函館乗り換え~新青森へ

日本海を低気圧が東進し、強い南風が吹いたため気温が20度超で暖房いらずの暖かい1日でした。ようやく2014年分の記事移行に着手し、アメブロ廃止作業が再び前進しました。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗12号」(左写真)/函館本線函館駅
※789系特急「スーパー白鳥40号」(右写真)/函館本線函館駅

札幌から3時間16分かかって15時38分、函館駅に到着しました。ここからは新青森まで特急「スーパー白鳥40号」に乗り換えです。

 


よく見ると、キハ283系の中間車が混結されていました。キハ283系は釧路方面だけでなく函館方面にも運用されることがあります。車体断面が違うので、一目で判別できます。

 


※函館駅ホーム

函館駅のホームには雪が積もっており、ほとんど真っ白です。海が近いこともあり、風雪が吹き抜けていくからなのでしょう。

15時55分、特急「スーパー白鳥40号」は函館駅を発車しました。

 


※3線軌道/海峡線木古内~知内間にて

木古内からは海峡線です。知内に停車した後は最高時速140km/hで飛ばします。今は冬で雪で3本目のレールは埋もれているところが多いのですが、一部区間ではレールが見えているところがあります。これを狙って撮った一コマです。

また、海峡線の高架橋はスラブ軌道以外は雪が積もらない網目構造のため、雪が積もっていないところが分かります。北海道は寒すぎてスプリンクラーによる散水消雪ができない事情もあるのです(散水する前に機器及び水が凍結する恐れがあるため)。

 


※789系特急「スーパー白鳥40号」/奥羽本線青森駅にて

青函トンネルを抜け、本州に戻ってきました。途中、蟹田に停車した後は青森です。青森駅で方向転換するために6分停車するので、その間にホームに降りて撮影しました。

 


※789系特急「スーパー白鳥40号」/奥羽本線新青森駅にて

青森駅ではかなりの乗車がありました。青森~新青森間は特急券なしで特急の自由席に乗車できる特例があるので、新青森で新幹線に乗り換える人ばかりなのでしょう。

17時56分、新青森駅に到着しました。後は新幹線に乗り換えるだけです。新青森駅では折り返し設備がないことから、この後は津軽新城駅に回送してから特急「スーパー白鳥31号」となって函館へ向かいます。

撮影後は新幹線ホームへ向かいました。

ジンギスカン弁当

新年度最初の花金は春の陽気に恵まれ、朝夕の通退勤時はすでにコート要らずとなりました。アメブロ廃止作業の一環で、まずは2014年12月分から写真の著作権表記の消去作業が始まりました。アメブロ廃止作業がまた一歩進んだことになります。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗12号」/函館本線札幌駅

札幌駅に戻ったあとは、ホテルにて預けておいた荷物を引き取りました。後は東京へ9時間かけて帰ります。飛行機なら新千歳空港から羽田まで1時間半ですが、自分は飛行機恐怖症なので、どんなに時間がかかっても北海道や九州は鉄道利用です。

万が一、飛行機事故に遭って死にたくはないですし、子供の頃から飛行機事故のニュース映像見ては恐怖心が骨の髄にまで染みついているのです。

12時過ぎ、自動改札をくぐって改札内に入りました。売店で昼食用の弁当を買ってからホームへ上がりました。

 


※ジンギスカン弁当

12時22分、特急「スーパー北斗12号」は定刻どおりに札幌駅を発車しました。函館で「スーパー白鳥40号」、新青森で新幹線に乗り継ぎます。

昼食用に買ったのは「ジンギスカン弁当」で850円です。加熱容器で、まずは紐を引いてから数分間待ちました。そうすると、アツアツの弁当になります。

肉はもちろん羊肉です。2009年9月に当時のネット婚活仲間と合コン形式のオフを開催したことがあり、ジンギスカンは久しぶりです。現在はそのサイトを辞めましたが、一定の成果はあったといってもいいぐらいです。再び“幹事長”の名を擁けるのはいつの日になることやら…トオイメ

新札幌にて・4

昨夜までの雨とうってかわって晴れて気温も上がりました。アメブロ廃止作業にて、ようやく2014年分の写真が準備できました。しかし、これですぐに記事を移せる訳ではありません。

著作権表記の消去作業があり、この後にアップロードし、記事をインポートして移す作業に入れるのです。着手は早くて週末で、GWごろまでには2014年分を終えられるでしょう。

 


※733系普通列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて733系の普通列車が通過したので撮影しました。札沼線の電化で投入された新型通勤電車ですが、外観上は731系とほとんどそっくりです。側面がビートレスで平滑になっているので、見分けるのは容易です。

ただし、アルミ車体の735系とはほとんど見分けがつかず、車両番号や編成番号で見分けるしかありません。

 


※DF200貨物列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

11時近く、2本目のDF200貨物列車が通過しました。この日撮影したDF200貨物列車は2本ともほとんどコンテナ満載でした。

 


※寝台特急「北斗星」/千歳線上野幌~新札幌間にて

トリは寝台特急「北斗星」です。昨年3月に撮影した時はヘッドマークが極端に傾いていましたが、今回はちゃんと?水平に取り付けられていました。

撮影後は撤収し、快速「エアポート111号」で札幌へ戻りました。

新札幌にて・3

昼過ぎから雨が降り出し、大荒れでの新年度スタートとなりました。多くの企業では新卒社員の入社式が行われる筈ですが、新型コロナウイルスの影響で延期または中止になったところが多いのではないでしょうか。

26年前の今日は初々しい新入社員として、前職の会社に入社したのですが、今は転職して4年経ちます。

 


※DF200貨物列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて撮影したのはDF200牽引の貨物列車です。現在は北海道のみですが、今秋(2013年当時)に九州でデビューする「ななつ星in九州」の牽引機として旅客バージョンも製作されるので、JR東日本のEF510に続いて2例目となります。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗1号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

函館からの特急「スーパー北斗1号」です。この日の先頭は試作車で、貫通扉の窓が小さいです。量産車では窓が拡大されているので、窓の大きさを見れば一目瞭然です。

 


※キハ283系特急「スーパーおおぞら2号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて釧路からの特急「スーパーおおぞら2号」です。2011年5月に発生した脱線炎上事故で、多客時を除いてグリーン車無のモノクラス編成ですが、通常5両編成のところを更に1両減車した4両編成となっています。ここまで減車した「スーパーおおぞら」編成を見たことはなかったです。

続く。。。

新札幌にて・2

週明けはすっきりしない天気でした。タレントの志村けんさんが新型コロナウイルスにより亡くなられました。小学生の頃は「8時だヨ!全員集合」でよく笑わせてくれました。近年はバカ殿様やだいじょうぶだぁでよく見ていましたが、もうお笑いコントを見ることはできません。

最期は日本中のファンに新型コロナウイルスの恐ろしさを身をもって教えてくれました。これにてザ・ドリフターズのメンバーは3人に減少しましたが、最後の1人が死去することによる自然消滅という形を取るため、解散宣言は今も出されていません。この場を借りてご冥福をお祈りします。

 


※寝台特急「トワイライトエクスプレス」(団臨)/千歳線上野幌~新札幌間にて

2本目の寝台列車は大阪からの寝台特急「トワイライトエクスプレス」です。ヘッドマークがないぞ!?と思ったのですが、団体臨時列車だった模様です。時刻表で調べたら、この日は運転日ではなかったのですが、時に団体臨時列車として走ることがあるそうです。計画する前にきちんと運転日を調べておくべきでした。

ですが、ヘッドマークがない寝台特急は、国鉄時代の一時期、東京口のブルトレを除いて全国的にヘッドマークが廃止された時代を思い起こさせてくれます。

 


※785系L特急「すずらん1号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて撮影したのは室蘭からの785系「すずらん1号」です。1990年に製造されてから20年以上が経過し、2015年度の北海道新幹線開通で函館地区から789系が転入してくると置き換えられるのは必至ですから、今のうちに撮影しました。

 


※731系普通列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

すでに札幌圏での通勤列車の主力となった731系です。デビュー同時は北海道初のデッキ無・オールロングシート車で賛否両論を呼びましたが、現在では定着しています。寒さ対策として、乗降扉付近にエアカーテンが設置されているのも、酷寒地ならではの寒さ対策でしょう。

すでにこの時点で10時近くを回っていました。

新札幌にて・1

今日は寒の戻りで雪が降りました。3月下旬以降で東京の積雪は1988年以来32年ぶりです。桜の花と雪の組み合わせは滅多に見られません。

翌朝7時過ぎに起き、朝食後は8時過ぎにチェックアウトしました。8時40分発の快速「エアポート84号」に乗り、新札幌へ向かいました。10分足らずで到着、あとは上野幌方へ撮影地に向けて歩きました。

札幌都市圏の副都心として発展著しい新札幌駅周辺ですが、上野幌方へ20分歩いただけでまだ自然が残っているところへ出られるのです。さすが、北海道はでっかいどう…とまではいきませんがw

 


※721系快速「エアポート85号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

すでに先客がいましたが、それでも撮影場所は余裕を持って決めることができました。まずは721系の快速「エアポート85号」です。

 


※寝台特急「カシオペア」/千歳線上野幌~新札幌間にて

次のターゲットは寝台特急「カシオペア」です。ところが通過予定時刻になってもきません。数分遅れて遠くにやっとDD51のヘッドライトが見えてきましたが…

反対側から731系の普通列車がきました。このままでは被られてしまう…!と危惧しましたが、辛うじて撮影できました。

ダイヤ過密区間では、被られてしまう危険が常につきまとうものですね。

 


※キハ261系特急「スーパーとかち2号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

次は帯広からの「スーパーとかち2号」です。石勝線の特急では、この列車が一番最初に札幌へ到着します。

 


※キハ183系特急「北斗8号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

反対側からはキハ183系の特急「北斗8号」が加速していき、排気ガスを残して走り去っていきました。

キハ183系の特急「北斗」は4往復しかないうえ、5号の到着は12時59分なので、2泊にしない限り撮影は不可ですね。。。

撮影のトリとなる「北斗星」までまだ1時間以上もあるので、この後も同じような写真を量産することになるのでありました。

2013年冬の北海道遠征【7】夜間撮影

週明けは寒の戻りでのスタートとなりました。昨日のコクワガタに続き他のドルクス族クワガタを起こすのは週末からになりそうですが、昨秋に友人から送って貰ったオオクワガタのP.Nも考えなくてはいけません。

ちょうどGF(仮)にて、聖櫻学園通信Vol.42で新しいガールが4名発表されたこともあり、彼女達の名前を付けるのもありかもしれません。

覚えている限りでは2016年春の真白透子以来、4年ぶりで主人公のもう1人の幼馴染ではないかと囁かれています。新しい女の子が登場するのは嬉しいですけどね。

しかし、現在は名前とキャラ概要が発表されただけで、性格などは明らかになっていません。現時点では30mm前後の♀には低身長ガールの名前でいく方向です。

 


※キハ40回送(左)/函館本線札幌~苗穂間にて

21時半近くになると、急行「はまなす」の夜間撮影にチャレンジすべく、苗穂に行きました。苗穂駅から札幌方へ歩いた踏切で、急行「はまなす」を待ちました。
まずはキハ40の回送で前哨戦です。札沼線または函館本線(山線)等で運用されて、ねぐらの苗穂へ帰る途中でしょう。

 


※789系L特急「スーパーカムイ45号」/函館本線札幌~苗穂間にて

続いては789系「スーパーカムイ45号」です。ところが、AFが不意に作動しない様にセットしたつもりですが。。。急行「はまなす」が通過してさあ、来たぞ!とシャッターを押した途端にAFが作動してしまい、見る鉄になってしまいました。

後に確認したら、きちんと設定されなかったのが原因でした。ホテルに戻った後は、シャワーを浴びて寝床につきました。

2013年冬の北海道遠征【5】札幌到着

日中は気温が20度近くまで上がり、ランチタイムはコート要らずでした…が!間抜けなことにランチタイムではそのままコートを羽織って行きました(^^; 昼間はコート要らずでも朝夕の通退勤時は気温が低く、寒暖差が大きいです。

 


※駒ケ岳&小沼/函館本線大沼~大沼公園間にて


※内浦湾/函館本線森付近にて

函館を出発した後、車窓には大沼付近で小沼&駒ケ岳、森付近では内浦湾が見えてきました。晴れてはいましたが、駒ケ岳は残念ながら頂上付近に雲がかかっていました。独立峰ゆえ、なかなか全容を現してくれません。

五稜郭、大沼公園、森、八雲、長万部、洞爺、伊達紋別、東室蘭、登別、苫小牧、南千歳、新札幌に停車して15時44分、札幌駅に到着しました。

 


※特急「スーパー北斗9号」/函館本線札幌駅にて

札幌駅に到着し、ホームに降りてみると最後尾には雪が付着していました。列車自身が巻き上げた雪で、北海道の厳しさを物語っています。

函館までなら本州仕様でも乗り入れは可ですが、2035年度に札幌までの延伸が予定されている北海道新幹線は、その頃には酷寒地仕様の車両が開発されているでしょう。

改札を出た後は、宿泊先のホテルへ向かいました。

2013年冬の北海道遠征【4】特急「スーパー北斗9号」

今日は会社にてちょっと残業になりましたが、仕事でも夢中になると時間を忘れてしまうようです(^^ゞ

もちろん、チームリーダーにもすごい集中力!とも言われました。腕時計は?と聞かれましたが、仕事中は時間を気にしすぎて散漫になるので外しています。自分でも意外と気づかないのですが、集中力が結構あるものですね。

昔、電車運転ゲームの「電車でGO!」シリーズをやった時、本職の運転士並みに集中して運転していたので、そこで磨かれたのかもしれません。常にプロモードで距離計非表示でやっていたので。距離計隠しは意外と難しかったです。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗9号」/函館本線函館駅にて

函館からは特急「スーパー北斗9号」に乗り換えです。同一ホームでの乗り換えなので、楽でした。

同一ホームとはいえ、8分は長い様で短いです。写真を撮影及び売店で駅弁を買った後は車内に乗り込みました。

12時30分、特急「スーパー北斗9号」は札幌に向けて発車しました。3時間14分の旅路です。

 


※みがき弁当

昼食用に函館駅で買った駅弁は「みがき弁当」です。

ご飯の上に鰊の甘露煮、味付け数の子、茎わかめが載った弁当です。鮭いくら丼と同様、親子丼に近い感覚かも知れません。値段は790円でした。

箸を進めているうちに「スーパー北斗9号」は振り子機能により、カーブをものとせずに札幌へ向けて快走していきました。

2013年冬の北海道遠征【3】海峡を越えて…北海道上陸!!

ダイヤ改正後初めての週明けは好天でのスタートとなりました。朝の通勤急行が1分遅くなっても、新宿到着時間は変わらないので、たった1分ですが時間短縮したことになります。2年前に複々線ができたといっても、代々木上原付近でよく電車が詰まります。

これは代々木上畑~新宿間が複線のままであることも起因しています。一昨年の複々線化完成による列車増発分はほとんどが千代田線直通列車なのです。とはいえ、朝ラッシュですから余裕時分を詰めても定時性確保は厳しいじゃないのか?と懸念はしていますが…。

 


※津軽線にて

青森で方向転換して、新中小国信号場までは津軽線を走ります。津軽線でしばらくの間は北海道新幹線の高架橋が並行しているのが遠くからでも分かるようになりました。

ただし、津軽線と北海道新幹線は運営会社が異なるため、並行在来線とはみなされず、津軽線は経営分離されずにこれまでどおりJR東日本が運営します。

車窓に平舘海峡が眼前に見えると、蟹田は間近です。

 


※北海道新幹線工事

新中小国信号場からは新在共用区間となる海峡線です。すでに新在合流部では新幹線高架橋ができあがりつつありました。

ただし、新幹線開通後は青函トンネルを含む共用区間では、新幹線の最高時速は貨物列車への配慮と国土交通省の意向により、当面は140km/hに制限される見通しです。11時40分ごろ、青函トンネルに突入しました。

 


※函館湾/江差線内にて

約25分で青函トンネルを抜けて北海道に上陸しました。木古内からは江差線です。

江差線は函館湾に沿って走るため、カーブが多く、スピードは落ちます。晴れれば函館山が見えるのですが、雪雲がかかっているために生憎見えません。

新青森駅発車時の遅れはほとんど回復し、五稜郭で函館本線に合流して12時22分、定刻どおりに函館に到着しました。