700系新幹線の思い出

一昨日のラストラン予定が新型コロナウイルス感染対策のために中止、1日が実質ラストランとなった東海道新幹線の700系。最後に東海道新幹線を利用したのは2009年11月だったので、10年以上乗っていないことになります。

1999年3月のデビュー時は「アヒル新幹線」等と話題になりました。JR東海とJR西日本が共同開発した新幹線電車で、300系と500系の合いの子ともいえます。最高時速は285km/hに抑えられていましたが、東海道・山陽新幹線では最も多く利用した車両でした。

2009年4月、下関でいわゆる合コン…オフ開催のために帰省した時の写真の一部ですが、紹介します。

 


2009年4月25日、1987年8月以来22年ぶりとなる下関帰省では「のぞみ」と「ひかり」で2種類の700系を乗り継ぎました。

2003年10月の品川駅開業で「のぞみ」が大増発され、電光掲示板には「のぞみ」ばかりが表示されています。その代わりに「ひかり」は半数以上が削減され、1時間2本となっていました。

それでも新大阪発着が半数以上ですけどねf(^_^; それだけ東京と大阪の往来がかなり多い証拠ですが、輸送力がひっ迫しているので、北陸新幹線や中央新幹線によるバイパスも必要な状況には変わらないですが。

 


東京駅8時23分発の「のぞみ211号」でまずは新大阪まで行きました。広島または博多発着の長距離列車だと混雑が激しいので、あえて新大阪行の東海道新幹線内列車を選びました。

乗車したのはC3編成でJR東海車です。1999年2月に製造された1次車で2013年2月に廃車となりました。運用期間は14年でしたが、新幹線車両は高速運転だけでなく、金属疲労も早いので平均寿命が15年程度なのです。東海道・山陽新幹線だと、東京~博多間を片道1000km以上往復しているのですから、13年程度と短いです。

博多まで往復した翌日は東海道新幹線内完結列車に充当したりと、運用の工夫等で関係者の苦労は絶えなかったことでしょう。このことは北海道新幹線が札幌まで延伸する2030年以降、東北・北海道系統でも起こりうると思われます。

逆に東日本の新幹線車両はと、2002年12月に東北新幹線が八戸延伸するまで長くても東京~盛岡間(ミニ新幹線となる山形・秋田は含まない)で500kmぐらいでしたから走行距離も短く、車両寿命が長かったのです。

この当時、製造後10年経過していましたが、それから4年後に廃車されるとは思ってもいませんでした。

 


2時間半程度で新大阪に到着、「ひかり559号」に乗り継ぎました。新下関に停車する「ひかり」は1日4往復程度だったので、停車する列車に合わせて選んだのです。

「のぞみ」で広島まで行き、「こだま」に乗り換えてもよかったのですが、2009年当時は山陽新幹線内でまだ100系が走っており、最高時速は220km/h。当時「のぞみ」で走っていた500系と最新鋭のN700系は300km/hで、当然ながら速度差は80km/hも大きく開いています。
「こだま」に乗ると、ほとんどの駅で「のぞみ」「ひかり」の退避を強いられて時間がかかりすぎます。

あえて新下関停車の「ひかり」を選んだのは、普通車指定席が2-2列でグリーン車並みに快適という点もあります。

広島までは「ひかり」の標準的な停車駅で、広島~小倉間で停車駅パターンを変えているのも見逃せません。大半が新山口に停車しますが、徳山のみ停車、徳山・新山口連続停車、新下関停車のパターンが少数ながらありました。

JR東海車と塗装は異なりますが、同じ700系です。JR東海は「のぞみ」に優先投入、JR西日本は山陽新幹線内の「ひかり」に投入してテコ入れを図るという考えでした。後に、JR西日本も東京直通用に100系「グランドひかり」の代替でB編成を投入しました。

結果的に5時間程度で新下関に到着、到着後は迎えに来てもらいました。かつて0系で京都以西各駅停車の通称”ひだま”で7時間かかったことを考えると、2時間近くのスピードアップは大きく、隔世の感がありました。

この時乗車したのはE6編成、2000年4月製造でまもなく20年になります。新幹線車両の平均寿命である15年を越えてまだ現役なのは、山陽新幹線内だけの運用で、走行距離が片道最長で560km程度と短く、九州新幹線全通後は「こだま」中心に運用されています。現在は「こだま」がほとんどなので、車両寿命が延びる要因になったのは皮肉なものです。

東海道新幹線から引退しても、山陽新幹線ではもう暫く走り続けるでしょうし、N700系や九州新幹線800系にも血脈は受け継がれていくのです。まだ話足らないところもあると思いますが、また別の機会に。

思い出の一コマ・寝台特急「日本海」

昨日に引き続き、関西圏で撮影した寝台特急「日本海」の写真を紹介します。

 


※寝台特急「日本海」/東海道本線長岡京~山崎間にて・2009年11月7日撮影

2009年11月に撮影した一コマで、この時は2往復から1往復に減便されていました。ダイヤは旧1・4号のスジが残ったので、関西圏では明るい時間帯に上り列車を通年で撮影できました。

しかし、客車はJR東日本受け持ちとなり、JR西日本は機関車のみの受け持ちとなりました。

よく見ると、客車編成の半分程度が金帯車になり、白帯車との混成で不揃いになっています。

帯の色だけでなく、折戸・引戸も混じりバラエティに富んでいましたが、利用客の減少で廃止されたのは残念です。

今となっては思い出の一コマですが、撮影できる時に撮影してよかったと思います。

思い出の一コマ・寝台特急「日本海4号」

現職生活を終えて一夜明けました。現職生活を終えたとはいえ、正式な退職日は2月29日です。実質的にはまだ退職はしていないことになります。29日は休暇を取得しており、新会社への出勤準備に充てます。

facebookのグループにて、Nゲージで寝台特急「日本海1・4号」編成に食堂車を組み込んで走らせた動画が投稿されていたので、便乗して思い出の一コマを紹介します。

 


※寝台特急「日本海4号」/東海道本線山崎~高槻間にて・2008年2月29日撮影

紹介するのは2008年2月29日に関西遠征で撮影した寝台特急「日本海4号」です。この年のダイヤ改正では「銀河」「なは・あかつき」の廃止、「北斗星」「日本海」の減便でした。

「日本海」が減便された際、廃止されたのは旧2・3号のスジで、旧1・4号のスジは残りました。しかし、西日本編成が引退、東日本編成が残り、開放A寝台が最後まで残る形となりました。

東日本編成が白帯と金帯の混成に対し、西日本編成はA個室車以外銀帯で比較的揃っていました。

青函トンネルが開通した当初、食堂車復活が計画され、車両は遅れて登場しましたが、琵琶湖一周クルーズ等、団体列車で使用されたのち、結局は組み込まれることなくダークグリーンに塗装変更されて「トワイライトエクスプレス」に転用されました。

長らくオールB寝台のモノクラス体制が続き、「出雲2・3号」「瀬戸」の285系電車化で捻出されたA個室車が転用されて当初計画と違った結果になったものの、撮影してよかった思い出の一コマです。

3月改正で消えゆく列車・4-寝台特急「トワイライトエクスプレス」

facebookにて、気になる記事がシェアされました、リンクはこちら です。

マイナビニュースにて、「鉄道ファンと付き合ってよかった5選」という記事で、その記事を見ると本当に嬉しいことがびっしりと書かれていました。詳しくはリンク先をご参照ください。

10年ぐらい前、ネットで元相手と知り合ったのですが、結局は1度も会わずに終わりましたが、付き合って楽しいどころか逆につまらないという考えだったのでしょう。末期には私の人格そのものを否定しましたから、その裏切りはいつか必ず自分に返ってきます。

最後に浮気を告白したのですから、逆に本命の相手(もしくは現在の夫)に浮気されて別れる(もしくは離婚)という形で自分に返ってくると確信しています。下関帰省時にオフで人と会ったこともサクラと否定したのですから、許しがたい事実です。

下関オフは、1987年以来22年ぶりに帰省するきっかけとなったのは事実です。新幹線で新下関駅に到着した時、子連れで迎えに来てくれました。約束を遵守してこそ、出会いにつながり、幸せへのステップを踏むことにもなるのです。それを真っ向から否定することは、確実に不幸は訪れるということなのです。

記事を見て、鉄道ファンやってて本当によかったと思っていますo(^▽^)o

 


※寝台特急「トワイライトエクスプレス」/東海道本線高槻~山﨑間にて・2008年2月29日撮影

来る3月改正では、寝台特急「トワイライトエクスプレス」が運転終了します。最終運転日は3月12日始発で、ダイヤ改正日にまたがる運転はしないとのことです。

北陸新幹線の金沢延伸で並行在来線がJRから経営分離されるため、今までの3社直通から6社に増えます。ダイヤ調整や第三セクター会社への乗り入れに伴う線路使用料の発生、ひいては運賃・特急料金の値上げにつながるのが本当の理由です。

写真は昨年5月29日の記事に掲載したものの再掲です。通称“サントリーカーブ”からの撮影ですが、現在はフェンスが立ったため撮影が不可能になり、今となっては貴重なワンカットです。

 


※寝台特急「トワイライトエクスプレス」/千歳線上野幌~新札幌間にて・2012年3月10日撮影

2012年3月の北海道遠征で撮影したワンカットですが、好天に恵まれ線路の雪は解けていました。柔らかな陽光が春の訪れを告げている様でした。早春の雰囲気で撮れはしたものの、雪煙を巻き上げて疾走する迫力あるカットが撮れなかったのは残念です。

この頃、北海道に着いて花粉症の症状が治まったのに気づきましたが、まだ“避花粉”という概念はなく、札幌に1泊のみでした。翌年も同様に1泊だったので、非電化区間での撮影を含め、本格的な避花粉は2014年まで待たなければなりませんでした。

寝台特急「トワイライトエクスプレス」はまもなく運転終了しますが、愛称は2017年春にデビューする「瑞風」に受け継がれます。

運転終了後も次回全検までは客車はJR西日本管内のクルーズトレインとしてしばらく使用されるので、機会を見つけては最後の撮り納めをしたいですね。