C61「SLぐんまみなかみ」

2泊3日の新潟遠征を終え、19時前に帰ってきました。新潟遠征の成果はコクワガタ1♂2♀、ノコギリクワガタ2♂、オオクワガタ1♀で、福島県に続いて新潟県にもオオクワガタ採集実績を残すことができました。6年ぶりのリベンジを果たしたことになります。

あとは、本命の…青森県産ですね!!南東北と北東北産の違いも見てみたいです。南東北産の代表を福島県産とするならば、北東北産の代表は青森県産といったところでしょうか。ただし、青森県産は採集が難しいです。

 


※SL快速「SLぐんまみなかみ」/上越線上牧~水上館にて

最終日はまっすぐ東京へ帰らず、一旦水上に寄ってSL撮影をしました。越後中里~水上間は列車本数が少ないですが、ちょうど9時台に土休日のみ延長運転があり、9時54分発の普通電車で越後湯沢を発ちました。

10時32分に到着、撮影に不要な荷物を預けてから撮影地へ向かいました。途中、雨に降られながらも40分で到着。

昼前に「SLぐんまみなかみ」が通過しました。

 


※211系普通738M高崎行/上越線水上~上牧間にて

SLが去った直後に211系の普通が通過しました。ダイヤが変わっており、被る危険性が高まっています。次回以降はこの撮影地を外すことも考えないといけませんね。

 


駅へ戻り、昼食後はSL広場で休憩中のSLを撮りました。本日の牽引機はC61でした。

 


SL広場ではいつの間にか、D51がきれいになっていました。昨秋の社員旅行で2日目に「四季島」を撮りに行った時は、色褪せていたような気がします。

 


※SL快速「SLぐんまみなかみ」/上越線水上駅にて

15時近くまで駅の待合室で休憩した後は三脚で確保した場所へ戻りました。カメラをセットしてスタンバイ。

15時20分、SLは水上駅を発車しました。撮影終了後は荷物を引き取り、バスで上毛高原駅に出てから新幹線で東京へ帰りました。

新潟遠征

今日から2泊3日で新潟遠征です。東京駅14時40分発の「とき325号」で東京を発ち、16時頃には越後湯沢に到着しました。


今回乗車した「とき325号」は残り少なくなったE2系です。現在は10両編成24本の240両が残るのみで、最盛期の半分以下です。

上越新幹線のE4系Maxを置き換えた後はE2系も対象に入る予定でした。東北新幹線に残っているものも、次第にE5系へ置き換えられていきます。

 


1時間20分ほどで越後湯沢に到着、新幹線は速いです。現在残っているのは全て大窓車です。小窓の0番台は北陸用も含め、全廃しています。

新幹線車両の寿命は15年程度、最終製造葉2010年で東北新幹線全通時ですから、10年が経過しています。あと数年といったところでしょうか。

 

奥の方にはE4系「Max谷川412号」が待機しており、しばらくして発車しました。明後日は水上に一旦寄ってSL撮影後に帰る予定で、上毛高原駅から乗る列車です。

今夜は採集ですが、オオクワガタは採れるでしょうか?

E7系「とき315号」

今日も厳しい残暑でした。朝から部屋の室温が30度を超えていたので、仕事を始める前からクーラーをつけるしかありませんでした。前夜の寝不足でちょっと体調がすぐれませんでしたが…

遅くなりましたが、7月12日からの福島遠征の報告です。9月前半を想定している新潟遠征は不透明な状況です。

 


旅の始まりは東京駅からで、10時15分発の「とき315号」です。昨秋の台風19号で千曲川堤防決壊による浸水被害でE7系・W7系が合計10編成廃車となり、車種変更もあり得ましたが、今年も変わらずE7系でした。

現在、上越向けに製造中のものを北陸用に転用し、一部はJR西日本へ賠償分として譲渡、その間上越はE4系Maxを延命および、東北へのE5系投入でねん出されたE2系転用が考えられるでしょう。

車内は…新型コロナの影響で1車両に10人程度でした。昨年同時期では考えられなかったことです。

 


11時35分、越後湯沢駅に到着しました。友人から連絡があり、仕事の打ち合わせで遅れるので、先に昼ご飯食べてくださいとのことでした。

少し撮影した後は改札を出て、駅ナカで少し早めの昼食にしました。

13年前の撮影地にて…2013年東北新幹線撮影【後編】

今日は朝から夜までほぼ雨でした。午後は久しぶりにむし社へ行き、材とケースを買ってきました。現在、材仕込み中なので、セットは明日の夕方になります。

 


※E5系「やまびこ55号」/東北新幹線郡山~福島間にて

不注意でE5系「はやぶさ9号」を逃してしまいました。320km/hは速いですね…。

続いて通過して来たのはE5系「やまびこ55号」です。E5系単独ですが、「はやぶさ」ではないので最高時速は275km/hです。「やまびこ」といっても、「はやぶさ」と外観は変わらないので分からないでしょう。

 


※E3系+E5系「こまち・はやて29号」/東北新幹線郡山~福島間にて

2本目のE3系+E5系です。秋田用のE3系は順次E6系に置き換えられるので、貴重なカットになるでしょう。

帰りの電車の時間および、午後になると側面に日が回らなくなることから、そろそろ撤収しようと考えましたが、車で日和田駅まで送ってくれるとのことで、好意に甘えることにしました。

 


※E3系+E2系「やまびこ207号」/東北新幹線郡山~福島間にて

2本目のE3系+E2系「やまびこ」です。この組み合わせは現在、「やまびこ」3往復で残っています。しかし、そう遠くないうちにE6+E5の組み合わせに変わっていくことでしょう。

E3系のうち、2002~2005年に増備されたR18~26編成はまだ経年が若いので、山形用へ回る可能性もあります。

撮影終了後は日和田駅まで車に乗せて貰いました。

 


※海苔のりべん

日和田駅から普通電車に乗り、6分で郡山駅に到着しました。一旦改札を出て、指定席券売機で帰りの新幹線指定席券を購入しました。

再び改札をくぐり、新幹線に乗りますが、昼食時間が近いことで駅弁を購入することにしました。どれもいろいろあって迷います…。今回は「海苔のりべん」にしました。

駅弁を買い、自動販売機でお茶を買ったところで丁度、帰りの新幹線が入線しました。「やまびこ52号」で、車種はE2系でした。東北のE2系は順次E5系に置き換えられ、上越へ転属するのでいつまで乗れるでしょうか?

郡山駅を発車し、さっそく昼食タイムです。開けてみると、昔懐かしい海苔弁当スタイルです。ご飯の上に海苔が載っています。

ご飯はほぼ真ん中にかつお節と昆布の佃煮がまぶしてあり、2段重ねとなっていました。おかずは大きな玉子焼き、焼き鮭、大切りのきんぴらこぼう等です。

昔懐かしい弁当スタイルでしたが、おすすめの一品です。値段は880円でした。

13時24分、東京駅に到着し、日テレ屋に寄った後は帰宅しました。

13年前の撮影地にて…2013年東北新幹線撮影【前編】

朝のうちは晴れ間が出ていましたが、次第に雲が広がり、夜遅くには雨が降ってきました。次回観察できるのは早くて14日ですが、新旧フィールドでクワガタの発生時期にずれがあり、今年も月後半ぐらいからでしょう。

しばらくは傑作選で、2013年5月25日の福島県での東北新幹線撮影です。この年の3月にデビューしたE6系「スーパーこまち」をまだ撮ったことはなく、E3系とE5系の併結は2014年3月までとなることが確定的だからです。2014年春までに現在のE3系「こまち」を順次E6系に置き換えるためです。

わざわざ福島県まで撮りに行ったのは、2000年4月に撮りに行ったことがあるからです。当時の記憶を辿りつつ、東京駅7時12分発の「つばさ・やまびこ123号」で郡山へ発ち、在来線に乗り換えて日和田駅で下車しました。

当時撮影したのは、磐越道との交差部からで、前回撮影から13年経過しているため、地図を頼りに磐越道との交差部を目指しました。
当時はどう歩いたか忘れたため、結局は迂回してしまい40分かかりました。

 


※E3系+E5系「こまち・はやて25号」/東北新幹線郡山~福島間にて

三脚とカメラをセットし、スタンバイしました。しばらくしてE3系+E5系の「こまち・はやて25号」が通過しました。

後に連結している「はやて」はすでにE5系になっています。よく見るとE5系の方が背が低いですね。E5系もE2系も全高は同じ3650mmですが。

 


※E3系+E2系「やまびこ53号」/東北新幹線郡山~福島間にて

2本目はE3系+E2系の「やまびこ53号」です。E3系とE2系の併結は山形新幹線との併結列車が中心になりましたが、秋田用E3系とE2系の併結はまだ「やまびこ」で残っています。

あと少しで見られなくなると思うと寂しいですね。

 


※E6系+E5系「スーパーこまち・はやぶさ7号」/東北新幹線郡山~福島間にて

10時過ぎ、E6系+E5系「スーパーこまち・はやぶさ7号」が通過しました。しかし、300km/hは速い…(@_@;

これまで新幹線の撮影で撮れた最高時速は275km/hですから、タイミングと感覚が違います。300km/hの“弾丸”を受け止めたのは初めてでしょう。過去に500系「のぞみ」を1度だけ撮ったことがありますが、東海道新幹線内だったので最高時速は270km/hでした。

2014年春に「こまち」全列車がE6系に置き換えられると、最高時速は320km/hに引き上げられます。320km/hの“弾丸”を受け止める感覚を早めに身に着ける必要がありそうです。

しばらくして、車が来て、父親と5歳前後の小さな男の子が降りてきました。子供にせがまれて新幹線を見に来たそうです。

もう「スーパーこまち」は行ってしまったことを教え、代わりに撮った写真を見せてあげました。あと数分早く着けば見られたかもしれませんが、わずかなタッチの差でしたね…。

 


※E3系+E2系「つばさ・やまびこ129号」/東北新幹線郡山~福島間にて

次はE3系+E2系「つばさ・やまびこ129号」です。「こまち」と併結する「はやて」はE5系に置き換わりましたが、E2系とE3系のカップリングは「つばさ」併結で引き続き、今後も見られます。

 


※E3系+E2系「つばさ・やまびこ131号」/東北新幹線郡山~福島間にて

見せていただいた郡山駅の時刻表から次は「やまびこ」で、その間に「こまち・はやて」や「はやぶさ」が通過すると読んでいました。

ところが次に来たのは、また「つばさ・やまびこ」!?帰宅後に時刻表で調べたら、131号で大宮を出たら福島までノンストップだということがわかりました。

続く。。。

水上駅を発車する「SLレトロみなかみ」

今日もテレワークでしたが、PCの不調には悩まされました。そこでシステムディスクのクリーンアップしたところ、2GB以上空きが増えました。いらない一時ファイルはこまめに削除しておかないと、溜まってしまい、将来的にはPCの動作が遅くなります。

数十~100GB以上溜まっていると思ったのですが…あとは不要なアプリをアンインストールする、Windowsの修復などです。

来週は会社側PCの復旧作業のため、6月1・2日に出社です。2日は万が一、上手くいかなかった場合等に備えての予備日としています。

 


※SL快速「SLレトロみなかみ」/上越線水上駅にて

15時前には三脚を置いた場所に戻り、カメラをセットしました。帰りの列車撮影でも、レンズは85mmF1.8が活躍することになりました。

セットして構図確認すると、丁度よいではありませんか!?フルサイズに換算すると136mmですから、将来EOS5Dといったフルサイズモデルを買ったら、出番は減るのでしょうか!?

そうこうしている間に発車時刻が迫ってきました。15時20分、定刻どおりに水上駅を発車しました。今度は黒煙たっぷりで、後ろに流れてくれました。

 


※SL快速「SLレトロみなかみ」/上越線水上駅にて

もう1台のカメラで真横から狙ってみました。もうちょっと広角がよかったみたいですね…。28mmの焦点距離で撮ったのですが、APS-Cサイズなので1.6倍望遠側となり44.8mm相当になっています。

使用しているカメラはキヤノンなので、APS-Cサイズ専用のEF-Sレンズに10-22mmとか、17-55mmとかいったズームレンズがありますが、将来フルサイズに切り替えた場合、投資が無駄になるため、現状は見送っています。

撮影後は撤収してバスに乗り、上毛高原駅から「Maxたにがわ420号」で東京に戻りました。

転車台広場にて

今日はテレワーク業務中に自宅PCの復旧作業が発生、特に夕方は終業間近であり、いきなりの強制終了のち、復旧に時間がかかりました。そのため、2時間近くの残業が発生しました。PCのトラブルによる突発的な残業は上司も同僚も周知済なので、上司の指示下で行うものとは性質が全く違うといっていいでしょう。

 


※休憩中のC61 20/転車台広場にて

山道を下りた後は、水上駅へ向かって歩きました。12時45分ごろには水上駅に到着、昼食後は転車台広場へ行きました。

毎回、よく飽きもせずに休憩中のSLを撮れるものですね…(^^;

D51が昨秋から全検入場で運用離脱のため、すでに半年以上もC61だけで運用を賄ってきているのも事実です。

今回時間がかかっているのは、秩父のC58が脱線事故で修理のために入場し、更には盛岡のC58が動態復元のために入場したために人が足りなかったことも考えられます。

重装備時の集煙装置取り付け台座は?どうなったかはまだ知るべくもありませんが、6月15日の運用復帰を心待ちにしましょう。

いつもと変わり映えしないですね…。しかし、バックの新緑が開いているのが救いでしょうか。

撮影後は腹ごなしで周辺を散策しました。

C61「SLレトロみなかみ」俯瞰

7年前(2013年)の今日は転職前会社の同期会があった日でした。今から26年前に新卒入社しましたが、20年近くの間に退職や転職で1/4近くまで減ってしまいました。しかし、同期社員が一同に集まる滅多にない機会でしたね。。。今は自分自身も転職して去ってしまいましたが。

数年で転職どころか、20数年間も在籍するとは思ってもなかったです。転職が40代になってからでしたし。

 


※SL快速「SLレトロみなかみ」/上越線上牧~水上間にて

フィルム時代は135mm程度の焦点距離で撮影したと思いますが、もう少し新緑を多く取り込むためにレンズは85mmF1.8単焦点に交換しました。

現在はAPS-Cサイズのため、85mm×1.6倍=136mm相当となります。将来、フルサイズに買い替えた場合、135mmの焦点距離で撮影することになります。その時は135mmF2の単焦点レンズを買っているか、あるいは現在の70-200mmF2.8LISレンズのズームで撮影しているかは分かりませんが。

いずれにせよ、前の70-200mmF2.8Lレンズ老朽化が、稼働率の高さゆえでしたから、ある程度単焦点レンズを買い揃えて負担軽減する方針です。

昼前にC61牽引で「SLレトロみなかみ」が通過しました。オードソックスにSLの前面が写っているカットを撮った後、SLを新緑の中に隠して煙を強調したカットも撮りました。

撮影後は下山して水上駅へ向かいました。

12年ぶりの俯瞰ポイントにて

今日は関西で緊急事態宣言が解除されましたが、首都圏と北海道は継続となりました。来週28日に解除の可否を判断するそうです。最後に出勤したのが4月24日ですから、もう1か月近く会社に行っておらず、ずっとテレワークです。

今日から数日間は2013年5月18日の水上遠征です。この年のGW中には5月4日にも行ってましたが、新緑が芽吹いたばかりなので、2週間後にまた行ったことになります。

 


※115系普通列車731M/上越線上牧~水上間にて

 


※115系普通列車748M/上越線上牧~水上間にて

18日は「レトロみなかみ」撮影で上越線に行きました。GW連休中の4日はまだ新緑が開ききっていない状況でしたので、そろそろだろう…と思ったのです。

今回も「Maxとき・たにがわ311号」で上毛高原へ向かい、バスに乗り換え。諏訪神社前バス停で下車し、諏訪峡大橋を渡った後は俯瞰ポイントへ行くための山道を探しました。

前回俯瞰撮影したのは2001年5月4日で、もう12年になります。当時の記憶を頼りに山道を見つけ、10分程度登りました。

12年前に撮った時は山道から撮ったのですが、当時のポイントは木々が伸びてしまい撮れなくなってしましました。

山道の終点付近で開けた場所が残っており、先客が1人いましたが、場所確保できました。場所が狭く、少し危険なので最高で3人が限度でしょうか。

まずは115系普通列車で前哨戦として試し撮りをし、上りの高崎行き738Mを撮った後はレンズ交換してSLを待ちました。

水上駅を発車する「SLみなかみ」

週明けは肌寒いスタートでした。日中は気温が上がらず、都心部でも最高気温はぎりぎり20度でした。寒気の影響でしばらく不安定な天気が続くそうです。

 


※C61入れ換え/上越線水上駅にて

先行の高崎行き普通列車が出発してしばらくすると、C61が1番線から姿を現してきました。昔は1番線と2番線の間に中線がありましたが、現在は撤去されて配線も変わっています。

1番線ホームを抜けたあたりから絶気に変わりました。入れ換えでそれ程のスピードを要求しないからでしょう。概ね時速15km/h程度のスピードで目の前を通過しました。

 


※SL快速「SLみなかみ」/上越線水上駅にて

バックで2番線に転線し、客車編成と連結した後は、発車時刻を待つだけです。

15時20分、定刻通りに発車しました。しかし、煙が機関車前面にまとわりついているではありませんか!?風が丁度追い風だったこともあり、煙の一部が前に流れてしまいました。

3年前と同様のことがあり、自然相手ですからSL撮影の難しさを改めて思い知らされました。

撮影後はバスに乗り、上毛高原駅から「Maxたにがわ420号」に乗車して帰京しました。

これにて2013年GWの水上遠征は完結です。