今宵も…

いよいよ恒例の福島遠征が2日後に迫ってきました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年は例年と違う夏になっていますが、オオクワガタは採集できるのでしょうか?天気は大丈夫なのか?時期柄、心配材料はつきないものです。

 


テレワーク終了後の夕方、カブトムシの羽化脱出が数匹確認されたので、掘り出したものを含めて親の採集地へ戻すため、20時過ぎに出撃しました。一刻も早く採集地へ戻さなければならず、いつもとは逆の順で行くことにしました。

ポイントに着くと、ノコギリクワガタが多くのアカアシオオアオカミキリに囲まれながら食事していました。

 


それにしても、アカアシオオアオカミキリの多いこと!!こんな光景は初めてです。2007年、先生に先を越されたものの、翌年から毎年見ていますが、これほど多く集まっているのは12年間見てきて初めてです。

 


ノコギリクワガタはまだ囲まれていながらも黙々と食事しています。

 


樹皮の隙間ではコクワガタが隠れていました。しかも♂は結構大型で45mmぐらいはあるのでしょう。

 


別の泉ではアカアシオオアオカミキリが2頭仲良く樹液を吸っていました。

ひととおり写真を撮り終えてカブトムシを戻し、別のポイントを見てからメインフィールド経由で帰ろうと思ったら…先行採集者がいるではありませんか。遠くから懐中電灯の明かりが見えたので、引き返しました。

今季初のカブトムシ

今日は昼過ぎまで雨が降り、夕方に晴れ間が覗きました。やや蒸し暑さが残ったため、夜間観察に出撃しました。

 


山道のポイントでは都県境に近い部分でコクワガタを見ただけにとどまり、蛾が来ただけでクワガタはいませんでした。

 


都県境を再び越え、都内のポイントに到着、まずはヤブキリと蛾がいました。コクワガタもノコギリクワガタはおらず、今夜も不発か!?と思った矢先に…

 


ようやくカブトムシの♀を見つけました。今季初のカブトムシ確認です。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で観察会が中止になったので、今季羽化したものは全て採集地へ戻すことが決まりました。

近親交配を避けるため、F2は取りません。来季用に今季の親として撮影後に採集しました。

 


新しく樹液が出始めた木もありますが、残念ながら人為的に傷つけられた木もありました。樹液を出そうと故意に傷つける人がいます。どうして生きている木を傷つけなければいけないのか、理解に苦しみます。

 


もう1匹、ヤブキリの♀を見つけました。撮影後、もう1個所見に行ったら…先行採集者の海中伝統の光が見えたので、行かずに引き換えして帰宅しました。

週明け以降は雨が降る日が多く、観察は厳しいでしょう。福島遠征も近づいてきていますし、梅雨明けが近づくとどのうように虫相がかわってくるのでしょうか。

7月初の夜間観察

今日は梅雨の晴れ間で真夏の暑さとなりました。まだ梅雨真っ只中とはいえ、7月になれば晴れると暑くなります。

昨日はフジテレビで放映された「世界の何だコレ!?ミステリーSP【日本で起きた!摩訶フシギな現象SP】」にて幻の駅「きさらぎ駅」も出て、16年以上経った今でも検証する人がいる等、語り継がれています。

パラレルワールドもそうですが、あの後では真っ暗な山道が入り口にさえ見えてくるんですよね…。

 


そんな異世界への入り口をイメージして真っ黒な画像をUPしてみました。パラレルワールド…しかし、そんな簡単に行ける筈はありませんね。昭和がまだずっと続いて昭和95年、あるいはまだ平成が続いて平成32年だったり。。。

 


山道は当然ながら懐中電灯がなければ真っ暗で歩くことすらできません。やっと見つけたのは蛾です。今年は新しく樹液が出始めた木もあります。しかし、クワガタはあまり出ていません。

 


ようやくクワガタを見つけ、撮影後に採集しました。同じサイズのコクワガタなら内歯がないですし、あることからスジクワガタのようです。

帰宅後に詳しく調べた結果、スジクワガタと判定、今季初確認となりました。

 


同じ木で樹液を吸っているケシキスイを発見、撮影しました。この木の樹液を吸って満腹になったとみられます。

山道を歩いて自転車を置いたところに戻り、帰宅しました。カレンダーの年号が令和2年であることから、パラレルワールドに行った訳ではありませんね、ハイ。

いつもと変わらない光景でもカレンダーの年号が昭和95年または平成32年だったら、そこは間違いなくパラレルワールドということでしょうね。まあ、別にオカルトマニアじゃないんですが。

今宵の成果

テレワークでの週明けは日中、晴れ間が出たので、夜間樹液採集に出撃しました。

 


山道でのポイントはさっぱり虫がおらず、樹液が出ていても蛾すら来ていない木もありました。かろうじてコクワガタを見つけ、撮影しました。光に驚いて逃げようとしたと思えば、自分の持ち場に戻ったりと奇妙な動きを見せていました。

 


山道を歩いて戻る途中、ノコギリクワガタらしき虫のパーツを見つけました。カラスか狸等に食われたのでしょう、ここに体のパーツがあるということは、すでに発生が始まっているということなのです。

しかし、7月も近いのにほとんど虫を見ていません。先行採集者がいたのでしょうか?見ていない気もしますが。

 


別の山道から麓に下り、都県境を越えて次のポイントに着きました。今度はアカアシオオアオカミキリを見つけ、撮影しました。カミキリムシは初夏の風物詩であるキマダラカミキリからアカアシオオアオカミキリへ主役が移り変わっているようです。

 


もう1本の木でもアカアシオオアオカミキリを見つけました。しかし、まだカブトムシは見かけていません。今年は発生が遅れているのか、東側での区画整理による環境の変化なのでしょうか。30年前の高校入学時より雑木林が少なくなっているのも事実です。

時刻は21時15分を回っているので、この後は家路につきました。

今季初の大歯型ノコギリ

福島採集の定宿にしているロッジへ新型コロナウイルスの影響も含めて問合せしました。7月に行けるかまだ分かりませんが、望みが出てきたといえるでしょう。

17日以来、6日ぶりに夜間採集に行ってきました。

 


山道のポイントでノコギリクワガタの♀を見つけました。20日にブリードで余った同一産地の余剰個体を放虫しているので、同一個体ではないか、帰ってから測定するためにキープしました。

帰宅後に測定したら28.1mmで、20日に放したものではないと確信しました。

 


山道を下り、都県境を越えて最初のポイントではスズメバチがいたので、写真さえ撮らずに撤退しました。女王バチでしょうか、やっぱり夜のスズメバチは怖いです。

次のポイントではノコギリクワガタが交尾していたので、撮影後に採集しました。よく見ると…♂が♀の背中に乗り、○○○を出して結合した瞬間でしたから、一瞬しか子種をプレゼントできなかったことでしょう。彼女とのデートを邪魔して悪かったですね。

 


ルアーケースへ入れるまでの間、地面に置きました。意外と大人しくじっとしていたので、ルアーケースへ入れることができました。デートの続きは連れて帰った後でゆっくりやっててくださいな。♂は今季初の大歯型です。

 


カタツムリが歩いていたので、珍しいなyと思い、撮影しました。結構でかいです。近年は本土産のカタツムリにも寄生虫がついていることがあると分かったので、不用意に触らない方がいいです。ちなみにカタツムリは虫ではなく、貝の仲間です。

すでに21時半を回っていたので、この後は撤収し、帰宅しました。

今シーズン初確認

今朝、ヤフオクに出品していたオオクワガタの♀が旅立ちました。まだ余剰♀が4頭いるので、新たに2頭写真を撮影後に出品しました。

明日、明後日は雨が降るので、雨が降る前にと夜間観察に出撃しました。

 


しかし、山道ポイントではほとんど虫がいません…。もちろんスジクワガタもです。新たなポイントを求めて転戦し、ようやくコクワガタの♂を見つけました。小型♂ですが、メインフィールドでは越冬個体を除けば今季初です。

撮影後に確認し、戻したら木から落ちてしまいました。

 


すぐ下にはコクワガタの死骸を見つけました。越冬失敗個体の可能性が高いです。

 


山道を少し戻ったところで新たなクワガタを見つけました。よく見ればノコギリクワガタの♀ではありませんか!?

撮影後に採集しました。違う山道ですが、距離的には飛んでいける範囲内ですし、近親交配を避けるために複数のポイントを往き来している可能性が高いです。

自然の仕組みともいえるでしょうか、雌雄で発生時期をずらしたり、関連ポイントの行き来も近親交配を避けるための合理的な方法ともいえなくなさそうです。

同じ産地であることには変わらないので、異血統交配用としてキープとしました。

代替で帰す個体も出てきますが、週末に採集地地へ戻すことになるでしょう。

今季2頭目のノコギリクワガタ

今日もテレワークでトラブルなく仕事ができました。CPUをi7に変えてもメモリを増設してもPC動作が遅ければ原因はHDDにある訳で、チームリーダーに自宅PCの(ほぼ)完全復旧を報告したら、よかったですねと言ってくれました。

GW明けから1か月間は本当にトラブルとの闘いでした…。HDDからSSDへの交換手順は他の同僚にも共有したいですが、使用環境は千差万別でノートPCの場合は裏蓋を開けるため、メモリ増設等でその経験がなければ壊してしまう恐れがあるので難しいでしょう。

明日から梅雨入りで雨が数日降る予報なので、今夜も夜間樹液採集に行ってきました。

 


今夜もいつものルートで山道から見回りました。クワガタはまだ発生しておらず、蛾がいました。しかも木の皮とそっくりですねぇ…。保護色なのでよく注意しないと気付きにくいです。

 


昨日同様、キマダラカミキリがいたので撮影しました。樹液が出ているのに見向きもしないですね…(汗

 


山道を下り、都県境を越えたポイントではノコギリクワガタの♂がいました。原歯型ですが、今季2頭目の確認として撮影後に採集しました。あとはお嫁さんですね。

 


コクワガタの♂を発見、まるで入れ替わるような動きをしていたので面白いと思い、撮影しました。一方が食事を終わり、もう一方が食事に出てきたのでしょうか?

 


餌場ではケシキスイ等の雑虫が仲良く樹液を吸っていました。2014年頃から樹液が出始め、6年間も毎シーズン出し続けていることになります。まだ樹勢も若いので、フィールド再編後も期待できるポイントです(区画整理事業の状況により、撤退区域が出るため)。

 


最後のポイントではコクワガタを見つけました。もう長くないポイントでいつまで見られるのでしょうか。新しく出始める木がない限り、数年内には撤退することになります。

そうなればカブトムシを採集するポイントも変わってしまうでしょう。

撮影後は帰宅しましたが、にわか雨に降られました。大粒でしたが降った時間が短かったので、あまり濡れずに帰ってこれました。

今季初のノコギリクワガタ

PCのHDDをSSDに換装して初めてのテレワークで、トラブルもなく業務を遂行できました。HDDの寿命が近づいたこともあるからでしょうか(読み書きの頻度によるが、3~4年程度)。Windowsアップデートの失敗によるエラープログラムが数GB溜まっていたことも一因でしょう。

2020年夜間樹液採集シーズン開始2日目、今日もフィールド観察に行ってきました。

 


山道のポイントではまだクワガタが出ていませんが、新しく樹液を大量に出している木があり、ハサミムシが樹液をなめていました。

30年来の旧フィールドでもこれほど大量に樹液を出しているのは見たことがありません。しかし、肝心のクワガタはいません。発生が遅めで6月中旬後半以降なのでしょうか。昨年もほぼその頃でした。

 



初夏の風物詩であるキマダラカミキリがいました。このカミキリムシが出ていることは、クワガタの発生も近いということでしょうか。コクワガタよりスジクワガタが多い気もします。

山道を下りて自転車を走らすと、心なしか風が涼しく感じました。田んぼに水を張り、田植えも終わっているのですが、田んぼの面積が旧フィールドより広いので、これがスジクワガタが生息できる秘訣なのかもしれません。

 


都県境を越え、次のポイントに到着しました。都県境がすぐ傍なのと、市街地化調整区域で自然が保たれているため、フィールド再編後も観察を継続することになります(再編は2~3年後?)。

コクワガタとキマダラカミキリが同時にいたので撮影しました。

 


蛾とケシキスイが一緒に樹液を吸っていました。

 


別の木ではコクワガタの♂がなんの意味もなくいました。樹液がすぐそこにあるわけでもなく、羽化脱出して初めての餌場探しで迷ったのでしょうか。

 


コクワガタの♀が樹皮の隙間に隠れながら樹液を吸っていました。時々隠れたりして撮影が大変でした。

 


ひととおり撮影を終えてポイントを移動、今季初のノコギリクワガタを見つけました。

高校の時に見つけて来年で30年になりますが、樹勢が衰えてきているように見えますし、フィールド再編後は撤退の可能性が濃厚です。

あと2~3年は観察できても、それ以降は保証できません。ヒラタクワガタが見つかったりと思い出も多いですが。

 


樹皮の隙間にコクワガタを見つけ、撮影しました。昨秋の台風で1本が折れたため、餌場が減ったのは明らかです。このポイントでカブトムシやクワガタが観察できるのはもう長くないことでしょう。

 


今シーズン初確認の証として持ち帰りました。中歯型の標本は少ないので、秋になって死んだら標本にして残します。

週後半から梅雨入りなので、観察できるのは明日まで、それ以降は雨の降らない日を見計らっての観察になります。

今季はどのような虫相になるのでしょうか。

2020年シーズン幕開け

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、例年なら5月中旬からの夜間樹液採集シーズンの幕開けが遅れました。

緊急事態宣言が解除されて2週間経過したことと、日に日に暑くなり始めているので、開始のタイミングを見極めていました。

 


20時過ぎに出撃、昨年から正式にフィールドとなったところでは、山道も含めまだ虫は出ていませんでした。発生が遅いのだけ知れません。

旧フィールドで都県協に近いポイントではコクワガタの発生が確認できました。光に驚いて逃げようとしていたので、意地と根性で撮影しました。♀も見つけたのですが、残念ながら撮影する前に木から落ちてしまいました。

 


別の木では樹皮の隙間に隠れていました。隠れたまま出てきません。

 


昨秋、青森遠征中に台風で折れたポイントが気かがりなので、真っ先に向かいました。

3本中1本が折れており、折れた方は樹液がもう出ていませんでしたが、残った2本中1本はまだ樹液が出ており、コクワガタを見ることができました。

高校時代に見つけて30年近く経つので、樹勢に衰えが出てきているのでしょうか。

最後に見たポイントでもコクワガタを見ましたが、蛾に邪魔されて写真を撮ることができませんでした。学校を境に東側は区画整理されており、状況次第ではいよいよ撤退も視野に入れなければならない時期に来ているといっていいでしょう。

高校入学から30年、部活を通じて学び、10年間のブランク期間を挟んで20年経験を積んできたので、フィールド再編そして一人立ちするシーズンになるのでしょうか。

再越冬コクワガタ

今日は夕方に知り合いと会い、福島産オオクワガタのペアを譲りました。2018年羽化で昨夏に一度交尾・産卵していますが、もう1シーズン可能と判断しました。ブリードに失敗しているのと、在庫整理が合致したので、今回の譲渡となりました。

一方。こちらには野外採集ものがいるので、あと1シーズンはいける筈です。福島の他に新潟、青森もいますし。

 


昨日(2月15日)の午前中、近所フィールド観察に行きました。昨シーズンからメインフィールドになったところです。

新規開拓も兼ねて先月からマークしており、倒木を起こしてみました。もちろん、朽ち木割りはしません。

最初に起こしてみたところ…なんと!コクワガタの♀がいるではありませんか!?

新成虫だったら朽ち木の中の蛹室でそのまま休眠しますので、1シーズン活動した成虫であることは間違いありません。羽化後2~3年の寿命がありますが、2度目以降の越冬は体力的にきつく、越冬室が凍り付いたりする等で命を落としていきます。

撮影後は元に戻しましたが、今年は暖冬なので越冬室が凍り付くことあまりなさそうですが、無事に春まで生き延びれるでしょうか?

近所のフィールドはスジクワガタが多い代わりにコクワガタが少ないので、貴重な記録になりました。

 


倒木ほ転がっていますが、相変わらず削られた痕も多いです。コクワガタしか見つからないのと、生息環境保護の観点から原則として材割採集はしないことにしています。

 


別の場所では倒木を起こすと…なんと!!カブトムシの幼虫がいました。冬は地中深く潜っていますが、暖かい日は地表近くまで出て朽ち木を齧っていたのでしょうか?いずれにせよ、暖冬の影響が濃厚です。

 


幼虫を1頭ずつ至近距離で撮影してみましたが、でかいですね。夏の終わりに♀親が卵を産みつけ、孵化したばかりは小さいのが2か月ぐらいで8cmぐらいになるのですから、成長は早い方でしょう。春になったら目覚め、まるまる太って最大10cmになります。

 


発見時、倒木というよりは切り株でしたが、接地面は凸凹になっていました。幼虫が齧ったためです。撮影後は元通りにしました。

 


重機?で壊された枯れ木の方は欠片の坑道から何らかの虫がいた可能性が高いですが、鉈などを持参していないので知る由もありません。

ですが、坑道跡の幅から大型甲虫がいた可能性もありますが…。

 


梅の花が咲いていたので撮影しましたが、曇り空バックだと映えないですね…。

帰りは行きとは違うルートで帰宅しました。