新札幌にて・4

昨夜までの雨とうってかわって晴れて気温も上がりました。アメブロ廃止作業にて、ようやく2014年分の写真が準備できました。しかし、これですぐに記事を移せる訳ではありません。

著作権表記の消去作業があり、この後にアップロードし、記事をインポートして移す作業に入れるのです。着手は早くて週末で、GWごろまでには2014年分を終えられるでしょう。

 


※733系普通列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて733系の普通列車が通過したので撮影しました。札沼線の電化で投入された新型通勤電車ですが、外観上は731系とほとんどそっくりです。側面がビートレスで平滑になっているので、見分けるのは容易です。

ただし、アルミ車体の735系とはほとんど見分けがつかず、車両番号や編成番号で見分けるしかありません。

 


※DF200貨物列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

11時近く、2本目のDF200貨物列車が通過しました。この日撮影したDF200貨物列車は2本ともほとんどコンテナ満載でした。

 


※寝台特急「北斗星」/千歳線上野幌~新札幌間にて

トリは寝台特急「北斗星」です。昨年3月に撮影した時はヘッドマークが極端に傾いていましたが、今回はちゃんと?水平に取り付けられていました。

撮影後は撤収し、快速「エアポート111号」で札幌へ戻りました。

新札幌にて・3

昼過ぎから雨が降り出し、大荒れでの新年度スタートとなりました。多くの企業では新卒社員の入社式が行われる筈ですが、新型コロナウイルスの影響で延期または中止になったところが多いのではないでしょうか。

26年前の今日は初々しい新入社員として、前職の会社に入社したのですが、今は転職して4年経ちます。

 


※DF200貨物列車/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて撮影したのはDF200牽引の貨物列車です。現在は北海道のみですが、今秋(2013年当時)に九州でデビューする「ななつ星in九州」の牽引機として旅客バージョンも製作されるので、JR東日本のEF510に続いて2例目となります。

 


※キハ281系特急「スーパー北斗1号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

函館からの特急「スーパー北斗1号」です。この日の先頭は試作車で、貫通扉の窓が小さいです。量産車では窓が拡大されているので、窓の大きさを見れば一目瞭然です。

 


※キハ283系特急「スーパーおおぞら2号」/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて釧路からの特急「スーパーおおぞら2号」です。2011年5月に発生した脱線炎上事故で、多客時を除いてグリーン車無のモノクラス編成ですが、通常5両編成のところを更に1両減車した4両編成となっています。ここまで減車した「スーパーおおぞら」編成を見たことはなかったです。

続く。。。

2013年北海道・東北避花粉編【5】暴風雪の新札幌にて

新天皇誕生日を含む3連休が明け、通勤で利用している小田急線が人身事故でダイヤ乱れのため、旧経路だった京王での振替で出勤しました。30年かかった小田急線の複々線化が完成する前は京王で通勤していましたが、新宿へ近づくとすし詰め状態でした。おまけに新宿まで急行でも50分かかりましたが、遅れは日常茶飯事でした。

ところが…!小田急線複々線化の影響が出ており、以前ほどの混雑ではなくなりました。これは小田急へ移った定期客がいるのです。移った分、混雑率が下がっても朝は遅いのは変わりませんが。

 


※寝台特急「カシオペア」/千歳線上野幌~新札幌間にて

翌朝5時に起きて、早朝到着の急行「はまなす」を撮るべく、苗穂駅近くに行きました。雪は降っていますが、6時近くになると夜が明け、明るくなりました。しかし、通過予定時間になっても来ません…。40分近く待っても来なかったので撮影を諦めて撤収し、ホテルに戻りました。

朝食後は8時15分頃にチェックアウトし、快速「エアポート」に乗って新札幌へ向かいました。しかし、暴風雪でダイヤが乱れており、9時近くにやっと着きました。

下車後、20分歩いて撮影地に到着。三脚とカメラをセットして待ちました。定刻より10分程度遅れて寝台特急「カシオペア」が雪煙を巻き上げて通過しました。

後に、社内報の表紙写真に採用されるとは思ってもいなかったことでしょう。

 


※DF200牽引高速貨物/千歳線上野幌~新札幌間にて

続いて、DF200牽引の高速貨物が通過しました。こちらもパウダースノーを巻き上げていきました。

 


※721系快速「エアポート」/千歳線上野幌~新札幌間にて

暴風雪でダイヤが乱れており、一部の快速「エアポート」が間引き運転されています。よって、「エアポート○○号」の号数を省略させていただきます。

貨物の次に快速「エアポート」が通過しました。この暴風雪で飛行機は欠航になってしまいましたが、それでも地元客中心に利用客が多かったではないでしょうか?

この後も、暴風雪の中を1時間以上待って色々な列車を撮影しました。

2年ぶりの青森

只今、2年ぶりの青森遠征です。夜行バスで朝、青森駅前に到着後は浅虫温泉へ向かい、「カシオペア紀行」を撮影しました。

 


※団臨「カシオペア紀行」/青い森鉄道西平内~浅虫温泉間にて

牽引機のEF81はひさし付きの133号機でした。つらら対策で、ひさしがあるのとないのとでは印象が変わりますね。

撮影後は青森へ戻りましたが、津軽線の列車が11時台までないので、朝食後は市営バスで油川へ向かいました。

 


西田沢保育園近くで、数年前には寝台特急「北斗星」と急行「はまなす」を撮影したことがあります。

北海道新幹線開業で特急が廃止されて静かなローカル線に戻った…と思いきゃ、貨物列車が主役になっています。ライフラインを担っていますし、貨物列車は重要であることは変わりません。

夏の雲、秋の雲、田んぼと、季節の変わり目を意識して撮影しました。

青森駅へ戻り、昼食後はバスで十和田湖温泉郷に向かいました。明後日9日まで滞在し、クワガタ採集します。

1時間の待ち時間に…

夏休み2日目は午後、所用で都心のある出版社に行って来ました。

昨日の東海道線撮影では「踊り子102号」につづいて「スーパービュー踊り子2号」の間にも色々な列車を撮影したので、紹介します。駅間は全て東海道本線早川~根府川間です。

 


まずは貨物列車です。東海道本線東京口の貨物列車はEF210が主役となってきました。EF200は全廃し、国鉄型のEF65やEF66はすっかり影を潜めた感じです。

コンテナに空きが目立っているのは、お盆休みで荷主のほとんどが休みに入ったからでしょうか。

 


後追いで撮影した特急「踊り子107号」です。伊豆急下田行の単独運航で、10両編成でした。E257系に置き換えられたら、基本編成は9両となるのは確実です。

現在の185系はグリーン車が2両組み込まれており、E257系ではグリーン車が1両ですから、普通車の両数は変わらなくても、グリーン車1両分だけ編成両数が減るのです。

 


同じく後追いで撮影したE259系による特急「マリンエクスプレス踊り子」です。6両と短いので、やや物足りない感じです。毎日運転ではなく、土休日運転の臨時列車扱いです。

 


2本目の貨物列車です。1本目と違い、機関車次位を除いてコンテナがほぼ満載になっています。

 


後追いで撮影した特急「踊り子109号」です。伊豆急下田行と修繕寺行の2方向運転で、東京方5両が修繕寺行です。熱海で分割され、それぞれの行先に向かいます。

しかし、修繕寺行については廃止されるのか、数年前の房総特急削減による余剰車が転用されるのかは、まだ決まっていません。

熱海~三島間がJR東海の管内で、運転士のハンドル訓練が必要なことと、自社の儲けが少ないというのが本音で、JR東海としては踊り子号を廃止して東京~三島間は新幹線を利用して貰えば、同区間の儲けは丸ごと入るという考えのようです。

現在使用している185系は国鉄時代に作られたので、全国どこでも使い勝手がよかったのです。しかし、E257系の場合はJR東日本が作ったオリジナルなので、他社線乗り入れとなれば、乗り入れ先の会社に1編成程度貸し出して運転士のハンドル訓練が必要になります。

修繕寺行きの存廃についても注視していく必要がありそうです。

 


651系の快速「伊豆クレイル」です。常磐線特急へのE657系投入で余剰となったのを転用改造したもので、全車グリーン車になっています。

大人のリゾート列車等いことになっていますが、女性向けのデザインになっている気がします。男性の自分にとっては場違いかな…?走行中の列車を外から撮影する分には抵抗はありませんが。

会社で女性30人弱の職場に唯一の男性としているのとはえらい違いですから。

暑い中、汗だくになりながらも撮影しましたが、海の青さについてはまだちょって納得いかない感じがあるので、リベンジするかも知れません。

多摩川を渡るEH200貨物列車

今日は朝から雨も時々降りましたが、夕方の退勤時までには止み、晴れ間ものぞきました。

ここ数日、退勤時にヨドバシカメラに立ち寄ってタブレットPC導入の際、機種選定をしようとみていますが、まだ決まっていません。更にPCの老朽化も顕在化しつつあるので、厳しいです。。スマホはガラケーとPCの中間的存在ですが、外出時にPCの補完としては限度があります。

タブレットにもノートPCにもなり、補完ができる…タブレットPCを考えていますが、まだ結論は出ていません。

 


EH200高速貨物列車2083レ/中央本線立川~日野間にて

E257系幕張車による臨時特急「ちばかいじ」撮影時、もう一つのメインターゲットは貨物列車でした。

貨物時刻表を見ると、EH200牽引の貨物列車も撮影できることが分かりました。

撮影地に着き、三脚とカメラをセットし、待ち構えていたら、すぐにやってきました。本当に間一髪というか、ぎりぎりでした。

次回撮影する機会があれば、もう少し時間に余裕を持って撮影地に着くようにするのは越したことにないでしょう。

富士山の日・Part2/貨物列車

いよいよ、現職での出勤日は明日を残すのみとなりました。すでに自転車通勤はラストランを終えました。最後まで無事故で自転車通勤を終えることができました。

新会社から書類が届きました。必要事項の記入等、提出準備をするだけです。

 


※貨物列車/東海道本線三島~函南間にて・2008年3月8日撮影

一昨日の富士山の日にちなんだ投稿では、寝台特急「富士・はやぶさ」でした。実はこの2週間前にも撮影していますが、ご覧のとおり手前に影が落ちています。

ひと昔前に比べると木々が成長したといってもいいでしょう。

かつては165系急行「東海」を富士山バックに決めたく何度も狙いましたが、伊豆半島からの気流で雲が流れて富士山が隠されて苦い思いをしたことがあります。

ブルートレインが全廃した今、富士山バックの被写体は御殿場での「あさぎり」号がメインとなりました。

この時、東海道線での貨物列車はEF210が主流となってきましたが、3月の北海道新幹線開業で貨物列車も大きく変わろうとしています。

EH500の運用北限が青森までになることから、黒磯以南への南下数が増え、その結果EF210が押し出されてEF65やEF66、EF200まで置き換える流れが容易に予想できます。

寝台列車が稀少となった今、貨物列車は新たな被写体として注目できそうです。ただし、貨物時刻表を買わないと、何時に通過するか分からないので、偶然にしか撮影できなくなるのは必至です。

逆光下での撮影・1

今日はようやくアニメ「GF(仮)」の第3話を最後まで観ることができました。まだ観てなかったのは残り7分間の部分でした。これで、ゲーム中のアニメサイドストーリーをやっと見ることができました。ゲームプレーヤーだけがアニメサイドストーリーを見ることができますが、アニメ放映後の公開となるため、話のつながりがあります。

そして、サイドストーリーではプレーヤー自身が関わる等、裏方の一面もあります。ただし、上条るいとはゲーム中では幼馴染となっているため、彼女と仲のいい男子がアニメに登場したら、それはプレーヤーなのかも知れません。ていうか、自分もプレーヤーなんですけどねσ(^_^;)

 


※485系特急「つがる3号」/奥羽本線八郎潟~鯉川間にて

鯉川駅に到着後、国道7号線をひたすら秋田方へ歩きました。約35分かかって到着。前回は遠景気味に撮影しましたが、今回は線路に近いポジョンで撮影を試みました。

まずは485系特急「つがる3号」で前哨戦です。

結果は…全体的に露出オーバー気味でバックの空が白く飛んでいます。このことから、青森方面に対しては南を向くため、逆光で光線状態がよくないため、露出調整が必要だと分かりました。

 


※貨物列車/奥羽本線八郎潟~鯉川間にて

次はEF81牽引の貨物列車です。露出を抑えて撮影してみました。空は白く飛ばなくなりましたが、シルエットの感じが強くなったような…(・・?

結構露出調整が難しいです。ですが、すぐに結果を確認できるのがデジカメの強みです。まずまずなのですが、この構図では長編成向きです。

10両以下ではもう少し工夫が必要か?しばらくは露出と構図の調整に悩むことになります。

SL待ちの間に

今日、ノコギリクワガタの♂1頭死亡が確認されました。確認したのは今年一番の大物で、61.5mmです。死骸はすでに取り出したので、標本にします。

これでノコギリクワガタの♂は9月14日採集の60.5mmと7月30日採集の25.4mmを残すのみです。これから秋が深まると、ノコギリクワガタは羽化新成虫以外は成虫が寿命で死んでいきます。

 


※貨物列車/奥羽本線八郎潟~鯉川間にて

しばらくして雲が太陽を隠してしまい、露出がマニュアルだったので臨機応変に対応できず、アンダー目の写真となってしまいました。

EF510の台頭でEF81牽引の貨物列車は貴重になりつつあるのに、惜しいことをしました。

 


※DE10単機回送/奥羽本線八郎潟~鯉川間にて

天気が不安定で、時折雨が降りました。雨が降る度に近くの公園で雨宿りをしました。

しばらくしてDE10の単機回送が通過しました。2年前にも単機回送があり、一体何だったのでしょう?東能代駅にも転車台がありますし・・・。

 


※701系普通列車/奥羽本線八郎潟~鯉川間にて

続いて701系の普通列車です。1993年に50系客車列車を電車化するために登場し、すでに20年以上が経過しました。

機器更新工事を受けているので、まだまだ第一線で活躍を続けることでしょう。交流車は直流車より製作費が高価なので、簡単に代替新造とはいかないのでしょう。

いよいよ、SLの通過時刻が迫ってきました。

JR貨物大宮車両所

敷地内にはJR貨物の大宮車両所も同居しています。旅客会社側(JR東日本)の機関車検修は秋田でやっていますが、大宮での機関車検修はSLと貨物会社のみです。

C61はつい最近まで検査入場していましたが、イベントと入れ違いに高崎へ帰ってしまいました。

 


※EH200-10/JR貨物大宮車両所にて

まず最初に目に入ったのはEH200-10です。老朽化したEF64の置き換え用として製造された2車体連結のH級電気機関車です。H級とすることにより、これ1台でEF64を2両淘汰できるうえ、重連運用を解消して旅客会社に支払う線路使用料を削減できるのです。

丁度、検査入場していたので、工場内での展示対象となっていました。

 


※EF65-2083/JR貨物大宮車両所にて

2番目はEF65-2083号機です。車体がジャッキアップされていました。

国土交通省の「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」により、100km/hを超える運転を行う際に新たな保安措置(運転状況記録装置)の装備が義務つけられ、貨物会社の機関車にはこれがないため、元車番に1000をプラスして2000番台となりました。最高時速が100km/h以下に抑えられましたが、将来のEF210置き換えを見計らっての措置なのでしょう。

 


※EH500-37/JR貨物大宮車両所にて

3番目はEH500-37号機です。首都圏~北海道のスルー運転を目指して製造されたH級電気機関車です。ED75及びED79の重連運用解消と車両数の削減により、旅客会社及び第三セクター会社に支払う線路使用料削減も見計らっています。

ですが、北海道新幹線が開通すると、共用区間の架線電圧変更により、青函トンネルを通れなくなるので、運用範囲は五稜郭までから青森までに縮小されます。

2車体は完全に分離されており、内部の危機は全て取り外されていました。重要部検査か全検のどちらかでしょう。

 


DE10-1592/JR貨物大宮車両所にて

〆はDE10-1582です。こちらも検査入場中で、台車とは分離されています。

車体塗装から更新機と一目でわかります。しかし、更新工事を受けたとはいえ、最終製造から35年以上が経過しています。

早急に代替機が望まれますが、いつまで活躍できるでしょうか。機会を見て撮影しておきたいものです。

一通り見終えた後は、再びC12撮影に行きました。