震災から9年…

今日で東日本大震災から9年経ちました。今年は新型コロナウイルス感染対策で政府主催の追悼式は中止になりました。

9年前の今日は午後半休を取得し、夕方の新幹線で北海道へ行く予定でした。東北新幹線で新青森へ行き、奥羽本線普通列車で青森、そして急行「はまなす」で翌朝に札幌到着予定でした。

急行「はまなす」は青森駅発着で、新幹線の新青森駅とは1駅間だけ奥羽本線列車を使う必要がありましたが、乗り継ぎ割引は適用されていました。

出発前の14時46分、揺れ出したと思ったら揺れは次第に大きくなり、揺れは6分間続きました。揺れている最中、慌てて外へ飛び出したため、揺れが収まって戻ってみると部屋の中は散乱状態でした。もちろん、鉄道運行はストップ。当時は転職前で自転車通勤だったことと、午後半休を取得していたので帰宅難民にはならずに済みました。

当初予定した北海道行は中止、翌年1月に寝台特急「日本海」撮影と合わせて行くことになり、夜行バスも利用していました。

14日にはいよいよ常磐線が全線復旧します。上野から仙台までの直通特急も復活するだけでなく、品川駅からも直通運転します。新幹線で東京から1時間30分程度ですが、常磐線特急は3倍以上の4時間半以上もかけて走ります。

常磐線はまだ未乗区間が残っており、いつの日か全線走破を果たしたいものです。

2011年11月には石巻線、東北本線、陸羽東線でSL運転があり、3週連続で宮城、岩手、山形の3県を訪れています。当時、(転職前)会社内の一部の人から東北へボランティアに行く等の噂が立ったことさえありました。

震災から9年、来年で10年の節目を迎えます。政府は来年限りで追悼式を取りやめる方針ですが、決して震災の記憶を風化させてはならず、後世へ語り継いでいかなくてはなりません。

 


※復興の鐘/2012年5月19日撮影

想定以上の作業

2022年3月末を目途にアメブロ廃止のためのブログ移行作業を進めていますが、2016年分は作業に時間がかかることが判明、WordPressへ完全に移るのは2月後半以降になりそうです。

2016年分が終わった後は2015年分、そして2014年分となります。2013年分については楽天ブログからアメブロに移った10月分以降を移しますが、1~9月分の扱いについてはHTML転記も含めて検討します。

 


アメブロから一旦FC2へ移し、バックアップデータを利用する格好で移行作業を進めています。

一部の写真は新しく置き換える必要があり、準備作業に時間がかかっています。今後、過去記事の移行が進むと、アメブロ側の記事は減少していきます。

昨年12月15日をもってYahoo!がブログサービスを終了したのは記憶に新しいのですが、アメブロ等の無料ブログサービスは無料で手軽に始められる反面、デメリットが大きいともいえます。

特に大きいのは、アカウント停止やサービス終了でしょう。また、運営会社によって定められた規約に従わなければならず、自由度は低いです。その反面、WordPressは自由度が高く、アカウント停止やサービス終了の心配はない反面、高いスキルが要求されたり、年間維持費がかかります(年間8000円程度~)。

Webサイト作成のスキルが身に着きますし、HPとブログの一体化は長年の構想でした。行き着いたのが、このWordPressで、長年の構想が実ったといっても過言はありません。

4年前に半導体製造装置メーカーから今のIT会社に転職したのも、自分のIT知識がどこまで通用するのかだけではなく、興味ある分野だったと言っても過言はありません。

今はインターネットを仕事に活用できていますし、働けているだけでも幸せです。今のIT会社で身に着けたIT関係のスキルは仕事以外にもWebサイト作成等、趣味の分野でも活用できることでしょう。

初詣

新年2日は地元の神社へ初詣に行きました。有名初詣スポットへ行くのもいいですが、その前に地元の神社へ行くのが礼儀でしょうね。

 


鳥居をくぐる前に一礼。拝殿(右写真)で参拝しました。何を願ったのか?それは内緒です。普段は閉まっている社務所も三が日は開いています。どんと焼きや節分祭等、他に開かれる日はありますが、事前確認が必要そうです。

 


敷地内に何かを焼いた跡があります。お焚き上げか、どんと焼きでもやった跡なのでしょうか?大晦日から元日未明の参拝客が暖をとるために焚き火をサービスすることもありそうです。

 


初詣に来たらこれですね。200円払っておみくじを引いてみました。

 


結果は…

「吉」

でした。

内容は気になるものでして、結び付ける前に読んでみました。

願望「人の助で調う 爭わぬようにせよ」、待人「来る 喜あり」です。

旅行「良い出会いあり」というが、今年もオオクワガタ…?2017年から昨年まで3年連続でオオクワガタの♀が採集できたので、今度は新潟と青森…?

「なんでここに先生が!?」第4シーズン主人公・田中甲の場合、恋愛「旅に出よ 南が吉」(第4巻34時限目)だったので、当初は冬休み暇なのでバイクで行けるところまで…と考えていたそうです。

恋愛は「良い人倖せあり」ですが、これは縁がないでしょうね。近年はLINEで仲良くなると携帯が使えなくなる理由をつけて怪しいサイトへ誘導する手口が多いので、警戒しています。会社の職場では女性30人弱に囲まれた中に男性1名の環境下ですが、あくまでも同僚なので一線を越えることはありません。

読み終えた後は結び付けてから神社を発ちました。

令和初のノコギリ幼虫投入

スーパーGWは残すところ明日1日となりました。昨日、LINEのやりとりをしたら、理不尽な理由づけによる誘導がありました。令和初の誘導業者確認です。

 


相手の名前は「莉子」で、25歳でアクセサリーショップの副店長をしているとのことです。下の名前しか言わない、LINEのIDで頭に「@」があることから、典型的な業者でした。近年は頭に「@」がなくても業者であることが多くなったので油断ならないです。

タブレットの連絡先と偽っているため、信用しない方がよさそうです。出会いに水を差すようなサイトは教えないといっても、それは嘘ですし、あやうく騙されるところでした。然るべきところに報告しますが、気をつけましょう。

このような手法で出会いを求めているならば、この女性が本物だった場合、おそらく”令和JUMP”になるでしょう。令和が終わる頃には自分は70代のじいさんになっていると思いますが。

 


年始に割り出して以来、放置状態だった新フィールド産のノコギリクワガタ幼虫を飼育ボトルへ移すため、前準備としてカミキリ幼虫の菌糸を交換しました。菌糸カスは捨てずにリサイクルすることにしました。

 


飼育ボトルを作成した後に幼虫を投入しました。まずは半分ほどマットを詰め、菌糸カスを入れてからマットを詰めました。

なぜ、このようなリサイクルをしたのかというと、カブトムシの幼虫は時期的に蛹になる準備のため、餌をあまり食べなくなります。つまり、脂をのせる=3齢幼虫の仕上げなのです。

そこで、根食いで劣化菌糸を与えた方が大きくなりやすいということで、今回のノコギリクワガタ幼虫へ回しました。

 


空になったプリンカップに幼虫を一時移して、それまでの古マットと糞を全て飼育ボトルへ入れました。糞中のバクテリアを引き継ぐことで、幼虫が新しい餌になじみやすくなります。

 


成長がまちまちで、個体差が出てきました。一部は♀と判明しましたが、1年1化で羽化するのが濃厚なので、今秋に羽化したとしても活動は来年になります。来夏に♂を野外採集すればいいとの話です。

♀が1年1化、♂が2年1化となるでしょうか?劣化菌糸の効果は?次回交換時の結果確認次第でしょう。

令和元年

新天皇陛下の即位により、令和時代が幕明けしました。30年前の前回は昭和天皇の崩御によるもので、喪服姿での即位儀式でしたが、今回は天皇の生前退位によるもので、晴れやかなムードでの即位儀式でした。

平成の天皇・皇后陛下は上皇・上皇后となられました。上皇は光格天皇以来202年ぶりで、二重権威回避の観点から、天皇誕生日は2月23日に移動しても「上皇誕生日」は祝日とはなりません。

昭和⇒平成⇒令和と3つの時代を跨ぎました。

令和時代の抱負として、オオクワガタの採集はもちろん変わりませんが、毎年最低1頭は採集できることと、♂の採集、そして本命の青森産採集等、クリアすべき課題は多いといえましょう。

そして旧フィールドでのスジクワガタの26年ぶり再発見も課題です。幹線道路沿いの里山に生息が確認されたのですから、宅地造成で分断されていても、残った雑木林がある程度以上の規模であれば可能性があるからです。

新時代の幕開けと同時に新シーズンも始まります。ただし、実際の夜間採集が始まるのはもう少し後になります。

令和もよろしくお願いします。

平成最終日

いよいよ、今日をもって平成が終わろうとしています。現天皇陛下の退位によるもので、明日からは皇太子殿下に皇位継承され、新天皇陛下に即位されます。現在の天皇陛下は「上皇陛下」となられます。

上皇とは、譲位した天皇に対する尊号で、「太上天皇」の略称でした。光格天皇以来202年ぶりとなる今回は「上皇」が正式名称になります。現在の皇室典範では退位に関する規定がなく終身在位となっているため、明治以来では初めての退位です。

今回の退位は特例法の制定により実現したもので、今上天皇一代限りの時限法です。よって、皇室典範を改正するか、新たに特例法を制定しない限りは次代には適用されません。

平成の30年間を振り返ると、インターネットの普及による情報化社会など、色々なことがありました。社会人生活がスタートしたのも初期のころで、もう25年にもなります。

職業安定所の紹介で就職した会社で、35年前の1984年に現天皇陛下が皇太子時代にご訪問されたことがありました。しかし、就職してから20年以上経った頃、経営状況から将来に不安を覚え、転職を決意し、現在のIT会社に入社しました。
平成最後の晩夏になって女性だけの職場に唯一の男性社員として異動するとは思ってもいなかったことでしょう。

新幹線の延伸等によって夜行列車が次々と廃止され、一部の豪華列車はクルーズトレインへと進化していった時代でもあります。

写真を始めたのも平成初期で、そのおかげで色んな夜行列車をカメラに収め、いまでは貴重なひとコマとなりました。

そして高校時代、ある部活との出会いで、昆虫採集に対する考えも変わり、高校卒業後10年間のブランク期間を経てカブトムシやクワガタ中心に採集や観察、飼育をする様になり、継続しているだけでなく、平成末期になって長年の悲願だったオオクワガタを天然採集することができました。

ですが、学びの地だった高校周辺は入学当初は自然が多かったものの、東部で区画整理事業が進んでいるのは残念なことです。このままではフィールドが狭まる懸念もあり、スジクワガタ発見を契機に新フィールドを加えて拡大しました。

令和時代のスタートと共に新フィールドでの活動も本格的に始まります。

昭和、平成、そして令和と3つの元号を跨ぎます。

明日から始まる「令和」、どんな時代になるのでしょうか?

令和へ…2019年版作成

スーパーゴールデンウィークというべき10連休初日は季節外れの寒気で肌寒い1日でした。夕方、日没間際になってやっと晴れ間が覗いてきました。

 


先日、知り合いに問い合わせメールをして今年の観察会日程がほぼ判明したので、参加者に配る資料の2019年版を作成しました。

今シーズンから新たに加わる新フィールドでスジクワガタが見つかったことから、カテゴリーを変更しました。”記録だけ”から“近隣地区で見つかっているもの”に変更しました。

現行フィールドでは1993年に高校の後輩が♀1匹を見つけただけで26年間確認されていません。昨夏の発見から、まさか自分ちの近くに…!と衝撃は隠せず、フィールド拡大等の転機につながりました。

旧フィールドで26年ぶりに再発見されれば、更なる改訂の可能性があります。

まもなく令和のスタートと同時に今シーズンの幕開けです。新フィールドを加え、新たな発見があるでしょうか?

数年ぶりのますの寿司

今日は数年ぶりに”ますの寿司”を作りました。5月4日、facebookコミュニティ「たま恋プロジェクト」による大人の遠足に参加しますが、お弁当持参なので、レシピ等を思い出すためです。

 


マスの身はなかなか手に入りにくいので、サーモンで代用しました。本物はサクラマスを使用しています。

最初に削ぐように薄く切り、キッチンペーパーの上に並べて塩を振ります。塩を振るのは水分を出して身を引き締めるためです。

最低でも20分ぐらいしたら、キッチンペーパーで拭き取り、酢水で洗います。酢水は水200㏄に対して酢大さじ1杯です。

大きなお皿に身を並べ、酢に浸します。締める時間は最低でも20分ぐらいです。実際には塩を振って1時間、酢締めが3時間ぐらいでした。ラップをするのを忘れないように!

酢飯を作って容器に詰め、重しをします。写真は重しをする前の段階です。

最低でも塩を振って4時間、酢締めに4時間、重しをして10時間は欲しいところです。本物はクマザサの葉がありますが、なければラップで代用できます。

明日(4月8日)、会社へ昼飯に持っていきます。クマザサの葉は通販で取り寄せることができるので、GW前に余裕を持っておくことにしましょう。

今のところはますの寿司とぶりの寿司(失敗)でしかなんちゃって駅弁を作った実績がないので、他の駅弁にもチャレンジしたいです。

府中市民 桜まつり

今日は午後、LUMBERJACKへ行ってきました。いつも自転車を1時間30分ぐらい漕ぐのですが、そのほぼ中間地点が府中駅付近です。

 


今年も桜通り・府中公園通りで市民桜まつりが開催されました。昨年同時期は3月中旬頃に咲いたため、葉桜となってしまいましたが、今年は見事に花のトンネルを作ってくれました。

この期間中は車両通行止め、歩行者天国となります。先日までの寒波の影響か、花もちしてくれたので、平成最後の桜まつりは花のトンネルで締めくくることができたのではないでしょうか。

来年の同時期は令和最初の桜まつりとなるんんですよね。。。

新時代へ…

今日は11時30分に政府から新元号が発表されました。

新元号は…

令和

です。

現天皇陛下が退位し、皇太子さまが新天皇に即位される5月1日から「令和元年」がスタートします。

令和の「和」は昭和にも使われており、昭和生まれとしては親しみが持てます。

考えれば、昭和⇒平成⇒令和と3つの時代を生きることになります。

今から93年前の1926年12月25日、大正天皇が崩御して新元号へ改元する際、現在の毎日新聞社が「光文」と誤報したことがあったそうです(実際は「昭和」に改元)。

昭和から平成に改元した頃はまだ中学生でした。平成時代30年間で中学⇒高校⇒訓練校を経て就職、そして20数年後には転職を経験しました。そして平成最後の晩夏に人事異動で女性だけの職場に異動するとは思ってもいなかったことでしょう。

スジクワガタを家の近所で見つけたのも平成最後の晩夏、現ベースフィールド周辺の区画整理事業が進んできていることも相まって、新フィールドを加えることになりました。
平成時代の終わりとともに15年間の採集活動に区切りをつけることになったのも、何かの因果かもしれません。

新テーマは新時代のスタートとともに始まります。令和時代のスタートとともに。

1か月後に迎える改元後の新時代、どんな時代になるのでしょうか。