2本目のクラフトウッド到着

今日は平成最後の皇太子誕生日です。皇太子さまは59歳の誕生日を迎えられました。

来年から天皇誕生日に変わります。その代わり、現天皇誕生日の12月23日は“上皇誕生日”になりますが、祝日ではなくなります。これは天皇と上皇の二重権威回避の面からで、政府の判断は正しいといえるでしょう。

 


ヤフオクで落札した2本目のクラフトウッドが届きました。

 


プチプチで梱包されており、包装を解くと…出てきました。おまけなのか底板?も付属しています。

 


ほぼ中央部に洞が口をあけています。この穴からオオクワガタが出入りする…想像しただけでワクワクします。

洞の大きさからして、77mm以上の大型個体が羽化した時のためにとっておくとしますか!?今やオオクワガタ90mm時代ですが、目標はあえて82mmとしています。

オオクワガタが入居する日は来るでしょうか!?

2本目のクラフトウッド

今日から本格的に花粉シーズンに突入、今季初のマスクをしての出社となりました。

 


ヤフオクにて2本目のクラフトウッドを落札しました。森兵衛の三本木クラフトウッドです。

予備確保の名目ですが、今春以降に羽化して来るであろう大型♂個体の隠れ家を今のうちに確保しておきたいからです。今は入手困難の稀少品で、出品者がコレクション整理のためだそうです。

これでクラフトウッドと鍬洞を合わせて4つになりました。今シーズン、実際にレイアウト飼育で使うのは1つになりそうです。♀やコクワガタは別タイプものの用意が濃厚でしょう。

レイアウト飼育時、どんなレイアウトになるのか?それは改元後のお楽しみということで(笑。

水作コレクターズ小型水槽

今日は二十四節気の雨水で、全国的に気温が上昇、一時雨も降りました。明日は季節外れの暖かさになりそうです。

会社では同僚が数人休み、自分のチームでも2人休んでいたので5⇒3人になって仕事がちょっと大変でした。まだ風邪が流行しているから油断は大敵ですね。

3年前の今日は多摩センターで歓送迎会がありました。転職前最終出勤日の1週間前でした。当時の写真を見ると、女性2名に囲まれて写っているのがありました。しかも自分が貰った花束、1月末に別チームの同僚が退職する際に新宿で買ったのとほぼ同じです。なんとまあ、皮肉なものです。。。

転職前の職場は男性オンリー、今は女性30人弱の中に男性1人、この差はなんでしょう?(笑

会社帰りに中野のドルクスグッズに行ってきました。むし社もありますが、現在入居しているビル解体で移転が決まっているそうです。移転先は中央線沿線を予定しているとのことです。

買ってきたのは「水作コレクターズHIGHホワイト小型水槽」です。

 


値段は2150円(税抜き)でした。しかし、メーカーサイトによると希望小売価格は3000円(税抜き)なので、3割近くも得したことになります。

 


2012年には同じタイプのブラックを買っていたので、7年ぶりの増備になります。

当時かったのは「ビバリア」という名前でしたが、今は廃盤になった模様です。

上のキャップが透明になっている以外は全然変わりません。春になったらオオクワガタのレイアウト飼育が始まりそうなので、慌てなくても済むように買っておいて正解です。

 

アフィリエイトを貼っておきますので、興味のある人は是非クリックしてください。

 

鍬洞

3連休初日は雪の影響が懸念されていました。朝起きた時はあまり降っておらず、夕方から夜にかけて降り、芝生にうっすら積もってきました。

明日の昼までには消えてしまうでしょうね。

 


日中はメタルラックの組み換えを行っていたので、夕方に宅配センターで荷物を引き取ってきました。

 


ヤフオクで落札した洞付き止まり木です。左が「鍬洞2019-003」、右が「鍬洞2019-001」です。オオクワガタは樹洞性なので、隠れ家&餌場を兼ね備えた理想の飼育アイテムです。

上には餌ゼリーをセットできる穴があり、16gワイドゼリーに対応しています。

 


裏返すと洞の内部も作りこまれています。必要以上に大きく彫り込まれず、隠れ家として必要最小限のスペースを取っているので、自然に近い感じです。

これで洞付き止まり木は3つになりましたが、今後羽化して来る大型♂や予備確保を考えてのことです。実際にクワガタが入居し、使用開始するのはまだ先の話です。

 

出品者によると最大85~88mmまで対応できるとのことですが、今はオオクワガタ90mmオーバーの時代です。同じ樹洞性でもコクワガタには過剰すぎるので、別の家を用意することになるでしょう。

テラリウム落札

今朝、ヤフオクにてテラリウムを落札しました。終了時間が朝で、他の入札者がいなかったのが幸いでした。

 


落札したのは「森兵衛 地球箱と三本木のセット クワガタ テラリウム」です。森兵衛の三本木は入手難でなかなか手に入るものではありません。

野生下でのオオクワガタは樹洞性ですし、クワガタの故郷を再現できます。現在、冬眠中なので届いても実際に使用するのは4月以降になりそうです。

ただし採集したのは東北地方の山奥で、樹液採集が困難なため灯火採集が主流なのはいうまでもありませんが。