三島駅1番ホーム

今日は令和になって2度目の天皇誕生日でした。一昨年の皇位継承で天皇誕生日が12月23日から2月23日に移動したため、令和では2月に祝日が2日あることになります。

好天に恵まれましたが、花粉の飛散量も多く、在宅時も花粉症に悩まされました。

 


三島駅に到着後はJR線乗り換えです。きっぷはJR線連絡きっぷを買っていたので、乗り換え改札を通るだけです。

1番線はホームが抉られている箇所があります。ホーム途中に伊豆箱根鉄道への連絡線として分岐器が設置されており、特急「踊り子」直通運転の際、建築限界に抵触しないようにしているのです。

現行の185系は20m級ですが、後継のE257系は21m級となっています。車体が伸びた分、そのままでは建築限界に抵触する可能性があるため、乗務員ハンドル訓練前に改修したのでしょうか?

強風のため、熱海行きの電車が3分程度遅れ、熱海でJR東日本、小田原から小田急線に乗り継いで17時半ぐらいに帰宅しました。

これにて「踊り子」撮影の報告は完結です。

大場での撮り鉄

今日は1週間ぶりのテレワークでした。日中は初夏の陽気でしたが、こんな日は花粉飛散が非常に多いです。

普通列車で大場まで戻り、撮影地へ向けて歩きました。途中のコンビニでおにぎりを買い、20分ぐらいで到着しました。数人の撮影者がいましたが、余裕を持ってポジョン確保できました。

 


※3000系普通列車修善寺行き/伊豆箱根鉄道駿豆線三島二日町~大場間にて

まずは3000系の線内普通列車で腕馴らしです。

 


※3000系普通列車三島行き/伊豆箱根鉄道駿豆線大場~三島二日町にて

反対方向から三島行きが来ました。列車の合間におにぎりを食べて小腹を満たしながら待ちました。

 


※7000系普通列車修善寺行き/伊豆箱根鉄道駿豆線三島二日町~大場間にて

続いては7000系です。平成初期に製造されたステンレス製の通勤車です。大場駅で特急「踊り子8号」と交換します。

 


※185系特急「踊り子8号」/伊豆箱根鉄道駿豆線大場~三島二日町にて

雲が狙いすましたように流れて行き、本命の特急通過時には曇られてしまいました。次の13号まではあと1時間近くあります。

 


※3000系普通列車修善寺行き/伊豆箱根鉄道駿豆線三島二日町~大場間にて

雲はその後も悩まし続けました。露出をマニュアルで決めているので、こういう変化には弱いのです。

3000系でもステンレス車体が来ました。…が、曇ってしまうと映えないですね。

 


※185系特急「踊り子13号」/伊豆箱根鉄道駿豆線三島二日町~大場間にて

定刻になっても、東京からの13号が来ません。強風の影響で20分近く遅れてきました。

山頂近くが雲に隠されてしまいましたが、傘をかぶったようになりました、宝永火口が見えているだけましですが、独立峰の撮影の難しさを改めて思い知りました。

この後は撤収して駅へ戻り、線内普通列車に乗りました。

修善寺駅にて

今日も日中は20度超えの暖かい1日でした。こんな日は花粉の飛散量も多くなります。

 


伊豆箱根鉄道へ乗り入れて11時08分、修善寺駅に到着しました。小田原駅から乗車して1時間の旅が終わりました。

ホーム頭橋では何人かの同業者写真を撮っていました。40年の長きにわたって走っていたのがこの3月で引退するのですから、別れを惜しんでのことでしょう。

 


修善寺駅は駅舎が立派なつくりになっていました。ここでお土産にわさびせんべいでも買っておけばよかったですが、今回は185系「踊り子」乗車と撮影が目的なので、買えば荷物になるのは間違いありません。帰りも「踊り子」乗車でなければ、撮影後に一旦修善寺へ戻ることはないですし。

 


大場駅までのきっぷを買い、再びホームへ入りました。3号はこの後8号になって東京へ折り返していきます。平日は1日2往復のみの運転で、土休日には増発されます。しかし、185系引退間近とあって土休日は撮影チャンスが増える反面、撮影者が多くなって自由なアングルで撮影することはできません。

コロナ禍中のご時世ですから密を避けたく、有給を取得して撮影に行った意味があります。幸い、東京方に撮影者が1名いただけでした。

この後は線内普通列車に乗り、大場駅へ向かいました。

修善寺「踊り子」

今日は有給休暇を取得して伊豆箱根鉄道へ行ってきました。狙いは富士山バックの185系「踊り子」撮影です。

 


※185系特急「踊り子13号」/伊豆箱根鉄道駿豆線三島二日町~大場間にて

来る3月13日ダイヤ改正で特急「踊り子」はE257系に統一され、185系は引退します。修善寺「踊り子」については廃止されるのではないか?の噂もありました。

特急「踊り子」の運転区間のうち、熱海~三島間はJR東海管内を走りますが、その区間距離は16km程度しかありません。時刻表の営業キロから東京~三島間は120.7kmで、会社境界である熱海を境にしてJR東海の取り分は13%程度しかない計算になります。

自社の取り分が少ないのは不公平なので、いっそのこと廃止して三島まで新幹線を利用して貰えば、ほぼ全ての運賃・料金収入が自社に入る…というのがJR東海の本音だったようです。それに対し、伊豆箱根鉄道が乗り入れ継続に前向きで、各社の思惑が異なっていたのも噂の根拠だったようです。

結局は房総の余剰車を転用して運転継続が決まりました。伊豆箱根鉄道にVVVF車が入線するのは初めてで、誘導障害の懸念もありましたが…。

今の時世、撮影地の混雑を懸念し、密を避けるために平日に有給休暇を取得しましたが、数人の撮影者がいました。風が強くて20分近く遅れ、雲が多くて変化の先手を読もうと必死でした。

山頂が少し雲に隠されましたが、宝永火口が見えているうえに帽子をかぶったような姿になったので、よしとしましょう。

明日以降、詳細を報告します。

最終日の銚子駅にて

今日は南岸低気圧の通過により、朝から雨が降ってきました。明日には都心でも雪になるそうですが、コース予想が難しいのでどうなるのでしょうか。

 


※SL快速「SLおいでよ銚子号」/総武本線銚子駅にて

銚子駅に着くと、ホームは大混雑でした。試運転時はあまり混雑していなかったので、天と地の差です。それでも、到着した「SLおいでよ銚子号」を撮ることができました。

 


※C61入れ換え作業/総武本線銚子駅にて

しばらくして構内入れ換えで移動してきました。中央の写真は特急も絡めて撮ってみましたが、無理がありましたね…。しばらくしてSLは切り離されました。

 


※銚子電鉄2000系/銚子電鉄銚子駅にて

全てのミッション終了後、16時31分ごろには銚子電鉄の2000系が到着しました。

元京王2000系なのですが、今度はアイボリー編成でした。今から30年前、小学校低学年だった当時は「グリーン車」がまだ健在だったのですが、アイボリーの2000系を見たことはありませんでした。

一時期アイボリーに塗られたのは1963年の5000系登場前後から数年間だけで、私が産まれる前に全てグリーンに戻されたそうです。しかも、アイボリーに塗られていたのは一部の編成だけで、2000系が全てアイボリーに塗られた訳ではないのです。

5000系の絶対数が不足していたので、一時的に2000系をアイボリーに塗って特急に充当したのでしょう。京王線の特急運転は5000系の登場時からですが、それ以前にも休日等に不定期でハイキング特急を走らせたそうです。

29年ぶりの再会と初めて見るアイボリー塗装は、懐かしさと新鮮さが錯綜したような感覚でした。

 


※駅名板/総武本線銚子駅にて

特急の発車時間も迫ってきたので、乗らなければなりません。特急に乗る前に撮影した駅名板です。SL運転を記念して特別版に変わった模様です。

乗車し、16時38分定刻どおりに特急「しおさい14号」は銚子駅を発車しました。

 


※255系特急「しおさい14号」/総武本線東京駅にて

SL運転のためか?指定席は混雑していました。指定席は9両編成中、4号車のグリーン車と5号車の普通指定席なのですが、この日は通常自由席の1~3号車も指定席に変更となっていました。

これは、SLパックツアー客の利用もあるから、指定席に変更したのでしょう。千葉あたりで激減したことから、千葉県内のツアー客が多かった様です。

18時27分、東京駅に到着、撮影した後は中央線と京王線を乗り継いで帰宅しました。

 

これにて2013年2月の成田線SLの記事移動を終了しました。最後までお付き合いありがとうございました。

次回は2013年3月の信越本線の記事を移動します。

銚子駅にて

今日は今年初の月曜日勤務でした(…とはいってもテレワークによる在宅勤務ですが)。今年初の月曜日となる4日が年末年始休暇中であり、翌週はハッピーマンデーで祝日でした。

 


※銚子電鉄2000系/銚子駅にて

銚子駅到着後はすぐに改札を出ず、銚子電鉄の元京王車等を撮影しました。SL試運転時は夕刻
の撮影だったので、白昼での撮影は初です。

反対側も撮影しました。外川方は5000系に似た先頭形状です。5000系と違うのは裾絞りがありません。この顔は京王時代にあったものではありません。

伊予鉄道時代に先頭車化改造されたもので、譲渡時は3両編成だったのを輸送力見直しで2両にするために改造したのです。日中の閑散時は2両、ラッシュ時は3両編成に増結できるよう、貫通先頭車とするために5000系とほぼ同じ顔が採用されたのです。

 


※209系普通列車/総武本線銚子駅にて

さっきまで乗っていた209系ローカルですが、どこか違和感がありませんか?そう、スカートの左側に鳥の死骸が付いています。

どこかでぶつかったかは分かりませんが、もちろん鳥は死んでいました。種類は分かりませんが、ワシかタカの仲間で猛禽類です。おそらく狩りに行く途中で電車とぶつかったのでしょう。

駅到着後、運転士さんに知らせたので、この後に取り除かれました。

 


※銚子電鉄の肉飯弁当

さて、駅を出て昼食タイムです。折角銚子に来たのですから、何を食べるか迷いました(笑。

やっと決めたのが「銚子電鉄の肉飯弁当」で、駅長が鉄道員のために作った賄い食です。

ご飯の上に牛焼肉と味付けゆで卵が載っており、栄養満点です。値段も550円とリーズナブルです。ハチクマライスもそうですが、普段は一般の人の目に触れることが少なかった賄い食が脚光を浴びる時代となったものですね。

昼食後は再び駅へ戻りました。

銚子駅にて

今日は日中、暖かい1日でした。明日からは再び真冬の寒さが戻ってきます。

 


※銚子電鉄2000系/銚子電鉄銚子駅にて

銚子駅では、銚子電鉄の元京王車にも会うことができました。元日に29年ぶりの再会した時は未明だったので、明るい時間での撮影は今回が初です。

京王にいた頃は非冷房でしたが、伊予鉄道への譲渡の際に冷房改造されています。

京王時代は種別札差しがありましたが、伊予鉄道への譲渡時に撤去されています。行先表示機は撤去されましたが、行先サボ差しが銚子電鉄譲渡の際に復元されています。冷房改造されているのと、種別札差しがないことを除けば、ほぼ京王時代そのままです。

ていうか、京王時代は各駅停車の時は黄色札、回送時に「回」の札を差した姿しか見ていなかったと思いますが、30年以上前で私はまだ子供だったのであまりよく覚えていません。

 


※銚子駅JRホーム/総武本線銚子駅にて

いつもは特急は駅舎がある側の1番線発着なのですが、SL運転のため3番線から発車です。2・3番線で同じホームを挟んで209系ローカルと255系の特急が並んで停車していました。

 


※銚子電鉄ホーム

銚子電鉄のホームと駅舎はJRホームにあります。欠き取りホームになっており、この駅舎の奥から発着します。ただし、銚子電鉄側は無人なのでSuica用の簡易改札機があるのみで出入りは自由です。

以前は風車の羽根があったのですが、故障したために現在は撤去されています。

 


※試9421レ/総武本線銚子駅にて

側線にはすでに試運転列車編成が移動していました。次の試運転は翌々日なので、これから整備後にしばしの休息です。

試運転日が2月2・3・5~7日、本運転が9~11日で、4・8日に運転がないのは、乗務員の休養も考えているからなのでしょう。もし5日間連続運転でしたら、乗務員にとっては連続勤務となりますから。

 


※銚子電鉄デハ1000形/銚子電鉄銚子駅にて

2000系が外川方へ去った後、入れ替わりで到着したのは元営団車です。銀座線と丸の内線方南町支線で活躍した2000系で、丸ノ内線風カラーに塗られています。

ただ一つ違うのは、銀のウェーブラインがないことです。また、銀座線及び丸ノ内線は第三軌条から集電する方式だったので、架線から集電するためにパンダグラフが取り付けられています。

撮影後は特急の発車時刻が迫ってきたため、特急に乗車して東京に帰りました。

ゆめぞら

今日は晴れ間が覗きましたが…テレワークで在宅勤務です。まあ、次の土曜日は「カシオペア信州」の撮影ですが、晴れの予報ですしね。

 


1本遅れて乗った電車は通常、六日町止まりで、湯沢へ戻るには乗り換えの必要がありました。しかし、この日は金曜日で、金・土・休日に限り越後湯沢へ延長運転しているので、そのまま直通で戻ることができました。

一般車両とゆめぞらの車体塗色の違いがわかりますね。JR線直通の臨時列車にも使われた他、一般車両と連結して運用されることもあるようです。

そのため、日曜上映の指定列車以外で出会えたらラッキーといえるでしょう。

淀へ戻り、しばしの休息後は夕方に駅で夕食、この日は夜に雨が降ったので宿周辺の外灯巡りさえもできなかったうえ、0時頃には就寝しました。

ゆめぞらシアター

今日は秋晴れが一時覗き、気温も上がりました。午前中はLUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行き、帰りに産卵材を買ってきました。

 


美佐島駅からの帰りに乗った電車はゆめぞらを連結していました。湯沢寄りが一般車両なので、後ろの方へ移動しました。

ほくほく線は全線の7割がトンネルなので、特急が廃止された現在、シアタートレインとしての誘客策ともなっています。トンネル内に入ると室内灯が消え、天井に映像が投影されます。

北越急行の公式HPによると、上映するトンネルは決まっているそうです。美佐島駅がある赤倉トンネルもその一つで、全長は10472m、10km以上に及びます。

赤倉トンネル内での上映時間は5分30秒です。途中の美佐島駅から乗ったので、映像を見られたのは3分強といったところでしょう。

列車は赤倉トンネルを抜け、まもなく魚沼丘陵駅に到着しました。「電車でGO!2」で運転した時もそうでしたが、赤倉トンネルを抜けて魚沼丘陵駅を通過する頃は特急「はくたか」が120km/h制限を受けるところでした。

続く。。。

美佐島駅・後編

今日はヤフオクにて落札したバンダイのいきもの図鑑シリーズ・ノコギリクワガタが到着しました。今月出たばかりの新作ですが、これでオオクワガタが出たらいうことなかったのですが。

 


地上の待合室です。畳敷きで横に横に転がってくつろぐことができます。暖房もあるので冬も暖かく過ごせそうです。

無人駅なのに綺麗に保たれているのは、清掃管理してくれる人がいるからです。

 


ギャラリーです。駅周辺の情報などが紹介されています。

 


階段です。地上から駅ホームへ行くにはこの階段を下りる必要があります。深さは地下10.1mだそうです。

 


電車の時間が迫ってきたので、地下へ下りました。地下にも待合室があり、地上の待合室が閉まっている時間帯は地下で待つ必要があります。

トンネルの中なので湿度が高い筈ですが、除湿運転されているので快適です。

ですが…電車を1本逃してしまい、1時間待ちぼうけを食らいました。扉の手前立たなかったので、開かなかったのです。

 


もう1度地上に出て駅付近を散策しました。…が!見事に何もありません。1日の乗降客がたった5人しかいないのも頷けます。

道路の上は毒蛾の幼虫らしき毛虫を多く見かけました。これに触れたら皮膚炎にもなりかねません。新潟は毒蛾が多いと聞きましたが、危なかったです。

 


駅に戻り、今度はホーム扉の手前に立った(白線の内側)ので、扉が開きました。

やっと帰りの電車に乗ることができ、ホッとしました。