最後のSL

今日から学校は冬休みです。仕事納めは明日なので、今年の稼働日はあと1日です。

 


“パック”ことEF58 89の側面を撮影した後は最後のSLの元へ向かいました。

側面から見ると、いかにつらら切りの庇が大きくて目立ちます。お召指定機の61号機は窓が大きく、つらら切りがありません。これは寒冷地・温暖地と運用線区によって分けられたのでしょう。

 


最後のSLことC57 135号機です。最後のSLと呼ばれるのは、1975年12月14日に室蘭本線でSL最後の定期旅客列車を牽引したからです。最終運転日は「さようならSL」のヘッドマークが取り付けられたそうです。

なお、最後のSL定期貨物列車はD51牽引で、10日後の1975年12月24日に夕張線(現在の石勝線の一部)でした。

よく見るとデフレクターが20㎝程度切り詰められており、北海道型の特徴がでています。ただし、同じ場所で活躍したD51ほどではないので、あまり目立っていません。

前回は転車台の上で展示され、オコジロウくんとオコミちゃんの結婚を汽笛で祝福していました。

現在は西日本で1号機が、新潟支社で180号機が動態保存されていますが、SL最後の定期旅客列車を牽引した功績は永遠に語り継がれていくことでしょう、

1号機関車とマレー式機関車

今日は冬至で、1年の内で夜が一番長い日です。例年なら関東は晴れのことが多いですが、今年は曇りで夜には雨となってしまいました。かぼちゃとゆず湯で冬至を実感できただけよしとしましょう。

アメブロからのブログ記事移動は2017年10月分まで終わりました。残るはあと4年分です。アメブロから全ての記事を移動し終えた後に廃止時期を決める手はずとなっていますが、2013年1月からとするか、楽天からアメブロへ移動した2013年10月からとするか考えないといけません。過去の遠征記事をHTMLにまとめる必要も出てきそうですし。

 


EF58の向かいにはマレー式機関車の9850形SL展示されています。現在の御殿場線等、勾配路線用にドイツから輸入されましたが、構造が複雑で早期に引退しました。交通博物館時代から内部の構造が分かるように切開されており、撮影したのは切開されていない方です。

 


続いては1号機関車です。新橋~横浜間の鉄道開業時にイギリスから輸入されたSLです。鉄道記念物であり、1997年に鉄道車両で初めて国の重要文化財にも指定されました。

この他にもSLが何両か展示されていますが、C57以外撮影してませんでした。。。鉄道黎明期は外国から輸入しており、イギリス、ドイツの他にアメリカからも輸入されています。

この後は再び車両ステーションの中に戻りました。

メリークリスマス

今日はクリスマスです。アメリカ、ヨーロッパ等欧米諸国は祝日になっています。日本など祝日ではない国もありますが、日本が平日でも外国為替は取引時間が通常より短いか停止しています。それぞれの国の証券会社によって違いますが。

今から7年前の今日は新潟へ行っていました。この年までは新潟でクリスマスを過ごすのが恒例でした。

磐越西線SLクリスマストレイン撮影は勿論ですが、温泉で過ごすのも楽しみの一つでした。

 


SL快速「SL X’masトレイン」/磐越西線荻野~山都間にて・2010年12月25日撮影

前日から雪が降り続き、県境付近では1メートル近く積もっていました。最終日なので郡山に出て帰る予定で、荻野にてトンネルの飛び出しを狙おうと決めていました。

予想外の大雪で、ホワイトアウトになり、1時間遅れで来ました。線路は雪で埋もれ、ラッセルどころか雪を抱えている様でした。

山都駅でのポイント故障で帰れなくなり、会津若松で雪に閉じ込められるとは思ってもいませんでした。

25‰勾配を駆け上がる「SLもおか」

今日2月23日は皇太子誕生日でもあります。仮に今の天皇陛下が生前退位し、皇太子さまが皇位継承して次期天皇に即位すれば、天皇誕生日になります。ただし、自動的に移動するのではなく、祝日法の改正によって移動するそうです。

昭和天皇が崩御、現在の天皇陛下が即位した時、天皇誕生日はそれまでの4月29日から12月23日に変わりましたが、祝日法も改正されました。

政府は2019年を想定していますが、実際に現天皇陛下の退位→皇位継承はあるのでしょうか?

 


※SL快速「SLもおか」/真岡鐡道真岡線茂木~天矢場間にて

結果を確認しながら検討した結果、横位置の構図で撮影することに決まりました。

14時30分ごろ、C12を先頭に「SLもおか」が25‰勾配を駆け上ってきました。重連になると煙の量はものすごいです。しかも今は冬。気温が低いためか、黒→灰→白と3段階に色が変化しています。

撮影後は茂木駅へ向けて歩きました。

七井駅を発車する「SLもおか」

今日、昼過ぎに怪しげなメールがスマホに届きました。内容を確認すると、あたかも間違いメールを装っています。これは数日間メールをやりとりした後、携帯が借りものなので返さなくてはいけない等と理由をつけて怪しげなサイトに誘導する手口です。

業者とは気づきにくいので、知らないアドレスから来た場合は不用意に返信しないことです。業者か見分けるには、わざと猜疑心の返信メールをするのも手です。そうすると来なくなるので、業者だと分かります。

 


※SL快速「SLもおか」/真岡鐡道真岡線七井駅にて

茂木行に関しては、あまり撮影ポイントを知りません。20年前に初めて撮影に行った時のポイントすら忘れていますし(^^;

下館駅で七井までのきっぷを買っているので、さしあたり七井駅まで行くことにしました。

七井駅で降りて撮影ポイントを探すことにしました。…が!多田羅方には同業者があまりいませんし、結局は七井駅に戻って駅の発車を狙うことにしました。

しばらくしてSLが到着しました。交換列車もないので、停車時間は短いです。横風で煙が流されています。

発車時も煙は横に流れたままです。20年以上撮り続けていても、風向き次第ですから難しいですね。

この後は後続の列車に乗って天矢場まで行きました。

下館駅での重連「SLもおか」

今日は春の嵐が吹き荒れ、ランチタイムは季節外れの暖かさでした。退勤時にはにわか雨も降りました。

 


※SL快速「SLもおか」/真岡鐡道真岡線下館駅にて

真岡鐡道でSL重連が実施されるので、この日は真岡へ撮影に行ってきました。発端はfacebookからで、真岡鐡道の公式アカウント投稿からです。東日本エリアではSL重連運転は滅多に見られず、これはもう撮りに行くしかありません!!

埼京線と宇都宮線、水戸線を乗り継いで10時前に下館駅に到着しました。

しばらくしてSLが逆向きPP運転で下館駅に到着しました。C11を残して側線に移動、そのあとに移動して重連となりました。

しかし、ホームはこれからSLに乗る人と撮り鉄で混雑!!SLを撮るために乗る先行の列車も混雑していました。益子陶器市の時は終日2両ですが、通常は朝以外単行がほとんどです。

のどかなローカル線には似つかわしくない混雑ですね…。

10時17分、茂木行の列車は下館駅を発車しました。

【速報】重連「SLもおか」

今日は真岡鐡道でSL重連運転なので撮影に行ってきました。沿線も移動の列車もさすがに人が多く混雑していました。

 


※真岡鐡道真岡線下館駅にて

下館駅では撮り鉄やSL乗客でホームは混雑していました。東日本エリアではSL重連は滅多に行われないので、珍しさもあるからでしょうか。

秩父鉄道や真岡鐡道、そして夏からは東武鉄道が加わり、東日本エリアではJRを含めて4社で計8台のSLの煙が上がることになります。

 


※真岡鐡道真岡線七井駅にて

茂木行は七井駅発車を撮りました。20年近く前、初めて真岡鐡道へ行った時、茂木行を撮った場所は未だ思い出せません。益子駅付近でもなければ七井駅周辺だったと思いますが、撮り鉄が意外と少なかったです。

横風で煙が流されてしまいました。20年以上撮影を続けていて、SLの撮影は難しいです。

 


※真岡鐡道真岡線茂木~天矢場間にて

帰りの下館行はハイライトといえる区間で撮影しました。この場所は2004年3月以来、13年ぶりですが現在は数年前から地主が場所代を徴収する様になりました。

25‰勾配で煙もくもくです。しかも重連運転となればなおさらでしょう。

真岡鐡道へSL撮影に行くのは気が向いた時のみですが、C11は年に何度かJRへ貸し出された時に撮影しています。次回はいつになるかわかりませんが、年に2、3度ぐらいまでは真岡にも行きたいですね。

内房線を走る「SL館山」

今日は節分です。世間では豆まき・恵方巻ですが、実際は節分は年4回あるのです。立春・立夏・立秋・立冬の4回で、各季節の始まりの前日を意味しています。

ただし、豆まきをするのは春の節分だけです。2024年までは2月3日ですが、2025年からは西暦を4で割って1余る年(うるう年の翌年)が2月2日になり、これが2057年まで続きます。

 


※SL快速「SL館山」/内房線安房鴨川~太海間にて

安房鴨川で内房線に乗り換え、1駅先の太海駅で下車しました。コンビニあたりからSLを見ようと待機している人を見たので、どこで降りようか決めかねていました。

どうせ江見まで行っても房州大橋での撮影には間に合わないし、思い切って太海駅で下車しました。

撮影ポイントを決めましたが、時間があまりないので、迷っている暇はありません。ですが、ポイントの見極めを誤ったため、かなり手前で力行ポイントが終わり、煙がスカスカになりました。

うーん、「弘法も筆の誤り」でしたね…。撮影後は電車で館山駅へ向かい、特急「新宿さざなみ4号」に乗り換えて東京に帰りました。

爆煙の「SL館山」

週末、上越線へ終焉近い107・115系を撮りに行こうと思ったら、土曜日朝の新幹線の指定席がグリーン車も含めて満席です。

日曜日、水上は雪なので、えきねっとで空席を確認したら予約が取れました。北関東の107・115系を撮影できるのは今回が最後になるかもしれません。

 


※SL快速「SL館山」/外房線上総小湊~行川アイランド間にて

上総小湊で下車し、撮影ポイントへ向かいました。SLは通過しますが、行川アイランドへ向かって上り勾配が続きます。

撮影ポジョンを確保し、SLを待ちました。

13時28分ごろ、「SL館山」は爆煙を噴き上げて通過していきました。10‰ちょっとなのですが、沿線で撮影しているファンに喜んでもらおうとサービスまでしてくれたのでしょうね。

撮影後は後続の電車で安房鴨川へ向かいました。

「SL館山」試運転

勝浦駅ではまだ試運転段階なのに、結構混雑していました。SLはどこで撮るか?房州大橋で撮るなら追いかけは諦めなくてはいけません。キオスクで昼食を買い、すぐに改札へ入って電車に乗りました。

 


※試9124レ/内房線太海~江見間にて

安房鴨川駅で内房線に乗り換え、江見駅で下車しました。駅から35分ぐらい歩いて到着しました。撮影地を探すも、アウト側はクマザサが生い茂っており撮影は困難と判断し、イン側で撮ることにしました。

14時40分ごろ、「SL館山」試運転が通過しました。

撮影後は江見駅へ戻り、館山駅から特急「新宿さざなみ4号」に乗り換えて東京へ帰りました。