ゆりかもめ前面展望

今日は二十四節気の「大寒」です。立春の前日までが1年で一番寒い時期とされていますが、今年は偏西風が日本付近で北へ蛇行しているため、寒気が流入しにくくなっています。しかも週半ばから月末にかけて菜種梅雨の様な天気が続き、太平洋側では晴れの日が少ないです。

 


昨年11月の社員旅行では宿泊先が台場だったので、期間中は行き帰りや自由行動時にはゆりかもめのお世話になりました。

正式路線名は…

東京臨海新交通臨海線

で、ゆりかもめは愛称なのです。一般の人にはこの愛種名で親しまれています。

2日目の自由行動で群馬県へ「四季島」撮影に行く際、最前部の席に座れたので、前面展望の写真を紹介します。

始発時と終電時を除いて全自動運転となっており、運転士は乗務していません。

お台場海浜公園駅(右写真)を出ると、レインボーブリッジへ向けて軌道がカーブしています。

 


レインボーブリッジは瀬戸大橋と同じく、鉄道と道路の併用橋です。ただし、上は首都高速に対し、下層はゆりかもめだけでなく、一般道路も通っています。歩道もあるので歩いて橋を渡ることもできます。

なお、お台場海浜公園駅~芝浦ふ頭駅間は3.9kmもあり、ゆりかもめでは最長の駅間距離になっています(他は概ね1km前後)。

瀬戸大橋の場合、上が瀬戸中央自動車道、下層が本四備讃線で将来は新幹線も通すことができるよう、複々線のスペースが確保されています。

 


レインボーブリッジを渡りきると、線路がループを描いています。高低差が大きく、勾配を緩和するためにループ線となっています。

ループ線は上越線に2箇所、北陸本線、土佐くろしお鉄道、肥薩線、そしてゆりかもめの6箇所に採用されています。首都圏から一番近いのは上越線ですが、列車本数が少ないうえに上り線だけなので、わざわざ新潟まで行かなくても味わうことができます。

2日目に群馬まで「四季島」撮影に行くのは社員旅行参加が決まってから決定済でしたが、3日目については直前まで考えていなかったんですよね…(^^ゞ

過去にコミケへ行った時、ゆりかもめに乗ったことはありましたが、当時は有明まででした。今は豊洲まで伸び、途中の市場前駅前には豊洲市場が開場しています。昨年、会社の上司が参加した時に豊洲市場へ行ったという話を聞いたので、いつの日か全線走破を果たすべきチャレンジすることになるでしょう。

相鉄・JR相互直通運転開始

今日は相鉄・JR直通線が開業し、相互直通運転が始まりました。開業初日とあいまってfacebook等によると横浜羽沢国大駅は初モノファンで混雑、きっぷも1時間の行列だったそうです。

 


午後、新宿へ行く用事があり、新宿駅の埼京線発車案内では海老名の行先が表示されていました。海老名駅にはJRは相模線が乗り入れていますが、小田急・相鉄の駅とは300Mぐらい離れており、行き来には自由通路を渡る必要があります。

直通列車の種別は「相鉄線直通各駅停車」です。JR線内は各駅停車ですが、そのまま相鉄線内も各駅停車になるのと特急になるものがあります。

相鉄線内に限れば、JR通勤車の「特急」表示が見られます。相鉄の他、京王などの私鉄では通勤車による料金不要特急は珍しくないですが、JR線内では特急列車は専用車による特急料金を徴収する列車だからです。

 


少し時間に余裕があるので、どこか跨線橋から電車を撮れないか?と探し、待つことにしました。

「各駅停車 海老名」の表示でE233系が到着しました。おそらく相鉄線の海老名から戻ってきたのでしょう。相鉄車が来ないか?と期待しましたが、JR車でした。E233系は一般形電車でありながら、乗り入れ先の私鉄線内に限り、特急運用にまで登り詰めたことになります。

東京メトロ線を介して2000番台が小田急線内の急行・準急運用(準急は国鉄時代に国鉄線から消滅)にもついており、埼京線用の7000番台が2例目になります。

 


大久保の方へ行き、タヴァサでインレタを買った帰りにダイヤ改正の宣伝や定期券取り扱いのポスターを撮影しました。

新宿⇔海老名間の所要時間は小田急線の快速急行で45~50分程度、急行でも50分ぐらいなで、JR・相鉄線直通の1時間程度に比べたら前者に軍配があがります。しかし、海老名や大和駅利用者から見れば、ダイヤ乱れ時には代替手段が確保でき、二俣川等の相鉄線沿線からは一部区間を除けば横浜で乗り換えることなく都心へ直通で行けるので、利便性が向上したことになります。

数年後には東急線直通線も開業しますし、相鉄線沿線から新横浜で新幹線に接続できるなど、利便性はますます向上することでしょう。

2年ぶりの青森

只今、2年ぶりの青森遠征です。夜行バスで朝、青森駅前に到着後は浅虫温泉へ向かい、「カシオペア紀行」を撮影しました。

 


※団臨「カシオペア紀行」/青い森鉄道西平内~浅虫温泉間にて

牽引機のEF81はひさし付きの133号機でした。つらら対策で、ひさしがあるのとないのとでは印象が変わりますね。

撮影後は青森へ戻りましたが、津軽線の列車が11時台までないので、朝食後は市営バスで油川へ向かいました。

 


西田沢保育園近くで、数年前には寝台特急「北斗星」と急行「はまなす」を撮影したことがあります。

北海道新幹線開業で特急が廃止されて静かなローカル線に戻った…と思いきゃ、貨物列車が主役になっています。ライフラインを担っていますし、貨物列車は重要であることは変わりません。

夏の雲、秋の雲、田んぼと、季節の変わり目を意識して撮影しました。

青森駅へ戻り、昼食後はバスで十和田湖温泉郷に向かいました。明後日9日まで滞在し、クワガタ採集します。

特急「リバティ会津128号」

今日は午前中、LUMBERJACKへレンタルBOXの虫メンテに行ってきました。避暑中のオオクワガタ♀は元気です。…が!まだ一向に材を齧る傾向がありません。わずかながら木屑も出ているので、これからに期待です。

記念撮影時、恥ずかしがったのか、落ち着きがなかったので、とあるツンデレ女子の名前を付けました。

女の子の名前には新幹線や特急列車の愛称にも使われているものが多く、「みずほ」「のぞみ」「ひかり」「さくら」「こまち」「はるか」「あずさ」「みどり」等が該当しますが、この♀の名前にはいずれも使っていません。逆に男の子に使われそうな名前は少なく、「つばさ」「北斗」「大樹※」ぐらいでしょうか。
※注;東武鉄道の「SL大樹」が該当するが、実際の男の子の名前では「ひろき」または「だいき」と読むことが多い模様。

 

 
宿泊料金を支払い、荷物をまとめて帰る準備をしました。9時30分ぐらいのバスに乗車して会津高原尾瀬口駅へ向かいます。

1時間ぐらいで駅に到着しました。

 

 
お土産を買い、駅へ。憩の家と駅が一体化されており、連絡通路でつながっています。本当の駅舎はこぢんまりとしています。

 


待合室では会津鉄道の鉄道むすめ・大川まあやが出迎えてくれました。

 


11時過ぎにホームへ上がりました。数分後に会津田島からの特急「リバティ128号」が入線しました。

これから北千住まで3時間近い長旅です。

1年ぶりの会津高原尾瀬口駅

今日は飼育個体の餌交換のため、夜間樹液採集はお休みしました。木曜ミステリー「遺留捜査」も見ていたので。

今の時期は採集だけでなく、飼育も大変です。成虫の飼育数は昔に比べると多く、少なくとも20~30頭前後です。2003年にカブトムシやクワガタの採集、飼育を再開して以来15年、猫の手も借りずにやってこれました。好きな虫だからということもあります。

 

 
鬼怒川温泉駅から特急「リバティ会津117号」に乗り換え、13時05分定刻通りに発車しました。鬼怒川公園、新藤原に停車、野岩鉄道区間は各駅に停車し、13時50分に会津高原尾瀬口に到着しました。

下今市以遠で「リバティ会津」が特急なのに各駅に停車するのは、デビュー前日まで走っていた快速、区間快速のスジを引き継いでいるためです。

隣には6050系の新藤原行きローカル列車が停車していました。

 


1年ぶりの福島県です。相変わらず八重たんののぼりが出迎えてくれました。福島県が東北地方で色々と思い出が多いのかもしれません。大雪に閉じ込められたり、オオクワガタが採集できたりと…数え切れませんが。

 


「会津高原駅プラザ憩の家」です。駅に併設されているので、駅舎とよく間違われやすいんですよね。

 

 
駅のすぐ近くに「恋路橋」があります。憩の家で写真があったので気になり、ちょっと行ってみることにしました。

よく見ると赤い紐が欄干に結び付けられています。「橋の欄干に赤い紐を結ぶと恋が叶う」と言われているそうです。自分にはそのような人はいませんし、もう初老のじいさん、耳が聞こえないからとっくの昔に諦めていますが┐(´∀`)┌

また、facebookやLINE等のSNSを悪用して悪質サイトへ誘導する業者も多いので、恋するのが怖くなっているのかもしれません。

 


バスの時間も近づいたので、荷物を持ってバスに乗りました。今夜の宿までは1時間半近い旅路です。

小川駅付近の踏切より

今日は終日曇りで、一時雨が降りました。気温も低く、肌寒い一日でした。

 


帰り道、丁度小川駅に電車が入線していたので、撮影しました。

小川駅は2面4線で、内側を国分寺線、外側を拝島線が使っています。入線したのは、拝島線に間違いないでしょう。

在校時、急行は朝しか見ていなかったですが、現在は終日運転されるようになったのとは大違いですね。急行とはいっても、田無以西は各駅停車で、特急列車以外は途中から各駅停車になる郊外型ダイヤです。

準急も乗り入れてますが、もちろん拝島線内は各駅停車です。ただし、朝夕のみだそうです。

撮影後は再び新小平駅へ向かいました。

北千住駅にて

お盆休みは今日で終わり、明日から出勤です。東京では1日以来、16日連続雨が降りました。原因は2本の偏西風で、北の偏西風が蛇行してオホーツク海高気圧を強めた一方、南の偏西風が例年より南を流れ、太平洋高気圧の張り出しを抑えたそうです。

福島遠征の報告は今日が最終回です。

 


先頭車同士の連結部を通り抜けた際、気になるところがあり、北千住駅到着時に判明しました。

14時すぎ、北千住駅に到着しました。北千住までにしたのは、浅草駅では、つくばエクスプレス、銀座線、浅草線等の駅の位置がそれぞれバラバラで、乗り換えが大変なのと、千代田線から小田急線に直通で帰れることからです。

あの傾斜した先頭形状で幌はどのようにつながっているのか?JR北海道のキハ281・283系、JR東海のキハ85系同様のアダプターが内蔵されていたのです。

 


特急を見送りながら後追い撮影しました。

この後は千代田線に乗り換え、小田急線直通急行で帰途につきました。

下今市駅にて

いよいよ明日から青森遠征です。しかし今年は冷夏のため、天気に恵まれず、悪条件下での採集となることが予想されます。

3年前の2014年は3日間降りやまず、先生から借りたライトトラップが使えませんでした。その再現になってしまうのでしょうか!?

 


すぐに栃木県に入り、鬼怒川温泉駅では大量乗車がありました。3両しかないので、席は大半が埋まりました。

下今市駅では東武日光からの「リバティけごん28号」と連結するため、9分停車します。この時間を利用して駅弁を買うこともできます。

しばらくして「リバティけごん28号」が到着し、慎重に連結作業が行われました。

 


先頭車同士の連結部では幌の連結作業をしていました。JRのE351系やE259系、小田急30000形EXE、60000形MSE等の様に幌は自動連結ではないようです。そのためか手作業です。

まあ、昔ながらの手作業も味があると思いますが。

 


リバティには車内販売がありません。特に「リバティ会津」の場合、浅草から会津田島まで3時間半の長旅になるので、乗車前に食料確保は必須です。

駅の売店で昼食に「日光名物ゆばちらし寿司」を買いました。もちろん、お茶も一緒です。

ご飯の上に湯葉が載っていて、その他には玉子焼き、ボイル海老、椎茸、梅型にんじん、銀杏等が入っていました。

6両編成となり、ここから特急列車らしい走りっぷりとなりました。

大雨の会津高原尾瀬口駅

今日から夏休み、2回目の「山の日」です。3連休(カレンダー上)と重なり、帰省ラッシュピークを迎えています。自分も遠征は明後日からですが。

 


同じ宿に泊まっていた人に車で会津高原尾瀬口駅まで送って貰えることになりました。9時頃に宿を出て、1時間ぐらいで駅に到着しました。

駅に着いて間もなく雨足が強くなってきました。

 


会津鉄道及び野岩鉄道は平常運転とのことでした。東武線直通特急で無事帰れることが確定しました。

駅の待合室に展示されている会津鉄道の鉄道むすめ・大川まあやです。この鉄道むすめシリーズ、鉄道模型メーカーのトミーテックが展開しているんですよね…f(^-^;

 


※東武500系特急「リバティ会津128号」/会津鉄道会津線会津高原尾瀬口駅にて

11時過ぎ、会津田島からの「リバティ会津122号」が入線しました。北千住まで3時間近くの旅です。

「特急」とはいっても、下今市まで各駅に停車します。4月20日まで運転されていた区間快速のスジを置き換えた格好なので、そのまま受け継いでいるといってもいいでしょう。

11時07分、会津高原尾瀬口駅を発車しました。

リバティ初乗車

今日も夕方以降の雨で採集に行けませんでした…もしかすると、今年は関東甲信越地方は実は梅雨明けしていませんでした…なんとことになるかもしれません。

24年前の1993年は7月28日に一旦梅雨明け宣言が出ましたが、2~3日後に前線が再び南下してその後は曇りや雨の日が多くなり、撤回されたのです。その頃の天気傾向に似ているような気がします。

 


※東武500系特急「リバティ会津117号」/会津鉄道会津線会津高原尾瀬口駅にて

鬼怒川温泉駅での接続列車は…なんと!「リバティ会津」ではありませんか。翌日の帰りが初乗車となるどころか、このような形で初乗車になるとは思ってもいませんでした。

「特急」とはいっても、下今市から実質、各駅停車になっています。下今市以北では座席指定しなければ乗車券だけで乗れます。

50分程度で会津高原尾瀬口駅に到着しました。

 


1年ぶりの会津高原尾瀬口駅です。今年も八重たんが出迎えてくれました。

 


駅とは通路を挟んで「会津高原駅プラザ憩の家」が併設されています。

 


14時20分ごろ、「AIZUマウントエクスプレス」が通過しました。今年はしっかり準備したので、慌てることなく撮影できました。

沼山峠行のバスに乗り換えて今夜の宿へ向かいました。