稲城産カブトムシとの別れ

今日はテレワーク、午前中は大雨になったりで蒸し暑い1日でした。8月後半以降に予定されている東北遠征は暗礁に乗り上げています。

青森ではなく秋田に変更の可能性もあり、秋田の場合は田沢湖周辺がオオクワガタ多産地となっています。ただし、その場合は初めての地で灯火トラップを仕掛ける場所を探さなくてはなりません。

 

ナガゴマフカミキリ ナガゴマフカミキリ
カブトムシの産地切り替えのため、7月10日に稲城産の羽化したカブトムシを親の採集地へ戻しました。

まずはナガゴマフカミキリを見つけました。樹皮に溶け込む保護色でよく見ないと見分けがつきにくいです。

 

ウスバカミキリ ノコギリクワガタ♀
そして稲城市エリアへ。ウスバカミキリとノコギリクワガタの♀を見つけました。

 

カブトムシ カブトムシ カブトムシ
目的の木に着くと、ここで羽化カブトムシを放しました。10年ぐらい前まではピーク時にこれぐらいいることは当たり前でしたが…。小田良地区区画整理による雑木林の減少、残存雑木林の放置がによる生息環境の悪化が響いているのでしょうね。

 

カブトムシ カブトムシ
別の木ではカブトムシのペアを見つけましたが、別々の場所で樹液を吸っていました。

 

コクワガタ♂ ウスバカミキリ
コクワガタの小型♂とウスバカミキリを見つけ、撮影しました。稲城エリアでの観察は今シーズン限りだと思うと感慨深いものです。

ミッション達成後は家路につきました。

第7回グリーンボランティア講座

今日は第7回グリーンボランティア講座でした。今回は多摩センター駅近くのグリーンライブセンター中心で、駅から近いので昼食は駅近辺で可能なことから、お弁当は作らずに参加しました。そもそも猛暑が予想される日にお弁当を作れば傷むのは目に見えていました。

 

竹林
昨日まで新潟遠征に行っており、翌日は研修ですからある意味ハードスケジュールです。8月には青森遠征も控えています。

メインとなるグリーンライブセンターに集合、1時間ぐらい竹の伐採について講義がありました。その後、歩いて5分ほどの亀ヶ谷緑地に移動、竹伐採の実習です。

竹林は遷移の過程に入ることもあり、その場合は雑木林から照葉樹林への遷移期間が150~200年に延びることがあります。花が咲いて枯れるのが60~120年だからです。

 

竹林
管理団体の人と合流、説明後に実習開始です。まずは伐採前の状態です。

 

竹林 切り口
講師の説明の元、伐採開始、各班2本で、今回はいわゆる間伐です。間伐とは、間引きのことで、育ちの悪いものを伐採します。

 

竹林 切り口
伐採後はすっきりした感じです。伐採後は枝払い、 1.8mの流さに切りました。

 

アオスジアゲハ卵 アオスジアゲハ幼虫
約1時間で実習終了、グリーンライブセンターに戻りました。シロダモの木にアオスジアゲハの卵及び幼虫が付いていたので撮影しました。

 

植生調査
昼食後は植生調査です。事前説明後、多摩中央公園に移動。各班で10m四方に杭うち及びロープを張って調査区域を作りました。直角三角形の作り方にピタゴラスの定理が出ましたが、中学校で習ったとはいえ35年近く前なので忘れてました…。しかしながらここにも数学が使われているものです。

杭打ちの移動の際、植生を見ていたので、他のメンバーが見落としていたものについて後のまとめで役立つことになります。

1時間で調査終了、グリーンライブセンターに戻って各班でまとめ、発表がありました。

15時30分頃に全て終了、名札を返却してから解散となりました。

新潟前夜

明日から3日間新潟遠征なので、今週の仕事は今日1日だけです。23日はグリーンボランティア講座のため必ず東京にいなければならないからです。

 

ゲジゲジ
昨日(7月18日)は羽化した成虫を放すため、20時30分過ぎに夜間樹液観察に出撃しました。まずはカブトムシの♀を放した後、周囲の樹液ポイントを観察しました。

ちょうど、ゲジゲジが食事中に出くわしたので撮影しました。食べていたのは…なんと!ニイニイゼミでした。近くに羽化後の抜け殻があることから、羽化直後の成虫を食べていたようです。

 

ノコギリクワガタ♂
学校の夏休みが近いのに虫は少ないです…。やっとクワガタを見つけて撮影しました。撮影後に確認したらノコギリクワガタの原歯型♂でした。

 

毛虫
同じ木にはなんと!毛虫がいました。素手で触ったら危ないところです。

 

キマダラカミキリ
都県境を越えたポイントではライトの光が!車が停まっていることから親子連れが採集にきていました。自分はブリードに使う分しか採集せず、生態写真撮影が中心ですが、多くの親子連れは根こそぎ採集していってしまいます。ひと夏に羽化する数は限りがあります。しかしながら、多くの人は昆虫など無限に出ると思っているのかもしれません。

残念ながら観察は諦め、別ルートで東京都側に戻りました。カシ類の木でキマダラカミキリを見つけ、撮影しました。

 

ニイニイゼミ羽化 ニイニイゼミ羽化 ニイニイゼミ羽化 ニイニイゼミ羽化
ニイニイゼミの羽化にも立ち会うことが出来、撮影しました。セミの羽化は夜に行われることが多いので、夜間観察ならではの醍醐味でしょう。

時刻は22時近くを回っていたのと、虫が少なかったのでニイニイゼミの羽化を撮り終えた後は帰路につきました。

無情の?事業予定地看板

今日は通常の出社日でした。来週は新潟遠征で平日は実質1日しかありません。8月後半以降の青森遠征は週内に決まるでしょう。

 

看板
月末には先生たちと灯火トラップ採集予定です。何もしなければ85Wライトの使用が8月まで使えないのは確実でしたし、稲城から撤退することを決めていても、オブサーバーとして何らかの協力はしたいので、自分が言い出したのですが。

撤退を決めたのも30年以上前の高校入学時よりは雑木林が少なくなったのも事実です。放置によって荒れ放題ですし、2020年頃ころからカブトムシやクワガタムシが減ってきました。環境の変化によるところが大きいのでしょう。

灯火トラップ採集場所を下見しようと土曜日(7月9日)の午後に行ってきました。なんと…!目についたのが事業予定地の看板です。親水公園になる話があり、市の公式HPによると1997年ころに計画されていました。しかしながら25年も凍結されたままです。

もし親水公園になったら生態系は変わってしまうのでしょうね。今年度いっぱいで稲城市での里山観察からは撤退を決めているとはいえ、昔ながらの里山風景がなくなっていくのは寂しいものです。

からきだの道【2】

いよいよ新潟遠征まで1週間となりました。オオクワガタを初めて採集したのが福島県、次いで新潟県でも実績を上げるとは思ってもいませんでしたが、1996年の磐越西線SL撮影に続いてつながりがあるようには思えてなりません。

 

ガクアジサイ
ガクアジサイです。空梅雨で晴天が続くと花焼けを起こしますが、林内で日陰なのでしばらくは心配なさそうです。

 

タマノカンアオイ
タマノカンアオイです。宅地開発される前はギフチョウがいた証拠で、花期は終わっても変わらずに鎮座しています。ニュータウン開発は50年以上前ですが、唐木田地区の開発は遅く、40年ぐらい前です。少なくとも着工前の40年ぐらい前まではいたのでしょうか。

 

俳句 俳句
一部の木には俳句が展示されていました。達筆で書かれているので読めないですが…。

 

カシナガ対策
こちらでもカシナガ対策が実施されていました。カシナガ被害は少なくとも樹齢40年以上ものが多いです。

 

公園
散策路を歩き、榎戸公園に出ました。説明そして次回の連絡後に解散となりました。

 

小屋
最寄りは唐木田駅。一部の自転車組は駅を超えて鶴牧西公園まで戻りました。農家風の休憩所に自転車を停めてあり、それぞれ引き取って帰宅しました。

からきだの道【1】

今日は出社日でした。明日はテレワーク、次回出社は明後日となります。

 

看板
しばらく歩くと雑木林の中に入りました。本日の目的地、からきだの道です。ここでは「からきだ道の会」が維持活動を行っています。

入り口には看板があり、樹名板が近隣小学校の3年生の作品であることを教えていました。

 

からきだの道 クヌギ
雑木林の中は雑草が少なく、歩きやすいです。定期的に草刈りがされているからでしょう。稲城市の里山は放置によってアズマネザサが伸び放題なのと対象外です。あと50~100年後には遷移によって照葉樹林に変わっているところもあれば、雑木林は維持活動されているところに限られてしまうのでしょうか。

小学生によって作られた樹名板もあり、撮影しました。

 

からきだの道
斜面の奥に落ち葉囲いがあり、カブトムシの産卵場にもなっているそうです。毎年4月頃には落ち葉切り返しで近隣の小学生にカブトムシの幼虫を分け与え、成虫になったら元の場所に放しているそうです。

つづく。。。

7月9日グリーンボランティア活動

いよいよ来週は新潟遠征です。期間は20~22日で、19日のみ仕事です。このような日程になったのは、23日がグリーンボランティア講座受講のためです。10月に修了するまで第4土曜日が受講日なので、8月後半の青森遠征も難しい日程調整を迫られます。

 

キアシナガバチ カブトムシ♀
9日のグリーンボランティア活動はあじさいの小径中心で、草刈りや剪定、クワの伐採、丸太作りが中心でした。

甘味休憩時には広場のテーブルにアシナガバチが飛来し、表面を削っていました。巣材集めに来ていたようです。スズメバチやアシナガバチの巣は枯れ木の繊維が材料で、紙に近い感じです。唾液でこねて引き延ばすので、紙作りに似ています。昔の人はスズメバチやアシナガバチの巣作りを見て紙作りのヒントを得たのかも知れません。

カブトムシの♀が見つかったという報告があり、カシの樹液に来ていたので撮影に採集しました。♂を採集するか、飼育中の羽化待ちです。

 

食痕 食痕
伐採したクワの木に穴があいていたので撮影しました。クワカミキリの食痕でしょう。幼虫がトンネルを掘りながら材の中を食べ進むのです。

クワカミキリの成虫はいませんでしたが、幼虫の食痕だけでも大きな収穫でしょう。あじさいの小径に自生しているクワは伐採したので、広場や他の場所に自生しているクワの木を丹念に探せば見つかる可能性が高いでしょう。

次回活動は7月23日ですが、講座受講のため参加は8月13日の予定です。ただし、最高気温35度以上の猛暑予報が出た場合は中止になるそうですが。

ノコギリ天下

今日は好天に恵まれ、午前中はグリーンボランティア活動でした。カブトムシの♀が見つかったことを受け、夜にも観察に行くことにしました。

 

セミ幼虫
途中、路上にてセミの幼虫を発見しました、このままでは自転車に轢きつぶされるか、通行人が気づかずに踏む可能性があるため、近くの木へ移しました。無事羽化してくれるといいのですが。

 

ノコギリクワガタ♂ カブトムシ♀
広場に着くと…昼間見つけた木には一見、何もいないようにみえましたが、しばらくしてノコギリクワガタの♂が落ちてきました。

すぐに拾って掴まらせ、撮影しました。大顎の湾曲はやや弱いものの、水牛タイプでした。別のカシの木にはカブトムシの♀がいました。♂はおらず、交尾を済ませてさっさと飛んで行ったのかもしれません。

飼育中の幼虫が羽化するのを待つしかないのでしょうか。

 

ノコギリクワガタペア
他のポイントを見ましたが、見つからず、移動。カシの木の上でメイトガードしているペアを見つけました。カシの樹液に来ているのは稲城時代でも見たことはなく、元々は照葉樹林に生息していたことを裏付けているようなものでした。実際、南西諸島では照葉樹林に生息しており、シイの樹液に集まったりします。

この後は切り上げて帰宅しました。

道端のオカトラノオ

今日は臨時出社日でした。明日はグリーンボランティア活動日です。好天が見込まれるものの、実際はまだ梅雨明けしていない可能性が高いです。実際の梅雨明け日確定は秋頃で、梅雨明け後の天候変化から決まるそうです。

5年前の2017年は関東信越地方で7月6日に梅雨が明けましたが、7月23日から8月末までは曇りや雨の日が多かったです。記録的な冷夏となった1993年は7月28日に一旦梅雨明け宣言が出されましたが、数日で前線が南下し、その後は曇りや雨の日が多くなり、梅雨明け宣言が撤回されました。

海の日3連休も曇りや雨の予報ですが、夏空が戻るのはいつになるのでしょうか。

 

オカトラノオ オカトラノオ
小田急多摩線のガード下をくぐり、一行はからきだの道へ向かいます。その途中でオカトラノオの花を見つけ、撮影しました。

花穂の先端が虎の尾のように垂れ下がることから、「オカトラノオ」の和名の由来にもなっています。今がちょうど花期となっており、一部の人は一旦足を止めて観察していました。

公園内の植物

今日は通常の出社日、明日は臨時出社日です。青森の宿から問い合わせの回答FAXはまだ来ていません。3年ぶりの青森遠征は8月下旬頃と見積もっていますが。。。

 

ショウブ?
公園の唐木田駅側には田んぼだけでなく水辺もあります。生えている植物はショウブでしょうか?花が終わったのか、咲いてないのでわからないです。

 

シダ
続いてシダ植物です。花が咲かず、勿論種も実もできません。胞子によって殖えるのです。山菜のワラビやゼンマイもシダ植物の1つです。

 

アジサイ アジサイ
アジサイも咲いていました。…が、数日前から梅雨とは思えない晴天続きで花が元気なさそうです。空梅雨で晴天が続くと花焼けを起こすそうです。この2日後に史上最速の梅雨明け宣言(速報値)が出るとは思ってもいませんでしたが。

 

ショウブ? 雑木林
しばらく進むとショウブ?が群生していました。続いては雑木林です。こちらでも維持活動している旨の説明がありました。

次は唐木田駅方面へ進路を変え、次の目的地である「からきだの道」へ向かいます。梅雨とは思えない強烈な日差しが容赦なく照り付けています。

つづく