再越冬コクワガタ

今日は夕方に知り合いと会い、福島産オオクワガタのペアを譲りました。2018年羽化で昨夏に一度交尾・産卵していますが、もう1シーズン可能と判断しました。ブリードに失敗しているのと、在庫整理が合致したので、今回の譲渡となりました。

一方。こちらには野外採集ものがいるので、あと1シーズンはいける筈です。福島の他に新潟、青森もいますし。

 


昨日(2月15日)の午前中、近所フィールド観察に行きました。昨シーズンからメインフィールドになったところです。

新規開拓も兼ねて先月からマークしており、倒木を起こしてみました。もちろん、朽ち木割りはしません。

最初に起こしてみたところ…なんと!コクワガタの♀がいるではありませんか!?

新成虫だったら朽ち木の中の蛹室でそのまま休眠しますので、1シーズン活動した成虫であることは間違いありません。羽化後2~3年の寿命がありますが、2度目以降の越冬は体力的にきつく、越冬室が凍り付いたりする等で命を落としていきます。

撮影後は元に戻しましたが、今年は暖冬なので越冬室が凍り付くことあまりなさそうですが、無事に春まで生き延びれるでしょうか?

近所のフィールドはスジクワガタが多い代わりにコクワガタが少ないので、貴重な記録になりました。

 


倒木ほ転がっていますが、相変わらず削られた痕も多いです。コクワガタしか見つからないのと、生息環境保護の観点から原則として材割採集はしないことにしています。

 


別の場所では倒木を起こすと…なんと!!カブトムシの幼虫がいました。冬は地中深く潜っていますが、暖かい日は地表近くまで出て朽ち木を齧っていたのでしょうか?いずれにせよ、暖冬の影響が濃厚です。

 


幼虫を1頭ずつ至近距離で撮影してみましたが、でかいですね。夏の終わりに♀親が卵を産みつけ、孵化したばかりは小さいのが2か月ぐらいで8cmぐらいになるのですから、成長は早い方でしょう。春になったら目覚め、まるまる太って最大10cmになります。

 


発見時、倒木というよりは切り株でしたが、接地面は凸凹になっていました。幼虫が齧ったためです。撮影後は元通りにしました。

 


重機?で壊された枯れ木の方は欠片の坑道から何らかの虫がいた可能性が高いですが、鉈などを持参していないので知る由もありません。

ですが、坑道跡の幅から大型甲虫がいた可能性もありますが…。

 


梅の花が咲いていたので撮影しましたが、曇り空バックだと映えないですね…。

帰りは行きとは違うルートで帰宅しました。

立春過ぎてなお…

やっとアメブロから2016年後半までの記事を移し終えました。しかし、まだ3年分は残っています。

今日は午後、フィールド散策に赴きました。

 


今年は偏西風蛇行による記録的暖冬ですが、2月になって最強クラスの寒波がやってきました。暖冬続きだったので、梅の開花が早いかと思いましたが、蝋梅さえ咲いていませんでした。なんとか咲いている木を見つけ、花の撮影に成功しました。

 


水仙の花を見つけ、撮影後は再び都県境を越えました。枯れ木を起こして冬眠中のスズメバチを探してみるも、空振りに終わりました。

 


帰り道は新しい道路を通ってみることにしました。これまでは小田急線の新百合ヶ丘駅へ抜けるのに生活道路を通っていかなければならず、渋滞が発生すこともあったそうです。

30年以上前から計画され、昨晩秋に暫定開通しました。新しい道路が開通し便利になりましたが、雑木林は少なくなってきました。高校時代の部活動でのフィールドだった谷戸が残ったのは幸いといえるでしょう。

ですが、高校入学前にホタルの生息が確認されましたが、光害によるホタル生息への影響も懸念されています。現在は親水公園に移っているので、生息自体は心配はいらないでしょう。

 


ふれあいの森入口です。門扉は鎖錠されています。現在は教育委員会の管轄になっており、概ね3~11月の指定日に開放されます。冬の間は開放されていないので、自由に立ち入ることはできません。

高校入学時から30年経ち、橋も新しくなりました。区画整理事業によって変わっていくことでしょう。

そのため、一昨年の晩夏に近所でスジクワガタを見つけた時から、メインフィールドを変えることにより、腹の内は決めていたのかもしれません。これまでの15年間の成果を教育委員会へ譲り渡し、袂を分かつことを。実際、コクワガタは東北遠征時しか採集しなくなっています。

メインフィールドが変わって2年目のシーズンへ向け、季節は歩んでいくことでしょう。

新春初のカブトムシ幼虫

今日は日中晴れたので、午前中にフィールドへ出向きました。ただし、昼近い時間だったので、あまり長時間調べることはできませんでしたが。

 


先週、スズメバチを見つけた枯れ木のところへ再び行きました。持参したスコップで破片をかき分け、少し土を掘ってみましたが、何もいませんでした。

 


破片には食痕が至るところにみられましたが…。少し削ってみるも、虫はいませんでした。重機等で壊された後に採集されたのでしょうか。材割採集はクワガタの発生源をなくすため、極力やらないことにしています。

 


破片等を元に戻し、別の倒木を探しました。起こしてみると…カブトムシの幼虫がいました。

平年なら冬の間は30~50㎝ぐらいまで潜りますが、暖冬の影響か、地表近くにいることあるようです。

 


周辺には糞もあり、2頭目を求めてスコップで少し土を掘ったら、また出てきました。しかし、旧フィールド産の幼虫が50頭近くいるので、採集せずに撮影後は埋め戻しました。

お天道様が高くなったので、この後は撤収し、帰宅しました。

新春初の収穫

3連休最終日、新春初の里山観察に行って来ました。大みそかの夜、除夜の鐘つきに行った時、灯火がLEDに変わったのを受け、灯火トラップポイントを探すためでもありました。

 


まずは山道に入ってすぐ、落葉した雑木林を撮影しました。落葉しているため、見通しがよく明るい雰囲気です。

 


新しいポイントの目星をつけたところで枯れ木および樹液の痕跡を見つけました。夏になったら樹液に虫は来るのでしょうか?

 


歩いてしばらくすると、開けた場所に出ました。候補地としていますが、一部で苗木が植えられているようです。

 


重機で無残にも壊されたとみられる枯れ木です。年初にクワガタの産卵痕らしきものを見つけましたが、仮に割ってもコクワガタ程度でしょうし、コクワガタは東北遠征時しか採らないので、割らずにしていました。ですが、無残に壊されたのは残念です。

 



割れた破片を起こしてみたところ、越冬中のオオスズメバチが出てきました。最初はびっくりしましたが、寒さで動けないので、じっくり近寄って撮影ができます。

丁度、毒ビンを持っていたので、撮影後に1頭採集し、残りの1頭は木の破片を元に戻しました。

 


都県境を越え、旧フィールドです。昨秋の台風で折れたポイントへ行きました。スズメバチに邪魔されてゆっくり見れませんでしたからね…。

 


折れ口をよく見ると、一部腐食しているところが見受けられます。この腐食部分が強度を低下させ、結果的に台風15号の強風で折れたのです。キノコも生えており、次第に腐朽していくことでしょう。

キノコがセルロースを加水分解することで、クワガタにとっては格好の産卵場になってくる筈です。ただし、菌の勢いが強いうちは産卵しないでしょう。

 


逆光でシルエット気味に撮影してみました。

 


折れ口を様々な角度で撮影してみました。これだけ広範囲にわたって樹皮がないのは、昨秋まで30年近く樹液を出し続けた証拠です。高校生の頃に見つけ、ヒラタクワガタを再発見する等、様々な思い出が詰まっています。

 


3本の内、折れたのは1本なので、残った2本は今春以降も引き続き樹液を出してくれるでしょうか。樹液採集シーズンインは例年、5月のGW明けなので、4か月後にはどの様に様変わりしているでしょうか。

帰り道、薬局に寄ってアルコールとティッシュを買い、毒ビンにアルコールを補充してから来た道を戻り、先ほどの枯れ木でもう1頭のスズメバチを採集してから帰宅しました。

2019年シーズン完全終了

今日は午後、新フィールドへ観察に赴きました。今シーズンの終了宣言を判断するためです。

 


山道に入ると、もう陽が傾いている時間で、林の中は斜光による陰影が落ちていました。

 


複数のサシガメ類による吸血場面に遭遇し、撮影しました。一般的なカメムシと違い、肉食性で、他の虫を餌としています。種類はヤニサシガメでしょうか。

 


今年は北関東でも紅葉の色付きが悪く、まだあまり色づいていない感じでした。紅葉するのは月末から12月上旬頃でしょうか。

 


もみじは色づいていましたが、ややくすんでいるようでした。日陰になっているので、日の当たる時間を選んでいけばよかったかもしれませんね。

 


コスモスはまだ咲いているところがありました。しかし、日陰になっている時間なので、ストロボを併用しました。

 


山の影にスポットライトの様に斜光が当たっている…撮影を試みましたが、意外と難しいもので、撮影結果からよかったものを選びました(失敗カットは後に消去)。

 


順光側では日が当たっていますが、太陽の高度が低いので、影になっているところもあります。

 


スポットライトの撮影に試みましたが、やっぱり難しいです。露出を調整しながら撮影しましたが、やはり経験あるのみですね。

 


高度を上げ、順光側(左写真)は比較的簡単に調整できましたが、逆光側(右写真)はうまく調整しないと空が白く飛んでしまいます。

 


カラスウリの実です。1個しかないことから、鳥にでも食べられたのでしょうか。人間の場合は苦くて食べられませんが。

 


もみじ以外で紅葉している木を見つけました。他の落葉樹はまだです。16時を回っており、畑には影が落ちています。煙は野焼きなので火事ではありません。

虫はもうほとんど見かけなくなっており、本日をもって2019年樹液採集シーズンは昼夜共に

完全終了

したことを宣言します。

これから来年5月までの半年間、新規開拓やブリードを中心としたオフシーズンに突入します。

1か月ぶりのフィールド

昨日は午前中晴れたので、1か月ぶりにフィールド散策しました。今年の10月は例年より曇りや雨の日が多い気がします。

 


夏の夜の観察時と同じルートで山道に入りました。山道では枯れ木に見慣れないキノコが生えていたので撮影しました。

最初はキクラゲの一種かと思いましたが、後に調べたらハナビラニカワタクのようでした。

 


山道を下り、田んぼではすでに収穫をおえてはざ掛けしていました。来年の種もみ分を除いてスーパー等に新米として並ぶのはもうすぐでしょう。

 


刈り入れを終えた後はひこばえが生えています。台風、大雨で田んぼに水が溜まっているので、遠目にみると田植え直後に戻ったようです。

 


もうすでに柿の実が実っていました。「柿が赤くなると医者が青くなる」という諺がありますが、もう少ししたら熟して食べ頃になるでしょう。HPの表紙写真候補として撮影しました。

 


都県境を越え、通称“大物ポイント”に着きました。台風の被害が懸念されていましたが、こちらは無事でした。とはいえ、今季はあまり見ていなかったですね…。

 


ジョロウグモが巣を張って獲物を待っていたので、撮影しました。蜘蛛の巣はわなを兼ねていますが、網を張らない蜘蛛もいます。

 


カラスウリの実が実っていました。よく見ると青い実と赤い実の2つがあります。青いのが未熟で赤いのが熟した方です。しかしながら、人間にはこの実は食べられず。鳥が食して種を運びます。

樹液ポイントの無事を確認し、この後は帰路につきました。

衝撃の発見から1年…今季3度目のスジクワガタ

8月最終週は雲の多い週明けとなりました。日中は残暑厳しくも朝夕は涼しくなってきました。

一昨日(8月24日)夜、新フィールド限定で夜間樹液採集に出撃しました。いざ、出撃してみるとカブトムシはめっきり姿を消してしまいました。

 


山道に入ってすぐにアオオサムシを見つけました。後翅が退化しているので、飛ぶことができず地面をひたすら歩き回っています。

 


山道をしばらく歩くと小さいクワガタが…!しばらくして地面に落ちてしまいましたが、探すと…。

なんと!!スジクワガタでした。今季3度目の発見で、シーズントータルで3♂3♀見つけたことになります。

昨年8月25日、衝撃の発見してから間もなく1年、これだけ多くのスジクワガタを家の近所で見つけるとは思ってもいなかったでしょう。

しかし、旧フィールドでは26年ぶりの再発見には至っていません。低地の丘陵地で多くいるところといないところに分かれているのでしょうか?実際、新フィールドでは今季、コクワガタをあまり見ていません。

旧フィールドではコクワガタが多い代わりにスジクワガタはあまりいないことなるのかも知れません。

 


他に虫があまりいないので、来た道を戻ると、コオロギが樹液を吸っていました。珍しいので、撮影しました。

樹液には3%程度の蛋白質が含まれているので、蛋白質の補給に来たのでしょうか。

 


帰宅後、コルクベースに止まらせて撮影しました。体長は測定したら18mmでした。コクワガタより小さいので見落としやすい訳です。

旧フィールドで再発見するには注意深く探すしかないでしょうか。いるところといないところがはっきりしているならば、いるところを見極めないと難しそうです。

日中観察

秋雨前線が出現し、夕方には雷雨にもなったりしました。一昨日の日曜日(8月18日)、日中観察をしました。

 


よこやまの道に入ってすぐの樹液ポイントでは早速カブトムシの♀とカナブンを発見しました。幸い、スズメバチがいなかったのでゆっくり撮影&観察できました。

 


都県境を越えた山道のポイントでカブトムシ♂とサトキマダラヒカゲが樹液を吸っていました。カブトムシ♂は傷だらけで歴戦を物語っ停る様でした。

この他に樹液ポイントを見ましたが、スジクワガタ等は見つかりませんでした。

 


山道を下りていくと、センチコガネを発見しました。あまり飛ぶことがないのか、地面を歩いている感じです。

 


山道を下りると、田んぼでは稲が穂をつけていました。これから熟していきますが、収穫の時期はまだ先です。おそらく10月ごろでしょう。

蓮の花が咲いていたので、撮影しました。遠くから見ても結構大きいですね。

 


蓮の花托です。ハチの巣にも見えますね。

 


蕾とピンクの花です。この蓮田はレンコンをとるためのものでしょう。つまり、蓮の地下茎が肥大化したものがレンコンとして食用になるのです。

撮影を終えた後は再び都県境を越え、ペットショップに寄って餌台を買った後は帰路につきました。

今季2度目のスジクワガタ発見

今日は厳しい残暑の1日でした。日中は東海道本線の撮影、夜には夜間樹液採集に出撃しました。

 


まずはカブトムシの♀を見つけました。もう8月も後半となり、♂がいなくて寂しい感じでした。しかし、♂からは精子を受け取り済なので、産卵する前に体力をつけているのでしょうか。

すこし引くと、ゲジゲジもいました。ゲジゲジがいるということは、ゴギブリがいません。食う、食われるの関係で見ると、ゲジゲジがゴギブリを食べているからでしょう。

 


山道のポイントでき、まずはキマワリを見つけて撮影しました。

 


スジクワガタが3頭まとまっているのを見つけ、撮影後に採集しました。1♂2♀で、ルアーケースに入れて途中まで山道を歩きました。結局は他に虫が見つからず、来た道を戻ったら更に1♀を見つけました。合計で1♂3♀です。

今季2度目のスジクワガタ発見で、6月に見つけたのを含めると2♂3♀となりました。8月後半以降に数が増えるようです。

丘陵地で自分ちの近所にスジクワガタがこれだけ生息しているのは驚きです。メインフィールドが変わり、旧テーマが終わるきっかけになったんですよね。。。

 


この後はもう1箇所行きましたが、虫はおらず、ケシキスイを見つけたのみです。まだ満月を過ぎたばかりで月が大きいので灯火採集はせずに帰宅しました。

旧盆の賑わい

旧盆休みは今日で終わり、明日から会社です。とはいえ、実質的には木・金曜の飛び石連休ですが。

 

カブトムシ♀
昨日(8月13日)夜は新旧フィールド両方のコースで夜間樹液採集をしました。

まずはよこやまの道に入って最初の樹液ポイントでカブトムシの♀を見つけました。同時にコクワガタのペアも居ました。

 


山道のポイントではまず、蛾を見つけました。…続いて…、

 


アブラゼミを見つけました。なんでこんなところに!?と目を疑いたくなりました。

 


山道を慎重に下りると、センチコガネがいたので、足を止めて撮影しました。穴を掘っている場面も見ることができました。地中に糞の球を隠し、卵を産んでいたのでしょうか?

 


山道を下りた後は自転車を走らせ、旧フィールド最初のポイントに到着。カブトムシの♀がいたので撮影しました。♂はいなかったので、採集されたのでしょうか。

 


アカアシオオアオカミキリがいたので、撮影後に採集しました。♀なので産卵にチャレンジしてみようか?と思いつきました。

 


コクワガタの小型♂を見つけました。旧盆に入って少しずつ増え始めたようです。同じ木にカブトムシの♀もいました。

 


なんと!新しく樹液が出始めた木にカブトムシやコクワガタが来ているではありませんか!?樹種はコナラのようです。昨年から出始めてはいたのですが、虫は全然きていませんでした。令和になって旧盆から集まり始めるとは!!驚きは隠せませんでした。

 


少し退いてロングで撮影しました。♂と♀は互いに距離を取っている様でした。

 


ポイントを移動し、途中で撮影したカラスウリの花です。見事にきれいに咲きましたね(^^)

 


ノコギリクワガタがいました。第二次ピークが始まりつつあるようです。大顎の太さから50mm台と判断し、撮影後はリリースしました。昨年は自己採集ギネス67.4mmを9月の誕生日に採集しているので、今年も大物が見つかるでしょうか。

 


帰り際に見つけたアブラゼミの抜け殻です。近くの木の根元で6~7年も地中生活を送ったものと推測されます。セミは長生きな虫としてよく取り上げられますね。

 


最後のポイントは寂しくなってしまいました。コクワガタを見つけ、撮影しましたが、スズメバチが近くでホバリングしていたので、慌てて退散しました。警告なのかも知れませんが、いきなり攻撃してこなかっただけでもましでしょう。

8月後半になるとカブトムシが目立って減るので、夏休みが終わる頃には様変わりしていることでしょう。