横川駅にて

今日もテレワークで在宅勤務でした。前職だったらテレワーク環境が整っていないため、月末までそのまま休業だったということになるでしょうね。

しかし、ディスプレイのトラブルは未だ原因が特定できていません。USBケーブルを差し込むと、外付けHDDに対する操作を要求されるため、デバイスを認識できていないのかも知れません。昔はPCがひとたびトラブると、復旧まで3日かかったことがありました。

 


※快速「DLレトロ碓氷」/信越本線横川駅にて

後続の電車で横川駅に着いたのがお昼近い時間でした。本来ならすぐにでも昼食にしたいところですが、一度改札を出ると、再入場するには入場券が必要なので、撮影してから出ることにしました。

まずはDL側からです。いつ、211系が転入してくるかわからないので、今のうちに115系電車との並びを撮りました。

 


※SL快速「SLレトロ碓氷」/信越本線横川駅にて

反対側にも回ってSL側も撮りました。ヘッドマークのデザインは先月と変わっていません。逆光のうえ、SLが黒いので露出補正には苦労し、なんとか意地で撮影しました。

撮影終了後は改札を出て昼食タイムにしました。

新緑と妙義山バックの「DLレトロ碓氷」

GW明けと同時に国による緊急事態宣言の延長初日を迎えました。今日は出勤者が連休前よりも多かったようですが、テレワークで在宅勤務でした。しかし、朝からトラブルに見舞われ、午前中はトラブルシューティングしながらとなりました。

しかしながら、原因は特定できないものがあり、引き続き解決策を模索するしかありません。

2013年GW初日は横川へ行って来ました。来年のGW明けで旧ブログを廃止すると、HTML化する前に消えてしまうことが想定されるので、再掲という形での報告となります。

 


※快速「DLレトロ碓氷」/信越本線松井田~西松井田間にて

GW初日は信越本線へ「DL/SLレトロ碓氷」の撮影に行ってきました。D51が全検のため、6月まではC61だけで日程をこなしていますが、D51のボイラを使用していてパワーはあるのに、2軸従台車による軽軸重(D51は14.63t、C57は13.96t、C61は13.7t)が災いして急勾配を上れないため、横川行きはDLが牽引します。

高崎線で高崎まで行き、信越線に乗り換えて1駅手前の西松井田で下車しました。

新緑が美しい季節なので、松井田方へ戻って鉄橋を渡るところに狙いをつけました。丁度、妙義山も見えます。

カメラをセットしてスタンバイ。予想通過時刻は10時35分ごろと読んでいましたが、なかなか来ません。まだか、まだか…!と気をもみつつ、やっと通過してきました。客車編成が6両なので、全編成は入りませんでした。

 


※快速「DLレトロ碓氷」/信越本線松井田~西松井田間にて

カメラを右に振って撮影したところ、全編成が入りました。スピードが遅かったのも幸いでした。

撮影後は後続の電車に乗って横川駅へ向かいました。

DE10牽引の「DL奥久慈清流ライン号」

今日は気温が高く、日中は時折雨が降りました。明日からは再び冬型気圧配置になるそうです。

今回の水郡線SL本運転は12月5~7日で、5日は有休を取得して「第18回総合写真展」の表彰式・懇親会に出席していました。試運転も撮影しているので、本運転は最終日の7日に出撃しました。

 


※快速「DL奥久慈清流ライン号」/水郡線下菅谷~後台間にて

上野7時30分発の特急「フレッシュひたち5号」に乗る予定でしたが、寝坊してしまい、30分後の特急となることが決定的でした。

ところが、えきねっとで購入前の特急券を変更しようとしたら不具合が発生し、新宿駅での指定席券売機もNGでした。みどりの窓口で申し込み用紙に記入し、事情を話しました。

上野8時丁度発の特急「スーパーひたち7号」で発ち、水戸で水郡線に乗り換えました。

時間から試運転時と同じ場所で迎え撃つことにしました。すでに同業者でいっぱいでしたが、空き場所を見つけて場所確保。

10時13分ごろ、DE10を先頭に「DL奥久慈清流ライン号」が通過しました。

撮影後はすぐに撤収し、食料を買ってから駅に戻り、列車で常陸大宮へ向かいました。

「DL奥久慈清流ライン号」試運転

今日は録画しておいたGF(仮)第9話を観ることができたので、アニメサイドストーリを開放できました。でないと、話のつながりが分からないからです。

水戸には1時間19分で到着、ここから水郡線に乗り換えです。

 


※キハE130系普通列車329D/水郡線後台~下菅谷間にて

後台で途中下車し、前回(2012年)と同じ踏切へ向かいました。オーバークロスがあり、雨が時折降る天気だったので、雨宿りで退避できるとの判断からです。

まずは前哨戦としてキハE130系の普通列車を後追いで撮影しました。

 


※試9836レ/水郡線下菅谷~後台間にて

雨が降ってきたので、カメラを三脚から外して一旦、橋の下へ撤収しました。

10時過ぎに傘を差しながらカメラを三脚に取り付け、試運転列車を待ちました。

同13分ごろ、DE10先頭で「DL奥久慈清流ライン号」の試運転列車が通過してきました。もちろん、ヘッドマークはありません。

むしろ、自分にとっては試運転の撮影はロケハンと当日の行動パターン模索の意味合いも兼ねていますが。

このアングルで撮影すると、SLがほとんど目立たないので、ローカル線での客車急行または快速列車を撮っているみたいですね。もっとも、被牽引客車の12系は急行用に製造されましたが。

撮影後は後台駅に戻り、後続の列車で常陸大宮へ向かいました。

【速報】「DL/SL奥久慈清流ライン号」

今日は水郡線へ「DL/SL奥久慈清流ライン号」の本運転撮影に行ってきました。先週の試運転時にも撮影していますが、試運転と本運転の撮影では性格が違います。

まず、試運転時はヘッドマークが付かず、客車には関係者を除いて乗客はいません。ただし、沿線住民を対象として試乗会として乗客を乗せることがあります。

ですが、試運転時の撮影にはある重要な意味があります。それは…初めて撮る路線ではロケハンも兼ねています。2012年の内房線から試運転時も積極的に撮る様になっていますが、東北本線郡山~福島間、飯山線、成田線でも試運転時にロケハンを兼ねて撮影に行ったおかげで、本運転時に撮影地選びで迷うことがなくなっています。

今回の水郡線は2年前にも撮影していますが、牽引機がC61になっています。そのため、C61は今回が初入線とあって試運転日が5日間設定され、そのうち1日が土曜日なので撮影に行くことができました。

 


※快速「DL奥久慈清流ライン号」/水郡線下菅谷~後台間にて

上野8時丁度の特急「スーパーひたち7号」で発ち、水戸から水郡線に乗り換えて後台で下車しました。試運転時と同じ踏切に着くと、すでに撮影者で一杯でしたが、何とか場所は確保できました。

10時13分ごろ、ヘッドマーク付のDLを先頭に「DL奥久慈清流ライン号」が通過しました。

撮影後、駅近くのショップで食料を買い、後続の列車で常陸大宮へ向かいました。常陸大宮止まりだったので一旦下車し、更に後続で玉川村へ向かいました。

 


※SL快速「SL奥久慈清流ライン号」/水郡線玉川村~野上原間にて

最終的には16年前に俯瞰撮影した辺りで撮影を決め、今回は地上戦としました。玉川村での撮影は1998年のC58「SL奥久慈号」以来、16年ぶりです。

16年の歳月で当時の撮影地の記憶は薄れましたが、木々が伸びてきた様に感じます。当時、私は20代前半だったのが今はもう40代ですから。

始めは晴れていましたが、次第に雲が広がってきました。おかげで空を白く飛ばさない様、苦労したことが…(><)

曇り空が入ると難しくなるものですね。。。。

13時23分ごろ、15.2‰の勾配を力行しながらC61牽引の「SL奥久慈清流ライン号」が通過してきました。

C61にとっては復活後初めての非電化路線走行。今後、C61が非電化路線を走ることはあるのでしょうか?陸羽東線(最急勾配18.2‰)や釜石線(同25‰)は勾配の関係で不可能ですし、残りは磐越西線?

C61の場合、D51と違って急勾配には弱いので、走行可能な非電化路線は限られるでしょう。

詳しい報告は明日からとさせていただきますので、ご了承ください。

【速報】2014年水郡線試運転

今日は水郡線へ「DL/SL奥久慈清流ライン号」試運転の撮影に行ってきました。今回、水郡線の全通80周年を記念し、C61にとっては復活後初の非電化路線走行及び初入線なので試運転日が5日間あることが重なりました。

どうやって試運転日の情報を掴んでいるのか?というと、インターネットは勿論のことですが、地元新聞の報道や沿線自治体のHPに公表されることがある他、市販の時刻表で定期列車の時刻変更があれば、試運転日が分かります。ただし、2,3分程度の時刻変更は黙殺される場合があるそうです。この場合、運転路線の駅での掲示程度にとどまります。

ただし、自分が試運転を撮影するのは、SL撮影が初めての路線に限られます。試運転日が5日あるということは、前週の土日にも運転される可能性が高く、休暇を取得しなくても撮影できるからです。でも、有給取得日数が年間10日に満たず極端に少ないですよね…σ(^_^;)

 


※試9836レ/水郡線下菅谷~後台間にて

上野7時30分発の特急「フレッシュひたち5号」で発ち、水戸で水郡線に乗り継ぎました。

2012年と同じく、後台で途中下車し、撮影地の踏切に向かいました。雨が時折本降りになり、橋の下で雨宿りしました。

10時15分ごろ、DE10先頭で試9836レが通過しました。本番では「DL奥久慈清流ライン号」になります。

撮影後はfacebookに投稿し、後続の列車で移動しました。常陸大宮止まりなので、更に後続を待つことになり、12時23分に到着。

撮影地を目指し、最終的には16年前と同じく、鉄橋を撮ることにしました。

 


※試9839レ/水郡線西金~上小川間にて

時間があったので、場所確保してから駅前に戻り、商店で食料を買いました。食料を買って戻り、食べてからカメラをセットしました。この頃にはもう雨が上がっていました。

16年前よりはやや常陸大子寄りですが、この際に紅葉が残る手前の木を入れてみることにしました。いわゆる“逆転の発想”です。16年前だったら思いつかなかったかも知れません。

しかし晴れたり曇ったりで天気が落ち着きません…。通過直前に曇って少々あわてましたが、何とか逆光の雰囲気は残ってくれました。

撮影後は早足で駆けながら駅に戻りました。

 


※試9839レ/水郡線上小川駅にて

駅には10分足らずで戻ることができ、対向列車との交換待ちで停車中のSLを撮ることができました。

この後、水戸行きの列車に乗り、水戸からは特急「スーパーひたち46号」で東京に帰りました。

本運転は12月5~7日で、最終日の7日に出撃予定です。ヘッドマークが付くので、ヘッドマークが写せるポイントを探さなくてはいけません。16年ぶりの場所を探すか、新たな課題ともいえるでしょう。

2012年水郡線試運転

明日は水郡線で「DL/SL奥久慈清流ライン号」試運転の撮影です。今回はC61が使用されるので、2011年の動態復活後初めての非電化路線での運転です。

2012年、14年ぶりに運転されましたが、この時はC11でした。試運転も撮影しているので、参考に紹介します。

 


※試9836レ/水郡線下菅谷~後台間にて・2012年11月24日撮影

今回も2012年と同じく、常陸大子始発で、水戸行きはDL牽引です。今回は水戸行きのダイヤが変わっており、前回よりやや繰り下がりました。その分、少しだけアクセスが楽になりましたが、上菅谷以北での撮影は厳しいです。

今回も前回同様、上り列車は2年前と同じ場所で撮ることが予想されます。

 


※試9839レ/水郡線下小川~西金間にて・2012年11月24日撮影

復路の下り列車はSL牽引です。1998年にC58で運転された時は水戸始発で、常陸大子の転車台を使用して方向転換し、水戸に戻りました。

水戸には転車台がないため、水戸到着後は翌日の未明から早朝にかけて一旦DL牽引で回送し、方転したそうです。

今回も常陸大子の転車台は使われないそうで、前回と同じ運転形態となります。

明日は天気があまり良くないため、復路の下り列車は上小川での撮影が濃厚になりそうです。

C61復活後、初の非電化路線走行です。どんな絵ができるでしょうか?

【速報】「SL/ELSL福島プレDC号」

今日は「SL/ELSL福島プレDC号」撮影のため、福島県へ行きました。今回運転されるのは東北本線郡山~福島間で2012年7月以来です。

前回は試運転が5日間あり、前週の土日も含まれていたので撮影ができましたが、今回は23・25・26日の3日間で平日のみなので休暇を取るのが難しく、ぶっつけ本番での撮影となりました。

会社の同僚からは「写真、ぶっつけ本番だと緊張しますね」と言われました。

 


※SL快速「SL福島プレDC号」/東北本線日和田駅にて

東京駅7時32分発の「やまびこ125号」で発ち、郡山で在来線に乗り換えてまずは日和田駅にて撮影することにしました。

前回の場所はポジョンが一杯だったので、今回はホーム上から狙うことにしました。

前回同様、日和田駅通過時に煙が出ましたが、今回は薄めでした。この先、最初の停車駅である本宮駅で追い抜かれるダイヤなので、後続の電車で安達へ向かいました。

 


※SL快速「SL福島プレDC号」/東北本線安達~松川間にて

安達では、福島方の跨線橋で撮影しました。撮影者がいっぱいでしたが、奇跡的に場所確保できました。

駅から15分程度で、SL通過まで余裕があったのもよかったでしょう。2度目は爆煙を撮ることができました。

 


※快速「ELSL福島プレDC号」/東北本線南福島~金谷川間にて

福島到着後、昼食と休憩を兼ねて2時間ほど滞在しました。その間に会社の同僚が教えてくれたお土産を探し、同じものを買うことができました。

帰りの列車は金谷川駅から福島方の踏切で撮ることにしました。

画角が厳しいので、縦位置構図で撮ることに。前回は貨物列車が3本も先行して通過しましたが、今回は1本も来ませんでした。ダイヤ改正で変わったみたいです。貨物時刻表を買って調べるべきでしたね。。。

こうなると一発勝負になります。辛うじて撮ることができました。

帰りは松川で追い抜かれるダイヤですが、追いかけ撮影にはちょっと厳しすぎるので、この後は郡山で後続の電車に乗り、「やまびこ52号」で東京へ帰りました。

詳細の報告は週明けからです。ただし、夜間採集シーズンのため、不定期連載になる可能性がありますので、ご了承ください。

試運転

今週末は福島です。SL撮影を前に会社で福島出身の同僚にお土産で戴いたお菓子の名前を教えて貰いました。ただし、同じ福島県でも、その人の出身地とは違いますが。

福島に到着して昼食後、折り返しの列車に乗るまで時間があるからです。

今夜も一時雨が降ったため、夜間樹液採集には行けずじまいでした・・・。

今回はぶっつけ本番となりますが、前回運転の2012年7月には試運転も撮影しています。初めての撮影ですから、どこで煙が出るかは撮影ポイントは分かりません。ロケハンも兼ねての撮影でした。

2012年当時はC61が復活して初めての運転だったので、運転士が線路や信号等を覚えるために5日間の日程が組まれ、土日も含まれていたので撮影ができました。千葉や水郡、飯山の時も同様です。

 


※試9451レ/東北本線松川~金谷川間にて・2012年7月21日撮影

過去、東北新幹線の撮影時、わざわざ郡山で在来線に乗り換え、日和田や南福島で途中下車はしましたが、沿線のポイントは特に注意はしていませんでした。

複線・電化の際に勾配緩和で上下線がセパレートしている区間があり、セパレート区間を中心に攻めるしかないな…と考えていました。

ですが、どこで撮ったらいいか無知だったので、金谷川まで行き、大カーブで狙ってみることにしました。有名撮影地ですが、選択はこの時に誤っていました。

下り勾配のため、煙が出ていないのです。試運転撮影時のしょっぱなからスカを食らいました。

 


※試9452レ/東北本線南福島~金谷川間にて・2012年7月21日撮影

新幹線をはさんで上下線がセパレートしている区間ですが、勾配がきついのと福島にターンテーブルがないため、ED75が牽引しています。

試運転時はヘッドマークがありません。ヘッドマーク無目当てで試運転を撮るファンも少なくないです。

このロケハンを兼ねた撮影結果を反映し、本運転時は別の場所で撮影しています。

お菓子の名前を教えてくれた同僚は「ぶっつけ本番ですと緊張しますね」と言っていましたが、2012年に試運転と本運転を1回ずつ撮影しているので、ある程度は撮影地を覚えています。

ていうか、若い頃はほとんどぶっつけ本番で撮っていましたけどね…f(^_^;;

「SL/ELSLふくしま復興号」

いよいよ、来週は東北本線郡山~福島(~東福島/回送)間でSLが運転されます。来年の福島DCに向け、プレイベントして運転されます。

2012年7月28・29日にも運転されており、撮影は試運転を含めて3度目になります。今回も試運転撮影を考えていましたが、試運転日は23・25・26日の3日間でいずれも平日のうえに休暇を取るのが難しく、本運転の一発勝負となります。

 


※SL快速「SLふくしま復興号」/東北本線日和田~五百川間にて・2012年7月29日撮影

日和田駅を通過後も続く勾配に挑むべく、力行を続ける「SLふくしま復興号」です。

この後は後続の電車に乗り、松川まで先行しました。途中でSLが追い抜かれるダイヤだったので、列車利用でも追いかけてもう1度撮影が可能でした。

 


※SL快速「SLふくしま復興号」/東北本線松川~金谷川間にて・2012年7月29日撮影

黒煙を吐きながら力行する「SLふくしま復興号」。煙の流れから勾配は概ね10‰前後です。

後続の電車で追い抜き、2度目の撮影地に選んだのは松川です。勾配緩和のため、上下線がセパレートしており、単線区間の様な雰囲気で撮ることができました。

 


※快速「ELSLふくしま復興号」/東北本線金谷川~松川間にて・2012年7月29日撮影

復路は福島にターンテーブルがないのと、急勾配のため電気機関車が牽引です。SLは逆向きでほとんどぶら下がりですが、ファンサービスのためか煙を出してくれました。

この場所は前回運転時、かなりの数のファンが集まっていました。今回は鉄橋を俯瞰ではなく、下からの撮影も考えています。

前回運転時に撮影したからといって、今回も同じ様な写真が撮れるとは限りません。本運転の一発勝負ですが、今回はどんなデザインのヘッドマークとなるでしょうか。