衝撃の発見から1年…今季3度目のスジクワガタ

8月最終週は雲の多い週明けとなりました。日中は残暑厳しくも朝夕は涼しくなってきました。

一昨日(8月24日)夜、新フィールド限定で夜間樹液採集に出撃しました。いざ、出撃してみるとカブトムシはめっきり姿を消してしまいました。

 


山道に入ってすぐにアオオサムシを見つけました。後翅が退化しているので、飛ぶことができず地面をひたすら歩き回っています。

 


山道をしばらく歩くと小さいクワガタが…!しばらくして地面に落ちてしまいましたが、探すと…。

なんと!!スジクワガタでした。今季3度目の発見で、シーズントータルで3♂3♀見つけたことになります。

昨年8月25日、衝撃の発見してから間もなく1年、これだけ多くのスジクワガタを家の近所で見つけるとは思ってもいなかったでしょう。

しかし、旧フィールドでは26年ぶりの再発見には至っていません。低地の丘陵地で多くいるところといないところに分かれているのでしょうか?実際、新フィールドでは今季、コクワガタをあまり見ていません。

旧フィールドではコクワガタが多い代わりにスジクワガタはあまりいないことなるのかも知れません。

 


他に虫があまりいないので、来た道を戻ると、コオロギが樹液を吸っていました。珍しいので、撮影しました。

樹液には3%程度の蛋白質が含まれているので、蛋白質の補給に来たのでしょうか。

 


帰宅後、コルクベースに止まらせて撮影しました。体長は測定したら18mmでした。コクワガタより小さいので見落としやすい訳です。

旧フィールドで再発見するには注意深く探すしかないでしょうか。いるところといないところがはっきりしているならば、いるところを見極めないと難しそうです。

日中観察

秋雨前線が出現し、夕方には雷雨にもなったりしました。一昨日の日曜日(8月18日)、日中観察をしました。

 


よこやまの道に入ってすぐの樹液ポイントでは早速カブトムシの♀とカナブンを発見しました。幸い、スズメバチがいなかったのでゆっくり撮影&観察できました。

 


都県境を越えた山道のポイントでカブトムシ♂とサトキマダラヒカゲが樹液を吸っていました。カブトムシ♂は傷だらけで歴戦を物語っ停る様でした。

この他に樹液ポイントを見ましたが、スジクワガタ等は見つかりませんでした。

 


山道を下りていくと、センチコガネを発見しました。あまり飛ぶことがないのか、地面を歩いている感じです。

 


山道を下りると、田んぼでは稲が穂をつけていました。これから熟していきますが、収穫の時期はまだ先です。おそらく10月ごろでしょう。

蓮の花が咲いていたので、撮影しました。遠くから見ても結構大きいですね。

 


蓮の花托です。ハチの巣にも見えますね。

 


蕾とピンクの花です。この蓮田はレンコンをとるためのものでしょう。つまり、蓮の地下茎が肥大化したものがレンコンとして食用になるのです。

撮影を終えた後は再び都県境を越え、ペットショップに寄って餌台を買った後は帰路につきました。

今季2度目のスジクワガタ発見

今日は厳しい残暑の1日でした。日中は東海道本線の撮影、夜には夜間樹液採集に出撃しました。

 


まずはカブトムシの♀を見つけました。もう8月も後半となり、♂がいなくて寂しい感じでした。しかし、♂からは精子を受け取り済なので、産卵する前に体力をつけているのでしょうか。

すこし引くと、ゲジゲジもいました。ゲジゲジがいるということは、ゴギブリがいません。食う、食われるの関係で見ると、ゲジゲジがゴギブリを食べているからでしょう。

 


山道のポイントでき、まずはキマワリを見つけて撮影しました。

 


スジクワガタが3頭まとまっているのを見つけ、撮影後に採集しました。1♂2♀で、ルアーケースに入れて途中まで山道を歩きました。結局は他に虫が見つからず、来た道を戻ったら更に1♀を見つけました。合計で1♂3♀です。

今季2度目のスジクワガタ発見で、6月に見つけたのを含めると2♂3♀となりました。8月後半以降に数が増えるようです。

丘陵地で自分ちの近所にスジクワガタがこれだけ生息しているのは驚きです。メインフィールドが変わり、旧テーマが終わるきっかけになったんですよね。。。

 


この後はもう1箇所行きましたが、虫はおらず、ケシキスイを見つけたのみです。まだ満月を過ぎたばかりで月が大きいので灯火採集はせずに帰宅しました。

旧盆の賑わい

旧盆休みは今日で終わり、明日から会社です。とはいえ、実質的には木・金曜の飛び石連休ですが。

 

カブトムシ♀
昨日(8月13日)夜は新旧フィールド両方のコースで夜間樹液採集をしました。

まずはよこやまの道に入って最初の樹液ポイントでカブトムシの♀を見つけました。同時にコクワガタのペアも居ました。

 


山道のポイントではまず、蛾を見つけました。…続いて…、

 


アブラゼミを見つけました。なんでこんなところに!?と目を疑いたくなりました。

 


山道を慎重に下りると、センチコガネがいたので、足を止めて撮影しました。穴を掘っている場面も見ることができました。地中に糞の球を隠し、卵を産んでいたのでしょうか?

 


山道を下りた後は自転車を走らせ、旧フィールド最初のポイントに到着。カブトムシの♀がいたので撮影しました。♂はいなかったので、採集されたのでしょうか。

 


アカアシオオアオカミキリがいたので、撮影後に採集しました。♀なので産卵にチャレンジしてみようか?と思いつきました。

 


コクワガタの小型♂を見つけました。旧盆に入って少しずつ増え始めたようです。同じ木にカブトムシの♀もいました。

 


なんと!新しく樹液が出始めた木にカブトムシやコクワガタが来ているではありませんか!?樹種はコナラのようです。昨年から出始めてはいたのですが、虫は全然きていませんでした。令和になって旧盆から集まり始めるとは!!驚きは隠せませんでした。

 


少し退いてロングで撮影しました。♂と♀は互いに距離を取っている様でした。

 


ポイントを移動し、途中で撮影したカラスウリの花です。見事にきれいに咲きましたね(^^)

 


ノコギリクワガタがいました。第二次ピークが始まりつつあるようです。大顎の太さから50mm台と判断し、撮影後はリリースしました。昨年は自己採集ギネス67.4mmを9月の誕生日に採集しているので、今年も大物が見つかるでしょうか。

 


帰り際に見つけたアブラゼミの抜け殻です。近くの木の根元で6~7年も地中生活を送ったものと推測されます。セミは長生きな虫としてよく取り上げられますね。

 


最後のポイントは寂しくなってしまいました。コクワガタを見つけ、撮影しましたが、スズメバチが近くでホバリングしていたので、慌てて退散しました。警告なのかも知れませんが、いきなり攻撃してこなかっただけでもましでしょう。

8月後半になるとカブトムシが目立って減るので、夏休みが終わる頃には様変わりしていることでしょう。

山の日の夜

一昨日(8月11日)は山の日でした。2016年に初めて設定され、3年になります。祝日法2条では「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」というのが趣旨だそうです。

 


この日は今季のブリード用ペア以外のカブトムシを採集地へ戻すため、旧フィールドのみの観察となりました。まずはカブトムシの♂を見つけ、撮影しました。同時にミヤマカミキリの交尾も同じフレーム内に入りました。

 


樹皮の隙間にコクワガタのペアがいた他、カブトムシの♀もいました。…が!!木の周囲を見回したら、モンスズメバチがいたので、木戸刈れない様に退散し、ポイントを移動しました。この時点だカブトムシの♀を1頭戻しました。

 


移動先ではアカアシオオアオカミキリがいました。カブトムシの♀も見つけて撮影し、ここで採集したカブトムシのペアを戻しました。

帰ろうとした時、モンスズメバチがホバリングして順番を待っているのかのようでした。闇夜に浮かび上がるのは不気味で怖いです。ハチに気づかれない様に素早く撤収しました。

まさか2箇所ともスズメバチがいるとは…!!今季は7月前半の低温が影響したのか、モンスズメバチが夜も樹液に来る頻度が増えたのでしょうか?

今季のブリードに使う分以外はリリースしたので、種親の組み合わせがこの時点にて決まりました。

立秋前のカブト天下

明日から14日まで夏休みです。例年なら2泊3日で青森遠征に行きますが、今季は15日が満月で月齢が悪いので見送り、9月になりました。

代替として、踊り子号の撮影を予定しました。車両置き換えの話が上がっており、いつ頃に中央線特急の中古が入るかまだ定まっていないためです。今の時期なら海が青く輝くのと、185系踊り子最後の夏になりそうなので、今のうちに撮っておくことにしました。

 


一昨日の8月7日、立秋前ということで、夜間樹液採集に出撃しました。新フィールド経由で、まずは山道に入った直後のポイントでカブトムシの交尾とコクワガタ♂を見つけました。

しかも正真正銘の地元産です。都県境を越えていないポイントですから!!しかも貴重な赤カブトです!!

その後は都県境を越えて山道のポイントも見ましたが、さっぱり虫はいませんでした。麓に下りた後は旧フィールドへ向けて自転車を走らせました。

 


再び都県境を越えて旧フィールドに到着、こちらはカブトムシがピーク真っ只中でした。ストッキングによるトラップには見向きもしていないようです。しかも放置しているし…。放置は回収が面倒臭いからなのでしょう。

 


カブトムシの小型♂は赤味がやや強い個体でした。産卵数が多く、年に1ペアしか採集しないので撮影だけにしておきました。

 


ポイントを移動し、木の低いところにはカブトムシの♀がいました。

 


コクワガタは少しずつ個体数が増えてきている感じです。大型個体もいることから、立秋前後からぼちぼちといったところでしょうか?

 


カブトムシの♀が2頭仲良く樹液を吸っていました。撮影後は赤っぽいのを採集しました。上の方に赤♂がいたのでこれは好都合…と思ったら、スズメバチも一緒にいました。危なかったです。

スズメバチから逃げるように退散し、この後は帰宅しました。

真夏のカブトムシ天下

今日は立秋で、暦の上では秋になりましたが、相変わらずの猛暑でした。。。

 


4日には夜間樹液採集に行きましたので、その報告です。この日は旧フィールドのみの観察で、20時過ぎに出撃しました。

最初のポイントでは相変わらずのカブトムシ天下で、ミヤマカミキリも同時に見ました。

 


通称“赤カブト”で、赤っぽい個体は少なく、貴重です。毎年、種親に使っているのはこの赤♂ですが、羽化している子供たちはほとんどノーマルの黒褐色ばかりです。

 


コクワガタの小型♂です。カブトムシがピークでもコクワガタは相手にされないのか、見られるだけでも安堵感があります。あと半月もすれば主役になるのは間違いないでしょう。

 


ノーマルの黒褐色♂です。遺伝でなければ、色違いのなぞは分かりません。解明されていないのはそのためです。

 


ポイントを移動すると、アカアシオオアオカミキリがいました。数日前に採集したノーマルの黒褐色♂をリリースしました。

 


今がカブトムシの発生ピークなので、もちろんカブトムシが多数占領していました。♀がカナブンと一緒に樹液を吸っていました。

 


赤♂で角が太く立派なやつだ…!と撮影し、いざ採集しようとしたら手触りに違和感を覚えました。なんと!!胸角が折れているではあちませんか!?激しい喧嘩を繰り返してきたのでしょう。

残念ながら採集せずに引き上げ、帰宅しました。

梅雨明け前の賑わい

今日から8月、20日で今の職場に異動して1年になります。女性だけ30人弱の職場に男性1人でうまくやっていけるだろうかの不安もありましたが、時間とともに職場の雰囲気に慣れてきました。

例年なら夏休みは青森遠征ですが、今年は旧盆期間中の月齢が悪いので(満月は15日)、2年連続の見送りとなりましたが、9月に2年ぶりの遠征です。

1週間以上前の話となりますが、7月24日になってやっとカブトムシが増え始め、令和初の♂を確認できたので、報告します。

 


7月前半は梅雨寒が長引き、福島遠征も含めて成績は芳しくありませんでした。下旬になり気温が上がってきたので、この日は夜間樹液採集に出撃しました。

新フィールドの山道ポイントではモンスズメバチが飛んでいたので、ハチと鉢合わせしないように通過していきました。

旧フィールドに着くと、カブトムシの♀がカナブンと一緒に樹液を吸っていました。やっと旧フィールドでカブトムシの発生を確認、2003年の調査開始以来、最遅記録となってしまいました。

 


通称“大物ポイント”へ移動し、カブトムシのペアだけでなく、ノコギリクワガタの♂も見つけました。カブトムシのペアを種親に採集し、虫かごに入れて持ち帰ることにしました。♂はノーマルの黒褐色なので、いずれは赤♂と入れ替えになるでしょう。

 


最後のポイントに移動、こちらは賑わいを見せていました。まずはミヤマカミキリの交尾を撮影しました。

 


こちらもカブトムシを何匹か見つけることができました。目線から上が多いです。

 


ミヤマカミキリの他、アカアシオオアオカミキリも発生していました。遅れたとはいえ、例年並みの数です。

 


樹皮の隙間にノコギリクワガタの♀を見つけました。…残念ながら、♂はいませんでした。

 


カブトムシの♀が食事している傍でミヤマカミキリの交尾を見つけ、撮影しました。交尾というより、♂が♀を口説いているように見えますね。もう少し、真剣に彼女口説けよ…って、突っ込みたくもなりますが。

 


アカアシオオアオカミキリとコクワガタ♂を見つけ、撮影しました。コクワガタは東北遠征時しか採集しないので、福島遠征時に採集したばかりです。

 


この日、採集して持ち帰ったのはカブトムシのペアだけで、帰宅後に仕切り付きケースへ入れました。今年の種親ペアはこれで確定というわけではなく、いずれ赤♂と入れ替わりにノーマル色は採集地へ戻すことになるでしょうね。

梅雨明け直前の灯火巡り

今日も晴れ間が覗き、暑い1日でした。夕方の退勤時には小田急線が相武台前駅での人身事故でダイヤが乱れ、京王線に振り替えて帰宅しました。2路線乗り入れのメリットが活かされたのですが、先週19日は同時マヒで活かせず、会社には大幅遅れでの出勤となりました。

飼育虫の餌交換後、灯火巡りに出撃しました。月が出ておらず、蒸し暑いので条件がよかったです。

 


まずはカブトムシの♀を見つけました。かなり大きいです。7月前半の低温傾向で発生が遅れ、やっと出てきた感じです。撮影後は車に轢かれないよう、茂みの方へ戻しました。

 


再びカブトムシの♀を発見。最初に見たやつよりはひと回り小さい個体でした。こちらも撮影後は車に轢かれない様に茂みへ戻しました。

 


切り株の方にキマワリがいたので撮影しました。

 


樹液に来たカナブンです。撮影後に雌雄を確認したら♂でした。どうやって見分けているのでしょう?実は腹の内側で見分けられます。

腹に縦スジがあれば♂、ないのが♀なのです。

 


なにやら甲虫の前翅が落ちていたので、撮影後にひっくり返したらカブトムシのでした。カラスに食われたのでしょう。

灯火に来たものは残念ながら車に轢かれるか、明け方にはカラス等に食われる運命が待っているのです。人間に拾われる方が彼等にとっては幸運なのでしょうか。これも自然の掟なのでしょうね。

この後は帰宅しました。

遠征後の灯火巡り

今日も涼しい1日でした。福島遠征で3日間休暇を取っていたので、今週の出勤日は2日間だけ、明日からは海の日3連休です。3連休初日の明日は「カシオペア信州」の撮影です。

 


福島遠征から帰ってきた当夜、うっぷん晴らしも兼ねて灯火巡りに行ってきました。…が、相変わらずオホーツク海高気圧からの北東風で涼しさは変わらず、虫はあまりいませんでした。

見つけたのはノコギリクワガタの死骸で、両方の大顎がなくなっており、ダンゴムシ等がむらがっていました。よくダンゴムシは落ち葉を食べるといわれていますが、死んだ虫も食べていることから雑食性なのです。

結局、灯火巡りでカブトムシやクワガタは見つけられませんでしたが、意外な発見もありました。

今後は月が大きくなっていくので、樹液採集が中心になっていくことでしょう。