撮影ボックス

今日は大気の状態が不安定で、一時雷雨になったりもしました。

 


夜は夜間採集に行けないので、先日ダイソーで買った材料を組み立ててみました。ダイソーで買ったのは、「組み立てラックシリーズ」のフリーマルチパネル5枚、連結ジョイント2パック(8個)です。ライトは「9SMD&1LED」3個で、乾電池は5本セット2つです。

 


パネル同士はジョイントで連結します。

 


完成した撮影ボックスです。模造紙はパネルの幅に合わせてカット、マスキングテープで止めています。3か所からライトを当てて撮影です。

 


スズメバチガシャポンのオオスズメバチで試し撮りです。まずは飛行モードです。

 


警告&攻撃モードです。針を出していないのが警告、出している方が攻撃モードです。コンデジだと、ちょっと暗い感じですね。ストロボ発光させていなかったからでしょうか。ストロボの光を直接当てるとかえって暗くなることもあります。

 


両サイドのライトの光を当て、一眼レフにて露出補正して撮影しました。一眼だと違いますね。実はストロボ発光させていますが…

 


ストロボの発行部を天井に向けています。天井にバウンドさせることで、光を柔らかくしたのです。ただし、縦位置構図では無効の様ですので、別な方法を考えなければなりません。

 


使用後はばらして収納できます。

これからはヤフオクに出品する際の商品写真撮影はこの撮影ボックスで行うことになります。ネット通販サイトでよく見る商品写真は無背景なので、これに近いイメージで撮影が可能になるでしょう。

ダイソーで売っている材料でこれだけしっかりした撮影ボックスができるのですから、100円ショップも捨てたものではないですね。

菌糸詰め

9月前半を想定している新潟遠征の日程がほぼ固まりつつあります。

今日はミヤマクワガタ産卵セットの材購入を兼ねてLUMBERJACKへレンタルBOX虫メンテに行ってきました。

ミヤマクワガタ♀3頭の生存を確認後、1階の店舗で材と菌糸ブロックを買いました。

 


菌糸ブロックはLUMBERJACKオリジナル菌糸が欠品中のため、月夜野きのこ園の菌糸ブロックを買いました。

 


ブロックを崩し、瓶に詰めました。新しく作ったのは11本で、新潟産6頭と青森産5頭を合わせて数が合います。

菌糸が再生するまで、1週間かかりますので、菌糸投入は来週になります。

しかし、青森産5頭はまだ持参すらしていません。幼虫がまだ小さいのと、酷暑続きでしたからね…(´・ω・`)

9月になれば少し涼しくなるので、5頭とも、無事に生きているのでしょうか?6月下旬から2か月間ずっとテレワークで、仕事中に暑いときはクーラーを入れていましたし。

スズメバチガシャポン

今日から4連休、午後になってようやく楽天市場で発注したスズメバチガシャポンが届きました。

 


宅配便は60サイズで、荷物を開梱してみると、ガシャポンが3つ入ってました。コンプリートセットで発注していたのです。

 


まずはクロスズメバチから組み立てました。本物は2cmぐらいの小型種です。旧フィールドでは数が少なく、高校時代には2回しか採集例がありません。「ジバチ」ともいい、幼虫や蛹は食用になるので、長野ではよく食べられているそうです。

 


次はキイロスズメバチです。本物と違って毛がないです。本物は北海道に生息するケブカスズメバチの本州以南亜種となっており、「キイロスズメバチ」の亜種和名は広く一般にも浸透しています。

人家の軒下など様々な場所に営巣し、都市部にも適応しているので、刺傷例が最も多いです。

オオスズメバチとの対決シーンを再現したく、アタックモードで組み立てました。

 


真打ちは…オオスズメバチです!!

日本で最も大きいハチで攻撃性が高く、非常に危険な種類です。女王バチで体長は5cmオーバーになるので、こんなのに刺されたらただでは済みません。

実際にガシャポンやった人の話ではレアだそうです。

 


オオスズメバチとキイロスズメバチを対峙させて対決シーンを再現してみました。青バック内に入りきらないみたいですね…。

 


バックを変えて撮影してみました。空中戦に見えなくもないですね。オオスズメバチは秋になるとキイロスズメバチやミツバチの巣を襲撃することでも知られています。

スズメバチがスズメバチを攻撃…信じられないかもしれませんが、オオスズメバチは繁殖力の強いキイロスズメバチが増えすぎないようにする役割も持っています。キイロスズメバチにとってオオスズメバチは天敵でもあるのです。

本物は怖いのに、フィギュア化されると人気が出るのは分からなくもないですね…。

ガシャポンでダブっても当たりですので、一気にコンプリートできるとは思ってもいませんでした。

スズメバチガチャ

明日から4連休です…が!!本来は24日が東京オリンピック開会式なのですが、コロナ禍のため来年に延期されました。まだワクチンも治療薬もないため無事開催できるかはわかりません。

新型コロナウイルス感染拡大の影響をうけ、東京都民は外出自粛を要請されているため、無駄に長い4連休になりそうです。

 


楽天市場にて昨夜、話題のスズメバチガチャを発注しました。本物は怖いのに、本物そっくりで精巧にできていることが話題となり、人気があるそうです。

オオスズメバチ、キイロスズメバチ、クロスズメバチの3種が全て揃ったコンプリートで、「あす楽」により明日(7/23)に届く予定です。

本物同様、腹の先から針を出し入れ可能であり、18か所可動なので、飛行モード、アタックモードの再現が可能とのこと。ということは、オオスズメバチvsキイロスズメバチの対決も再現可能ということになります。なぜなら、オオスズメバチは秋になるとキイロスズメバチの巣を攻撃することでも知られています。

スズメバチがスズメバチを攻撃…実はオオスズメバチは繁殖力の強いキイロスズメバチが増えすぎないようにする役割を果たしているともいえるでしょう。

スズメバチをむやみに怖からず、共存する道を探っていくことも大切でしょうね。

アウトドアBOX

今日、灯火総研に発注していたアウトドアBOXが届きました。ヤマト運輸での発送だったので、最寄りのネコサポセンター止めにして貰い、引き取ってからトランクルームへ持って行きました。

 


荷物を開封すると…大きなプラスチック製の箱が出てきました。アウトドアBOXで、福島遠征時の宿でライトをレンタルしているのと同じものです。

 


ダンボール箱から取り出したアウトドアBOXです。灯火総研のHPによると、ケース外装は幅41cm×奥行き31cm×高さ32.5cm、内寸は幅30cm ×奥行22cm×高さ28.5cmの20L容量です。

 


バッテリーとライト本体を一緒に入れたところ…無理なく入りました。昨年の青森での反省を生かし、これなら楽に持ち運びができます。ただし、三脚は別に持つ必要がありますが…。

今季は未定ですが、青森遠征時に宿から採集場所までの持ち運びが楽になるのはいうまでもありません。

遠征まで2週間、あとは何かしら加工が必要になります。遅くとも来週までに先に発送しておかないと間に合わない可能性もありますので…。なにぶん交通不便な山奥ですから。

HDD⇒SSD換装

本日、ようやくPCのHDDをSSDへ換装しました。この結果、立ち上げが早くなり、動作も快適になりました。今のところは元のHDDと同容量(1TB)ですが、いずれは大容量(2TB以上)に換装しなければなりません。

 


買ってきたのは、ロジテック製のHDD/SSDスタンドです。クローン作製機能も備えており、PC無しでドライブをコピーできます。

専用ソフトでPCに接続したままコピーもできなくもないですが、よくPCがフリーズする現状を考えると、途中で作業が中断してしまう危険もあり、PC無しでドライブを複製できる機器が必要との結論に達しました。

 


箱の中身です。本体とケーブル、取り扱い説明書です。

 


PCからHDDを取り出しです。赤枠の中がHDDです。数年前にPCのHDD入れ替えをやったことがあるので、今回も手慣れていましたが、初心者がやるのはおすすめできません。経験者か、専門業者に依頼しましょう。

 


スタンドにHDDとSSDをセットし、複製作業開始です。クローン元とクローン先のセット先を間違えないように注意しましょう。説明書を読むのが一番です。もし間違えると、データが消えてしまいます。

不良セクタがあったため、スキップしながらで複製には4時間近くかかりました。複製終了後にSSDをPCへ取り付けて元どおりに組み立てて完成です。

そして電源ON…成功です!!起動が早くなりました。感動の一瞬です。

しかし、Windowsアップデートには失敗していますし、本当の復旧作業はこれからです。

3本目の鍬洞

今日はテレワーク中にPCトラブルがあり、夕方のは深刻で残業になってしまいました。

通常、残業はないのですが、PCが落ちるなどトラブルを起こすと、復旧のために残業が発生します。通常、残業は上司の命令下で行いますが、PCトラブルはいつ起こるかわからず、突発的に発生するのは致し方ないとして、上司も同僚も認めています。

来週の月曜日は休暇を取得したので、実質3連休の間にHDDをSSDへ換装するなどの復旧作業をサクッと進めてしまいましょう。

 


昨日、ヤフオクにて落札した鍬洞が届きました。昨年に2本落札しているので、3本目となります。

オオクワガタの観賞飼育のためです。自然下では樹洞に隠れていることが多いので、自然に近い形で飼育するには格好のアイテムです。

今後、桃子血統のものが羽化し、新潟・青森産も加わると、必要なアイテムも増えてくることでしょう。しかし、焦ることはありません。新潟・青森産から採卵し、幼虫を育てて来夏に羽化しても、成熟は再来年になります。すなわち、まだ2年の余裕があります。

飼育スペースの問題もあり、夏の猛暑対策もそれなりに考えないといけないでしょうね。

SSD購入

今日も出勤でした。2日間の出勤でPC復旧作業の際に診断を行ったところ、原因を一つに絞り込むことはできませんでした。熱暴走の可能性は否定できず、新機種への入れ替えまではだましだまし使い続けるしかないとの結論に達しました。サーバー用PCとは耐久性も異なりますし、サーバーは目玉焼きを作れるぐらいの熱を持っているので、耐久性・耐熱性も求められ、冷却も欠かせないそうです。

机上の配置も少し気を使うだけで放熱効率は上がりますし、CPU放熱ファンの吹き出し口に埃が溜まっていないかのチェックも必要でしょう。そのように上司に報告しました。

 


明日からテレワークですが、自宅PCの動作が遅く、不安定なので会社帰りにヨドバシカメラでSSDを買ってきました。メーカーはアメリカにあるサンディスクです。会社で使用しているPCに入っているものと同じです。

1TBで13000円の出費は痛かったですが…。クローンを作らなければいけませんし、明日仕事が終わったらそのような機器をかうしかないです。動作が不安定な現状、高速クローン作製機器が有力でしょう。

テレワークは自宅ノートPCに過大な負担をかけてしまったので、何らかの改善策を講じるしかなく、SSDが罰本的改善につながることを願ってやみません。

ダイヤ改正・3種の時刻表

今日はJRグループダイヤ改正です。通勤で利用している小田急線も同時にダイヤ改正を実施しました。土休日日中、13~16時台の多摩線直通急行が多摩線内各駅停車となりました。急行の停車駅は変わっておらず、新百合ヶ丘で種別変更を行います。

永山・多摩センターは平日朝ラッシュ時以外、京王が優勢なので、急行が停車しないうえに京王とは無関係のはるひ野・黒川・五月台駅利用客を取り込もうという策なのでしょう。一昨年の複々線化完成で新宿までの通勤手段を京王から小田急に変えた1人ですが(^^ゞ

 


夕方、新宿の紀伊國屋書店へ行き、貨物時刻表を買ってきました。文字通り、貨物列車の時刻表です。元は国鉄時代の内部資料で、今のような書籍の形になったのは40年前だそうです。

本来はトラック会社等向けで、もちろん業務用です。最寄りの貨物駅まで荷物を運ぶ際、荷受け締切時間が決まっているので、それまでに発送しなければならないからです。もし、締切時間に送れたら、次の列車が来るまで載せることができないだけでなく、業務スケジュールが狂う等の影響がでます。

また、列車が到着後に取り卸された荷物の引き渡しもあり、時間も決まっています。そのため、トラック会社にとっては、貨物時刻表は業務用として必要なのです。

そのため、個人で買うのは貨物列車を撮影する鉄道ファンに限られています。貨物列車のダイヤが分かるので、撮影するのに欠かせないといったところですね(^^ゞ

寝台列車がほぼ絶滅した今、これからは貨物列車も真面目に撮影しよう…と考えているので、撮影のお供に携帯することになりそうです。

 


貨物の他、JR時刻表、小田急時刻表の3冊になりました。貨物時刻表は2500円(税込)で結構高かったです。JR時刻表が1205円(税込)なので2倍以上します。小田急時刻表は627円(+税)でした。3冊で4400円近くの出費です。

貨物と小田急は1年間使えることを考えれば、よしとしましょう。JRの時刻表は季節ごとに臨時列車の運転があるので、時々買い換える必要がですが。

PLフィルター

西日本を縦断した台風10号は日本海側へ抜け、温帯低気圧に変わりましたが、終日風が強かったです。

 


21時前に急遽、町田へ行きました。町田駅改札のすぐ近くにはビックカメラがあり、エレベータが小田急線の電車に見えると話題で、帰りに撮影しました。

電車を降りたのにまた電車?と錯覚しそうですね。ですが、今回はビックカメラではありません。

 


行先はヨドバシカメラで、「ヨドバシ.COM」というインターネット通販サイトで注文しました。店頭受け取りが可能ですが、昨日のうちに予約して新宿受け取りにすればよかったですね(;・∀・) 新宿なら毎日通勤で行ってるので、会社帰りにでも受け取れましたし。

買ったのはPLフィルターで、乱反射を抑えてくれます。夏休み初日、踊り子号撮影に行った時、海や空の青さがイメージと少し違うので買いました。再挑戦ですが、今度は某踏切でSカーブも狙ってみることにしますか?

転職前の会社の元同僚が伊豆出身で、修善寺踊り子の動向が気になるとのことでした。現時点ではJR東海と伊豆箱根鉄道次第で、廃止の可能性も含めて回答しました。相手先の会社にそれぞれ1編成ずつ貸し出して運転士のハンドル訓練はもちろんですが、車両を貸す側も講師として教える人を出張させる必要があるので、出張費…交通費や滞在期間中のホテル宿泊費、日当などもかかります。

11月になればミカンの実がなりますし、冬には静岡県へ富士山バック撮影も考えています。まずはこの週末にリベンジですね。