2013年冬の北海道遠征【7】夜間撮影

週明けは寒の戻りでのスタートとなりました。昨日のコクワガタに続き他のドルクス族クワガタを起こすのは週末からになりそうですが、昨秋に友人から送って貰ったオオクワガタのP.Nも考えなくてはいけません。

ちょうどGF(仮)にて、聖櫻学園通信Vol.42で新しいガールが4名発表されたこともあり、彼女達の名前を付けるのもありかもしれません。

覚えている限りでは2016年春の真白透子以来、4年ぶりで主人公のもう1人の幼馴染ではないかと囁かれています。新しい女の子が登場するのは嬉しいですけどね。

しかし、現在は名前とキャラ概要が発表されただけで、性格などは明らかになっていません。現時点では30mm前後の♀には低身長ガールの名前でいく方向です。

 


※キハ40回送(左)/函館本線札幌~苗穂間にて

21時半近くになると、急行「はまなす」の夜間撮影にチャレンジすべく、苗穂に行きました。苗穂駅から札幌方へ歩いた踏切で、急行「はまなす」を待ちました。
まずはキハ40の回送で前哨戦です。札沼線または函館本線(山線)等で運用されて、ねぐらの苗穂へ帰る途中でしょう。

 


※789系L特急「スーパーカムイ45号」/函館本線札幌~苗穂間にて

続いては789系「スーパーカムイ45号」です。ところが、AFが不意に作動しない様にセットしたつもりですが。。。急行「はまなす」が通過してさあ、来たぞ!とシャッターを押した途端にAFが作動してしまい、見る鉄になってしまいました。

後に確認したら、きちんと設定されなかったのが原因でした。ホテルに戻った後は、シャワーを浴びて寝床につきました。

新旧踊り子

3連休中日は藤沢へ新旧「踊り子」を撮りに行きました。14日のダイヤ改正でE261系「サフィール踊り子」デビューと同時にE257系の「踊り子」転用が始まりました。来春までに残る185系を置き換えるので、新旧両方が見られるのは1年間の期間限定です。

 


※E233系普通1860E籠原行き/東海道本線藤沢~大船間にて

まずはE233系の普通列車で試し撮りです。LEDが切れてしまいましたが、列車番号と時刻表を照合した結果、上野東京ライン直通と分かりました。

 


※185系特急「踊り子2号」/東海道本線藤沢~大船間にて

暫くして185系「踊り子」が来ました。土休日運転の予定臨時列車で7両編成です。今改正で200番台による7両編成の定期運用はなくなりましたが、臨時列車ではまだ残っています。

修善寺発は日曜日運転なので、これを連結した12両編成を狙うなら日曜日に撮るしかありません。7両だとちょっともの足りなく感じます…

 


※E257系特急「踊り子4号」/東海道本線藤沢~大船間にて

11時50分ごろ、E257系「踊り子」が通過しました。一方で反対側から普通列車も近づきつつあり、被られないかヒヤヒヤものでした。

中央線特急の中古をリニューアルしたので、「あずさ」「かいじ」に使われていた頃とは塗色が変わっています。

また、貫通先頭車には付属編成の2500番台との連結に備えて幌が装着されています。ただし、2500番台はまだ登場しておらず、修善寺発着列車に着いてはまだ不透明な部分があります。

今回がE257系「踊り子」のファーストカットとなりましたが、リニューアル工事を受けたことで今後20年程度は安泰といえるでしょう。

20年後、老朽化して置き換えが決まった場合、その頃には自分は60代、新たな車両が製造されるのか注目することになるでしょう。

強風の3連休初日

3連休初日はE257系の臨時「あずさ」が運転されるので、日野の多摩川河川敷へ行ってきました。

1時間近くかかって撮影地に到着し、特急「あずさ87号」の通過予想時刻には余裕がありましたが…

 


※E257系回送/中央本線立川~日野間にて

なぜか所定より数分早く通過してきました。しかも誰も乗っていない…これは回送だと確信しました。コロナ騒ぎによる運休情報はなかった筈でしたが…?調べてみると、強風の影響で高尾~小淵沢間で運転見合わせがあったそうです。

1年ぶりに武田菱塗装のE257系を見られましたが、次回運転日は5月2~4日です。

 


E233系の快速はほぼ通常どおりでした。一部が大月まで行きますが、大半は高尾発着なのでたいした影響はなかったのでしょうか。

 


※E353系特急「かいじ15号」/中央本線立川~日野間にて

定刻より50分以上遅れて「かいじ15号」が来ました。運転再開したものの、最大83分の遅れがでていました。

E257系幕張車の「富士回遊91号」は運休になったようなので、この後は撮影を切り上げて帰宅しました。

2013年冬の北海道遠征【5】札幌到着

日中は気温が20度近くまで上がり、ランチタイムはコート要らずでした…が!間抜けなことにランチタイムではそのままコートを羽織って行きました(^^; 昼間はコート要らずでも朝夕の通退勤時は気温が低く、寒暖差が大きいです。

 


※駒ケ岳&小沼/函館本線大沼~大沼公園間にて


※内浦湾/函館本線森付近にて

函館を出発した後、車窓には大沼付近で小沼&駒ケ岳、森付近では内浦湾が見えてきました。晴れてはいましたが、駒ケ岳は残念ながら頂上付近に雲がかかっていました。独立峰ゆえ、なかなか全容を現してくれません。

五稜郭、大沼公園、森、八雲、長万部、洞爺、伊達紋別、東室蘭、登別、苫小牧、南千歳、新札幌に停車して15時44分、札幌駅に到着しました。

 


※特急「スーパー北斗9号」/函館本線札幌駅にて

札幌駅に到着し、ホームに降りてみると最後尾には雪が付着していました。列車自身が巻き上げた雪で、北海道の厳しさを物語っています。

函館までなら本州仕様でも乗り入れは可ですが、2035年度に札幌までの延伸が予定されている北海道新幹線は、その頃には酷寒地仕様の車両が開発されているでしょう。

改札を出た後は、宿泊先のホテルへ向かいました。

2013年冬の北海道遠征【4】特急「スーパー北斗9号」

今日は会社にてちょっと残業になりましたが、仕事でも夢中になると時間を忘れてしまうようです(^^ゞ

もちろん、チームリーダーにもすごい集中力!とも言われました。腕時計は?と聞かれましたが、仕事中は時間を気にしすぎて散漫になるので外しています。自分でも意外と気づかないのですが、集中力が結構あるものですね。

昔、電車運転ゲームの「電車でGO!」シリーズをやった時、本職の運転士並みに集中して運転していたので、そこで磨かれたのかもしれません。常にプロモードで距離計非表示でやっていたので。距離計隠しは意外と難しかったです。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗9号」/函館本線函館駅にて

函館からは特急「スーパー北斗9号」に乗り換えです。同一ホームでの乗り換えなので、楽でした。

同一ホームとはいえ、8分は長い様で短いです。写真を撮影及び売店で駅弁を買った後は車内に乗り込みました。

12時30分、特急「スーパー北斗9号」は札幌に向けて発車しました。3時間14分の旅路です。

 


※みがき弁当

昼食用に函館駅で買った駅弁は「みがき弁当」です。

ご飯の上に鰊の甘露煮、味付け数の子、茎わかめが載った弁当です。鮭いくら丼と同様、親子丼に近い感覚かも知れません。値段は790円でした。

箸を進めているうちに「スーパー北斗9号」は振り子機能により、カーブをものとせずに札幌へ向けて快走していきました。

2013年冬の北海道遠征【2】「はやて11号」→「スーパー白鳥11号」乗り継ぎ

明日はいよいよJRダイヤ改正です。貨物も当然なのですが、昼休みに新宿三丁目近くの寿司屋で昼食後、紀伊國屋書店に行ったら…なんと!貨物時刻表は発売前でした…。トラック会社の方にはすでに郵送等で届いているのでしょうが、取扱店での一般発売日は明日です。

トラック会社の場合、業務上必要なのですから、優先されるのです。最寄りの貨物駅までに何時何分までに持っていけばいいのか、貨物列車の時刻表は重要なのです。荷受締切時間もありますので。

 


※E2系「はやて11号」/東北新幹線新青森駅にて

定刻どおりに東京駅を発車した「はやて11号」は途中、上野、大宮、仙台、盛岡、二戸、八戸、七戸十和田に停車して10時01分、新青森駅に到着しました。

東京駅では時間がなかったので撮影できませんでしたが、乗り換え時間が15分程度あるため、すぐに撮影しました。3月改正でE2系の新青森乗り入れが終了するためです。

 


※789系特急「スーパー白鳥11号」/奥羽本線新青森駅にて

新青森からは津軽海峡線に乗り換えです。函館までの第二ランナーは789系の特急「スーパー白鳥11号」で、函館まで2時間の旅路です。

所定では10時16分発車ですが、発車時刻を過ぎても発車しません。対向列車が遅れた模様で、単線区間の悲しき宿命なのでしょうか。

定刻より数分遅れて新青森駅を発車しました。

2013年冬東北遠征【6】485系3000番台特急「いなほ1・10号」

朝から夜までほとんど止み間のない雨模様でした。新型コロナウイルス感染対策のため、本日予定されていた700系ラストランは中止になりました。

ようやくアメブロから2015年6月分の記事移動を終えました。次の週末までには2015年4月分まで終わっていることでしょう。

 


※485系特急「いなほ1号」/羽越本線羽後亀田~岩城みなと間にて

特急「いなほ8号」が新潟へ向けて旅発った後、わが普通列車も定刻どおりに発車しました。約20分で岩城みなと駅に到着しました。駅から道なりに数分歩くと、国道7号線との交差点に到着しました。信号待ちの後、横断歩道を渡るとすぐに跨線橋で、羽越本線が見えます。

いつか見た光景だな…?と思っていましたが、鉄道ダイヤ情報1997年5月号で、羽越本線を行く「あけぼの」の写真がここで撮られていました。確か、秋田新幹線開通で「あけぼの」が廃止されたんですよね。。。今走っている「あけぼの」は羽越線経由の「鳥海」を「あけぼの」に改称しただけで、名前だけ残っています。

カメラと三脚をセットし、先行の701系普通列車で構図確認と試し撮りをしながら「いなほ1号」を待ちました。しかし、日本海からの風が冷たかったです。まだか、まだか…と待ち、11時50分ごろに新潟からの特急「いなほ1号」が通過して来ました。

バックの日本海は遠くとも、瓦屋根の家並みに日本海…と日本的な風景と485系「いなほ」を収めることができました。

リニューアル改造車の485系3000番台でしたが、「いなほ」がE653系置き換えとなるのですから、贅沢はいいません。E653系の新潟転属で置き換え対象となる485系は3000番台化されていない車両になる公算が強いですから、選り好みしていたら、「あの時撮っておけばよかった」と後悔することになります。

折り返しの「いなほ10号」まで1時間以上の時間があるのと、道の駅岩城がすぐそこなので、昼食のために一時撤収しました。

 


※485系特急「いなほ10号」/羽越本線岩城みなと~羽後亀田間にて

昼食後は国道7号線を羽後亀田方に歩きました。しかし、行けども行けども、海沿いに撮れる場所がない…。二古信号場付近まで来てしまいました。結局は来た道を戻るしかなく、最終手段として先ほどの跨線橋から反対側を撮ることにしました。

時間がないので、素早く三脚とカメラをセットし、構図を決めて折り返しの「いなほ10号」を待ちました。13時20分ごろ、1号の折り返しで「いなほ10号」が通過しました。オードソックスな列車写真となりましたが、これもE653系置き換え前のよい記録となりました。

撮影後は撤収し、電車で秋田へ戻りました。

2013年冬東北遠征【5】上沼垂色の特急「いなほ8号」

ようやく2015年後半分までアメブロから移し終えました。アメブロでの残り記事は1200件余りとなりましたが、割り込むのは時間の問題といえるでしょう。2015年前半分の写真準備が始まっており、お彼岸3連休までには行けそうです。その後は2014年分に着手となります。

 


※485系特急「いなほ8号」/奥羽本線秋田駅にて

8時25分ごろにホテルをチェックアウトし、送迎バスで秋田駅へ向かいました。5分程度で駅に到着、コインロッカーに荷物を預けてから券売機で岩城みなと駅までの乗車券を買いました。

駅ホームに降りると、すでに新潟行きの特急「いなほ8号」が待機していました。2013年中に特急「いなほ」は常磐線から転属してくるE653系への置き換えが決まっていましたが、転属時期が決まっていないので、今のうちに撮影しました。

置き換え時期が決まった後に慌てて撮影に行っても、まともに撮影できないのは目に見えていますから。

いわゆる電気釜で上沼垂色でしたが、置き換え前にゆっくり撮影できただけでもよしとしましょう。撮影しているファンはほとんど皆無でしたし。

撮影後は後続の普通列車に乗り、岩城みなとへ向かいました。

2013年北海道・東北避花粉編【10】函館駅にて

今日から3月、今の会社に転職して4年になります。月日の経つのは早いものです。転職前は男ばかりの職場だったのに、今は女性30人弱に男1人ですから、人生どうなるか分からないものですね。

アメブロから2015年9月分の記事を移動しました、ちょっと時間がかかりましたが…。悲願の3連休中には2015年分を移し終えられるのでしょうか。

 


※789系特急「スーパー白鳥42号」/函館本線函館駅にて

定刻より40分遅れて函館駅に到着しました。隣のホームに「スーパー白鳥」がいましたが、よく見ると40号ではなく42号です。接続を待たずに行ってしまったことになります。

そこで一旦改札をでて駅員に事情を話すと、みどりの窓口で代替列車の指定席券を無償で発行してくれるとのことでした。

42号の指定席券を無償で発行してもらい、再びホームに入りました。

 


※キハ183系特急「北斗17号」/函館本線函館駅にて

隣のホームではすでにキハ183系の特急「北斗17号」と入れ替わっていました。よくみると、120km/h車で、いわゆる“鈍足「北斗」”です。「北斗」4往復中3往復が130km/h車で概ね3時間30分前後に対し、1往復だけが3時間40分前後と10分程度余計に時間がかかっています。

これは130km/h車の両数の関係もあるからなのでしょう。元々、130km/h車はJR化後に増備された「NN183系」が種車で、120・130km/h両用車を含めて24両しかないことも一因でしょう。

また、130km/h車はブレーキ強化改造を実施した結果、ブレーキシリンダ圧力が従来車と大きく異なるため、混結運用ができません。

撮影後は「スーパー白鳥42号」に乗車しました。17時07分、定刻通りに函館駅を発車し、2時間程度で新青森に到着、奥羽本線普通列車に乗り換えて当初予定より1時間40分ぐらい遅れて弘前に到着しました。

2013年北海道・東北避花粉編【9】石狩鮭めしDC版

今日は4年に1度のうるう年です。地球が太陽を1周するのに365.2422日で、6時間近く多いのです。このズレが4年で1日近く蓄積するので、これを補正するのがうるう年です。

現在の暦では「グレゴリオ暦」といって、「西暦が4で割り切れる年と400で割り切れる年はうるう年とする。ただし、西暦が100で割り切れるが400で割り切れない年は例外的に平年とする」の決まりにより、400年に97回とされています。20年前の2000年が400で割り切れる年だったので、うるう年でした。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗12号」/函館本線札幌駅にて

ホーム上の売店で昼食用に駅弁を購入してしばらくすると、函館方からやっと「スーパー北斗12号」が入線しました。車内はほぼ満席状態で、定刻より30分程度遅れて札幌駅を発車しました。

 


※石狩鮭めし

昼食用に買ったのは、石狩鮭めしです。札幌駅でロングセラーの駅弁で、今回は昨年7~9月に実施された北海道DCバージョンになっていました。

標津産の鮭節を醤油ベースのタレで佃煮にし、昆布茶飯の中に混ぜ込んで旨みをアップしたそうです。DC期間限定の予定だったのが、あまりにも好評だったので3月末までの延長になったとのことです。このおかげで食べられました(^^)v

ちなみに石狩鮭めしは「駅弁大集合」という漫画でも紹介されており、漫画本が手に入れればレシピが載っているのでキッチンで再現は可能でしょう。