コロナワクチン副反応

昨日(11月27日)、コロナワクチン2回目の接種をしました。

前回(10月30日)に初回接種をした時は副反応が2日後に現れ、午後にはひどくなったためテレワーク業務を続けられずに中断、3時間ほどの時間有休を取得する羽目になりました。

今回は翌朝に発症、起床時に37.2度あった熱がピーク時には38.9度まで上がりました。倦怠感もあり食欲もないため、寝たきりですっきりした青空なのに外に出られないのが惜しいところです。

1回目に副反応が出た場合、2回目は重症化する傾向があるようですが…。

月食前夜の月

今日は週一の出社日でした。今週も明日1日を残すのみです。

 


明日はほぼ皆既の部分月食です。”ほぼ皆既”というのは、月の98%が地球の影に入るからです。月食というのは、月が地球の影に入ることで欠けて見える現象のことです。

太陽・地球・月が一直線に並ぶことで満月時に起こりますが、月の軌道が少し傾いているので満月の度に起こる訳ではなく、年に1、2度です。

皆既月食の時は月が赤銅色になります。地球の影が大きいので、継続時間が1時間以上に及びます。

明日の部分月食は北海道・東北地方北部を除いて月出帯食です。月が出る時点で月食が発生しているのです。最大食の時間は18時02分。今は11月後半で日没が早く、その1時間半後に最大食となります。明日の”ほぼ皆既”はどのように見えるのでしょうか?

皆既時と同じ赤銅色?半影部は通常の色?どんな月食になるのか楽しみです。幸い、明日の関東は晴れる予報なので見逃さないようにしないといけませんね。

シイタケソースの生姜焼き

昨日のグリーンボランティア活動では活動終了後にシイタケを収穫し、戴きました。

市販されているシイタケと違って結構でかい!!あまりにも大きくて驚きました。傘が開ききっているためか、余計に大きく見えます。

 


スーパー等で売っている生シイタケはどんこサイズで、傘はあまり開ききっていません。こちらの方が見慣れたサイズなのですが、大きいものでは3倍以上もありました。

茶碗蒸しには小さく切らないと入りきりませんし、ボリュームを味わえなくなります。そこで…生姜焼きの具として利用することにしました。

「THE!鉄腕!!DASH!!!」内の出張DASH村にてTOKIOが八丈島のシイタケ農家を手伝った時に椎茸ソースの生姜焼きがあり、これを観てレシピを覚えました。今回はキャベツも足してみました。元々のシイタケが大きいためか、ボリュームが結構ありました。

カレーは2020年春にDASHカレーを初めて作って以来、今ではおふくろと月代わりで作るようになりましたが、生姜焼きも同様になりつつありそうです。やっぱりテレビの力は強いですねぇ~。

PowerDirector

今日は1日テレワークでした。やっと花金、明日は午前中にグリーンボランティア活動、午後はカシオペア撮影で忙しくなりそうです。

 


昨日の会社帰り、ビックカメラにてパンフレット及び無料体験版を貰ってきました。

そのソフトとは、「PowerDirector」でサイバーリンク社の動画編集ソフトです。うちのPCに入っているDVD再生ソフトもサイバーリンク社のものです。

同社の調べだと6年連続で国内販売シェアがNo.1の動画編集ソフトだそうです。

まずは無料体験版で試用し、製品版を購入するか検討してもよさそうです。ただし、肝心の音声入力は?ゆっくりムービーメーカーではキャラが喋るそうですが、オリジナルキャラは作れないのか?未だハードルが高そうに見えます。

動画編集ソフトの選定がチャンネル開局時期を左右するといっても過言はないのですが、12月から年明け以降を想定しています。

Windowsムービーで一旦感覚をつかんだとはいえ、本格的なソフトだとそれなりのスキルが要求されます。スキルを上げるためにはチャレンジあるのみですね!

ウィンターイルミネーション

今日は週一の出社日でした。会社帰りには久しぶりに京王ライナーに乗車、乗車率は8割超で少しずつでありますが日常に戻りつつあるようです。まだまだマスク着用義務は続くようですが。

 


京王ライナーを降りた後、ネコサポセンターでネコポス用の袋を買い、駐輪場に向かう途中で…。

もうウィンターイルミネーションが点灯していました。来年1月10日までの2か月間、16:30~22:00に点灯されて人々の目を楽しませてくれています。

撮影したのは19時前、すでに夜の帳がおりています。今は11月ですから日没時間が16:30前後で早いのは当然です。いつも夜の帳がおりた後ですから、日没直後だったら薄明との組み合わせが撮れるのでしょうか。この場合、週末しか撮れないのですが13日は再びカシオペア紀行の撮影を考えています。

よって撮れるのは早くても14日頃でしょうか?天気予報との兼ね合いもあって難しそうですねぇ…。2か月間といってもあっという間ですからね。

ゆっくりムービーメーカー試験導入

明日は週一の通常出社日です。

 


YouTubeチャンネル開局に向けた動画編集ソフトの選定で、候補の一つであるゆっくりムービーメーカーを試しに導入してみました。もちろん無料です。

ソフトのダウンロードはこちらのサイトから行います。圧縮された状態(.zipファイル)なので、回答する胃腸ヨガあります。

ゆっくりムービーメーカーで作成された動画チャンネルをいくrかみましたが、キャラが対話しています。ほぼキャラは着あっているようですが、自分でオリジナルのキャラは作れないのか?と疑問に思っています。

説明もほとんど動画ですし、Webサイトのような静止コンテンツでも説明があれば助かるのですが…。書籍とかなかったのかな?大型書店のパソコン関係コーナーで探すのもありそうです。

字幕はテキスト入力でできるとして、音声は?聴覚障害者そして視覚障碍者にもやさしい動画チャンネルを作りたいが、まだ道険し登いったところでしょうか。チャンネルでの代弁者はほぼ決まっていますし、まだしばらくは慎重に選定の上で決めることになります。

 

動画編集ソフト選定:5

今日は夕方まで大荒れの一日でした。テレワークだったのが幸いですがw

 


Twitter中のDMにて福井県在住の知り合いにどんな動画編集ソフトを使っているか聞いたところ、プレミアエレメンツとのことだったので、検索したらAdobe Premiere Elementsでヒットしました。

アドビでも今のPCに入っているのは「Adobe Photoshop Elements」で、写真編集ソフトです。

検討材料の1つとして候補に挙げることにしましたが、ネックは値段でしょう。初心者向けと銘打っても色々です。

Webサイトを作ってホストコンピュータへデータをアップロードするソフトにFTPソフトがありますが、このうちFFFTPはフリーソフトでありながら、有料ソフト並みの機能を備えています。ダイソーで売っているもののいくつかが侮れないように、フリーソフトも侮れないことがあるのです。

障碍者視点で作るのですから、機能も考えなくてはいけません。聴覚障害者には字幕、視覚障害者には副音声と…どのようにするかですね。一番の候補はゆっくりムービーメーカーで、入力と同時に音声データも入力される様なので。

ハロウィン直前

今日は臨時出社日でした。来週は月初なので第2・3営業日の2日間出社日となります。

 


いよいよ明後日はハロウィンです。本来は収穫祭であり、お酒を飲んで騒ぐ日と勘違いされているところが多いそうです。

現に数年前、渋谷駅前で若者が騒いで軽トラックを横転させ、逮捕者が出る始末となりました。

2010年6月に渋谷駅前を訪れた時に撮影しましたが、京王井の頭線へ乗るための連絡通路からでした。網入りガラスなので網目模様が写り込んでいます。

しかし、渋谷駅前にはあまりいい思い出がありません。元相手が前夜に福島から東京、新幹線で帰る最中にも関わらず、二転三転したためです。「公園通で駐禁切られた」というのは自作自演だった可能性が非常に高く、浮気相手との時間を少しでも長く取るためだったと言わざるをえません。

自分が障碍者だと知ると、歩くATMとしか思えなくなったのでしょう。そのトラウマのためか、今でも渋谷は駅を除いて嫌いな街なのです。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、区長が「ハロウィン当日は渋谷には来ないでください」と呼びかけていますが、緊急事態宣言が解除され、ワクチン接種が進んだためか新規感染者は減少しています。

第6波が予想されている昨今、引き続き感染対策が必要ですが、当日の駅前はどうなるのでしょうか。

動画編集ソフト選定・4

今日は週1の通常出社日でした、明日は仕事の都合で臨時出社日となります。

 


最終的な動画編集ソフト選定は決まっていませんが、肝心なのは無料ソフトか、有料ソフトかです。

無料ソフトならお金をかけずにタダで利用ができます。しかし、有料ソフトと違って機能が制限されたり簡素化されたりで、満足のいく動画チャンネルが作れないことがほとんどです。しかしながら、フリーソフトの中にも有料ソフト並みの機能を備えている場合があるので、ソフト解説サイトの情報を参考にして選ぶべきでしょう。

続いて有料ソフトですが、プロ並みの動画を作るならこちらが断然お勧めとなります。もちろん、高価なソフトなら機能も充実していますが、初心者にはいきなりではハードルが高すぎます。

初心者には数千円ぐらいの初心者向けソフトから始めてある程度スキルを積んでからもっといいソフトにアップグレードするのがよいでしょう。

始めての動画編集となる訳ですし、予算とスキルから慎重に選ばなければなりません。将来、起業できるかもわかりませんが、当面は趣味の範疇内ということになるでしょう。起業して軌道に乗ったら社員を雇用…となるかも知れませんね。社長になるのに手っ取り早いのは会社を興すことですかねww

動画編集ソフト選定・3

今日はテレワーク業務終了後、コオロギの餌交換をしてから若葉台のダイソーへ行ってきました。

先日交換したカートリッジを回収箱に入れ、新しくインクカートリッジをいくつか買っておきました。

 


昨日の動画編集ソフト選定ででたもう一つのソフト、以前にヤマダで見たことあったっけ…?思い出せないので、ダイソーからの帰りにヤマダへ寄ってみました。

パンフレットを無くしたようでもう一度貰うことにしました、そしたら…見事に違っていました!

以前にヤマダで見たものは「MOVIE STUDIO17」「MUSIC STUDIO11」「AUDIO STUDIO14」でした。もちろん、メーカーも名前も違います。

このソフトはピクチャー・イン・ピクチャーも作れるので、第一候補に挙げていました。音声入力は…録音するのか?入力と同時にできるのか?わからないので、「ゆっくりムービーメーカー」との併用も考えていました。視覚障害者には音声も重要でしょうね。障害者視点で考えないといけません。

実際のソフトにガイドブック同梱版もあるので、それを買えばいいかもしれません。YouTubeチャンネル開局までにクリアするハードルはまだ多そうです。