「こまち18号」

秋田遠征報告は今日で最終回です。

 

鶏めし
田沢湖駅の売店で買ったのは、「鶏めし」です。大舘駅で売っているものですが、田沢湖駅で買えるとは思ってもいませんでした。

 

鶏めし 鶏めし
開封すると…茶飯に鶏肉、そぼろ等が乗っています。茶飯は鶏ガラスープでしょうか。鶏ガラスープは、夏野菜カレーや梨カレーを作る際、手羽先肉から出汁を取ったことがあります。ですが、なんちゃって駅弁で再現する際、茶飯を作るなら鶏ガラスープからなのでかなりの手間がかかりそうです。

 

「はやぶさ・こまち18号」 ステップ
盛岡駅で「はやぶさ18号」と連結した後は東北新幹線を最高時速320㎞/hで南下し、14時08分に東京駅に到着しました。田沢湖駅から3時間ちょうどです。

E6系はミニ新幹線なので在来線規格に合わせて作られています。車体幅も狭くなるわけで、東北新幹線区間ではホームとの隙間が空いてしまいます。そのため、折り畳み式のステップがあります。

1992年7月の山形新幹線開業時に投入された400系車両からE3系、E6系そして2024年春デビューのE8系にも受け継がれることになります。

この後は在来線に乗り換えて帰途につきました。

今夏は東北地方で梅雨が明けず、旧盆期間の月齢が悪かったのでタイミングがつかめなかったこともあり、採集成果は惨敗でした。

来季も秋田になるのか、青森に戻るかはわかりませんが、仮に青森に戻った場合は新しい宿の確保や攻略法の見直しが課題となりました。

最後までお付き合いありがとうございました。

最終日の朝食

今日は午後に昼頃に天気が回復したのも束の間、夕方には再び曇ってしまいました。全国的に晴れても関東だけ仲間外れのことも多いです。

PC故障の影響で半月以上中断したのと、ネタがないため秋田遠征の報告続きです。

 

キバサ 看板
最終日は朝7時前に起床しました。朝食は7時30分からで、時間とともに会場へ向かいました。

バイキング形式なので、何を食べたかはあえて言及しませんが、その中で秋田名物を紹介します。一口にバイキングとはいっても色々あり、今回のホテルはビュッフェ・サービスを採用しています。

紹介する秋田名物は「ギバサ」といい、アカモクという海藻を刻んだものです。メカブの様に刻むことで粘り気が出ています。ここ秋田のほかに、岩手県、山形県、新潟県、京都府では郷土食として親しまれています。

秋田の親戚宅でごちそうになった秋田名物は数え切れませんが、ギバサもあったと思います。8年ぶりの秋田で再び口にするとは思ってもいませんでした。

鉄道の日前日に…

明日は鉄道の日、そして鉄道150年を迎えます。150年前の5月7日には品川~横浜(現・根岸線桜木町駅)間で仮営業を始めており、新橋~横浜間が10月14日に正式開業しました。

 

駅弁
通常出社日なのと鉄道の日前日であることから、会社での昼食に日本最初の駅弁を作りました。

1885年(明治18年)に宇都宮駅で発売された駅弁が日本最初の駅弁で、梅干し入りのごま塩おにぎり2個にたくあんを竹の皮で包んだものです。当時、5銭だったので今のお金にすると500円でしょうか。とてもシンプルでしたが、旅という感じもあったのではないでしょうか。

シンプルに手軽に作れますが、今回は梅干しに変えて鮭を具として使用し、海苔で包みました。また、玉子焼きと唐揚げはおまけで付けました。昔の営業の人はおにぎり片手に回ったのではないでしょうか。

夏の間は梅干し入りのおにぎりを除いて傷みを懸念して日本最初の駅弁を除いてなんちゃって駅弁は作っていませんでした。秋になって気温も下がったので11月から月初の連続出社期間を中心に再開しますか。

きりたんぽ鍋

明日は通常の出社日です。テレワーク業務終了後もバタバタ忙しくて落ち着く暇がありませんでした…。

 

和シングル

バスで30分かかって宿に戻りました。今回宿泊したホテルはかなり広く、様々なタイプの部屋が用意されてシングルユースからファミリー層まで様々な客層ニーズに応えています。

今回宿泊したのは和シングルで、このタイプの部屋は25年ぶりだった気がします。1997年8月、岩手県遠野で泊った和風ビジネスホテルのシングルルームが和シングルだった様です。翌年には改装工事で多くの部屋がシングル、ツインの洋室に変わりました。和室にベッドとソファがある以外は洋室タイプと変わらない配置ですが、畳の上で横になれるのが大違いでしょう。

 

食堂 きりたんぽ鍋
灯火トラップを仕掛ける関係で夕食時間は18時からに予約しました。日没前に灯火トラップを仕掛け、夕食です。

バイキングなので、紹介する秋田名産はきりたんぽ鍋です。鍋セットも用意されており、チャッカマンで固形燃料に点火、鍋が煮詰まるのを町だけです。

その間に他の料理は食べましたよ…。まだ8月で時期的に鍋は早いと思われますが、すでに月末近く、しかも高原。夜は冷え込むので鍋は有難いです。

夕食後、いよいよ採集に向かうことにしました。

 

 

稲庭そば

シルバーウィーク明けは好天に恵まれました。10月になってもしばらく残暑が続くそうで、夜間樹液観察シーズンはまだ終われそうにないです。例年だと夜間樹液観察観察シーズンは概ね10月上旬までです。夜9時時点の気温が18度を切った時点で終了の判断を出すことにしています。

温暖化の影響でしょうか、シルバーウィークが終わっても夜間樹液観察シーズンが延びている感じがします。

 

稲庭そば
自転車を借りた田沢湖共栄パレス内に併設されている「レストラン しろすな」にて遅めの昼食をとることにしました。秋田名物といえば、稲庭うどん、そばは外せません。2014年の秋来、8年ぶりですから秋田名物を味わないと勿体ないです。

食券による前払い制です。注文したのは「稲庭そば」です。季節柄、ざるそばにしました。

きゅうりのつけもの、薬味のセットです。うどんでもよかったのですが、蕎麦の方が食物繊維が多いのでこちらを選択しました。

食後はバスまでの時間が余っているので秋田犬展示場で秋田犬を見学し、湖畔にも出ました。

2日目の朝食

3連休中日は雨の1日でした。台風の影響で九州・沖縄方面への配送に影響が出ているようです。

2日目は7時前に目覚め、7時から朝食です。

 

とんぶり
朝食もバイキング形式です。このうち、秋田名物を中心に紹介します。まずはとんぶりです。決して「どんぶり」と発音してはいけません(笑)。

とんぶりとはほうき草の実で、見た目がキャビアに似ていることから「畑のキャビア」と呼ばれています。実を取った後のほうき草は束ねて箒に利用されます。

 

じゅんさい
続いてじゅんさいです。これも秋田名産の一つです。

 

キノコ汁
続いてきのこ汁です。秋田名産の紹介としては番外編ですが。8月も終わりに近く、秋が近付いていることから紹介しました。季節の変わり目ともいいますが、高原の秋の訪れが早いことを実感させてくれました。

看板
厳選「郷土料理」の紹介です。過去にも帰省以外では寝台列車やSLといったイベント列車で訪れる機会は多かったものの、まだまだ味わい尽くしていない感じがあります。もちろん、親戚宅でごちそうになったもののありますが…。

つづく

初日の夕食

明日からシルバーウイークです。ですが、前半3連休は台風の影響がありそうです。

 

夕食会場
初日は夜の気温が下がるのが早いため、夕食時間を遅めにしてもらいました。腹が減っては戦はできぬといいますが、予約時間は19:30にしていました。

今回のホテルでは朝・夕食共にバイキング形式です。その中から秋田名物を中心に厳選して紹介します。

 

いぶりがっこ
まずは…ただのごはんではないかと思いますが、漬物はいぶりがっこです。主に大今冬の野菜を燻煙乾燥させて作った漬物です。名前の由来は秋田の方言で漬物を「ガッコ」と呼び、燻した漬物とされています。

 

はたはた
続いてははたはたです。秋田県の県魚で、主に日本海側で食されている魚です。秋田では雷の鳴る11月頃に獲れることから「カミナリウオ」の別名もあります。

 

わかさぎ デザート
わかさぎチーズ(左)とデザート(右)です。デザートの果物(スイカ、キウイ)と一緒にあるのは豆腐カステラと玉子寒天です。

 

秋田郷土料理 看板
食堂の一角には厳選された秋田の強度料理が置かれていました。豆腐カステラ、玉子寒天、エゴは秋田の親戚宅でごちそうになったことがあります。

食べ終わった後は再び採集に出かけました。

2022年東北遠征

明日から報告予定でしたが、天気が不安定でいつ夜間樹液観察に行けるかわからず、本日は行く予定だったのがにわか雨だったのでネタがなくなり、急遽繰り上げて開始することにしました。

今年は青森での連泊が取れず、代替地として秋田県田沢湖に決定、28日から2泊3日での遠征としました。すでに灯火セットは数日前から宅配便で送っています。

 

はやぶさ・こまち21号
旅立ちは東京駅11時20分発の「はやぶさ・こまち21号」です。行先は秋田なので、乗車するのは当然「こまち」の方になります。併結相手の「はやぶさ21号」はJR北海道のH5系でした。

 

シウマイ御弁当 シウマイ御弁当
昼食は東京駅にて買った「シウマイ御弁当」です。車内販売から弁当がなくなったので、乗車前に買っておかなくてはなりませんでした。

横浜駅の名物駅弁で、メインのシウマイの他、マグロのヅケ焼き、筍の煮物、蒲鉾、玉子焼き、鶏のから揚げ等が詰め込まれていました。これを再現しようとすれば、付け合わせが多くて大変です。

 

大釜駅 赤渕駅
盛岡駅で「はやぶさ21号」と分割後、田沢湖線に乗り入れました。田沢湖線は全線が単線なので行き違いが発生します。大釜駅と赤渕駅で運転停車、東京行きの「こまち」に道を譲りました。

 

こまち21号
仙岩峠を超え、秋田県内に入りました。定刻より2分程度遅れて田沢湖駅に到着しました。下車し、「こまち21号」を見送った後は改札を出ました。

朝食

今日で8月は終わり、明日から9月です。今夏は異常気象で不完全燃焼に終わった気がします…。あ、9月23日は虫屋の同窓会ことインセクトフェアがあります。

新潟遠征の報告はあと、1~2回で完結しそうです。早ければ来週から秋田遠征の報告となります。

 

朝食 朝食
7時30分から朝食時間です。旅館によくある和食スタイルの朝食です。

 

朝食
朝食のメインは焼き魚でしょう。焼き鮭にたらこ、きんぴらごぼうです。もちろん全て残さず、完食しました。

 

コカブト♀
唯一の成果だったコカブトの♀です。前夜に友人から戴いたWDのオオクワガタ♀3頭もお持ち帰りです。後に友人から聞いた話だと、普通種さえも少なかったそうです。6月の猛暑を挟んで梅雨が続いていたので天気がおかしかったともいえます。

十日町駅まで車で30分。帰りの新幹線に乗るには10時21分の電車に乗らなければなりません。9時45分ごろには送迎バスで宿を出るため、部屋に戻った後は帰りの準備等を始めました。

2022年新潟遠征【2】:夕食

今日は通常の出社日でした。明日1日働けばいよいよ秋田遠征です。とはいっても28日からですが。会社帰りに田沢湖までの乗車券を買っておきました。

 

六日町駅から15分ほどで十日町駅に到着、ほくほく線側の駅前ロータリーには宿からの送迎バスが待っていました。

 

夕食
約30分で今夜の宿に到着、チェックインしました。持参したパソコンを出してWi-Fi接続し、写真等を取り込んだりしました。この後は温泉に入り、18時には夕食タイムです。道の駅併設なので、食事場所は宿泊者用の食事処が別にあり、かなり広かったです。

新潟県の食材がふんだんに使われており、中央の魚はのどぐろでしょうか。正確にはアカムツという魚だそうです。

 

夕食 夕食 夕食 夕食
左上から天ぷら、肉と豆腐、きのこ、水菜の鍋もの、左下から鮭の炊き込みご飯、味噌汁です。

 

夕食
〆はアイスクリームです。全て残さずに完食、部屋に戻って暗くなるのを待ちました。しかし雨が降っていて先行きを不透明にさせてくれます。泣いても笑っても今夜1泊しかありませんので。

つづく