮影ができなくなったからです。先日に忘れ物しなければ、湯西川温泉駅でも撮れましたけどね。

冬以降のリベンジに取っておきますか。冬の雪景色だけでなく、早春の残雪もよさそうですね。ただし、3月上~中旬だと東京では花粉飛散が凄いですが。

13時50分過ぎ、浅草からの特急「リバティ会津117号」が来ました。ちょっと逆光気味で空が白く飛んでますね。もう少し午後遅い時間だと側面に回ってきますが、線路が南北に通っており、夏場の夕方にならないと下り列車の先頭には日が回りません。

撮り終えた後はバスに乗車し、宿へ戻りました。

特急「リバティ会津117号」

今日は夕食後に夜間樹液観察へ出撃しようとしたら…空が雷で光ったので、すぐに引き返しました。大気の状態が不安定な模様です。

 


後続の特急「リバティ会津117号」に乗り、会津高原尾瀬口を目指しました。川治温泉と男鹿高原駅以外の各駅に停車し、会津高原尾瀬口駅に到着しました。

 


駅では八重たんと大川まあやが変わらずに迎えてくれました。

駅入り口の窓に貼られているバス時刻表を見てびっくり!次のバスが最終で、時刻はまもなく14時を回ることもあってあと10分余りしかありません。

急いでバス乗り場へ行くことにしました。

3年ぶりの鬼怒川温泉駅

今日もテレワークでした。台風接近で1日雨となるどころか、朝に降っただけで後は晴れ間が出てきました。

それにしても今年はカブトムシやクワガタが少なく、カブトムシの発生ピークになっているのにあまり見かけません…。カシナガ被害対策でヘリによる農薬の空中散布を行ったことは考えられません。

 


新宿から2時間余りで鬼怒川温泉駅に到着しました。前回、新宿から乗った時とは到着ホームが違っていました。この後は一旦。鬼怒川公園駅へ回送するのでしょう。

 


後続の特急「リバティ会津117号」まで乗り換え時間が20分余りあるので、改札外へ出ました。3年前とあまり変わっていません。

ただ一つ変わったことは、「リバティ会津」がデビューしてからは、帰りが東武線経由の場合、直通のため一旦下車がなくなったことです。よって、新宿始発の場合しか一旦下車することがなくなりました。

駅周辺を撮影後、駅に戻って自動券売機で野岩鉄道へのきっぷを買って再びホームに入りました。

栗橋のデッドセクション

今日は週1の出社日でした。「梅雨明け10日」の名の通り、昼食時に外に出た時は暑かったです(;^_^A アセアセ・・・

 


10時31分、新宿駅を定刻通りに発車しました。11時過ぎ、大宮駅に到着しました。3月改正で特急「踊り子」の定期運用を終えた185系が留置されていました。長野への廃車回送待ちでしょうか。廃車解体は長野でやっているとのことです。

臨時列車で使用されていますが、同時に廃車も進んでいます。2022年度までには全車廃車にするそうです。

車齢は40年以上経過していますし、一般に鉄道車両の寿命は30年程度と言われていますが、よく長持ちしたものです。それだけ国鉄車両が頑丈に作られていた証です。

 


大宮駅を出ると、次の停車駅は栃木駅です。栃木駅はJRと東武鉄道が乗り入れていますが、発着は東武ホームです。

栗橋駅では連絡線を介して東武鉄道に乗り入れです。会社が変わるため乗務員交代で停車しますが、客扱いは行わず、運転停車です。

運転停車のち、いよいよ東武鉄道乗り入れです。デッドセクションがあるため、室内灯が一瞬消えました。架線に電気が流れていないためです。

東武日光線に乗り入れ、再び快走していきました。

特急「スペーシアきぬがわ3号」

今週はオリンピックで祝日が移動している関係で4連休があり、会社の営業日は実質3日です。明日は週1の出社日です。

今日からしばらくは福島遠征の報告です。今年も7月13~15日に有休を取得して行ってきました。しかしながら、「まん延防止特別措置等」解除後を視野にいれたものの、東京都に4度目の緊急事態宣言が発令となってしまいました。

 


そのため、今年は現地集合となり、3年ぶりに東武線経由で行くことになりました。北千住から特急「リバティ会津117号」に乗れなくもないですが、山手線からのアクセスが弱いことと、小田急線~千代田線でも家を出る時間があまり変わらないことから、新宿駅から直通特急に乗ることにしました。

JRと東武鉄道の直通運転から15年が経ちます。当初、JR側は485系特急電車をリニューアルして投入しましたが、2011年に元成田エクスプレス用の253系に置き換えられました。東武鉄道はスペーシアの一部編成を乗り入れ改造して充当していますが、1990年の登場から30年以上が経過しています。そろそろ代替車の話が聞かれてもおかしくはないのですが、あと何回か乗れるのでしょうか。

2021年福島遠征

今年も恒例の福島遠征です。有給休暇を3日間取得しましたが、今年は前後を平日(テレワーク業務)に挟まれています。どうしてこうなったのかというと空き状況からです。

 


今年もコロナ禍での遠征となるのと、変異株が猛威をふるっていることから、友人とは現地集合となり、東武線経由で行くことになりました。

新宿から鬼怒川温泉までJR直通の特急「スペーシアきぬがわ3号」に乗車、後続の「リバティ会津117号」に乗り継ぎました。新宿から3時間20分かかったことになります。

バスで宿まで1時間以上かかったのですから、自宅を出て6時間かかりました。交通不便な山奥ですから当然といえるでしょう。

しかしながら乾季が居座っているために天気が不安定、時々ざっと雨が降ったりしています。

夜は灯火採集ですが、クワガタが撮れるでしょうか。雨が止んでもアスファルトが濡れた状態ではライトの光が照り返されて虫が見にくくなることも想定されます。

果たして強運は活かされるのでしょうか。